手ごたえ

走れ!
霧の都ロンドン。ある霧深い日のこと、一人の少年がたこ揚げに興じていた。しかし、少年があげているたこは霧に隠れてどこにも見えません。少年があまりにも楽しそうにしているので、そこを通りかかった一人の紳士が尋ねました。「坊や、たこはどこにも見えないじゃないか。」すると、少年はこう答えました。「たこは見えないけど、手ごたえがあるんだ。」
少年の目にはたこは見えませんでしたが、霧の向こうにたこを感じていました。少年は手ごたえを楽しんでいたのです。あなたは目に見えない神とつながっていますか。信じることは手ごたえです。

今週も手ごたえのあるお方を感じながら、生き生きと過ごしましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あふれる

テベリヤ
キャンプの最終日は、場所をテベリヤ教会に移しての聖会だった。テベリヤ教会の礼拝堂は八畳と六畳の二間。そこに40人が入った。小さな小さな礼拝堂は人でいっぱいになった。神様を求める空気でいっぱいになった。そして、神様の愛でいっぱいになった。御名を唱えながら、目に映るその光景に涙があふれた。テベリヤ教会での毎回の礼拝が、この聖会のような空気と人々であふれるなら、それがリバイバルだ。教会が喜びと感動で満たされ、救われる魂で賑わいあふれるように祈ろう。

今日はテベリヤの土曜礼拝。名古屋から片道3時間、祈りつつ教会に向かう。二千年前、テベリヤ湖畔を歩まれたあの方と出会うために。あの奇跡を見るために。主の足跡を慕って。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

問題

海水浴
目の前の問題の大きさに
潰されてしまいそうな 時には思い出して
主は決してあなたを 見捨てたりはしない
あなたの行く道のすべてを 守ってくださる
だから大丈夫 心配いらない
だから大丈夫 イエスさまいるから
---Noah Music

今回のキャンプでもNOAHの「だから大丈夫」を何度も賛美した。隣に立っている人に向かって、この曲を歌った。ある子どもは笑いながら、ある子どもは恥ずかしそうに歌っていた。でも私は、主の大きな慰めと励ましでその場が包まれているのを感じていた。キャンプ中、先生方が語ってくださったメッセージに、問題はどこそこにあるのではなく、自分の内側にあるという話があった。自分の内側にある罪という暗闇が問題なのだ。それは大人であれ、子どもであれ、どうしても解決していただかなくてはならない最大にして究極の問題なのだ。怒りと憎しみ、恐れと孤独が渦巻く心。そこが地獄なのだから……。神様は今回そのことに気づかせてくださり、私たちを十字架の下に導いてくださった。その問題を解決するために。多くの子どもたちが、神様の愛に触れられる経験をし、「神様が、すぐそばにいるような気がした」と話してくれた。手を伸ばせば届くところに神様を感じたのだ。あとは心をオープンにして、救い主キリストを心に宿すだけだ。
だから大丈夫、心配いらない。だから大丈夫、イエスさまいるから。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イカダ

イカダ体験
サマーキャンプも今日で最終日。二日目の昨日は、イカダに乗り、海水浴場へ。みんなで協力し、ロープを引いて動かします。「十字架は救いのエレベーター」という今回のメッセージを思いながら、気持ちよく海の上を走るイカダに乗り、対岸の浜に到着。だれでもただ乗れば良いという体験学習でした。

ある修道女がこう言いました。「自分は小さく、欠点だらけの人間です。到底自分の力で天に登ることはできません。でもわたしは、天国へのエレベーターを見つけました。イエス様のみ腕こそ、わたしを天まで運ぶエレベーターです。」
あなたは、ただ乗りさえすればよいのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ファイヤー


昨日から始まったサマーキャンプ。予定より少し遅れてともやまに到着。早速、海水浴へ。夜は夜空の下、キャンプファイヤーがもたれました。火を点けた頃、数えられるほどだった星が、いつのまにか数え切れないほどの星空となっていました。降って来るような星に囲まれながら、ゲームに興じ、さんびを歌い、神様の愛についてお話しを聞きました。
きっとこれから星空を見上げるとき、神様の愛についてしみじみと考えるでしょう。私は愛されるために生まれて来た。私の生涯は愛で満ちている。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

だから大丈夫 その4


ミニ合宿、二日目は愛知牧場での野外レクリエーション。焼きそばを作って食べたり、原っぱでゲームに興じたり、菜の花畑の巨大迷路を歩いたり、楽しい時を過ごしました。ユダヤ教のラビの訳で詩編23編の最初のことばを紹介します。

主は私の羊飼い。
あなたが私に与えてくださった以上に必要なものがあるでしょうか。
(いいえ、足りないものは何もありません。)

明日から4月ですネ。今月もたくさんの方に読んでいただき、感謝でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

だから大丈夫 その3


「わたしはだれの死をも喜ばない。……生きよ」と主なる神は言われる。
---エゼキエル書18の32

ミニ合宿のM先生の証から。
小学生の頃、クラスメートにいたずらをしたそうです。でもある日、学校へ行くといつもと様子がちがいます。だれも目を合わせようとしません。話しもしてくれません。すぐに気が付きました。「しかと」されているんだ。地獄のような日々が始まりました。その状態が2ヶ月、3ヶ月続きました。だれも一言も口を利いてくれません。そんなある日、家に帰ると、家にはだれもいませんでした。思いつめたM君は台所へ。包丁を取り出したそうです。もうこんなのだったら、死んだ方がましだ。包丁の先をつついてみました。痛そうです。でも、これでお腹を刺せば死ねるんだなあと思っていたその時でした。どこからか「あなたは死んではいけない。あなたは今死ぬために生まれてきたのではありません」という声が聞こえてきました。神様の声だったのでしょうか。その時、M君は生きる勇気と希望を受け取ったのです。だから大丈夫!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

だから大丈夫 その2

KIN-BALLだ!
白熱した?スポーツ大会。KIN-BALL(キンボール)は、 直径122cm、 重さはわずか約1kgの巨大なボールです。詳しくはこちらから

目の前の問題の大きさに つぶされてしまいそうな
時には思い出して 主は決してあなたを見捨てたりはしない
あなたの行く道のすべてを 守ってくださる
だから大丈夫 心配いらない
だから大丈夫 イエスさまいるから
---NOAH Music 

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

だから大丈夫

スポーツ大会
昨日、今日と教会学校の春のミニ合宿がもたれました。
今回はレクリエーション型の合宿で、楽しい時をみんなと過ごしました。初参加の人も、すっかり仲良くなれました。写真はスポーツ大会からです。M先生お勧めの「キンボール」で盛り上がりました。明日はもう少し大き目の写真で紹介します。

こども聖会は、先生方に小中学生のころの思い出をフリートークしていただきました。どの証もユニークで神様の愛にあふれて、恵まれました。今回、さんびした「だから大丈夫」はみんなに勇気を与えるステキな曲でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me