ラザロ、出て来なさい



「ラザロ、出て来なさい。」英語の聖書では、「Lazarus, Come Forth!」と訳されていますが、Forth というのは「の前へ(先へ)」という意味です。原文のギリシア語では、「エクソゥ(外へ)」という言葉が用いられています。
ラザロにとって、墓場は彼の終着駅だったのでしょうか。死んだらそれで終わりだったのでしょうか。いいえ、まだその先がありました。あの日、ラザロの名を呼び、「外に出て来なさい」と彼を呼ばれたイエスは、今日も私たちを呼んでおられるのです。「ラザロ、罪と不信仰の暗闇から出て来なさい。悲しみと絶望の淵から出て来なさい。古い自分自身から出て来なさい」と。
私たちは日頃から、さまざまな音や人の言葉に囲まれて生きています。人の言葉に傷つけられ、暴言や陰口に苦しんでいる人はいないでしょうか。でも一番よく聞く声は、意外に自分の声です。「ちぇっ」と舌打ちする時、誰かに言っているつもりで、実は自分に向かって、「やっぱりだめだ、どうせできやしない、もうおしまいだ」と言っているのです。そんな声に、やる気も自信も失い、一歩も前に、先に進めなくなっている人がいれば、その人こそラザロです。今年、どんな声よりもイエスの声を大きく聞きましょう。その声を何度も聞きましょう。イエスは「『彼らを信じさせるためです。』こう言ってから、『ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。」
「もう見ないでください。臭いますから」と言っているあなたが本当のあなたではありません。私たちは一人一人が、神にとって「この世で一番の奇跡」なのです。「わが目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」「わが愛する者、美しいひと。」それが本当のあなたなのです。その本当のあなたに向かって、イエスは叫んでおられます。「ラザロ、出て来なさい。」「すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た。・・・マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。」
今年、ラザロの物語が、あなたと私の物語となりますように。

次の日曜日は、教区合同の新年聖会です。御言葉を待ち望みます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

しつように頼めば

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書の11章から。

11:5 また、弟子たちに言われた。「あなたがたのうちのだれかに友達がいて、真夜中にその人のところに行き、次のように言ったとしよう。『友よ、パンを三つ貸してください。
11:6 旅行中の友達がわたしのところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです。』
11:7 すると、その人は家の中から答えるにちがいない。『面倒をかけないでください。もう戸は閉めたし、子供たちはわたしのそばで寝ています。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません。』
11:8 しかし、言っておく。その人は、友達だからということでは起きて何か与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう。
11:9 そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
11:10 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
11:11 あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。
11:12 また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。
11:13 このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」

8節の「しつように頼めば」を詳訳聖書は「あつかましいほどのしつこさ」と訳しています。
新年聖会を前に、今年そのような祈りに導かれるように祈りを積みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

永遠の命に生きる希望



元旦礼拝から、今年の御名にちなんで、ヨハネ福音書の11章、ラザロの復活の奇跡を改めて学んでいます。先週は旧約聖書を引用して、この奇跡の背景に聖書が示す福音、氷をとかすドラマが語られているというメッセージをお伝えしました。昨日の礼拝では最初に、これまでのメッセージを踏まえて、「偉大な生涯の物語」から、ラザロの復活のシーンをダイジェストで見ていただきました。
聖書の記述通りではありませんが、ラザロの死を悼む人々、イエスの涙と息遣い、墓の前での祈り、ラザロを呼び出される声、墓から出て来たラザロ、それを見た人々の驚きと興奮、その喜びを告げる人々。
印象的なのはラザロの墓が、そびえ立つ大きな岩山の一部になっていることです。私には、あの岩山が、まるで難攻不落の死の王国を象徴しているように思えました。
誰も死を避けることはできません。しかし、多くの場合、人はできるだけ死を避けようとします。ホテル、マンション、駐車場、もちろん病院には、死を想起させる4号室や4階がないところがあります。苦しみに通じる9という数字も避ける場合があるようです。それらは忌み数と呼ばれ不吉な数字とされています。迷信と言いながら、その影響は小さくありません。しかし、真実の神であり、永遠の命であるイエス・キリストの出現は、人類の歴史、死の問題に根本的な変化をもたらしました。イエス・キリストの出現までは、人間にとって死は、人生に終止符を打つもの、人間存在の崩壊を意味していましたが、キリストの出現は、人類に永遠の命と復活の希望をもたらしたのです。
聖書はこう言っています。ローマの信徒への手紙5章、「一人の人(アダム)によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んできたように、死はすべての人に及んだのです。・・・しかし、神の恵みの賜物は罪とは比較になりません。・・・罪が死によって支配していたように、恵みも義によって支配しつつ、私たちの主イエス・キリストを通して永遠の命に導くのです。」
蛇に睨まれた蛙のように、死の前に為す術もなく立ち尽くし、いつか死に呑み込まれていく私たちのために、イエス・キリストは十字架の死によって死を滅ぼし、私たちにも永遠の命に生きる希望を与えてくださったのです。
今年、あの渇ききったネゲブ砂漠に、死の世界に、命の川の流れを導き、氾濫させるかのように、主が私たちを罪と不信仰、そして死の力から解き放ち、よみがえらせてくださいますように。「荒れ野よ、荒れ地よ、喜び踊れ。砂漠よ、喜び、花を咲かせよ。」「それは荒野に水が湧きいで、砂漠に川が流れるからである。」「この川が流れる所では、すべてのものが生き返る。」

今日は京都での聖会です。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

いのちとの出会い・シリーズ3

礼拝メッセージ 「いのちとの出会い・シリーズ3」
聖書 ヨハネによる福音書11章40-45節
ヨハネによる福音書シリーズ(新年特別編)

11:40 イエスは、「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」と言われた。
11:41 人々が石を取りのけると、イエスは天を仰いで言われた。「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。
11:42 わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです。」
11:43 こう言ってから、「ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。
11:44 すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た。顔は覆いで包まれていた。イエスは人々に、「ほどいてやって、行かせなさい」と言われた。
11:45 マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。

今週も礼拝の恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

音が聞こえた



福音とは、幸福の音と書きますが、聖書の中で最初に「音」という言葉が使われるのはどこだか知っていますか。それは創世記の3章です。クリスマスに学んだ「原福音」と呼ばれる箇所ですが、人類の罪の始まりが描かれる記事の中に、すでにいくつもの神の愛を見い出すことができます。そこに聖書で最初の「音(sound)」が出て来るのです。3章8節、「その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。」それは、罪を犯し、神の顔を避けて園の木の間に隠れていたアダムとエバを探し、園の中を歩まれる神の足音でした。それはどんな足音だったのでしょう。神学的には、彼らが犯した罪が神と人との間を分断しました。しかし、この足音から感じられる神の思いはこうです。「主なる神はアダムを呼ばれた。『どこにいるのか。』」これは彼らを裁くためではく、彼らを取り戻すための神の招きです。神は罪のど真ん中にいる彼らに近づくことを否まれなかったのです。これこそ福音の初めです。
雅歌や創世記の記事を背景に、ラザロの復活の物語を読むのは、読み込み過ぎでしょうか。それでも、「ラザロ、出て来なさい」と墓に向かって叫ばれたイエスの声が、私にはこう聞こえるのです。「あなたはどこにいるのか。」「あなたがたはどうして死んでよかろうか。わたしは何人との死をも喜ばないのであると、主なる神は言われる。それゆえ、あなたがたは翻って生きよ。」「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。」
いつか死に呑み込まれていく私たちのため、死に向かって憤り、涙を流しながら、立ち向かって行かれたイエスこそ、やがて十字架の死によって死を滅ぼし、私たちに永遠の命を与え、私たちの目から涙をぬぐってくださるお方なのです。「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。」
今年、死の世界であるネゲブに川の流れを導き、命を氾濫させるかのように、罪や不信仰、死の力に縛られ、捕らえられている私たちを、主が解き放ち、復活させてくださるでしょう。神の足音が聞こえて来ます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

都に上る歌

今年も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編126編から。

126:1 【都に上る歌。】主がシオンの捕われ人を連れ帰られると聞いて、わたしたちは夢を見ている人のようになった。
126:2 そのときには、わたしたちの口に笑いが、舌に喜びの歌が満ちるであろう。
そのときには、国々も言うであろう。「主はこの人々に、大きな業を成し遂げられた」と。
126:3 主よ、わたしたちのために、大きな業を成し遂げてください。わたしたちは喜び祝うでしょう。
126:4 主よ、ネゲブに川の流れを導くかのように、わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。
126:5 涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。
126:6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は、束ねた穂を背負い、喜びの歌をうたいながら帰ってくる。

この詩編は120編から始まる15編からなる「都に上る歌」の7番目の歌です。「都に上る歌」はシール・ハマアロートの訳で、本来は「上る歌」という意味です。そこで、曲調が上がり調子の歌と理解する場合もありますし、神殿の婦人の庭から、男子の庭に上るところに15段の階段があり、それを一段上る毎に、レビ人が歌ったから、この歌集は15編あるのだという、うがった見解もあります。ほかには、バビロン捕囚から故国に帰還した人々が歌った歌やエルサレム巡礼のために都に上る者たちの歌と考えられています。それぞれ意味があるように思います。今年の標語の聖書箇所なので、礼拝に祈祷会に上って来る度に味わいたいものです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

氷をとかすドラマ



旧約聖書、雅歌2章10節以下を新改訳聖書で紹介します。

2:10 私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。
2:11 ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
2:12 地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。

聖イエス会讃美歌152番「見よ冬過ぎ去り」はこの御言葉を歌っています。冬が過ぎ、春が来るように、歌の季節がやって来るというのは、今年の標語、詩編126編にも通じるテーマだと思います。涙の種蒔きに続く、喜びの歌と収穫。厳しい冬の寒さに続く、百花繚乱の歌の季節。新共同訳の「小鳥の歌うたうとき」というのも良い訳です。
さて、歴史上最も多くの人に見られた映画の一つは、あの「Sound of Music」だそうです。ジュリー・アンドリュースが演じる実在の修道女とトラップ一家との愛を描いたこの不朽の名作ですが、この映画について徹底解説した書物に、長く愛される映画(ストーリー)には一つの法則があるということが書かれていて興味深く読みました。その法則とは「氷をとかすドラマ」ということです。
大ヒットしたディズニーの「アナと雪の女王」は、まさに真実な愛によって氷がとける物語です。日本にゴスペルブームを呼んだ「天使にラブソングを」もそうです。「Sound of Music」も氷のような心のトラップ大佐とその厳しい規律に縛られていた子どもたちの心を、修道女マリアが歌の力によって、その氷をとかしていく物語です。
では、どうしてこのようなストーリーが愛されるのでしょうか。それはきっと、だれもがとかしてほしい何かを持っているからではないでしょうか。
雅歌の花嫁も、閉ざされた心を持っていましたが、彼女を愛する花婿は、彼女の愛を呼び覚まそうと、「山々を飛び越え、丘々の上をはねて」、かもしかや若い鹿のように、彼女のところにやって来ました。そして語りかけるのです。「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た」と。氷をとかすドラマ、これこそ福音の神髄です。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

いのちとの出会い・シリーズ2

礼拝メッセージ 「いのちとの出会い・シリーズ2」
聖書 詩編126編1-6節、雅歌2:10-12、ヨハネによる福音書11章41-43

126:1 【都に上る歌。】主がシオンの捕われ人を連れ帰られると聞いて、わたしたちは夢を見ている人のようになった。
126:2 そのときには、わたしたちの口に笑いが、舌に喜びの歌が満ちるであろう。そのときには、国々も言うであろう。「主はこの人々に、大きな業を成し遂げられた」と。
126:3 主よ、わたしたちのために、大きな業を成し遂げてください。わたしたちは喜び祝うでしょう。
126:4 主よ、ネゲブに川の流れを導くかのように、わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。
126:5 涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。
126:6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は、束ねた穂を背負い、喜びの歌をうたいながら帰ってくる。

2:10 私の愛する方は、
私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。
さあ、立って、出ておいで。
2:11 ほら、冬は過ぎ去り、
大雨も通り過ぎて行った。
2: 12 地には花が咲き乱れ、
歌の季節がやって来た。」

11:41 人々が石を取りのけると、イエスは天を仰いで言われた。「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。
11:42 わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです。」
11:43 こう言ってから、「ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。

新年最初の日曜礼拝。今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ネゲブに川の流れを導くかのように



新年の御名と標語を心からあがめます。今年の御名はヨハネによる福音書11章25節、「我は復活なり命なり」です。今年、この命と希望にあふれる御名(神の種)を、まず私たちの心という畑に、涙と共に蒔き続け、自らの内にキリストの死と復活を体験し、キリストの命にあふれる者とならせていただきましょう。その人だけが、「復活の喜びを告げる、新しい歌」を歌いながら、大いなる収穫に与ることができるからです。
今年の標語、詩編126編が私たちの日々の祈りとなりますように。

126:1 主がシオンの捕われ人を連れ帰られると聞いて、
わたしたちは夢を見ている人のようになった。
126:2 そのときには、わたしたちの口に笑いが、
舌に喜びの歌が満ちるであろう。
そのときには、国々も言うであろう。
「主はこの人々に、大きな業を成し遂げられた」と。
126:3 主よ、わたしたちのために
大きな業を成し遂げてください。
わたしたちは喜び祝うでしょう。
126:4 主よ、ネゲブ(荒野と砂漠に、死の世界に、いのちの)川の流れを導くかのように、
わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。
126:5 涙と共に種を蒔く人は、
喜びの歌と共に刈り入れる。
126:6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は、
束ねた穂を背負い、喜びの歌をうたいながら帰ってくる。」
お言葉通り、成りますように。

4節に「ネゲブに川の流れを導くかのように」とありましたが、ネゲブとは、イスラエルの南部に広がる砂漠地帯のことです。イスラエル建国の父ベングリオンは、まるで預言者のように「ネゲブに花を咲かせよう」「この地を緑の園にしよう」と語り、そこにキブツを作りました。ネゲブには、ワジと呼ばれる水無川、涸れ川があり、雨期になると突然そこに川が流れるのです。今年、ネゲブに川の流れを導くかのように、主が私を含め、罪や不信仰、死の力に縛られ、捕らえられている者を解き放ち、復活させてください。さあ、「わたしたちのために大きな業を成し遂げてください」と祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

デボーションのすすめ



教会ではデボーションガイドを使って聖書通読することを勧めています。
デボーションガイドは、読み始めたその日から3年で、旧約聖書を1回、新約聖書を2回読むことができる聖書通読の友です。デボーションガイドの初めに、デボーションガイドの使い方「デボーションのすすめ」という短い文章を書かせていただいていますが、新年号にはこんな文章を載せました。

聖書を深く理解し、聖書を生きる人となるために、みなさんの手に次の6つのことを覚えさせてください。小指が「聞く」、薬指が「読む」、中指が「学ぶ」、人差し指が「覚える」、親指が「黙想する」、そして手のひらが「適用する」です。クリスチャンであれば、しばしば御言葉を聞く機会はありますが、それだけでは十分でありません。もう一歩進んで、毎日聖書を読む習慣を身に付けましょう。さらに、御言葉を学び、覚え、黙想し、日々の生活の中に適用することによって、御言葉をつかむことができるようになり、だれでも聖書を生きる人となれるのです。

そこで、名古屋教会では、今年デボーションガイド用のジャーナル(日誌)を作り、御言葉やデボーションの恵み、日々の感謝を書き留めることに挑戦し始めています。聖イエス会のメンバーで、まだデボーションガイドを使っていない方はぜひお求めください。新しい年、ご夫婦で、ご家族で、友だちやグループ、教会ぐるみでいろいろ工夫しながら挑戦していただきたいです。

あなたが聖書を閉ざすなら、神は口を閉ざされます。
あなたが聖書を開くなら、神は口を開いて語られます。

さあ、今年も毎日聖書を開いて、神の声を聞きましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me