御名をあがめた人



「世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしは御名を現しました。」
御名を現すこと、これがイエスの仕事でした。聖書の中で、神の名は、神の本質、神の存在そのものをを示します。ですから、第一義的に、「御名を現しました」とは、目に見えない神の存在と栄光をだれの目にも見えるように映し出したということです。さらに、もう一つの意味は、イエスが実際に神の名を名乗って、神の現存とその力を現されたということです。
ヨハネほど御名をあがめた人はほかにいません。聖書の中で明らかにされている神の12の御名の内、8つはヨハネが記したものです。それは、ヨハネの心という畑に、イエスが蒔かれた神の種でした。
ヨハネ福音書1章1節、「言は神なり。」「初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたものを伝えます。すなわち、命の言について。」「この言に命があった。」「言は神なり。」
ヨハネ福音書6章35節、「われは命のパンなり。」「主よ、私たちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。」イエスは言われた。「命を与えるのは霊である。肉は何の役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である。」「見よ、わたしは天から降って来た命のパンである。」「われは命のパンなり。」
ヨハネ福音書8章12節、「われは世の光なり。」「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩まず、命の光を持つ。」光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」「われは世の光なり。」
ヨハネ福音書11章25節、「われは復活なり、命なり。」「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」「もし信じるなら、神の栄光を見る。」「われは復活なり、命なり。」
ヨハネ福音書14章6節、「われは道なり、真理なり、命なり。」「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」「わたしは道であり、真理であり、命である。」「わたしを見た者は、父を見たのだ。」「わたしと父とは一つである。」「われは道なり、真理なり、命なり。」
ヨハネの手紙一4章16節、「神は愛なり。」「神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。」「わたしたちは真実な方の内に、その御子イエス・キリストの内にいるのです。この方こそ、真実の神、永遠の命です。」「神は愛なり。」
ヨハネは黙示録においても、御名をあがめています。黙示録22章13節、「われは始めなり、終わりなり。」「神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。『わたしはアルファであり、オメガである。』」「われは始めなり、終わりなり。」
同じく黙示録22章16節、「われは輝ける明けの明星なり。」「事はすでに成就した。」「もはや、呪われるものは何一つない。・・・神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎみる。彼らの額には、神の名が記されている。」「見よ、わたしはすぐに来る。わたしはダビデのひこばえ、その一族、輝く明けの明星である。」「われは輝ける明けの明星なり。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ほかの計画はない



ヨハネによる福音書17章、大祭司であるイエスの祈り、8節までが、イエス自身のための祈りで、9節から弟子たちのための祈りに移りますが、6節から8節までは、ちょうどつなぎのような部分です。イエスはここで弟子たちとの関係について語りながら、御自分がなさった仕事をひと言で要約し、続いて弟子たちのための祈りに入っていかれます。
弟子たちとの関係というのは、父の選びと彼らの将来に関することです。
この箇所全体にには(この章全体と言っても良いかも知れませんが)、弟子たちに対する信頼と、彼らの将来に対する確信がイエスの言葉の端々に滲み出ています。弟子たちは、この時点でまだ、イエスの御言葉を守ったわけでも、イエスの働きの全貌を理解したわけでも、イエスを神から遣わされた方と100%信じていたわけでもありません。実際には、この数時間後に、イエスを置き去りにしていなくなっていく弟子たちです。にも関わらず、イエスは、彼らの将来を予見しているかのように、「彼らは御言葉を守りました。・・・彼は知っています。・・・彼らはそれを受け入れ、・・・本当に知り、・・・信じています」と言われたのです。
イエスには神への揺るぎない信頼と共に、神が選び与えてくれた弟子たちへの信頼があったのです。この弟子たちへのイエスの信頼は、この後、弟子たちの宣教を通して、イエスを信じるようになるすべての者(私たち)に対する信頼でもあります。
S.D.ゴードンが書いた創作ですが、キリストが天にお帰りになったとき、大天使ガブリエルとの間で交わされた興味深い会話があります。ガブリエルがイエスに話しかけます。「主よ、あなたは下界の人間たちのために、ひどく苦しまれたことでしょうね。」「その通りだよ。」「それでは、人間たちはみんな、あなたが自分たちをどれほど愛され、自分たちのために何をなされたか、よくわかったことでしょうね。」「いや、そうじゃない。まだわかっていない。今は、ほんのわずかな人だけがわかっているのみだ。」「では、すべての人にそれを知らせるために、あなたはどうなさるのですか。」「私は、ペトロやヨハネやほかの人々に、私の証人となるように依頼した。彼らは、地の果てまで私を伝えてくれるだろう。」「しかし、主よ、彼らが疲れてきたらどうするのですか。もし21世紀の人々があなたのことをだれにも伝えなくなったら、どうするのですか。何かほかの計画を用紙しておられるのですか。」「いや、私にはほかの計画はない。もし彼らが失敗したら、ほかに方法はない。」
これはゴードンの創作ですが、この話しを初めて聞いた時、私の心は震えました。今の今まで神のために何もしないで立っていた私のような者も、イエスは神のぶどう園に招いておられるのです。のこり時間はわずかかも知れませんが、夢中になって働かせていただこうではありませんか。
「収穫は多いのに、働き手が少ない。」「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために(神の栄光のために)働きなさい。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

人生で一番大事な日



1枚の絵があります。十字架の死を前にキリストが輝いている姿を描いたものです。これは、ヤン・スティカ(Jan Styka)という画家が描いた壮大なパノラマ絵の一部を切り取ったものです。この絵は、ロサンゼルスにあるフォレスト・ローン記念公園(公園と言っても、ウォルト・ディズニーやマイケル・ジャクソンなど多くの著名人が眠っている墓地)のミュージアムに掲げられています。
イエスは十字架の前夜、こう祈られました。「父よ、世が造られる前に、わたしがみそばで持っていた栄光で、今み前にわたしを輝かせて下さい」と。イエスはいつも輝いていました。それはイエスが父なる神から行うようにと与えられた自分の使命を知り、それを行っていたからです。「わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げ、地上であなたの栄光を現しました」とあるとおりです。
『トム・ソーヤーの冒険』を書いたマーク・トウェインがこんな言葉を残しています。「人生で一番大事な日は2日ある。生まれた日と、なぜ生まれたかを分かった日だ。」イエスは自分がベツレヘムの馬小屋で生まれた日を知っていました。そして、自分が何のために生まれてきたのかを知っていました。神の御心を実現し、全人類の永遠の命を与える救いを完成すること、たとえそれが十字架にかかり死ぬことであっても、そこに向かって、それを成し遂げようとしたから、イエスは輝いて生きることができたのです。
あなたは自分が生まれてきた日を知っていますか? あなたは何のために生まれてきたのかを知っています?
私たちもイエスと共に輝いて生きることができます。イエス・キリストが私たちに与えてくださる永遠の命とは何だったでしょう。「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」永遠の命とは、この肉体を持って、いつまでも生き続けるということではありません。イエス・キリストと出会い、この方を体験的に知ることです。そして、この方と出会う時、私たちは何のために生まれてきたのか、何のために生かされているのかを知り、永遠の命に輝いて生きる、ほんとうの自分になることができるのです。

北海道のために祈っています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

キラキラネーム



8月22日の中日春秋から。
野球場や内外野を表す英語の「フィールド」には、畑や田の意味がある。米国の原風景があるといわれる傑作映画『フィールド・オブ・ドリームス』の舞台は、トウモロコシ畑を切り開いた球場だった。
宮沢賢治にも、野球の原風景を感じさせる詞がある。岩手の農学校で教師だったころ、野球を題材につくった『芝生』。<風とひのきのひるすぎに/小田中はのびあがり/あらんかぎり手をのばし/灰いろのゴムのまり 光の標本を/受けかねてぽろつとおとす>。百年近く前の田園地帯が舞台か。教え子の小田中はボールを落としながら、光の中で躍動する。
秋田とも東北とも無縁の人の心まで、このチームがつかんだのは、野球を楽しんだ原風景や高校野球の原点を感じさせたからではないか。夏の甲子園で、のびのびと戦ってきた金足農だ。遠くからも選手を集め、手厚い戦力をそろえるのが主流の時代に、地元選手ばかり。低迷期が長かった秋田の県立農業高校でも、基本に忠実に鍛えれば大物を倒せる。見事に証明してみせた。・・・決勝は高校球史に残る大阪桐蔭の強さに屈したが、大会の数々の名場面、心の中に長く置きたくなる風景だった。

今年の夏の甲子園は、第100回大会とか、平成最後の大会とか言われて話題になりました。勝者というのは優勝したチームだけではないような、優勝校以上に注目を集めたのが秋田の金足農業高校でした。雑草軍団とも報じられましたが、私が興味深く思ったのが選手の名前です。エースの吉田君は輝く星と書いてコウセイ、レフトを守っていたキャプテンの佐々木君は大きな夢と書いてヒロム(バセドー病を克服して夢の甲子園に立ったそうです)、セカンドを守っていたトップバッターの菅原君は天の空と書いてタク。東北は秋田の農業高校の高校生ですが、なんとキラキラネームがそろっていることでしょう。そういう時代なんですね。
今週も、私たちの人生をキラキラと輝かせてくださる神の恵みの中を歩みましょう。詩編34編5節、「主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

永遠の命の福音書



イエスは天を仰いで祈られました。「父よ、時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください。」イエスはこの後、ゲッセマネの園で捕らえられ、不当な裁きを受け、次の朝には十字架に上げられることになります。十字架こそ、イエスにとって栄光を受ける時でしたが、その理由は、イエスがメシアとしての使命を成し遂げたことによって、イエスを信じる者に永遠の命が与えられるようになったからです。
ヨハネ福音書には「永遠の命」という言葉が17回使われています。ヨハネ福音書を「永遠の命の福音書」と呼ぶ人がいるのはそのためです。イエスは、永遠の命についてこう言われます。「永遠の命とは、唯一のまことの神であるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」ここで使われている「知る」という言葉は、ギリシア語で「ギノスコー」と言いますが、それは単なる知識ではなく、イエス・キリストとの親しい交わりという体験の伴う知識であり、継続的に深められていく知識を意味します。
ヨハネは、神を知るということについて、書簡の中で次のように教えています。ヨハネの手紙一2章3節、「わたしたちは、神の掟を守るなら、それによって、神を知っていることが分かります。」神の掟を守るなら、神を知っているということですが、「神の掟」とは具体的に何を指すかというと、3章23節、「その掟とは、神の子イエス・キリストの名を信じ・・・互いに愛し合うことです。」つまり、神を知るとは、神の子イエス・キリストの名を信じることなのです。だからイエスもこう語っておられます。「世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしは御名を現しました」と。
永遠の命とは、この肉体を持ったままいつまでも生き続けるということではなく、イエスの御名を信じ、神を体験的に知り、永遠の命に生きるほんとうの自分になるということなのです。

明日から9月、次の日曜日は9月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ぼくは ぼくらしく

Just Me

絵本作家マリー・ホール・エッツの「あるあさ、ぼくは・・・」を知っていますか?
ある朝、一人の少年が納屋の向こうの杭の上に小鳥がとまっているのを見つけます。猫に襲われそうになった小鳥は飛び去りました。この後、少年は「ぼく、小鳥みたいには飛べないけれど」というお決まりのフレーズをくり返しながら、出会う動物たちの真似っこをして遊ぶというお話しです。ネコ、ニワトリ、ブタ、ウサギ、ヘビ、ウシ、ガチョウ、ウマ、リス、ヤギ、カエル、カメ・・・。とても楽しい絵本です。お話しの最後はこうです。とうもろこし畑の向こうでは、少年のお父さんがボートで出掛ける準備をしています。少年はあわてて走り出し、お父さんと一緒に出掛けていきました。「そこで、ぼくは かけだしました。こんどは ほかの だれみたいでもなく はしりました。ぼくは ぼくらしく はしりました。」
作者が伝えたかったことは、何でも興味を持って真似っこしていた時代の無邪気さを思い出させることでしょうか。それも大切なことです。でも私が感動したのは、お父さんを見たときに、少年がほんとうの自分らしく走ることができたということです。英語のタイトルは「JUST ME]となっていますが、ある方を知ったときに、私は私らしく、ほんとうの自分になれるということではないでしょうか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

時が来ました



十字架の前夜、最後の晩餐が終わった後、イエスは弟子たちへの最後の教えとして、これから起こるべきことを、まるで遺言を語るように語られました。遺言と言えば、旧約聖書を見ると、アブラハムの子イサク、その子ヤコブが、創世記の最後で12人の息子に遺言を語る場面があります。それはヤコブの祈りでもありました。また申命記33章には、モーセがイスラエルの民に遺言を語る場面があります。それはモーセの祈りでもありました。同じように、今ここでイエスも弟子たちに遺言を語り、最後に祈りをささげておられるのです。
ヨハネ福音書の17章全体がイエスの祈りですが、この祈りは3つの部分に分けられます。第1が、1節から8節までで、イエスはまず自分自身のために祈っています。第2が、9節から19節までで、弟子たちのための祈りです。そして第3が、20節から26節までで、「彼ら(弟子たち)の言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします」と言って、この後、世の終わりに至るまで、イエスを信じるすべての人のために、すなわち、私たちのためにも祈られたのです。何と壮大な祈りでしょう。
四福音書には、イエスの祈る姿がしばしば描かれていますが、イエスが何を祈られたのかについて、言及している箇所は多くありません。さあ、イエスの祈りを聞きましょう。「父よ、時が来ました。あなたの子の栄光を現してください。それは子があなたの栄光を現すためです。」ヨハネは12章以降、イエスの受難の物語が始まる前は、イエスの時が来ていなかったと伝えてきました。2章の、カナの婚礼の奇跡の場面で、「ぶどう酒がなくなりました」と母に告げられた時、イエスは「わたしの時はまだ来ていません」と答えました。7章、8章は仮庵祭の出来事ですが、そこでもイエスは「わたしの時が来ていないから」と語っておられます。しかし、キリストの最後の1週間、受難の物語が始まると、12章、あの一粒の麦の譬えが語られる場面で、イエスは「人の子が栄光を受ける時が来た」と語られます。続く13章では、あの洗足の場面で、「イエスは、この世から父のもとへ移る自分の時が来たことを悟り」と書かれています。そして、ここに至って「時が来ました」と言われたのです。
イエスの生涯において、最も重大な時、神の御子が受肉した究極の目的、人類救済のあがないを実現成就するその時、御子が御父の栄光を最大限に輝かすべき時、それによって御子もまた御自身の栄光を燦然と輝かすべき時が、今まさに来ていたのです。ベツレヘムの馬ぶねから、カルバリーの十字架に至るまで、イエスの全生涯は、この時に向かって集中されていたのです。

次の日曜日は、8月最後の礼拝です。夏の恵みに感謝しつつ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

蛙の祈り



ある夜、兄弟ブルーノが祈っていると、食用ガエルの鳴き声がうるさくて気が散り、祈ることが出来ず、「静かにしろ、祈っているのだから」と一喝しました。すると、あたりはしんと静まり返ります。彼は祈りを続けました。すると、「生けるものはすべて固有の声を持っている。もしかして神は自分の祈りと同じくらい、カエルの鳴き声を喜んでおられるのではないか。いやそんなことはない。でも神はなぜ音なるものを作り出したのか」と考えました。
すると、カエルの鳴き声は神経に障るものではなくなってきました。鳴き声に抗うことをやめると、この鳴き声こそが夜の沈黙をいっそう豊かにしていると気づき、彼の心は、生まれて初めて宇宙と調和し、彼は祈ることの内実をとらえたのでした(アントニー・デ・メロ著『蛙の祈り』より)
ブルーノの祈りは、まさに私たちの日常の思いではないでしょうか。自分の音のみを大切に気遣い、周りの音はすべて雑音、騒音でしかないと感じているのです。これからヨハネ福音書の17章、イエスの祈りを学びます。十字架の前夜、歴史が動く激動の夜、イエスも気を散らされるような雑音と騒音の中にいたかも知れませんが、弟子たちに語るべきことを語った後、天を仰いで、天と地を抱きしめるような壮大にして、荘厳の祈りを始められました。
宗教改革者のルターは、この祈りについて、「言葉に表せないほど、温かい、心のこもった祈りだ。キリストは、父なる神の前で、また、私たちの前で、その心を断ち割って見せてくださった。真実で単純、深淵で豊か、その広さはだれ一人測り知ることができない」と言っています。古来、「大祭司の祈り」と呼ばれてきた、このイエスの祈りをていねいに学んでみたいと思います。「主よ、わたしたちにも祈ることを教えてください。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Youngman Arise!



この世上の知者、権力者、英雄も、誰ひとり、この世に打ち勝つことはできませんでした。罪に勝ち、死に勝ち、サタンに打ち勝った者はありませんでした。ただひとり神の子イエス・キリストだけが、世に勝たれたのです。人生最大の敵である死にさえも、キリストは勝利されました。「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死は勝利にのみ込まれた」と。この夏のリバイバル・メッセージでこう学びます。
「イエス・キリストこそ、真実の神、永遠の命です。」イエス・キリストの出現までは、人間にとって死は、人生に終止符を打つもの、人間存在の崩壊を意味していました。しかし、キリストの出現は、人類に永遠の命と復活をもたらしたのです。その事実を最も雄弁に証明したのが、(ルカ福音書7章)ナインのやもめの一人息子の死人の中からの復活です。
ナインという町に、一人の未亡人がありました。このやもめには一人息子があり、この一人息子に未来の希望をかけ、いつくしみ育ててきました。ところが、この一人息子が突然、病におかされ、死んでしまったのです。未亡人の悲しみは、どれほど大きく深くあったことでしょう。このような暗黒の世界に、あたかも暗闇をつき破って、太陽が出現したかのように、まことの光であり、いのちのいのちであるキリストが、ナインの町においでになったのです。・・・
「主はこの母親を見て、憐れに思い、『もう泣かなくともよい』と言われた。」ルカ福音記者は、ここで「イエス」とは言わないで、「主は・・・言われた」と記しています。この「主」という称号は、聖書の中で、神ご自身にのみ使用されている称号です。イエス・キリストは人間の姿をとられましたので、人の目には人間と思われましたが、その実、イエスが来られたことは、主ご自身が、神ご自身がおいでになられたことなのです。・・・
「そして、近づいて棺に手を触れられた」、命を失って、すでに死んでいる若者に、今、天地万物の創造者、全能の神の御手がさしのべられ、触れられました。電線が断ち切られ、電流がとだえ停電していたものが、今、電源に接続されるのです。命の根源から、今、何万ボルトもの強力な命、永遠の命、聖霊が、御名によって流れ込みます。「若者よ、あなたに言う。起きなさい。」
全能の神キリストが、この言葉によって、命のスイッチをお入れになりました。その瞬間、暗闇にパッと光がてり輝くように、若者は命の輝きを取り戻したのです。・・・

ナインの町の門で出会った二人のひとり息子。一人は、今は死んでいるが、これから復活するやもめのひとり息子、もう一人は、今は生きているが、やがて死をもって死に打ち勝とうとしている神のひとり息子。このひとり息子によって、死は勝利にのみ込まれる。だから、「若者よ、起きなさい!(Youngman Arise!)」

全国中高生大会から帰って来た子どもたちが、嬉しそうに大会の話しをしてくれます。主に感謝。大会を導いてくださった先生方に感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

継ぎ目のない重なり



自らを「イエスの愛しておられた弟子」と呼ぶヨハネは、1世紀の終わりに福音書を記しました。すでに90歳になっていたでしょうか。白髪の老人です。彼は、もう半世紀以上前のことを思い出しながらと言うよりも、これまでの長い信仰体験を通して深められたイエスの言葉と業に新しい息吹を吹き込みながら福音書を記しました。イエスから直接聞いたあの日にはわからなかったイエスの言葉を、彼は一つ一つ体験しながら理解し深めていきました。
ヨハネ福音書の3章を学んだ時にこんな話しをしたのを覚えているでしょうか。あの16節はだれの言葉かという話です。すぐ前の3章10節に「イエスは答えて言われた」とありますが、その言葉はどこまで続くのでしょう。新共同訳では、カギ括弧が21節まで続きますので、16節を含め、そこまでイエスの言葉ということになりますが、もともとの写本には章も節もなければ、句読点も引用符もないので、イエスの言葉がどこまで続くかは、解釈と翻訳の問題になります。ちなみに、私の持っているほとんどの聖書は15節でカギ括弧を閉じ、16節からは、ヨハネ自身による福音の告知であるかのように編集しています。このイエスの言葉とヨハネによる福音の告知との「継ぎ目のない重なり」もこの福音書の特徴でした。イエスとニコデモとの対話を伝えるヨハネの筆は、いつの間にかすべての人に語りかける福音の告知へと移っていくのです。考えてみれば、3年半、イエスのすぐそばで、イエスの言葉を聞き続けたヨハネが、半世紀以上の間、多くの苦しみと試練の中で、それを語り続けているうちに、語っているのがイエスの言葉なのか、自分の言葉なのかわからない、継ぎ目がないほど重なりあったとしても不思議ではありません。
そういう意味において、ヨハネ福音書の14章から始まり16章まで続いた、十字架の前夜、最後の晩餐が終わった後、弟子たちに語られたイエスの最後の教えも、ただ単に暗記して記録したイエスの言葉というよりも、ヨハネのうちで体験を通して深められたイエスの言葉、その福音の告知なのです。イエスの十字架と復活、そして昇天の後、ついに約束された真理の御霊が遣わされ、イエス・キリストが弟子たちの内に住まわれるという、イエスと弟子たちとの新しい愛の関係が始まりました。それから半世紀、キリストの教会が建て上げられていく、激しい迫害と試練の時代、信仰が揺さぶられる時代を通過しながら、ヨハネはイエスの言葉を初代教会の信徒たちに語り続けたのです。「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたは世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me