しばらくすると



ヨハネによる福音書が、多くのページを割いて記録したイエスの最後の教え。今それを読んでいる私たちにも神秘に満ちていますが、それが語られた日、弟子たちにはほとんど理解できないような内容でした。それをヨハネはすべてが終わった後で、深い理解のうちに伝えようと試みています。
三位一体の神秘もそうですが、その後の発言がさらに弟子たちを当惑させました。「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。」
時間的には、十字架の死と復活を預言した言葉として読むのが自然です。最初の「しばらく」はイエスの死が近づいていること、後の「しばらく」は三日目の復活です。しかし、弟子たちには何のことかわからず、互いに論じ合いました。そこで、イエスは、さらに詳しくこれから起ころうとすることを弟子たちに説明されたのです。「イエスは、彼らが尋ねたがっているのを知って言われた。・・・はっきり言っておく(アーメン、アーメン)。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。」
まず、イエスの死、十字架によって、深い悲しみが弟子たちを襲うこと、世はそれを見て喜ぶこと(世とは神に敵対するサタンとその勢力のことです)、しかし、弟子たちの悲しみは喜びに変わること。それは子を産んだ女が、喜びのあまり陣痛の苦しみを忘れるようなもので、弟子たちの悲しみもイエスとの再会によって喜びに変えられると語られています。
そして結論。「今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。」
ここでやはり鍵になるのが、「しばらくすると、私を見るようになる」と語られた「しばらくすると(a little while)」ということです。時間的には、復活のキリストとの出会いと読むのが自然だと話しましたが、意見の分かれるところです。ある人は、再臨のキリストとの出会いを指していると考えます。それも預言的な解釈としては一理あります。しかし、文脈から言えば、直前まで、聖霊の働きについて話されていた訳ですから、またイエスが「父のもとに行く」と言われていたことも併せて語られていることから、やはり真理の御霊である聖霊が来られるときと読むのがイエスの真意に迫るように思います。
「しばらくするとわたしを見るようになる。」「わたしは再びあなたがたに会う。」この出会いは、復活のキリストとの出会い(40日間限定の数回の出会い)でも、いつとも知れない再臨のキリストとの出会いでもなく、聖霊によって、私たちの心に内住し現存されるキリストとの出会い、誰にも奪うことのできない永遠の出会いのことなのです。
「世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。」

今日は海の日。海が好きです。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

泣きたい程の神秘性



イエスが自ら語られた聖霊の派遣とその働き(使命)が続きます。「その方はわたしに栄光を与える。わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである。 父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、『その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる』と言ったのである。」
聖霊は、父なる神からすべてのものを譲渡された神の御子キリストからすべてを譲渡されて、それを私たちに知らせます。ここに三位一体の神秘がシンプルに語り尽くされています。私の書斎には、15種類ほどのヨハネ福音書の注解書や説教集がありますが、この御言葉を具体的に取り上げているものは、ほとんどありませんでした。ところが大槻牧師が書かれた『言泉集』だけは、この言葉をくり返し取り上げ、三位一体の神秘をみごとに解き明かしているのです。80年前の神との出会いを通して、その神秘を実体的に体験されたからです。
「キリスト教神学において、最も難解なテーマは三位一体論である。それであるがゆえにアウグスティヌスは、聖書を引用し、またあらゆる例をたくみに駆使し、三位一体論を解説する努力を試みている。正直に言ってその三位一体論を読むこと、さらに理解するためには、私自身忍耐と労苦を必要としたのである。幸いにして啓蒙されるところが多くあった。
しかし、それは美しい上高地の油絵を見たに等しい。それは写像であって原像・実体ではない。上高地の風景画を見たのみでは、奥穂高岳や前穂高岳が三千メートル級の山であることも、梓川の清流の美しさもわからず、その流れの音も聞こえない。現地で体験する、泣きたい程の神秘性に打たれるあの感動は起こってこないのである。写像と実像、影と実体との相違である。写像の役割は、ある程度の予備知識を与えることであり、実像へと誘うことであろう。」

西日本豪雨の被災地のためにお祈りさせていただいています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主人の声



今年も折り返しを通過しましたが、今年の干支を覚えていますか? はい、犬です。
尊敬するある牧師からいただいた年賀状にこんな話しが記されていました。映像音響器機メーカーのビクター(現在は経営統合されケンウッド)のロゴマークに関するエピソードです。

ビクターマークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。フランシスの兄マークはニッパーという名の賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、フランシスが、彼の息子とともにニッパーをひきとりました。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。
そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げ、その絵に「His Master's Voice」と名前をつけました。
後日、亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として登録しました。それ以来この由緒あるマークは最高の技術と品質の象徴として深く信頼され、愛されてきたという話しです。
いただいた年賀状には「今年こそビクター」と書いていました。なつかしい主人の声に聞き入っていたいとの決意に胸を熱くしました。2018年の後半戦、そんな日々を送りたいと願っています。

このたび西日本を襲った記録的な豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申しあげます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

事実から真実へ



「言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。」
最後の晩餐の後、ゲッセマネの園に向かう道すがら、弟子たちに最後の教えを語られるイエスでしたが、その内容は彼らの限界を超えるものでした。弟子たちは混乱していました。しかし、そんな弟子たちを助けるために、来られる方があったのです。「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これからおこることをあなたがたに告げるからである。」
「真理の霊が来ると、・・・真理をことごとく悟らせる」とあります。14章26節では、「聖霊が、すべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」とありました。聖書学者によれば、「すべて」とか「ことごとく」とは、「情報の量ではなく、深みにおける十分さのこと」です。事実という情報の量だけではわからない、その背後にある真実と意味、その深みに導いてくれるのが聖霊なのです。事実から真実へ。ここでは、特にイエスの十字架の死、そして復活、その意味とその先にあるものが話題の中心になっています。
ヨハネ福音書の3章、イエスとニコデモとの対話を覚えているでしょうか。イエスは言われました。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と。あの日、ニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言いました。それが彼の限界でした。しかし、いよいよイエスの十字架の時が来たので、真理の御霊が、新たに生まれるという神の国の現実を、ことごとく悟らせてくださる時が来たのです。
「その方、真理の霊が来ると、あなたがたを(十字架に)導いて(神の国の)真理をことごとく悟らせる。」「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

続きを読む

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

両刃の剣



ユダヤ人青年とクリスチャンが新約聖書について議論していたが、ユダヤ人青年は新約聖書は神の言葉ではなく、人の言葉だと頑固に主張し続けた。そこでクリスチャンは、ヘブライ人への手紙4章12節「神の言葉は・・・両刃の剣よりも鋭い」という言葉を読み聞かせた。
「私がここに抜き身の剣を下げてきて、これは非常に鋭い物であるから、試してみようと言ったとします。しかしあなたは、いやそれは杖に過ぎないと言う。どんなに説明してもなかなかその考えを変えようとしません。そこで私はあなたに、それではこれを握ってみるようにと言う。あなたはそれを握って傷を受けたら、その考えを変えるでしょう。新約聖書が本当に剣かどうかを試してみてはどうですか。」「ええ、その実験は難しいことでは無いですから実行してみます。」
彼はその時から新約聖書を読み始めた。そして、数日してからこう言った。「新約聖書は確かに剣であり、私自身を深く傷つけました。私の魂は、夜も昼も安らぐことができなくなりました。だから、神の言葉に従って、救い主イエス・キリストのもとに行き、罪を告白して赦していただきました。神の言葉は真実です。すると、新約聖書が約束しているように、私の心に平安が訪れました。」

神の言葉である聖書は、聖霊の助けによって、罪について、義について、また裁きについて、世の誤りを明らかにします。今週も、敬虔な心で、私たちをキリストに導く、神の言葉に耳を傾けましょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

その方が来れば



ヨハネによる福音書の16章を学び始めましたが、イエスがいなくなると語られた上に、襲いかかるであろう憎しみと迫害の予告を聞き、弟子たちの心は動揺し、悲しみで満たされました。「あなたがたの心は悲しみで満たされている」とある通りです。しかし、イエスはもっと大局を見ておられました。「しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者(ギリシャ語では「パラクレートス」、詳訳聖書によると「慰め主〈助言者、助け主、弁護者、とりなす者、激励者、援助者〉」)はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。」ここから聖霊の働きについての大切な教えが始まります。
「その方が来れば、罪について、義について、また裁きについて、世の誤りを明らかにする。」続く節で、罪、義、裁きについて、それぞれ短い言葉で説明がなされていますが、少し難解な部分です。聖霊の聖霊たる働きとは何でしょう。聖霊は罪を示します。ここで言う罪とは不信仰という罪です。罪とは「的を外す」という言葉ですが、人生の真の目的と目標である神という的を外すことが罪の根です。聖霊はその罪を明らかにし、さらに義を示します。神の義とはイエス・キリストのことです。イエスは十字架と復活、昇天により、父なる神のもとに昇られますが、このイエスを信じることによって、私たちは神の前に義とされるのです。さらに聖霊は裁きについて世の誤りを明らかにします。世の支配者であるサタンは、十字架上でキリストが息を引き取り、墓に葬られたのを見た時、イエスと共に人類の救いという神の救済計画を葬ったと笑みを浮かべましたが、三日目の朝、神はイエスの復活という最後の一手を打ち、この勝負は神の大逆転勝ちで終わったのです。聖書は言います。「『死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。』わたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜る神に感謝しよう」と。この言葉がある限り、主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。

先週末、教会のメンバーが天国に移籍されました。今日と明日、半田で葬儀がもたれます。主の慰めと平安を祈りつつ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

父となるため



イエスが父なる神について語られた代表的なメッセージは、ルカ福音書15章、放蕩息子の父の物語です。
二人の息子を持つ父がいました。弟の方が、父に財産分与を願い出ます。父の存命中に相続を願うとはどうしたことでしょう。英語の聖書では、弟の言葉が「Now I want」とか「Give me」とか、たいへん強い調子で訳されています。それでも父は何も言わずに二人に財産を分けてやります。すると弟は「何日もたたないうちに」、それを全部お金に換えて、「遠い国」に旅立ってしまいました。「遠い」とは、物理的な距離というよりも、精神的な距離を表しています。ここに登場する父とは、父なる神を指していますから、父を離れることは、神から離れるということになります。ユダヤの教えでは、このように家を飛び出し、異郷の文化、習慣に染まった息子を「死んだ息子」と呼びましたが、彼は罪のうちに死んだものとなったのです。
湯水のように金を使い果たした後、厳しい試練が彼に臨みました。その地方にひどい飢饉が起こり、貧困と飢えが彼を悩ませました。彼は豚のえさで腹を満たしたいと思うほど空腹でしたが、この辛い辛い経験を通して、彼は我に返り、本心に立ち返って言います。「父の家に帰ろう」と。父の家に背を向けていた放蕩息子が、父の家に向きを変えたこの時、この物語はクライマックスを迎えます。
父は放蕩息子がまだ遠く離れていたのにも関わらず、息子の姿を見つけるや否や全速力で走り出しました。当時の男性、特に父親にとって、人前で走るというのは恥ずかしいこと、威厳を損なう行為と考えられていました。親父としての体面や沽券に関わる問題だったのです。走るためには、長いローブを腰まで捲くり上げないと走れないわけですから、それはタブー中のタブーでした。それでも父はなりふりかまわず、泥まみれの息子を目指して、一目散に走ったのです。
愛する息子を目指して、全速力で走る父の姿。こんなに美しい場面は、聖書のどこを探しても他に見出すことはできません。なぜ神は走られたのでしょうか。私たちの父となるためです。
父なる神は、今日も走る準備をして待っているのです。屈伸をして、靴紐を結び直して、あなたに「おかえり」と言うために。ふり返って父の家にあなたが向き変えるなら、ほらもう神様が走り始めています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アッバ、父よ



主の祈りは、「天におられるわたしたちの父よ」という、愛と信頼に溢れた神への親しい呼びかけで始まります。放蕩息子の物語ではありませんが、「わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません」というのが、かつての私たちの姿でした。にもかかわらず、神はイエス・キリストの十字架によって、私たちの罪を永遠に贖い、神の子としてくださいました。ですから、私たちはためらうことなく神を「父よ」と呼んでもよいのです。聖書に、「あなたがたが子であることは、神が『アッバ、父よ』と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります」と書かれているとおりです。
よく紹介する『日本人に贈る聖書物語』には、主の祈りが教えられた場面が次のように描かれていました。「弟子たちは早速、その祈りを実行に移した。初めて『父よ(アバ)』と呼びかけた日、ペトロは感動の余り泣き伏した。心配した仲間の弟子たちがペトロのそばにより、どうしたのかと問うと、ペトロは鼻をすすりながらこう答えた。『俺は今まで、天の父をこれほど近くに感じたことがなかった。まるで、父の暖かい両腕に抱かれているような思いになった。ああ、アバ、アバ、アバ、アバよ。』」
ある宣教師がこう言いました。「祈りの中でまずしなければならないことは、神に抱かれることです。神の懐に抱かれれば、他のものはすべて自然について来るのです。神に抱いていただきなさい。あなたのすべてをおゆだねしなさい。そうすれば、神はあなたに祈りをそそがれます。その祈りは神の祈り、神がお答えになるしかない祈りになるのです。」
だから、こう祈りなさい。「天におられるわたしたちの父よ! 父よ! 父よ! 御名が崇められますように。」

今朝、大阪で大きな地震がありました。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ワレラノムネ アナタノムネト オナジ

長崎巡礼

先月、ユネスコから、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界遺産に登録するという勧告が出され話題になりました。250年に渡る禁教政策の中で、潜伏キリシタンの生き方が評価されたということです。この歴史的な「信徒発見」の舞台となるのが長崎の大浦天主堂です。黒船の来航によって、開国が迫られる中、幕府がフランスとの国交を結んだことによって、数名の宣教師が日本に入ってきました。それはまだ大政奉還がなされる前、キリシタン禁令の時代です。秀吉のバテレン追放令から280年、家康の禁教令から250年の月日が流れていました。
今年の大河ドラマは西郷隆盛(西郷どん)、そろそろ坂本龍馬も登場してくるようですが、彼らが活躍した時代のことです。龍馬が貿易商社の亀山社中(のちの海援隊)を設立したのが1865年、その同じ年の2月にプチジャン神父が中心となって、亀山社中のすぐそばに大浦天主堂(日本26聖殉教者天主堂)が献堂されました。天主堂とは、カトリックの聖堂を中国風に呼んだもので、異国風の建物に長崎の人々は目を奪われ、当時の人々はそれをフランス寺と呼びました。
教会を建てるにあたって プチジャン神父には一つの願いがありました。多くの殉教者の血が流された長崎にはきっと信者の種が残っているにちがいない、教会ができれば、きっとすぐにでも名乗り出てくるだろうと期待していたのです。ところが献堂式の日にはだれも姿を見せませんでした。
1ヶ月が過ぎた3月17日の昼下がり、教会の前に10数名の男女の農民がやってきました。プチジャン神父は、ただ好奇心で教会を見物に来た人とは何か違うものがあると感じ、彼らを天主堂の中へと導き入れました。彼らは物珍しげに、きょろきょろしながら天主堂の中に入りました。そして聖堂の中にも窓の外にも、役人らしい人影がいないのを確認すると、ひとり婦人が胸に手を当てて神父にこうささやきます。「ワレラノムネ アナタノムネトオナジ(私たちはみな、あなたさまと同じ心でございます)」。この言葉を耳にした時の プチジャン神父の驚きと喜びはいかばかりだったでしょう。このとき250年間地下に潜伏していた日本のキリシタンたちが復活したのです。
250年7代にも渡る、長く厳しい禁教下で、その信仰は親から子へ、子から孫へと密かに、しかし確かに受け継がれ、そのともし火は消されることなく、灯され続けていたのです。この驚くべき「信徒発見」、潜伏キリシタンの信仰が、この度、世界遺産に登録されようとしているというのです。信仰とは、永遠の命とは、それほど尊いものなのです。
イエスは言われます。「たとえ、全世界をもうけても、永遠のいのちを失ってしまったら、何の得になるでしょう。いったい、永遠のいのちほど価値のあるものが、ほかにあるでしょうか。」「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命をえるためである。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

永遠なるもの



ニューヨークタイムズに、ひとりの農夫からこんな投稿がありました。
「自分の隣の農場の経営者はクリスチャンで、毎週教会に行っている、毎日お祈りしている、聖書も読んでいる。一方、私は神を信じていない。教会には行かないし、聖書も読まないし、お祈りもしない。今年も収穫の時期が来たが、彼の家の収穫と私の家の収穫を比べると、私の家の方がずっと多かった。それでも神を信じる必要があるのだろうか。」
ニューヨークタイムズの編集者は、その投稿を載せ、次のようなコメントを追加したそうです。
「その通りかも知れません。しかし、人生の清算が、この地上だけで終わると思わない方がいいですよ。」
この地上では、神を知らない人でも楽しそうにやっていることがあります。実際にそう見えます。クリスチャンよりも、そうでない人の方が、もっと成功しているように見えることもあります。でも、覚えておきたい大切なことは、やはり人生の清算は、この地上だけで終わるのではないということです。これは聖書が教える世界観や人生観です。目先の幸せも無視できないかも知れませんが、それでも目に見える現実だけがすべてではなく一時的なものだとしたら、私たちの目を永遠なるものに向け、もっと永遠なるものについて語るべきではないでしょうか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me