彼は笑う



正月3日の中日春秋に、犬笑うと言われる戌年の話題から、笑いについて書かれていました。笑いにはストレス軽減や免疫力向上という効用があることは広く知られていますが、作家の井上ひさしさんの言葉が紹介されていました。「人はもともと悲しみを持って生まれ落ちる。でもその内側に笑いは備わっていない。だから自分の手で作り出し、分け合い、持ち合うしかありません。」文章はだから努めて笑いを作り出そうと結ばれます。
ところで、今月は創世記からアブラハムの物語を学んでいますが、18章には、ついに約束のひとり子イサクが誕生が予告される場面です。実際は21章でイサクが誕生するのですが、アブラハムの妻サラは、イサクの誕生の予告を聞いて、笑います。自分たちの年齢を考えれば、望み得ないことだったからです。しかし、約束どおり、1年後イサクが誕生します。イサクとは「彼は笑う」という意味です。今年、自分で努めて笑いをつくるのもいいですが、神様が私たちを笑わせてくださるような一年にしていただきたいものです。サラはこう言いました。「神はわたしに笑いをお与えになった。聞く者は皆、わたしと笑いを共にしてくれるでしょう。」
そんな笑うことのできない状況を変えてくださったのが、17章でアブラハムの前に現れた全能の神です。アブラハム99歳の時のことです。ハランの地で神の声を聞き、行く先も知らずに旅に出たのが75歳の時、約束の地カナンに移り住んで10年経過し、女奴隷ハガルをによってイシュマエルが誕生した時には86歳になっていました。それからイシュマエルが成人するまでの13年間、神は沈黙されました。人生において、神を見失い、見出せなくなることが実際にありますが、13年は余りにも長いと思います。未だ神の約束は一つとして実現されていません。普通なら、この間に、アブラハムの物語が終わっても仕方がありません。それでもアブラハムの物語が続くということは、彼が神の約束を待ち続けていたということではないでしょうか。彼が待って待って、待ちくたびれるほど待った果てに、ついに17章で、神が13年の沈黙を破って、再び語り始められたのです。
「アブラムが99歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。『わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。』」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

エルシャダイ

メッセージ 「エルシャダイ」
聖書 創世記17の1-8ほか
ヨハネによる福音書・特別編「わたしの日を見て喜んだ」シリーズ3

17:1 アブラムが九十九歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。
17:2 わたしは、あなたとの間にわたしの契約を立て、あなたをますます増やすであろう。」
17:3 アブラムはひれ伏した。神は更に、語りかけて言われた。
17:4 「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。
17:5 あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。あなたを多くの国民の父とするからである。
17:6 わたしは、あなたをますます繁栄させ、諸国民の父とする。王となる者たちがあなたから出るであろう。
17:7 わたしは、あなたとの間に、また後に続く子孫との間に契約を立て、それを永遠の契約とする。そして、あなたとあなたの子孫の神となる。
17:8 わたしは、あなたが滞在しているこのカナンのすべての土地を、あなたとその子孫に、永久の所有地として与える。わたしは彼らの神となる。」

エフェソの信徒への手紙
3:20 今このかたに、すなわち、私たちのうちに働いているみ力〔の活動〕によって〈その結果として〉、私たちが求める、あるいは考えること〔のできる〕すべてをはるかに越えて〈それ以上に〉《私たちの最高度の祈り、願い、思い、望み、あるいは夢を無限に越えて》〔ご自身のご計画を実現し、そして〕十分以上になすことのおできになるかたである
3:21 この〔神〕に、栄光が、教会によって、また、キリスト・イエスによって、世々にわたって、いついつまでもありますように。アーメン。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

秘められた計画



新年聖会で「秘められた計画」という言葉について教えていただきました。

「秘められた計画」と訳された言葉は、ギリシャ語のミュステーリオンという言葉です。新約聖書では27回用いられていますが、口語訳では「奥義」とも訳されている言葉です。「秘められた計画」とは、そもそも何でしょうか。それは、「人間の理解をはるかに越えた神の神秘に属するものであり、神の啓示によってのみ理解可能となる事柄」という意味です。パウロはこの「秘められた計画、奥義」が何であるかを、エフェソの信徒への手紙3章に次のように記しています。「それは、福音により、キリストイエスにあって、異邦人も共同の相続人になり、ともに同じ体に連なって、ともに約束にあずかる者となるということです。」・・・
F.B.マイヤーはこう言っています。「キリストがアブラハムの子の心の中に住まわれるという事は、驚くべき謙遜の行為と思われるが、主が異邦人の心の中に住まわれるということは、信じられないほど驚くべきことである。」
ああ、なんと偉大な奥義、なんと驚くべき計画を、主は異邦人である私たちに知らせて下さったことでしょうか。

この神の秘められた計画、栄光の希望こそ、内におられるキリストなのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内にいますキリスト

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
今週も今年の標語、コロサイの信徒への手紙1章から。

1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。

新年聖会の恵みを心に留めながら、今週も標語の御言葉を味わってから祈りを積みました。
今年、聖霊による維新を期待します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

荒野の時間



恵みにあふれた新年聖会を感謝します。

基調メッセージの中で、パウロが復活のキリストとの出会いの後、アラビアに退いたことが語られました。使徒言行録では、すぐに彼の福音宣教の働きがフル回転で始まったかのように記されていますが、実際はそうではありませんでした。パウロは3年、アラビアの荒野に退きます。遊牧民が住んでいるだけで、街はありません。人が全くいないところです。アラビアの荒野というのは、エジプトを出発した民が紅海を渡って、その東側に広大に広がっている荒野と砂漠です。
パウロだけではありません。神に用いられた器には、それぞれ荒野の時代があります。モーセは、同じアラビアの荒野で40年待ちました。ヨセフは、エジプトの宰相として活躍する前、2年間監獄で生活をしています。ダビデは、二代目の王として油注がれても、一代目の王サウルのもとを逃れて、何年も荒野を逃げ回り、孤独なよりどころのない放浪の生活を強いられ、人には頼れないことを学びます。預言者エリヤは、活動を初めてすぐ、ケリテ川のほとりに身を隠す生活を余儀なくされ、カラスに養われ、孤独に生きます。
栄光の希望であるお方をさらに深く知るために、私たちにも荒野の時間が必要です。元旦のメッセージでも語りましたが、もっと耳を澄ませて神の声を聴く時間を大切にしたいと思います。私たちは、さまざまな音に囲まれていますが、あえて、テレビもラジオも音楽プレイヤーもスイッチを切って、スマホも置いて、神の言葉に耳を傾けるように努力しなければなりません。さあ、荒野の時間へ。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリスト、栄光の希望

新年聖会
礼拝メッセージ 「内におられるキリスト、栄光の希望」藤井勝牧師(嵯峨野教会)
聖書 コロサイの信徒への手紙1章26-28節

1:26 世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。
1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。
1:28 このキリストを、わたしたちは宣べ伝えています。

新年聖会の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アブラムは主を信じた



主はアブラムを天幕の外に連れ出して言われました。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。あなたの子孫はこのようになる」と。
私たちの現実は、常識に捕らわれ、自分の立場や考えに終始してしまうことです。常識も大切です。しかし、信仰には、神の現実を制限しないゆとりが必要なのです。その小さな常識という天幕から外に出て、天を仰ぐゆとりです。ある有名なラビは、この言葉を次のように説明しました。「この天を仰ぐと訳されている言葉は、むしろ高い所に引き上げられて、上から下を見下ろすというニュアンスを持っている」と。神はアブラムを天幕から外に連れ出されただけでなく、彼を星よりも高く引き上げられたということです。そこで彼は、もはや人間の視点ではなく、人間的な立場からでもなく、神のまなざしをもってすべてのことを見せられたのです。その時、すべてが逆転しました。彼の事情境遇が変わったのではありません。彼の立ち位置が変わったときに、彼の見ている景色が変えられたのです。その時、ついに「アブラムは主を信じた」という信仰の世界の幕が開かれたのです。聖書の中で、このあと、当たり前のようにくり返し使われる「信じる」との言葉が最初に使われた瞬間でした。
ところで、「星よりも高く」というのは、何か霊的な体験であったのでしょうか。意外にこういうことだったのかもしれません。アブラムは、彼が神を信じる前に、神が彼を信じてくださった事実に気がつかせられたのです。これは、アブラムのことをとことん信じた神の信仰です。そもそも信仰という言葉は、真実とか忠実とかいう言葉から来ています。神が私たちに尽くしてくださった真実から、信仰が生まれたのです。もっと言えば、アブラムを信じてくださった神の愛のただ中で生きるということです。あなたを信じてくださった神を、あなたも信じてください。

寒い日が続いていますが、次の日曜日は教区合同の新年聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリスト、栄光の希望

今年も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コロサイの信徒への手紙の1章から。

1:26 世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。
1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。
1:28 このキリストを、わたしたちは宣べ伝えており、すべての人がキリストに結ばれて完全な者となるように、知恵を尽くしてすべての人を諭し、教えています。
1:29 このために、わたしは労苦しており、わたしの内に力強く働く、キリストの力によって闘っています。

新年聖会のために、今年の標語の御言葉を開き、祈り備えました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

それがなくなったら、私もなくなってしまうようなただ一つ



教会の信徒ルームには毎年、星野富弘さんの詩画カレンダーを飾っています。味のある優しさにあふれた作品にいやされます。2018年のカレンダーの1枚目は「茎がふくらんだ蘭」という題の絵で、こんな詩が載せられています。

その一つから花が咲き
その一つから葉が出る
一つに総てが含まれ
一つに総てが現される
それがなくなったら
私もなくなってしまうような
ただ一つである


しばし立ち止まって、いろいろ考えさせられる詩です。元旦礼拝では、昨年から話題になっている『君たちはどう生きるか』という80年前に書かれた本の中から、こんな言葉を紹介しました。「肝心なことは、・・・自分が・・・心を動かされたことから出発して、その意味を考えてゆくことだと思う。・・・そうすると、ある時、ある所で、君がある感動を受けたという、くりかえすことのないただ一度の経験の中に、その時だけにとどまらない意味のあることがわかってくる。それが、本当の君の思想というものだ。」
星野さんの詩も、『君たちはどう生きるか』の言葉も、ある一つのもの、一つの心動かされる経験の中に、その時だけにとどまらない大切なすべてが含まれていること、それがなくなったら、自分もなくなってしまうような、ただ一つがあるということを教えているように思います。私にとって、あなたにとって、それがなくなったら、自分もなくなってしまうような、ただ一つとは何でしょうか。

明日は1月9日。80年前のその夕べに起きたただ一つから、聖イエス会は生まれました。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

それがなくなったら・・・

新春オープン礼拝
メッセージ 「それがなくなったら・・・」
聖書 創世記15の1-6
ヨハネによる福音書・新年特別編「わたしの日を見て喜んだ」シリーズ2

15:1 これらのことの後で、主の言葉が幻の中でアブラムに臨んだ。「恐れるな、アブラムよ。わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きいであろう。
15:2 アブラムは尋ねた。「わが神、主よ。わたしに何をくださるというのですか。わたしには子供がありません。家を継ぐのはダマスコのエリエゼルです。」
15:3 アブラムは言葉をついだ。「御覧のとおり、あなたはわたしに子孫を与えてくださいませんでしたから、家の僕が跡を継ぐことになっています。」
15:4 見よ、主の言葉があった。「その者があなたの跡を継ぐのではなく、あなたから生まれる者が跡を継ぐ。」
15:5 主は彼を外に連れ出して言われた。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。」そして言われた。「あなたの子孫はこのようになる。」
15:6 アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me