その方が来れば



ヨハネによる福音書の16章を学び始めましたが、イエスがいなくなると語られた上に、襲いかかるであろう憎しみと迫害の予告を聞き、弟子たちの心は動揺し、悲しみで満たされました。「あなたがたの心は悲しみで満たされている」とある通りです。しかし、イエスはもっと大局を見ておられました。「しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者(ギリシャ語では「パラクレートス」、詳訳聖書によると「慰め主〈助言者、助け主、弁護者、とりなす者、激励者、援助者〉」)はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。」ここから聖霊の働きについての大切な教えが始まります。
「その方が来れば、罪について、義について、また裁きについて、世の誤りを明らかにする。」続く節で、罪、義、裁きについて、それぞれ短い言葉で説明がなされていますが、少し難解な部分です。聖霊の聖霊たる働きとは何でしょう。聖霊は罪を示します。ここで言う罪とは不信仰という罪です。罪とは「的を外す」という言葉ですが、人生の真の目的と目標である神という的を外すことが罪の根です。聖霊はその罪を明らかにし、さらに義を示します。神の義とはイエス・キリストのことです。イエスは十字架と復活、昇天により、父なる神のもとに昇られますが、このイエスを信じることによって、私たちは神の前に義とされるのです。さらに聖霊は裁きについて世の誤りを明らかにします。世の支配者であるサタンは、十字架上でキリストが息を引き取り、墓に葬られたのを見た時、イエスと共に人類の救いという神の救済計画を葬ったと笑みを浮かべましたが、三日目の朝、神はイエスの復活という最後の一手を打ち、この勝負は神の大逆転勝ちで終わったのです。聖書は言います。「『死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。』わたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜る神に感謝しよう」と。この言葉がある限り、主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。

先週末、教会のメンバーが天国に移籍されました。今日と明日、葬儀がもたれます。主の慰めと平安を祈りつつ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ひびけ鐘の音

礼拝メッセージ 「ひびけ鐘の音」
聖書 ヨハネによる福音書16章5-11節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(127)

16:5 今わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこへ行くのか』と尋ねない。
16:6 むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。
16:7 しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。
16:8 その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。
16:9 罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、
16:10 義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、
16:11 また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。

ゼカリヤ書
12:10 わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを見つめ、独り子を失ったように嘆き、初子の死を悲しむように悲しむ。
13:1 その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを清める一つの泉が開かれる。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

父となるため



イエスが父なる神について語られた代表的なメッセージは、ルカ福音書15章、放蕩息子の父の物語です。
二人の息子を持つ父がいました。弟の方が、父に財産分与を願い出ます。父の存命中に相続を願うとはどうしたことでしょう。英語の聖書では、弟の言葉が「Now I want」とか「Give me」とか、たいへん強い調子で訳されています。それでも父は何も言わずに二人に財産を分けてやります。すると弟は「何日もたたないうちに」、それを全部お金に換えて、「遠い国」に旅立ってしまいました。「遠い」とは、物理的な距離というよりも、精神的な距離を表しています。ここに登場する父とは、父なる神を指していますから、父を離れることは、神から離れるということになります。ユダヤの教えでは、このように家を飛び出し、異郷の文化、習慣に染まった息子を「死んだ息子」と呼びましたが、彼は罪のうちに死んだものとなったのです。
湯水のように金を使い果たした後、厳しい試練が彼に臨みました。その地方にひどい飢饉が起こり、貧困と飢えが彼を悩ませました。彼は豚のえさで腹を満たしたいと思うほど空腹でしたが、この辛い辛い経験を通して、彼は我に返り、本心に立ち返って言います。「父の家に帰ろう」と。父の家に背を向けていた放蕩息子が、父の家に向きを変えたこの時、この物語はクライマックスを迎えます。
父は放蕩息子がまだ遠く離れていたのにも関わらず、息子の姿を見つけるや否や全速力で走り出しました。当時の男性、特に父親にとって、人前で走るというのは恥ずかしいこと、威厳を損なう行為と考えられていました。親父としての体面や沽券に関わる問題だったのです。走るためには、長いローブを腰まで捲くり上げないと走れないわけですから、それはタブー中のタブーでした。それでも父はなりふりかまわず、泥まみれの息子を目指して、一目散に走ったのです。
愛する息子を目指して、全速力で走る父の姿。こんなに美しい場面は、聖書のどこを探しても他に見出すことはできません。なぜ神は走られたのでしょうか。私たちの父となるためです。
父なる神は、今日も走る準備をして待っているのです。屈伸をして、靴紐を結び直して、あなたに「おかえり」と言うために。ふり返って父の家にあなたが向き変えるなら、ほらもう神様が走り始めています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

できるかぎりのことをした

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書14章から。

14:8 この人はできるかぎりのことをした。

今日は、大阪の教会からの報告、合唱団の報告を聞き、共に祈りました。
その後、今月の初めに持たれたマリア会大会の午後のお勧めから、大切な部分を分かち合っていただき恵まれました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アッバ、父よ



主の祈りは、「天におられるわたしたちの父よ」という、愛と信頼に溢れた神への親しい呼びかけで始まります。放蕩息子の物語ではありませんが、「わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません」というのが、かつての私たちの姿でした。にもかかわらず、神はイエス・キリストの十字架によって、私たちの罪を永遠に贖い、神の子としてくださいました。ですから、私たちはためらうことなく神を「父よ」と呼んでもよいのです。聖書に、「あなたがたが子であることは、神が『アッバ、父よ』と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります」と書かれているとおりです。
よく紹介する『日本人に贈る聖書物語』には、主の祈りが教えられた場面が次のように描かれていました。「弟子たちは早速、その祈りを実行に移した。初めて『父よ(アバ)』と呼びかけた日、ペトロは感動の余り泣き伏した。心配した仲間の弟子たちがペトロのそばにより、どうしたのかと問うと、ペトロは鼻をすすりながらこう答えた。『俺は今まで、天の父をこれほど近くに感じたことがなかった。まるで、父の暖かい両腕に抱かれているような思いになった。ああ、アバ、アバ、アバ、アバよ。』」
ある宣教師がこう言いました。「祈りの中でまずしなければならないことは、神に抱かれることです。神の懐に抱かれれば、他のものはすべて自然について来るのです。神に抱いていただきなさい。あなたのすべてをおゆだねしなさい。そうすれば、神はあなたに祈りをそそがれます。その祈りは神の祈り、神がお答えになるしかない祈りになるのです。」
だから、こう祈りなさい。「天におられるわたしたちの父よ! 父よ! 父よ! 御名が崇められますように。」

今朝、大阪で大きな地震がありました。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

父となる旅路

父の日の礼拝メッセージ 「父となる旅路」
聖書 ヨハネによる福音書16章1-7節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(126)

16:1 これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。
16:2 人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。
16:3 彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。
16:4 しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。」
16:4 「初めからこれらのことを言わなかったのは、わたしがあなたがたと一緒にいたからである。
16:5 今わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこへ行くのか』と尋ねない。
16:6 むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。
16:7 しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。

マタイによる福音書
6:9 だから、こう祈りなさい。「天におられるわたしたちの父よ、御名があがめられますように。」

ガラテヤの信徒への手紙
4:6 あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。

今日は父の日、お父さんに感謝、そして父なる神に感謝。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ワレラノムネ アナタノムネト オナジ

長崎巡礼

先月、ユネスコから、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界遺産に登録するという勧告が出され話題になりました。250年に渡る禁教政策の中で、潜伏キリシタンの生き方が評価されたということです。この歴史的な「信徒発見」の舞台となるのが長崎の大浦天主堂です。黒船の来航によって、開国が迫られる中、幕府がフランスとの国交を結んだことによって、数名の宣教師が日本に入ってきました。それはまだ大政奉還がなされる前、キリシタン禁令の時代です。秀吉のバテレン追放令から280年、家康の禁教令から250年の月日が流れていました。
今年の大河ドラマは西郷隆盛(西郷どん)、そろそろ坂本龍馬も登場してくるようですが、彼らが活躍した時代のことです。龍馬が貿易商社の亀山社中(のちの海援隊)を設立したのが1865年、その同じ年の2月にプチジャン神父が中心となって、亀山社中のすぐそばに大浦天主堂(日本26聖殉教者天主堂)が献堂されました。天主堂とは、カトリックの聖堂を中国風に呼んだもので、異国風の建物に長崎の人々は目を奪われ、当時の人々はそれをフランス寺と呼びました。
教会を建てるにあたって プチジャン神父には一つの願いがありました。多くの殉教者の血が流された長崎にはきっと信者の種が残っているにちがいない、教会ができれば、きっとすぐにでも名乗り出てくるだろうと期待していたのです。ところが献堂式の日にはだれも姿を見せませんでした。
1ヶ月が過ぎた3月17日の昼下がり、教会の前に10数名の男女の農民がやってきました。プチジャン神父は、ただ好奇心で教会を見物に来た人とは何か違うものがあると感じ、彼らを天主堂の中へと導き入れました。彼らは物珍しげに、きょろきょろしながら天主堂の中に入りました。そして聖堂の中にも窓の外にも、役人らしい人影がいないのを確認すると、ひとり婦人が胸に手を当てて神父にこうささやきます。「ワレラノムネ アナタノムネトオナジ(私たちはみな、あなたさまと同じ心でございます)」。この言葉を耳にした時の プチジャン神父の驚きと喜びはいかばかりだったでしょう。このとき250年間地下に潜伏していた日本のキリシタンたちが復活したのです。
250年7代にも渡る、長く厳しい禁教下で、その信仰は親から子へ、子から孫へと密かに、しかし確かに受け継がれ、そのともし火は消されることなく、灯され続けていたのです。この驚くべき「信徒発見」、潜伏キリシタンの信仰が、この度、世界遺産に登録されようとしているというのです。信仰とは、永遠の命とは、それほど尊いものなのです。
イエスは言われます。「たとえ、全世界をもうけても、永遠のいのちを失ってしまったら、何の得になるでしょう。いったい、永遠のいのちほど価値のあるものが、ほかにあるでしょうか。」「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命をえるためである。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

竪琴よ、琴よ、さめよ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編57編から、口語訳聖書で。

57:7 神よ、わたしの心は定まりました。
わたしの心は定まりました。
57:8 わたしは歌い、かつほめたたえます。
わが魂よ、さめよ。堅琴よ、琴よ、さめよ。
わたしはしののめを呼びさまします。

いよいよ始まるしののめ合唱団のイスラエルツアーのために、今日も祈りが積まれました。
合唱団という竪琴に聖霊が触れて、しののめを呼び覚ます歌をうたわせてくださいますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

永遠なるもの



ニューヨークタイムズに、ひとりの農夫からこんな投稿がありました。
「自分の隣の農場の経営者はクリスチャンで、毎週教会に行っている、毎日お祈りしている、聖書も読んでいる。一方、私は神を信じていない。教会には行かないし、聖書も読まないし、お祈りもしない。今年も収穫の時期が来たが、彼の家の収穫と私の家の収穫を比べると、私の家の方がずっと多かった。それでも神を信じる必要があるのだろうか。」
ニューヨークタイムズの編集者は、その投稿を載せ、次のようなコメントを追加したそうです。
「その通りかも知れません。しかし、人生の清算が、この地上だけで終わると思わない方がいいですよ。」
この地上では、神を知らない人でも楽しそうにやっていることがあります。実際にそう見えます。クリスチャンよりも、そうでない人の方が、もっと成功しているように見えることもあります。でも、覚えておきたい大切なことは、やはり人生の清算は、この地上だけで終わるのではないということです。これは聖書が教える世界観や人生観です。目先の幸せも無視できないかも知れませんが、それでも目に見える現実だけがすべてではなく一時的なものだとしたら、私たちの目を永遠なるものに向け、もっと永遠なるものについて語るべきではないでしょうか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

信徒発見

6月のオープン礼拝
礼拝メッセージ 「信徒発見(キリストの証人・後編)」
聖書 ヨハネによる福音書15の22-27
ヨハネによる福音書シリーズ(125)

15:22 わたしが来て彼らに話さなかったなら、彼らに罪はなかったであろう。だが、今は、彼らは自分の罪について弁解の余地がない。
15:23 わたしを憎む者は、わたしの父をも憎んでいる。
15:24 だれも行ったことのない業を、わたしが彼らの間で行わなかったなら、彼らに罪はなかったであろう。だが今は、その業を見たうえで、わたしとわたしの父を憎んでいる。
15:25 しかし、それは、『人々は理由もなく、わたしを憎んだ』と、彼らの律法に書いてある言葉が実現するためである。
15:26 わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。
15:27 あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me