聖書は説教されることを待っている



説教について、月曜日の続きです。

現代日本の礼拝説教が力を失い、それゆえ教会が力を失っているとするなら、それは、私たち説教者がいつの間にか、あまりにも「賢く」あろうとしているからなのではないだろうか。学者のような、零細企業の経営者のような、社会事業家のような、あるいは小さな教祖のような賢い立ち居振る舞いを身に付け、説教の「愚かさ」に徹することを忘れてしまっているからではないだろうか。
「説教力」は、説教者の賢さからは訪れない。それは御言葉そのものの力から訪れるのだ。
しかしそのことは、自分の説教の貧しさにあぐらをかいていればよいということではない。また「現代の礼拝の問題は、説教に重きが置かれすぎていることになる」とうそぶいて責任放棄すればよいということでもない。聖書は礼拝において説教されることを待っている。神は今も教会を通して、この時代に向かって話をしたがっておられる。私たち説教者は、その神のわざに仕える栄光な務めに召し出されているのである。
説教。それは、私たちが選んだのではなく、神が選んだ救いの手段である。
主イエスが説教を開始されたのは、洗礼者ヨハネが捕らえられた直後のことであった。闇の力が勝ち誇る中、説教の言葉をもって人間を取り戻す戦いを開始されたのである。「時は満ち、神の国は近づいた」。私たちもまた、人間を喪失させる時代の霊に、言葉をもって立ち向かう戦いを受け継いでいる。
この日本には、9000を越える教会・伝道所があるという。たとえそれぞれの群れは小さくても、日曜日ごとに、9000人の牧師・神父・信徒たちが説教を続けている。その数は、エリヤに約束された「バアルにひざまずかない7千人」(列王上19:18)よりもはるかに多い。そのひとりひとりが、まるで初めて説教するかのように、御言葉の力に打ち負かされて語り始めるとき、必ず教会は新たにされるだろう。
Ministry2010 vol.4「説教力を磨く」より

今日は真夏日です。この季節がやって来ました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

なすべきこと

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録9章から。

9:3 ところが、サウロが旅をしてダマスコに近づいたとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。
9:4 サウロは地に倒れ、「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。
9:5 「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
9:6 起きて町に入れ。そうすれば、あなたのなすべきことが知らされる。」

9:15 すると、主は言われた。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」

教会ではペンテコステに向かって祈りが始まっています。今年、私たちもダマスコの回心を、使徒言行録9章を体験できますように。なすべきことがはっきりすれば、方向性が変わるでしょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

説教という愚かな手段



今日は教区の若い先生方との祈り会がもたれ、説教について考えました。
これはある雑誌で読んだ説教についての記事にです。

今から15年前、東京から石川県の教会に赴任してから随分たったある日、かつての教会で共に過ごした信徒から手紙が届いた。母というには歳を重ね、祖母というにはまだ若い女性。差出人の名前に、いつも伏し目がちに過ごしていたその女性のたたずまいをすぐに思い出したが、会話をしたことは思い出せない。
それは、このような手紙だった。「あの日曜日、私は死ぬ準備を整えて、教会の礼拝に行きました。帰りに飛び降りることに決めていた歩道橋を渡り、神様に別れを告げるためでした。けれどもその日の礼拝で、先生の説教にキリストの声を聞きました。『わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる』(ヨハネ14:19)。その声が、今日も私を生かしています。そのお礼を伝えるまでに、5年の月日が必要でした。」
当時はまだ神学校を出たばかりの20代。日曜の朝になっても説教準備が終わらず、説教を終えた夜は心さいなみ、幾度も寝返りを打つ伝道者の説教を、彼女は正面から受け止めた。そして、聖書の言葉を通して神ご自身が語りかけてくださったのだ。私たち説教者は、水をワインに変えた方、主イエス・キリストの奇跡にくり返し出会わせていただきながら歩んでいる。
「そこで神は、宣教(説教)という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています」(汽灰螢鵐1:21-23)。
説教は愚かな手段である。スピードがもてはやされるこの時代に、十年一日のような教会でくり返されるたどたどしいスピーチから、いったい何が生まれるというのだろう。しかも、私のための希望は十字架で殺された方にあると語り続けることは、ユダヤ人やギリシア人のみならず、日本人にも愚かさの極みであろう。しかし、そのもどかしさに喘ぎ、聖書の言葉を何とか届けたいたいともがく伝道者の愚かさを、神は用いてくださるのだ。

あなたにも、あの日あの時の、忘れられない説教が、今のあなたを生かしてる説教があるでしょうか。神は今も教会を通して、この時代に向かって語っておられるのです。高校1年の夏、徳島の教会で聞いたキリストの声が私の転機となりました。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい道

礼拝メッセージ 「新しい道」長谷川神学生

聖書 フィリピの信徒への手紙2章6-11節


2:6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、

2:7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、

2:8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

2:9 このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。

2:10 こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、

2:11 すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。


今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

なぜ十字架だったのか その2



神の救いの道はキリストの受肉、十字架、復活によってもたらされました。キリストの十字架は、キリストが私たちの罪の身代わりに死んでくださったことを意味します。十字架刑は、当時イスラエルを統治していたローマ帝国において最も残忍な死刑の方法でしたが、なぜ、キリストの死は十字架でなければならなかったのでしょう。ほかの方法ではなく、十字架であったことに意味があります。それは神が定められた律法の要求に応えるためです。ガラテヤ書3章13節にこう書かれています。「キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。『木にかけられた者は皆呪われている』と書いてあるからです。」十字架刑はローマ帝国の死刑法でしたが、ユダヤの律法でも「木に架けられる」という刑罰がありました。申命記21章などに出て来ますが、それによると、木に架けられた者は「神に呪われた者」と言われています。私たちには聖書が教える呪いということが理解しにくいのですが、呪いの死とは、罪に対する神の怒りと裁きを受けた死であって、アダム以来、すべての人に定められた宿命です。この呪いから私たちを解放し救うために、キリストは呪われた者とならなければならなかったのです。
十字架の上で叫ばれたイエスの言葉を思い出します。「エリ、エリ、レマサバクタニ」「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか。」父なる神との美しい調和を一瞬も失うことなく持ち続けていた神の御子が、それを失い、神に見捨てられた者、呪われた者となってくださったその時、アダム以来、失われていた神と人との美しい調和が取り戻される道が開かれたのです。ですから、キリストが呪われた者として十字架の上で死んでくださったことによって、罪の代価は支払われ、私たちは神の怒りと裁きという、恐るべき呪いから解放されたのです。それは私たち一人一人が、「一輪の花」として美しい生きるためだったのです。
「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが(神の命に、神の愛に)生きるようになるためです。(「一輪の花」として美しく生きるためです。)ここに、神の愛が私たちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子とをお遣わしになりました。ここに愛があります。」

土曜日、日曜日と徳島にあるパウロ教会でメッセージを語らせていただきます。創立60周年、献堂40周年の記念聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神がハガルの目を開かれたので

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
創世記21章から。

21:8 やがて、子供は育って乳離れした。アブラハムはイサクの乳離れの日に盛大な祝宴を開いた。
21:9 サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムとの間に産んだ子が、イサクをからかっているのを見て、
21:10 アブラハムに訴えた。「あの女とあの子を追い出してください。あの女の息子は、わたしの子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません。」
21:11 このことはアブラハムを非常に苦しめた。その子も自分の子であったからである。
21:12 神はアブラハムに言われた。「あの子供とあの女のことで苦しまなくてもよい。すべてサラが言うことに聞き従いなさい。あなたの子孫はイサクによって伝えられる。
21:13 しかし、あの女の息子も一つの国民の父とする。彼もあなたの子であるからだ。」
21:14 アブラハムは、次の朝早く起き、パンと水の革袋を取ってハガルに与え、背中に負わせて子供を連れ去らせた。ハガルは立ち去り、ベエル・シェバの荒れ野をさまよった。
21:15 革袋の水が無くなると、彼女は子供を一本の灌木の下に寝かせ、
21:16 「わたしは子供が死ぬのを見るのは忍びない」と言って、矢の届くほど離れ、子供の方を向いて座り込んだ。彼女は子供の方を向いて座ると、声をあげて泣いた。
21:17 神は子供の泣き声を聞かれ、天から神の御使いがハガルに呼びかけて言った。「ハガルよ、どうしたのか。恐れることはない。神はあそこにいる子供の泣き声を聞かれた。
21:18 立って行って、あの子を抱き上げ、お前の腕でしっかり抱き締めてやりなさい。わたしは、必ずあの子を大きな国民とする。」
21:19 神がハガルの目を開かれたので、彼女は水のある井戸を見つけた。彼女は行って革袋に水を満たし、子供に飲ませた。
21:20 神がその子と共におられたので、その子は成長し、荒れ野に住んで弓を射る者となった。
21:21 彼がパランの荒れ野に住んでいたとき、母は彼のために妻をエジプトの国から迎えた。

今日はハガルの物語からお勧めをいただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

花の使命は



令和になって二度目の礼拝は、母の日の礼拝です。母の日は教会で生まれた美しい習慣です。聖書は神のことを「父なる神」、イエス・キリスを「子なる神」と呼びます。「では母は?」と言うと、聖書に明言されているわけではありませんが、聖霊なる神の優しさは母のようだと言えるかも知れません。また教会こそは、キリストの花嫁と呼ばれるゆえに、母のような役割を果たすのではないかと思います。聖アウガスチヌスも「教会を母としないクリスチャンは、神を父と呼ぶことはできない」と言いました。母の日に、母と呼ばれるすべての存在に、母と呼ぶことのできる存在を与えてくださった神に感謝したいと思います。「母の日」おめでとうございます。
先週は、外務省が「令和」という元号の意味を、「Beautiful Harmony(美しい調和)」と伝えているという話をしましたが、出典は、日本最古の歌集である『万葉集』、梅花の宴で詠まれた歌の序文から二文字をとって、「令和」と付けられたということです。
クリスチャンは西暦を重んじるべきかと思いますし、元号が必要かどうかという議論があることも承知のうえで、私は「令和」という言葉の意味を噛みしめています。万葉の時代、花見と言えば、桜ではく、梅や桃を楽しんだ訳ですが、「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」と心から願うものです。
カトリックのシスター渡辺和子先生が『どんな時でも人は笑顔になれる』という本の中に「『一輪の花』として生きる」という素敵な文章がを書いていました。
「人間は一人ひとり花です。小さな花もあれば大きな花もあり、早咲き、遅咲き、色とりどり店頭に飾られ、買われてゆくのもあれば、ひっそりと路傍で『花の一生』を終えるのも多いでしょう。花の使命は咲くことにあります。他の花と比べて優劣を競うことにもなければ、どこに置かれるかにもなく、自分しか咲かせられない花を一番美しく咲かせることにあります。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「一輪の花」として生きる

母の日のオープン礼拝
メッセージ 「『一輪の花』として生きる」
聖書 ヨハネによる福音書18章31-36節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(162)

18:31 ピラトが、「あなたたちが引き取って、自分たちの律法に従って裁け」と言うと、ユダヤ人たちは、「わたしたちには、人を死刑にする権限がありません」と言った。
18:32 それは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、イエスの言われた言葉が実現するためであった。
18:33 そこで、ピラトはもう一度官邸に入り、イエスを呼び出して、「お前がユダヤ人の王なのか」と言った。
18:34 イエスはお答えになった。「あなたは自分の考えで、そう言うのですか。それとも、ほかの者がわたしについて、あなたにそう言ったのですか。」
18:35 ピラトは言い返した。「わたしはユダヤ人なのか。お前の同胞や祭司長たちが、お前をわたしに引き渡したのだ。いったい何をしたのか。」
18:36 イエスはお答えになった。「わたしの国は、この世には属していない。もし、わたしの国がこの世に属していれば、わたしがユダヤ人に引き渡されないように、部下が戦ったことだろう。しかし、実際、わたしの国はこの世には属していない。」

ヨハネの手紙一
4:9 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。

今日は母の日。母と呼ばれるすべての存在に、母と呼ぶことのできる存在を与えてくださった神に感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

なぜ十字架だったのか



ピラトが「あなたたちが自分たちの律法に従って裁け」と言ったのに対して、ユダヤ人たちが「わたしたちには、人を死刑にする権限がありません」と答えたやり取を受けて、ヨハネは言います。「それは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、イエスの言われた言葉が実現するためであった」と。
私たちは毎週、使徒信条の中で「ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられ」と告白しますが、神が人類の救いのために立てられた計画に基づき、キリストが異邦人の手に引き渡され、裁かれ、十字架につけられたことを忘れないように告白しているのです。
イエスの死が十字架刑でなければならなかった理由を考えてみましょう。なぜ十字架だったのでしょうか。
第一に、それは骨が砕かれないという預言が成就するためです。出エジプト12章46節、「その骨を折ってはならない」とは、過越の子羊についての記述です。詩編32編20節以下、「主に従う人(メシア)には災いが重なるが、主はそのすべてから救い出し、骨の一本も損なわれることのないように、彼を守ってくださる」とある通りです。
第二に、キリストの死について、ユダヤ人と異邦人がともに責めを負うためです。ユダヤ人だけをキリスト殺しの犯人と言うのは教会の大きな過ちです。使徒言行録2章23節、「このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じの上で、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。」同じく4章27節、「事実、この都でヘロデとポンティオ・ピラトは、異邦人やイスラエルの民と一緒になって、あなたが油を注がれた聖なる僕イエスに逆らいました。そして、実現するようにと御手と御心によってあらかじめ定められていたことを、すべて行ったのです。」
第三に、キリストは、呪いの死を受けた者として木にかけられなければならなかったからです。私たちには聖書が教える呪いということがよく理解できていません。呪いの死とは、罪に対する神の怒りと裁きを受けた死であって、アダム以来、すべての人に定められた宿命です。この呪いから私たちを救うために、キリストは呪われた者とならなければならなかったのです。ガラテヤ書3章13節、「キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。『木にかけられた者は皆呪われている』と書いてあるからです。」
十字架の上で叫ばれたイエスの言葉を思い出します。「エリ、エリ、レマサバクタニ」「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか。」父なる神との美しい調和を持ち続けていた神の子が、神に見捨てられた者、呪われた者となってくださったその時、アダム以来、失われていた神と人との美しい調和が取り戻される道が開かれたのです。
「モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も(十字架に)上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。」アーメン。

次の日曜日は、5月のオープン礼拝「母の日」特集です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一粒の麦

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書12章から。

12:24 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。
だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

今週は神学生(実習生)が、初めての集会を導いてくださり感謝でした。
連休中にもたれたロゴス神学院セミナーの報告と恵みから、救霊についてお勧めしてくださいました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me