しばらくすると



ヨハネによる福音書が、多くのページを割いて記録したイエスの最後の教え。今それを読んでいる私たちにも神秘に満ちていますが、それが語られた日、弟子たちにはほとんど理解できないような内容でした。それをヨハネはすべてが終わった後で、深い理解のうちに伝えようと試みています。
三位一体の神秘もそうですが、その後の発言がさらに弟子たちを当惑させました。「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。」
時間的には、十字架の死と復活を預言した言葉として読むのが自然です。最初の「しばらく」はイエスの死が近づいていること、後の「しばらく」は三日目の復活です。しかし、弟子たちには何のことかわからず、互いに論じ合いました。そこで、イエスは、さらに詳しくこれから起ころうとすることを弟子たちに説明されたのです。「イエスは、彼らが尋ねたがっているのを知って言われた。・・・はっきり言っておく(アーメン、アーメン)。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。」
まず、イエスの死、十字架によって、深い悲しみが弟子たちを襲うこと、世はそれを見て喜ぶこと(世とは神に敵対するサタンとその勢力のことです)、しかし、弟子たちの悲しみは喜びに変わること。それは子を産んだ女が、喜びのあまり陣痛の苦しみを忘れるようなもので、弟子たちの悲しみもイエスとの再会によって喜びに変えられると語られています。
そして結論。「今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。」
ここでやはり鍵になるのが、「しばらくすると、私を見るようになる」と語られた「しばらくすると(a little while)」ということです。時間的には、復活のキリストとの出会いと読むのが自然だと話しましたが、意見の分かれるところです。ある人は、再臨のキリストとの出会いを指していると考えます。それも預言的な解釈としては一理あります。しかし、文脈から言えば、直前まで、聖霊の働きについて話されていた訳ですから、またイエスが「父のもとに行く」と言われていたことも併せて語られていることから、やはり真理の御霊である聖霊が来られるときと読むのがイエスの真意に迫るように思います。
「しばらくするとわたしを見るようになる。」「わたしは再びあなたがたに会う。」この出会いは、復活のキリストとの出会い(40日間限定の数回の出会い)でも、いつとも知れない再臨のキリストとの出会いでもなく、聖霊によって、私たちの心に内住し現存されるキリストとの出会い、誰にも奪うことのできない永遠の出会いのことなのです。
「世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。」

今日は海の日。海が好きです。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい歌

礼拝メッセージ 「新しい歌」
聖書 ヨハネによる福音書16章16-22節
ヨハネによる福音書シリーズ(130)

16:16 「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。
16:17 そこで、弟子たちのある者は互いに言った。「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』とか、『父のもとに行く』とか言っておられるのは、何のことだろう。」
16:18 また、言った。「『しばらくすると』と言っておられるのは、何のことだろう。何を話しておられるのか分からない。」
16:19 イエスは、彼らが尋ねたがっているのを知って言われた。「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』と、わたしが言ったことについて、論じ合っているのか。
16:20 はっきり言っておく。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。
16:21 女は子供を産むとき、苦しむものだ。自分の時が来たからである。しかし、子供が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはやその苦痛を思い出さない。
16:22 ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

泣きたい程の神秘性



イエスが自ら語られた聖霊の派遣とその働き(使命)が続きます。「その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。 父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、『その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる』と言ったのである。」
聖霊は、父なる神からすべてのものを譲渡された神の御子キリストからすべてを譲渡されて、それを私たちに知らせます。ここに三位一体の神秘がシンプルに語り尽くされています。私の書斎には、15種類ほどのヨハネ福音書の注解書や説教集がありますが、この御言葉を具体的に取り上げているものは、ほとんどありませんでした。ところが大槻牧師が書かれた『言泉集』だけは、この言葉をくり返し取り上げ、三位一体の神秘をみごとに解き明かしているのです。80年前の神との出会いを通して、その神秘を実体的に体験されたからです。
「キリスト教神学において、最も難解なテーマは三位一体論である。それであるがゆえにアウグスティヌスは、聖書を引用し、またあらゆる例をたくみに駆使し、三位一体論を解説する努力を試みている。正直に言ってその三位一体論を読むこと、さらに理解するためには、私自身忍耐と労苦を必要としたのである。幸いにして啓蒙されるところが多くあった。
しかし、それは美しい上高地の油絵を見たに等しい。それは写像であって原像・実体ではない。上高地の風景画を見たのみでは、奥穂高岳や前穂高岳が三千メートル級の山であることも、梓川の清流の美しさもわからず、その流れの音も聞こえない。現地で体験する、泣きたい程の神秘性に打たれるあの感動は起こってこないのである。写像と実像、影と実体との相違である。写像の役割は、ある程度の予備知識を与えることであり、実像へと誘うことであろう。」

西日本豪雨の被災地のためにお祈りさせていただいています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三位一体なる主との出会い

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書16章ほか。

16:14 その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。
16:15 父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、「その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる」と言ったのである。

コリントの信徒への手紙二
3:18 わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造り変えられていきます。これは主の霊の働きによることです。

ヨハネによる福音書の御言葉は礼拝で学んだところですが、『言泉集』1巻から、更に掘り下げて学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主人の声



今年も折り返しを通過しましたが、今年の干支を覚えていますか? はい、犬です。
尊敬するある牧師からいただいた年賀状にこんな話しが記されていました。映像音響器機メーカーのビクター(現在は経営統合されケンウッド)のロゴマークに関するエピソードです。

ビクターマークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。フランシスの兄マークはニッパーという名の賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、フランシスが、彼の息子とともにニッパーをひきとりました。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。
そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げ、その絵に「His Master's Voice」と名前をつけました。
後日、亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として登録しました。それ以来この由緒あるマークは最高の技術と品質の象徴として深く信頼され、愛されてきたという話しです。
いただいた年賀状には「今年こそビクター」と書いていました。なつかしい主人の声に聞き入っていたいとの決意に胸を熱くしました。2018年の後半戦、そんな日々を送りたいと願っています。

このたび西日本を襲った記録的な豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申しあげます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊によらなければ

礼拝メッセージ 「聖霊によらなければ」
聖書 ヨハネによる福音書16章12-15節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(129)

16:12 言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。
16:13 しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。
16:14 その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。
16:15 父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、「その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる」と言ったのである。

コリントの信徒への手紙一
12:3 聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えないのです。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

事実から真実へ



「言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。」
最後の晩餐の後、ゲッセマネの園に向かう道すがら、弟子たちに最後の教えを語られるイエスでしたが、その内容は彼らの限界を超えるものでした。弟子たちは混乱していました。しかし、そんな弟子たちを助けるために、来られる方があったのです。「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これからおこることをあなたがたに告げるからである。」
「真理の霊が来ると、・・・真理をことごとく悟らせる」とあります。14章26節では、「聖霊が、すべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」とありました。聖書学者によれば、「すべて」とか「ことごとく」とは、「情報の量ではなく、深みにおける十分さのこと」です。事実という情報の量だけではわからない、その背後にある真実と意味、その深みに導いてくれるのが聖霊なのです。事実から真実へ。ここでは、特にイエスの十字架の死、そして復活、その意味とその先にあるものが話題の中心になっています。
ヨハネ福音書の3章、イエスとニコデモとの対話を覚えているでしょうか。イエスは言われました。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と。あの日、ニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言いました。それが彼の限界でした。しかし、いよいよイエスの十字架の時が来たので、真理の御霊が、新たに生まれるという神の国の現実を、ことごとく悟らせてくださる時が来たのです。
「その方、真理の霊が来ると、あなたがたを(十字架に)導いて(神の国の)真理をことごとく悟らせる。」「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

続きを読む

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

使命

今週も祈祷会を大切に。今日の御言葉をシェアします。
イザヤ書62章から。

62:1 シオンのために、わたしは決して口を閉ざさず
エルサレムのために、わたしは決して黙さない。
彼女の正しさが光と輝き出で
彼女の救いが松明のように燃え上がるまで。

合唱団のレポートを紹介し、コンサートツアーの成功を共に喜んだ後、今日は、レポートにも名前が出ていたハンナ・セネシュの言葉から、使命について考えました。
「わたしは使命を与えられた密使だという気がする時がある(誰でも人生において使命をおびているものだ)。わたしの使命が何であるかは、まだはっきりとわからないが、まるで他人に恩義でもあるかのように、他人に対して責任があると感じる。時にはそんな考えは愚の骨頂のようなきがして、どうしてわたしがやらなければならないのか―なぜ、わたしでなければならないのかと思う。」
「他人が苦しんでいるというのに、わたしはここで快適に暮らしていると思うと、何かしなければならないと強く思う―何か全力をつくせるようなことを―自分自身に存在価値を与えるために。」
「ああ神様、わたしの胸に火を燃え立たせて下さるなら、その火をイスラエルという我が家のために使わせてください。・・・この言葉が空しいものではなく、わたしの人生の信条となりますように。わたしはどこに向かっているのか? 世界で最上のものに、わたしの内部で火花を散らせているものの方向に。」
燃やされて炎となったマッチは、何と幸いでしょう。心の核心で燃え上がった炎は、何と幸いでしょう。そして、栄光の中で、終焉することを知っている心は何と幸いでしょう。燃やされて炎となったマッチは、何と幸いでしょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

両刃の剣



ユダヤ人青年とクリスチャンが新約聖書について議論していたが、ユダヤ人青年は新約聖書は神の言葉ではなく、人の言葉だと頑固に主張し続けた。そこでクリスチャンは、ヘブライ人への手紙4章12節「神の言葉は・・・両刃の剣よりも鋭い」という言葉を読み聞かせた。
「私がここに抜き身の剣を下げてきて、これは非常に鋭い物であるから、試してみようと言ったとします。しかしあなたは、いやそれは杖に過ぎないと言う。どんなに説明してもなかなかその考えを変えようとしません。そこで私はあなたに、それではこれを握ってみるようにと言う。あなたはそれを握って傷を受けたら、その考えを変えるでしょう。新約聖書が本当に剣かどうかを試してみてはどうですか。」「ええ、その実験は難しいことでは無いですから実行してみます。」
彼はその時から新約聖書を読み始めた。そして、数日してからこう言った。「新約聖書は確かに剣であり、私自身を深く傷つけました。私の魂は、夜も昼も安らぐことができなくなりました。だから、神の言葉に従って、救い主イエス・キリストのもとに行き、罪を告白して赦していただきました。神の言葉は真実です。すると、新約聖書が約束しているように、私の心に平安が訪れました。」

神の言葉である聖書は、聖霊の助けによって、罪について、義について、また裁きについて、世の誤りを明らかにします。今週も、敬虔な心で、私たちをキリストに導く、神の言葉に耳を傾けましょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我らは四人であった

7月のオープン礼拝
メッセージ 「我らは四人であった」
聖書 ヨハネによる福音書16章7-15節

16:7 しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。
16:8 その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。
16:9 罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、
16:10 義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、
16:11 また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。
16:12 言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。
16:13 しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。
16:14 その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。
16:15 父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、『その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる』と言ったのである。」

毎年7月は家族の召天記念日を覚えて礼拝に参加してくださる方々います。
今日は天国の希望を語らせていただきました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me