心を騒がせないでもよい理由



十字架の前夜、最後の晩餐の席上でのことです。イエスは弟子たちに、最後の教えを語り始められました。それはヨハネだけが記す、14章から17章までのかなり長い説教です。実際には、食事の後、ゲッセマネの園に移動する時間も含め、ある部分は弟子たちとの問答であり、ある部分はイエスの祈りになっています。
弟子たちは、その夜、いつもとは明らかにちがうイエスの様子と話題、ただならぬ物言いに動揺し、混乱していました。そんな彼らに、イエスは「心を騒がせるな」と語られたのです。1節から3節までに、心を騒がせないでもよい理由が3つ書かれています。
1つ目は1節、「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」どんな時にも平安(Peace)でいられる秘訣は、神への信頼、信仰です。たとえ世の嵐が襲ってきても、平安そのものであるイエスがあなたの神だから、心を騒がせないでもよいのです。2つ目は2節、「あなたがたのために場所を用意しに行く。」居場所(Place)が用意されているという安心感です。これは天国の希望でもあります。3つ目は3節、「戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。」このままで終わらない、必ずイエスが来て迎えてくださるという大いなる約束(Promise)があるので、もう心を騒がせなくてもよいのです。
イエスはこの3つのP、Peace(平安)、Place(場所)、Promise(約束)を弟子たちに示して、心を騒がせなくてもいいと言われました。不安や心配がなくなるというのではなく、そのような嵐の中にいても、この3つのことを覚える時、嵐が静まり、平安がやって来ます。イエスは言われました。「嵐よ、静まれ。」「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしを信じなさい。神を信ずれば我をも信ぜよ」と。

昨日も最近礼拝に導かれている方々が、「今日のお話し(御言葉)が心に響きました」と、喜んで帰って行かれました。この秋、人生を変え、歴史を動かすことさえできる一つの御言葉と出会えますように。今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ざわわ



ヨハネによる福音書の学びを礼拝で続けています。14章まで来ましたが、14章から17章までは、ヨハネ福音書の核心というべき部分になります。十字架の前夜、最後の晩餐の席から始まり、ゲッセマネの園へ移動する道すがら、イエスが語られた最後の教えです。今まで隠されていたイエスの胸の内が、聖なる思いが語られることから「御心の至聖所」と呼ばれることもあります。
13章で、イエスは弟子たちの足を洗い、「互いに愛し合う」という新しい戒めを語られました。その中で、弟子たちがついて来ることのできない所に行くとも語られたことから、この後、弟子のペトロが三度イエスの事を知らないと言うことが予告されました。イエスのいつもとは様子のちがう、ただならぬ物言いに弟子たちは胸騒ぎがしました。そこで語られたのが14章1節の言葉です。「心を騒がせてならない。」
「さとうきび畑」という歌をご存知でしょうか。「ざわわ、ざわわ、ざわわ、広いさとうきび畑は・・・。」作詞・作曲した寺島尚彦さんは1964年、復帰前の沖縄を訪ねてさとうきび畑を歩いていたとき、この畑の下にまだたくさんの戦没者の遺骨が埋まったままであるという話を聞きます。そのとき、頭越しに吹き抜ける風の音を聞き、あの詩が生まれたそうです。11節もある歌詞の中に66回もあの「ざわわ」が出てきます。平成ではいられない心の状態、怒り、不安、いらだち、すすり泣きが、今日、私たちの心にもあるでしょうか。
十字架の時が切迫し、そのことが語り出されると、弟子たちの心は憂いと悲しみに満たされ、動揺し、混乱に陥っていました。不安と恐怖に心が騒いでいたのです。いま弟子たちの心中に渦巻いている、不安と動揺の原因は何なのでしょうか。イエスはその治療法をよく知っていました。それが神、すなわちイエス・キリストへの信頼、信仰です。「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」ここで「そして」と訳されている「カイ」というギリシャ語の接続詞は、「すなわち」と訳す場合があります。すると、「神を信じなさい、すなわち、わたしを信じなさい」となりますが、『我主イエズスキリストの新約聖書』、通称『ラゲ訳』と呼ばれる聖書ではズバリ「神を信ずれば我をも信ぜよ」と訳されています。
これらの言葉を聞き、思い出すのは、イエスがガリラヤの波猛る海で弟子たちを諭された時のことです。イエスと弟子たちが乗っていた舟が突風に見舞われ、今にも沈みそうでした。「イエスは起きあがって、風を叱り、湖に、『黙れ。静まれ』と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。」私たちの心には、「ざわわ、ざわわ」、不安と恐れ、あせり、いらだち、大小さまざまな波が押し寄せているでしょうか。イエスは言われました。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちはあの日、こう言いました。「いったい、この方はどなただろう。風や湖さえも従うではないか」と。そこで私たちがなすべきことは、ただイエス・キリストを神と信じることです。信頼しきって、道であり、真理であり、命であるイエス・キリストに近づこうではありませんか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ことばのうちがわへ



10月の『ぶどう樹』を読んでいただけたでしょうか。2017年10月(今月)は、マルチン・ルターによる宗教改革から500年と言うことで、文章を書かせていただきました。短い紙面で、宗教改革のすべてを書くことはできませんので、「その始まり」と言うことで「聖書に帰ろう」と題を付けて短くまとめてみました。冒頭にクリスチャンの詩人で、今年没後90年を迎えている八木重吉さんの詩を引用しています。何度も声に出して読んでみたくなるような詩です。

 この聖書(よいほん)のことばを
 うちがわからみいりたいものだ。
 ひとつひとつのことばを、
 わたしのからだの手や足や、
 鼻は耳やそして眼のようにかんじたい。
 ことばのうちがわへはりこみたい。

今から500年前、ドイツで始まった宗教改革運動も、実にそんな聖書の内側に入り込んだ一人の人によって始められていきました。宗教改革に至るまでの歴史的な背景があったのは事実ですが、きっかけは、真面目に聖書を学び、聖書に帰ろうとしたマルチン・ルターの素朴な一つの問いかけから始まっていたのです。
1517年10月31日、ルターはヴィッテンベルク城教会の扉に95カ条の提題(公開質問状)を貼り出しましたが、やがてその日が宗教改革記念日と呼ばれるようになるとは、彼自身、想像もしていなかったことでしょう。先週、突然の衆院解散で総選挙、希望、リセット、挑戦と巷にはそんな言葉が飛びかっていますが、かけ声だけでは何も変えることが出来ないことを私たちはもう知っています。ルターの場合、彼が聖書の言葉に捉えられ、その言葉に心を燃やされる体験をしたことが改革の原動力となりました。ルターによる宗教改革とは、単に当時の教会の既成権威に対する抗議(プロテスト)ではなく、聖書を読む運動であったと言えるかも知れません。その運動が歴史を動かしたのです。この秋、私たちも聖書のことばの内側に入り込み、人生を変え、歴史を動かすことさえできる一つの言葉と出会えますように。礼拝で続けているヨハネによる福音書の学びも14章に入ります。毎週、御言葉に期待し、ことばの内側へ入り込みたいと願っています。

『ぶどう樹』は聖イエス会の教会で配布されているパンフレットです。
興味のある方は近くの聖イエス会の教会にお問い合わせください。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クォ・ヴァディス



十字架の前夜、最後の晩餐の席でのことです。イエスは弟子たちの足を洗い、「互いに」愛し合うという新しい戒めを弟子たちに語られました。その中で、イエスが「私が行く所にあなたたちは来ることができない」と語られたことに対するペトロの反応から、イエスはペトロの離反を予告されました。「鶏が鳴くまでに(夜が明けるまでに)、あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう。」この予告は現実となります。それは18章で学ぶことになりますが、ペトロがここで語った、「主よ、どこへ行かれるのですか」という言葉は大変印象的です。
ポーランドの作家シェンキェヴィッチの歴史小説「クォ・ヴァディス(岩波文庫は「クオ・ワディス」)」は、暴君と呼ばれたローマ皇帝ネロの時代を舞台に、初代教会の様子が随所に散りばめられた名作です。ローマでの迫害が激化する中、信徒たちはペトロにローマを離れるように勧めます。ペトロは後ろ髪を引かれる思いで、ナザリウスという少年とともにローマを出ました。そんな彼が、アッピア街道で、キリストを出会います。ペトロは、持っていた杖を地面に落とし、ひざまずき手を伸ばし言います。「クォ・ヴァディス・ドミネ。」「主よ、何処にか行き給う?」
するとペトロの耳に悲しくて甘い声が聞こえてきます。「あなたが私の民を捨てるのなら、私は再び十字架にかかるために、ローマに行こう。」ペトロは顔を地面につけ、言葉もなく地に伏していましたが、やがて起きあがると震える手で杖を取り上げ、何も言わずに来た道を引き返し、ペトロはローマで殉教の死を遂げるのです。この話は、初代教会の言い伝えをベースにした、フィクション(創作)ですが、ペトロの言葉だけは、ノン・フィクションです。ヨハネ福音書13章36節、「シモン・ペトロがイエスに言った。『主よ、どこへ行かれるのですか。』」
主の御心がはっきりとわかれば感謝です。しかし、いま分からなくても、人生の曲がり角で、「主よ、何処へ」と尋ね続け、イエスについて行く、私たちとならせていただこうではありませんか。あの日のペトロのように。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」
二人の対話の続きはこうです。ペトロの問いに、イエスが「今はついて来ることができない」と答えると、ペトロは言います。「あなたのためなら命を捨てます」と。しかし、イエスは「わたしのために命を捨てると言うのか」と言葉を返し、彼の離反を予告されました。イエスが言いたかったことは、どういうことだったのでしょう。「あなたが私のために命を捨てると言うのか。それは頼もしい、確かにその日が来る。でも今ではない。まず、私があなたのために命を捨てるのです。そして今ではなく、その後、あなたは私のついて来ることになるのです。」主の御心に感謝します。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

互いに愛し合うならば



「子たちよ、いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。」
「子たちよ。」ギリシャ語の「テクニア」という言葉は、小さな子どもという意味ですが、愛情のこもった親しい呼びかけです。ヨハネの手紙には何度も使われている言葉ですが、福音書ではここにしか使われていません。年老いた使徒ヨハネは、自分の所に集まって来る弟子たちに「子たちよ」と語りかけましたが、それは、この夜イエスから聞いたこの言葉のコピーだったのかも知れません。
「いましばらく、私はあなたと共にいる」という言葉は、このあと14章以降では、「しばらくすると私を見なくなる」という言葉に置き換えられていきます。つまりこれから語られることは、イエスがいなくなった後のことなのです。それは、イエスの十字架と復活、そして昇天、さらには聖霊の派遣という、まったく新しい局面についての教えでした。十字架と復活を通して、イエスが天に上げられた後、この地上に存在する教会のあり方が「新しい掟」として語られています。ここにキリストの体である教会のあるべき姿を見せられます。イエスが愛したように、互いに愛し合うのです。
大槻先生の言葉です。「真実の教会はキリストの神秘体であり、キリストのいのち、本性、愛に浸透された、愛の神秘体である。聖イエス会はこの理想に生きる共同体であらねばならない。」
イエスの言葉が響きます。「互いに愛し合いなさい。私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」
愛なる聖霊来てください。「聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれている。」

今日から京都の聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

人生、それは出会いの場



昨日は聖イエス会を創立した大槻先生の記念日でした。大槻先生は「人生、それは出会いの場」というメッセージの中に、第2代国連事務総長ダグ・ハマーショルドと宗教学者マルチン・ブーバーとの出会いのことを記しています。ハマーショルドは1956年のスエズ動乱に国連軍を派遣して平和維持機構をつくり、1957年にはコンゴ独立後の紛争解決に尽力し、ノーベル平和賞を受賞していますが、彼は敬虔なクリスチャンで、亡くなる2ヶ月前の日記にこう記しています。感動的な祈りです。
「神よ、私たちを憐れみたまえ。私たちの努力を憐れみたまえ。私たちが愛と信仰とに満ち、正義を尊び、へりくだって御前に出で、おのれを捨てて忠実を守り、勇気をもって、あなたの御足の後について行けますように。そして、私たちが静けさのうちに、あなたに出会えますように。あなたの御姿が見えるように、きよい心を与えたまえ。御言葉が聞けるように、慎ましい心を与えたまえ。あなたにお仕えできるように、愛する心を与えたまえ。あなたのうちに生きられるように、信じる力を与えたまえ。アーメン。」
彼が亡くなる前夜、宿泊したホテルのベッドの脇には、トマス・ア・ケンピスの著書「キリストに倣う(イミタチオ・クリスティ)」が残されていたそうです。この書は中世ヨーロッパで愛された信仰訓練のための黙想書で、今も世界中のクリスチャンが愛読しています。ハマーショルドは、マルチン・ブーバーとの出会いを通して、また中世の霊的書物との出会いを通して、その信仰を深めていったのでしょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい掟



イエス・キリストが十字架にかけられる前夜、最後の晩餐の席でのことです。イエスは自分に残されている時間が少ないことを強く意識しながら、その時間を大切に使われます。まず弟子たちの足を洗い、身をもって愛と謙遜の模範をお示しになりました。そして、ユダが出て行くと、「人の子は栄光を受けた」と前置きされ、弟子たちに「新しい掟」を語られました。
「新しい掟」とは何でしょう。聖書に出て来る「掟」とは、旧約聖書の律法のことですが、イエスは自らが「天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることはない」と言われた旧約の律法に、まるで新しい1ページを書き加えるかのような発言をされたことになります。ある時、律法の専門家がイエスのもとに来て尋ねました。「律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」するとイエスは、「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は(つまり旧約聖書は)この二つの掟に基づいている」とお答えになりました。
神を愛し、神に愛されている自分を愛し、その愛で他者を愛する。三つの愛です。この三つの愛を集約して、イエスは「新しい掟」を語られたのです。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」と。
二つの新しさがあります。一つは「わたしがあなたがたを愛したように」という愛の標準です。もう一つは、「互いに」という言葉です。「隣人」という場合、隣人は私から見て隣の人。つまり私が出発点なのですが、「互いに」という場合は、出発点が私だけではありません。私たちが出発点です。「Identity(自己、自我)」という言葉はよく使われますが、こんな言葉を聞きました。「WEdentity」、これは造語ですが、私と他者という考えを超えて、私たちと考えて生きるということです。
十字架の死を目前にして、イエスが直々に命じられた新しい掟。イエスが愛したように、私たちが互いに愛し合うこと、ここに聖書全体がかかっているというのです。キリスト教は愛の宗教です。言うは易く行うは難し、自らの愛の乏しさに泣きたくなることもありますが、そんな時、あのメッセージを思い出しましょう。「自分には愛がないと思う人は、愛が一番たくさんある所に行き、そこにとどまりましょう。愛が一番たくさんある所、それは十字架です。」さあ、十字架に帰り、イエスが愛されたように、私たちも互いに愛し合いましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

シャボン玉



この夏、105歳で召された聖路加国際病院の名誉院長、日野原重明先生が、105歳になって出版された自叙伝「僕は頑固な子どもだった」に、先生の『いのちの授業」に出た子どもたちの手紙が載っていました。

まず、女の子の手紙から。「私は日野原先生の授業を受けて初めて聴診器で心臓の音を聞きました。『ドンドン、ドンドン、ドン』と同じ間隔の音が聞こえました。その時、『聞こえた、聞こえた、よかった』と思いました。心臓は、生まれてから今まで、泣いている時、笑っている時、楽しい時、しょんぼりしている時、どんな時でも休むことなく動いているんだと思いました。そして、家族の心臓の音を考えてみました。お父さんの心臓は、きっと、やさしい音もするけれど、こわーい音がする時もあると思います。お兄ちゃんの心臓は、きっと、のんびりした音がすると思います。
そして、先生のお話で、生きていることは心も生きているんだと教えていただきました。正しい心、強い心、やさしい心、いろんなすてきな心を持って大きくなりたいと思いました。」
もう一通は男の子からの手紙です。「日野原先生お元気ですか。ぼくは、100歳以上生き、子孫たちの顔を見てみたいです。・・・話しで大切だと思ったのは戦争です。人の命をなくしてしまうからです。だからこのようなことが起こらないようにしなければならないのは『ぼくたち』です。ぼくたちが守らなければ子孫が困ります。・・・先生の演説の最後『シャボン玉』の歌が心に残りました。」

ここから日野原先生の言葉。「私は授業の終わりに、子どもたちと一緒に『シャボン玉』の歌を歌うことにしている。歌う前にこの歌詞について(野口雨情のことを)話すのだ。屋根まで飛んで、壊れて消えてしまうシャボン玉は、実は生まれて間もない子どもが死んでしまうという悲しい物語。自分に与えられている時間はやはり限りがあるけれど、その時間を大切に生きてほしいと言う思いが込められている(ある意味で祈りの歌である)ことを。」
日野原先生は、「いのちの授業」の中で、いのちとは時間であること。その時間には限りがあること。それを知っている人だけが、いのちの使い方を考え、変えることができると教え続けられましたが、ヨハネによる福音書の13章以下は、十字架の前夜、イエス・キリストが残された大切な時間を使って、弟子たちにされた最後の「いのちの授業」だったのではないでしょうか。イエスはいのちの使い方が教えてくださいます。
「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたが私の弟子であることを、皆が知るようになる。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

夜であった



ヨハネ福音書の13章21節からの「裏切りの予告」と小見出しが付けられている部分は、恵まれる内容のない箇所のように思われるかも知れませんが、ここにも深い神の愛を見いだすことができます。13章の冒頭で、イエスが世にいる弟子たちを「この上なく愛し抜かれた」、最後まで、徹底的に、とことん愛し通されたという御言葉を学びましたが、ユダはどうだったのかという疑問を抱きます。しかし、「裏切りの予告」の記事におけるイエスの言葉と仕草を見る限り、イエスがユダを最後まで、この上なく愛し通されたと言わざるを得ません。
イエスは弟子たちの足を洗い、大切な決別の説教を始める前に、「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている」と予告しました。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、この予告がなされた場面を描いたものです。弟子たちは落ち着かない様子で「主よ、まさか私のことでは」と代わる代わる言い出します。
ここで大切なのが席順です。ダ・ヴィンチの絵は西洋化されたテーブルを描いた、それも横一列というあまりにも不自然な構図ですが、実際はコの字型の低いテーブルを、イエスを含め13人が囲んでいただろうと考えられています。当時の習慣では、左肘を着いて、足を横に投げ出すように、過越の食事をしていましたが、2番が主人の席、その両隣が主賓の席と決まっていました。ペトロはその席を期待していましたが、実際には末席に座らされていたようです。イエスの右側、1番の席には、イエスの愛しておられた弟子と自らを紹介するヨハネが座っていたました。「イエスのすぐ隣には、弟子たちの一人で、イエスの愛しておられた者が食事の席に着いていた」とある通りです。それだと、ペトロと向かい合う席に座っていたことになりますが、ペトロは裏切り者が誰なのか、イエスに尋ねるようにヨハネに合図を送りました。ヨハネは、その合図に気付き、イエスの胸もとに寄りかかった状態で、「主よ、それはだれのことですか」と尋ねます。するとイエスは小さな声で答えました。「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ。」
すでにイエスは18節でも、ご自分が裏切られることについて詩編の言葉を引用して語られていました。「しかし、『わたしのパンを食べている者が、わたしに逆らった』という聖書の言葉は実現しなければならない」と。これは詩編41編10節の引用ですが、サムエル記下15章に記されている故事が背景にあります。あのダビデ王が、息子アブサロムのクーデーターによって失脚させられたとき、ダビデの腹心の友であったアヒトフェルがアブサロムに寝返えり、ダビデにかかとを上げたのです。そこでイエスは、パン切れを浸して取り、左側の席に座っていたであろうイスカリオテのユダに、それを渡されました。ダビデはキリストのシンボルですが、キリストもダビデと同じように、腹心の友と思っていたユダの裏切りを経験されます。
この一切れのパンを浸して与えるという行為は、主人が大切な客人に対して示すもてなしの行為であり、特別なことでした。ですから、それは「ユダよ、私はあなたをこの上なく愛している。私のもとに帰って来てほしい」という最後の訴えでだったのです。なんという愛でしょう。しかし、ユダは「これを受け取った者が裏切り者だ」とささやくイエスの声を傍で聞きながら、なにくわぬ顔でそれを受け取ったのです。その結果、ユダは、愛には愛を持って応えることのできなかった残念な人になってしまいました。イエスは彼に「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」と言われました。ユダはすぐに出て行きました。ヨハネはその場面を印象的に描きます。「ユダはパン切れを受け取ると、すぐに出て行った。夜であった」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

基督のまねび



キリストこそ、謙遜と愛の模範です。イエスは言われました。「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を残したのである。」ペトロも言いました。「あなたがたが召されたのはこのためです。キリストは・・・その・・・模範を残されたからです。」
「模範」と訳されている言葉は、ギリシア語の「ヒュポグラモン」という言葉で、当時の子どもたちが字を学ぶ方法から来ていると言われています。子どもの頃、点字で書かれた文字をなぞって新しい字の書き方を覚えたり、習字の時間に先生が書いてくださったお手本に紙を重ねて、それを写したりしたことがあるのではないでしょうか。それがここで言われている「模範」という意味です。
修道者トマス・ア・ケンピスが記したと言われる『キリストにならう(イミタチオ・クリスティ)』は、古くは『基督のまねび』という題でも出版されていた中世の古典的な黙想書です。「学ぶ」の語源が「真似る」なのはよく知られた話しですね。キリストに倣うとは、キリストに学び、真似ることです。この本の冒頭にこう記されています。「私たちの第一のつとめは、イエス・キリストのご生活を黙想することにある。・・・キリストのみことばを十分理解し、それを味わおうとする人は、自分の全生涯を、キリストに一致させるようにと、努めなければならない。」
ペトロの勧めは続きます。「皆互いに謙遜を身に付けなさい。なぜなら、『神は高慢な者を敵とし、謙遜な者に恵みをお与えになる』からです。」ここで使われている「身に付ける」という言葉は、やはり僕がエプロンを身に着ける場合に用いられる言葉で、キリストの洗足を思い出させます。詳訳聖書はその意味を詳しく伝えています。「あなたがたは、みな互いに謙そんを〈家僕の服を着るように〉身に着けなさい《高慢や尊大から解き放たれて、謙そんの衣をどうしてもあなたがたから脱がせることができなくなるほどしっかりと身に付けなさい》」と。
イエスの模範に倣いましょう。「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしに学びなさい。」Amen

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me