家から、湯気が消えようとしている。



有名なコピーライターの岩崎俊一さんをご存知ですか。トヨタ自動車の初代プリウスの「21世紀に間に合った」とか、資生堂の「美しい50代がふえると日本は変わると思う」、ミツカンの「やがて、いのちに変わるもの」など、どれも岩崎さんの言葉です。岩崎さんのエッセイ集から一文紹介します。「家から、湯気が消えようとしている。」

幸福は、ごはんが炊かれる場所にある。
これは5年前、とあるお弁当屋さんのために書いたキャッチフレーズである。これをもし50年以上前に書いていたとしたら、果たしてこのコピーは成立するだろうか。
しない、と思う。
どの家もごはんを炊いていたからだ。どの家も夕暮れになると、主婦は食事の準備に立ち、手の空いた子は風呂焚きや駅前の魚屋へのお使いを言いつかり、いそいそと家路に急ぐ父親たちは窓から流れる夕餉の匂いに出迎えられた。みんながそんなふうに力を合わせ、一日の終わりに家族が集まるための準備に熱中したのである。
今とは違い、それはどこにでもある風景で、あまりにもあたり前過ぎて、それを殊更あたたかさとか幸福感に結びつけて考える人はいなかった。
しかし、いろいろな時代を体験してきた今ならわかるが、あれは心と物のバランスがとれたいい時代だった。平和で、つつましく、食べるものに困らず、ほしいものに振り回されず、人と人、家族とガッチリ絡み合い、助け合い、喧嘩し合い、ガチンコで向き合っていた贅沢な時代だった。・・・
しかし、どんなに懐かしがろうが恋しかろうが、二度とあの時代は戻って来ない。なぜなら、僕たちはあまりにもいろんなことを知り過ぎた。過剰な情報と、うんざりするくらい便利な道具を持ち過ぎた。目の前に、味わい深いがとても手間のかかるものと、味わいは薄いが超がつくほど便利なものを見せられたら、誰だって後者に手を伸ばすだろう。・・・

そうだったなあとうなずいている方もいるでしょう。確かにそんな時代がありました。岩崎さんは「二度とあの時代は戻って来ない」と言っていますが、それではちょっと寂しい感じがします。消してはならない湯気があるからです。ところで、「湯気の立つ家に帰ろう」とは、聖書の中心的なメッセージです。家とは、あなたの帰るべき場所、あなたの居るべき場所、神の家、教会です。
放蕩息子の譬えを覚えていますか。息子の帰りを喜ぶ父は僕に命じました。「食べて祝おう。この息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。」そして、湯気の立つような神の家での祝宴が始まりました。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

なんという恵み、なんという喜び

11月のオープン礼拝
メッセージ 「なんという恵み、なんという喜び」
聖書 ヨハネによる福音書17章24-26節、詩編133編1節ほか

17:24 父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです。
17:25 正しい父よ、世はあなたを知りませんが、わたしはあなたを知っており、この人々はあなたがわたしを遣わされたことを知っています。
17:26 わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。

133:1 都に上る歌。ダビデの詩。
見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。
Hine ma tov u’ma-nayim. Shevet ach-im gam ya-chad.

今日はこどもたちの健やかな成長を願ってこども祝福式を行いました。
また礼拝に続いて、敷地内にある納骨堂で秋の召天者記念礼拝が行われました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イミタチオ・クリスティ



今日は、朝日新聞の「折々のことば」から。

imitatio Christi (トマス・ア・ケンピス)

イミタチオ・クリスティ。「キリストの模倣」を意味するラテン語で、「キリストに倣いて」と訳されてきた。
イミテーションといえば、今では偽物、紛い物という含意が強いが、元は、「あんなふうになりたい」「あやかりたい」という憧れに発する行為。日本語でも倣いは習いに通じる。「まなび」は「まねび」から始まる。道徳の基礎もたぶんここにある。15世紀オランダの修道士が生涯、心の糧としたことば。(2017年10月12日)

次の日曜日は11月のオープン礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

11月のオープン礼拝



次の日曜日は11月のオープン礼拝です。
「共に座っている恵み」と題して、聖書の言葉から学びます。

毎月第一日曜日は、教会は初めてと言われる方にも入りやすいオープン礼拝です。
ぜひお出かけください。弥富公園東、丘の上の教会です。
入場無料、駐車場あり、お子さま同伴も歓迎します。

オープン礼拝は、日曜の朝10時30分から。
弥富公園東、丘の上の教会。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御名があがめられていることを

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
イザヤ書12章から。

12:4 その日には、あなたたちは言うであろう。
「主に感謝し、御名を呼べ。
諸国の民に御業を示し
気高い御名を告げ知らせよ。」

新改訳
12:4 「主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。
そのみわざを、もろもろの民の中に知らせよ。
御名があがめられていることを語り告げよ。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

対話



平成最後の年の最後の聖会を終えました。静かな礼拝堂には、昨日の余韻が残っています。
2回の集会とも福音書が開かれ、テキストの簡単な解説の後、御言葉がそのまま語られる聖会でした。
私は、私に語りかけられるイエス・キリストの言葉を聞いていました。
それはイエスとの対話でした。

ある新聞のコラムで、劇作家の平田オリザさんの言葉が紹介されていたのを思い出しました。
「ディベートは、話す前と後で考えが変わったほうが負け。
ダイアローグは、話す前と後で考えが変わっていなければ意味がない。」(平田オリザ)    
ディベート(討論)とダイアローグ(対話)の違いについて訊ねたとき、劇作家から即座に返ってきた答え。
対話は、共通の足場をもたない者のあいだで試みられる。
呼びかけと応えの愉しい交換であり、吐露と聴取の控えめな交換であり、
埋まらない溝を思い知らされたあとの沈黙の交換でもある。
討論よりおそらくはるかに難しい。

イエスは私たちと討論し、私たちを言い負かそうしているのではありません。
私たちと対話されるのです。この対話の前と後で、もし私たちが変わっていなければ、何の意味もありません。

わたしはその場所で、あなたたちと会い、あなたに語りかける。
この水を飲むものはだれでもまた渇く。
しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。
わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。

わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。
その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。

イエスは言われた。「それはあなたと話をしているこのわたしである。」


今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

このわたしがそれである

秋の教区聖会
礼拝メッセージ 「このわたしがそれである」近藤彰牧師(ロゴス神学院院長)
聖書 出エジプト記20章24節、29章42節、ヨハネによる福音書4章14,25,26節

出エジプト記
20:24 わたしの名の唱えられるすべての場所において、わたしはあなたに臨み、あなたを祝福する。
29:42 わたしはその場所で、あなたたちと会い、あなたに語りかける。

ヨハネによる福音書
4:14 「この水を飲むものはだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」…
4:25 「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。」
4:26 イエスは言われた。「それはあなたと話をしているこのわたしである。」

4:26 「あなたと話をしているこのわたしがそれである。」(口語訳)

今日は秋の教区聖会でした。午前に続き、午後からは、「神の子イエス・キリストの福音」と題して、マルコによる福音書からメッセージが取り次がれました。午前、午後とも御言葉がそのまま取り次がれ、福音の力を改めて感じさせられました。今年最後の聖会でしたが、豊かな恵みを主に感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

独り善がり



パウロがくり返し教会の一致を叫ぶのは、教会に真実の一致がなかったからです。様々な理由があったと思いますが、その一つは独り善がりの信仰、礼拝でした。『ナルニア国ものがたり』の作者C.S.ルイスが、初めて礼拝に参加した時の体験を次のように語っています。「私は、彼らの歌っている賛美歌があまり好きになれませんでした。それは、ぱっとしない歌詞に、冴えない曲をつけたもののように思えました。けれども、時間が経つにつれて、私はその賛美歌の素晴らしい一面に気づき始めたのです。次第に、私のうぬぼれが砕かれていきました。ふと目をやると、向こう側の席にゴム長靴を履いた老人の姿が見えました。彼は、その賛美歌を心を込めて歌っていました。その姿を見たとき、私は自分が彼の長靴の汚れを拭き取る資格さえない者であることに、はっきりと気づかされたのです。共に礼拝を捧げるとき、私たちは独り善がりのプライドから救い出されるのです。」
主の言葉が心に迫ります。「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」ゼファニア書3章3節にはこう書かれています。「その後、わたしは諸国の民に清い唇を与える。彼らは皆、主の名を唱え、一つとなって主に仕える。」ここで使われている「一つとなって」という言葉は、ヘブライ語では「肩と肩をくっつけて」「肩を並べて」という意味があると教えていただいたことがあります。私たちも、独り善がりを捨てて、主の名を唱え、肩と肩をくっつけるように一つとなって主に仕え、主を礼拝しましょう。

11月になりました。いつもは第1日曜日は、新しい方のためのオープン礼拝ですが、今月は、秋の信徒聖会になっています。11月のオープン礼拝は第2日曜日です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

生きるにも死ぬにも

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙の1章から。

1:19 そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。
1:20 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。

今日から11月。11月1日は、私の出身教会である高松教会をはじめ、聖イエス会の四国にある教会を一人で開拓された三木隆先生の召天記念日です。先週『あかしびと』で紹介したM先生の証しにも先生の名前が出て来たので、この機会に三木先生のことを改めて紹介させていただきました。
集会後、「名古屋にも鍵田町時代に来られましたよ」「私が初めて教会に来たのは、三木先生の集会でした」「私が聖霊を受けたのは、三木先生の集会でした」と次々と声をかけてくださり、感謝しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

自分の存在意義と役割



十字架の前夜、イエスは、未来信じる者たちのためにも祈られました。それはイエスを信じるすべての者が一つになるための祈りでした。パウロが書いたエフェソの信徒への手紙によれば、一つになるということが次のように表現されています。1章10節、詳訳聖書で「すべてのものを、すなわち、天にあるものも地にあるものも、キリストにおいて一つにする〈キリストにおいて完成する〉ために、時が熟するのを〈世々の頂点を〉〔計画されたのです〕。」
「キリストにおいて一つにする」とは、もちろん教会の一致を願う祈りですが、究極的には「キリストにおいて完成する」との祈りだったのです。聖書全体がここにかかっているとするなら、アダムの罪によって、エデンの園を追放され、神と共にいることのできなくなった人類が、今やキリストの十字架によって、再び一つにされるという壮大な神の救いの計画が、キリストにおいて完成するという意味です。
パウロは、キリストと教会との関係を様々な比喩によって教えました。教会は、キリストの花嫁、神の家族、神の神殿です。そう教えるパウロが、更にこだわりを持って語るのが、教会はキリストを頭とするキリストの体というメッセージです。
パウロはその時代、小アジアやヨーロッパ各地に広がっていた教会に手紙を書き送りましたが、それは時代を越えて、今も私たちに届けられています。パウロから私たちの教会へのメッセージを聞いてください。
ローマの信徒への手紙12章5節、「私たちが話している体とは、選ばれた人々からなるキリストの体のことです。私たちはそれぞれ、自分の存在意義と役割を、キリストの体との関係の中で発見するのです。」
コリントの信徒への手紙一の12章にはキリストの体についての詳細が語られています。21節のメッセージバイブルの訳はユニークです。「目が手に向かって、『どこにでも行ってくれ。もうお前は必要ない』と言っている姿を想像できるでしょうか。あるいは、頭が足に向かって、『業務縮小につき、君を解雇する』と言うでしょうか。」
27節はリビングバイブルで、「私は次のことを言いたいのです。すなわち、あなたがたは共に、キリストという一つの体であり、一人一人がなくてはならない部分であるということです。
同じくコリントの信徒への手紙一の1章10節、「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい。」そして、1章の最後にはこうあります。「キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。」キリストにおいて完成する!

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me