彼は笑う



正月3日の中日春秋に、犬笑うと言われる戌年の話題から、笑いについて書かれていました。笑いにはストレス軽減や免疫力向上という効用があることは広く知られていますが、作家の井上ひさしさんの言葉が紹介されていました。「人はもともと悲しみを持って生まれ落ちる。でもその内側に笑いは備わっていない。だから自分の手で作り出し、分け合い、持ち合うしかありません。」だから努めて笑いを作り出そうと言う話しです。
ところで、今月は創世記からアブラハムの物語を学んでいますが、18章には、ついに約束のひとり子イサクが誕生が予告される場面です。実際は21章でイサクが誕生するのですが、アブラハムの妻サラは、イサクの誕生の予告を聞いて、笑います。自分たちの年齢を考えれば、望み得ないことだったからです。しかし、約束どおり、1年後イサクが誕生します。イサクとは「彼は笑う」という意味です。今年、自分で努めて笑いをつくるのもいいですが、神様が私たちを笑わせてくださるような一年にしていただきたいものです。サラはこう言いました。「神はわたしに笑いをお与えになった。聞く者は皆、わたしと笑いを共にしてくれるでしょう。」
そんな笑うことのできない状況を変えてくださったのが、17章でアブラハムの前に現れた全能の神です。アブラハム99歳の時のことです。ハランの地で神の声を聞き、行く先も知らずに旅に出たのが75歳の時、約束の地カナンに移り住んで10年経過し、女奴隷ハガルをによってイシュマエルが誕生した時には86歳になっていました。それからイシュマエルが成人するまでの13年間、神は沈黙されました。人生において、神を見失い、見出せなくなることが実際にありますが、13年は余りにも長いと思います。未だ神の約束は一つとして実現されていません。普通なら、この間に、アブラハムの物語が終わっても仕方がありません。それでもアブラハムの物語が続くということは、彼が神の約束を待ち続けていたということではないでしょうか。彼が待って待って、待ちくたびれるほど待った果てに、ついに17章で、神が13年の沈黙を破って、再び語り始められたのです。
「アブラムが99歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。『わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。』」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

秘められた計画



新年聖会で「秘められた計画」という言葉について教えていただきました。

「秘められた計画」と訳された言葉は、ギリシャ語のミュステーリオンという言葉です。新約聖書では27回用いられていますが、口語訳では「奥義」とも訳されている言葉です。「秘められた計画」とは、そもそも何でしょうか。それは、「人間の理解をはるかに越えた神の神秘に属するものであり、神の啓示によってのみ理解可能となる事柄」という意味です。パウロはこの「秘められた計画、奥義」が何であるかを、エフェソの信徒への手紙3章に次のように記しています。「それは、福音により、キリストイエスにあって、異邦人も共同の相続人になり、ともに同じ体に連なって、ともに約束にあずかる者となるということです。」・・・
F.B.マイヤーはこう言っています。「キリストがアブラハムの子の心の中に住まわれるという事は、驚くべき謙遜の行為と思われるが、主が異邦人の心の中に住まわれるということは、信じられないほど驚くべきことである。」
ああ、なんと偉大な奥義、なんと驚くべき計画を、主は異邦人である私たちに知らせて下さったことでしょうか。

この神の秘められた計画、栄光の希望こそ、内におられるキリストなのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

荒野の時間



恵みにあふれた新年聖会を感謝します。

基調メッセージの中で、パウロが復活のキリストとの出会いの後、アラビアに退いたことが語られました。使徒言行録では、すぐに彼の福音宣教の働きがフル回転で始まったかのように記されていますが、実際はそうではありませんでした。パウロは3年、アラビアの荒野に退きます。遊牧民が住んでいるだけで、街はありません。人が全くいないところです。アラビアの荒野というのは、エジプトを出発した民が紅海を渡って、その東側に広大に広がっている荒野と砂漠です。
パウロだけではありません。神に用いられた器には、それぞれ荒野の時代があります。モーセは、同じアラビアの荒野で40年待ちました。ヨセフは、エジプトの宰相として活躍する前、2年間監獄で生活をしています。ダビデは、二代目の王として油注がれても、一代目の王サウルのもとを逃れて、何年も荒野を逃げ回り、孤独なよりどころのない放浪の生活を強いられ、人には頼れないことを学びます。預言者エリヤは、活動を初めてすぐ、ケリテ川のほとりに身を隠す生活を余儀なくされ、カラスに養われ、孤独に生きます。
栄光の希望であるお方をさらに深く知るために、私たちにも荒野の時間が必要です。元旦のメッセージでも語りましたが、もっと耳を澄ませて神の声を聴く時間を大切にしたいと思います。私たちは、さまざまな音に囲まれていますが、あえて、テレビもラジオも音楽プレイヤーもスイッチを切って、スマホも置いて、神の言葉に耳を傾けるように努力しなければなりません。さあ、荒野の時間へ。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アブラムは主を信じた



主はアブラムを天幕の外に連れ出して言われました。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。あなたの子孫はこのようになる」と。
私たちの現実は、常識に捕らわれ、自分の立場や考えに終始してしまうことです。常識も大切です。しかし、信仰には、神の現実を制限しないゆとりが必要なのです。その小さな常識という天幕から外に出て、天を仰ぐゆとりです。ある有名なラビは、この言葉を次のように説明しました。「この天を仰ぐと訳されている言葉は、むしろ高い所に引き上げられて、上から下を見下ろすというニュアンスを持っている」と。神はアブラムを天幕から外に連れ出されただけでなく、彼を星よりも高く引き上げられたということです。そこで彼は、もはや人間の視点ではなく、人間的な立場からでもなく、神のまなざしをもってすべてのことを見せられたのです。その時、すべてが逆転しました。彼の事情境遇が変わったのではありません。彼の立ち位置が変わったときに、彼の見ている景色が変えられたのです。その時、ついに「アブラムは主を信じた」という信仰の世界の幕が開かれたのです。聖書の中で、このあと、当たり前のようにくり返し使われる「信じる」との言葉が最初に使われた瞬間でした。
ところで、「星よりも高く」というのは、何か霊的な体験であったのでしょうか。意外にこういうことだったのかもしれません。アブラムは、彼が神を信じる前に、神が彼を信じてくださった事実に気がつかせられたのです。これは、アブラムのことをとことん信じた神の信仰です。そもそも信仰という言葉は、真実とか忠実とかいう言葉から来ています。神が私たちに尽くしてくださった真実から、信仰が生まれたのです。もっと言えば、アブラムを信じてくださった神の愛のただ中で生きるということです。あなたを信じてくださった神を、あなたも信じてください。

寒い日が続いていますが、次の日曜日は教区合同の新年聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

それがなくなったら、私もなくなってしまうようなただ一つ



教会の信徒ルームには毎年、星野富弘さんの詩画カレンダーを飾っています。味のある優しさにあふれた作品にいやされます。2018年のカレンダーの1枚目は「茎がふくらんだ蘭」という題の絵で、こんな詩が載せられています。

その一つから花が咲き
その一つから葉が出る
一つに総てが含まれ
一つに総てが現される
それがなくなったら
私もなくなってしまうような
ただ一つである


しばし立ち止まって、いろいろ考えさせられる詩です。元旦礼拝では、昨年から話題になっている『君たちはどう生きるか』という80年前に書かれた本の中から、こんな言葉を紹介しました。「肝心なことは、・・・自分が・・・心を動かされたことから出発して、その意味を考えてゆくことだと思う。・・・そうすると、ある時、ある所で、君がある感動を受けたという、くりかえすことのないただ一度の経験の中に、その時だけにとどまらない意味のあることがわかってくる。それが、本当の君の思想というものだ。」
星野さんの詩も、『君たちはどう生きるか』の言葉も、ある一つのもの、一つの心動かされる経験の中に、その時だけにとどまらない大切なすべてが含まれていること、それがなくなったら、自分もなくなってしまうような、ただ一つがあるということを教えているように思います。私にとって、あなたにとって、それがなくなったら、自分もなくなってしまうような、ただ一つとは何でしょうか。

明日は1月9日。80年前のその夕べに起きたただ一つから、聖イエス会は生まれました。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私の聖書物語



聖書は本当に不思議な書物です。その不思議さの一つは、聖書の言葉が時代を越えて、今も私たちに語られていることに気づくことです。ある人は、「聖書の中には自分がいる」と言いました。そこに登場する人物のうちに、今ある自分自身の姿を、そして本来あるべき自分自身の姿を発見するからです。そこで語られている神の言葉が、私に語られていると気づく時、そこに私の聖書物語が始まるのです。
創世記の12章、アブラハムの旅のプロローグはこの言葉から始まります。「主はアブラムに言われた。」いつの時代にも、神からの語りかけ、呼びかけがあります。教会ではデボーションガイドを使って聖書通読することをお勧めしていますが、ぜひ、今年もデボーションガイドも使っていただいて、耳を澄ませて神の声を聴く時間を大切にしていただきたいと思います。神は聖書を通して、あなたに語られます。私たちは、さまざまな音に囲まれた生活をしています。ですから、あえて、テレビもラジオも音楽プレイヤーもスイッチを切って、スマホも置いて、神の言葉に耳を傾けるように努力しなければなりません。一日5分でもかまいません。静まって聖書を開く習慣を身に付けてください。その静寂の中にこそ、あなたにも語られている神の言葉があるからです。

デボーションガイドは毎日聖書を1-2章ずつ通読し、3年間で旧約聖書を1回、新約聖書を2回通読することができるデボーションの手引きです。毎日、短い御言葉の解説と適用、そして祈りが1ページに記されています。お求めは聖イエス会の教会を通してロゴス社まで。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

その時だけにとどまらない意味



いつモブログを読んでくださっているみなさま、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末に、いま話題の吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』を読みました。日中戦争に向かう1937年に書かれた「歴史的名著」。今回マンガが同時発売されたことや、池上彰さん、糸井重里さん、斎藤孝さんなどがこぞってこの本を紹介したこと、極めつけはジブリの宮崎駿監督が新作に、この本の題を付けたことでブレークしたようですが、読めば納得の良い本でした。信仰的な本としてお勧めするわけではありませんが、80年も前に書かれた児童文学書でありながら、今の時代に「君たちはどう生きるか」と真っ向から問いかけられているように感じました。
80年前と言えば、今年は、聖イエス会の創立者・大槻武二牧師が、当時の満州奉天、現在の中国瀋陽において、神との出会いを体験されて80年目にあたります。聖イエス会という小さな群れのすべてが、80年前の一人の牧師の神体験から始まっているということを思い、これまでもくり返し、その体験談を聞いてきましたが、今改めて「君たちはどう生きるか」ということが問いかけられているように感じます。
「君たちはどう生きるか」は、旧制中学に通う「コペル君」とあだ名を付けられた15歳の少年の日常を軸に、彼のおじさんとのやり取りで綴られていくのですが、ある時、おじさんがコペル君にこんなことを伝えます。「肝心なことは、いつでも自分が本当に感じたことや、真実心を動かされたことから出発して、その意味を考えてゆくことだと思う。・・・そうすると、ある時、ある所で、君がある感動を受けたという、くりかえすことのないただ一度の経験の中に、その時だけにとどまらない意味のあることがわかってくる。それが、本当の君の思想というものだ。」
今から80年前、1938年1月9日のただ一度の経験の中に、その時だけにとどまらない意味のあることを、今年私たちも体験を通して教えられたいと願っています。今年の御名は、創世記17章1節、「我は全能の神なり」です。この御名は信仰の父と仰がれ、神の友と呼ばれたアブラハムに現されたものですが、1月の礼拝は、ヨハネ福音書の特別編「わたしの日を見て喜んだ」ということで、アブラハムの生涯を4回シリーズで学びたいと思います。

新年の祈祷会(木曜礼拝)は1月11日からです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスキャロル



24日クリスマスイブの礼拝が終わり、25日クリスマスの午後、30年も教会から離れていたAさんが55年の生涯に幕を下ろし、天国に旅立って行かれました。26日の朝、息子さんから電話があり、葬儀の依頼を受け、蟹江の葬儀場に出かけました。安らかに眠っているAさんを囲み、まだ若い二人の子どもさんとAさんのお母さんと共に祈りの時を持ちました。私は面識のない方でしたが、亡くなる前日、Aさんが大切に取っていた「洗礼証明書」を娘さんが発見し、時美さんが聖イエス会名古屋教会に通っていたことがわかりました。もしこの一枚の洗礼証明書が見つかっていなければ、葬儀を依頼されることもなかったと思うと、すべては主の導きであったと言わざるを得ません。亡くなる前に、親子で「葬儀はどうしたらいいの?」という話しもしていたそうですが、「キリスト教式であげてほしい」との希望でした。式の準備のために、その頃のことを知っていると思われる数名の教会員にAさんのことを尋ねました。教会に通っていた期間が短かったためか、あまり記憶にないとの返事でしたが、ある年のクリスマスに、青年部で演じた「クリスマスキャロル」の主役を自ら買って出たことがあったという話しを伺い、前夜式ではディケンズの「クリスマスキャロル」の話しをしました。過去、現在、未来に旅するスクルージ。みすぼらしい墓石に自分の名前を見つけた彼は、「どうか墓石に刻まれている私の名前をスポンジで消すことができると言ってください!」とすすり泣きます。やがて夢から覚めたスクルージは言いました。「私は鳥の羽のように軽く、天使のように幸せだ!さあ、みんなとクリスマスを祝おう!」、スクルージは生まれ変わったのです。Aさんの家では、クリスマスを特別な日としてお祝いしてきたそうです。この物語がAさんの心に生き続けていたのかも知れません。
Aさんの名前が入った御言葉を持って、Aさんを天国の教会に送りたいと思います。「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」(コヘレト3:11新改訳)。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ドアノブは?



すべての人を照らすまことの光があって世に来ました。世とはこの世界のこと、また私たちのことです。世は言(キリスト)によって、彼のために造られたのに、彼に気がつきませんでした。彼は自分のところに来たのに、自分の民は彼を受け入れることができませんでした。
閉ざされた扉こそ私たちの現実です。確かに、あの日あの時、この扉を開いて世の光であるキリストを迎えたはずなのに、いつの間にか、気がつけば、キリストを外に追い出していると言うことはないでしょうか。
ホルマン・ハントが描いた「世の光」という絵にはこんな逸話があります。ハントがこの作品を完成したとき、彼の友人のひとりがアトリエまでこの絵を見に来ました。友人はその優美さに目を見張り、作品に込められた霊的な意味を見て取りました。しかし、しばらくして、友人はハントに言いました。「とても美しい絵だがね、一箇所だけまちがいがある。」画家は驚いて言いました。「まちがいって?一体どこだい。服や手の描写にまずいところがあるかね。」友人は答えました。「いや、そうじゃないさ。まちがいはほら、この戸だよ。とても美しく描かれているがね、ドアノブを描くのを忘れただろう。」ハントは友人に説明しました。ドアノブが描かれていないのは、決してまちがいではない、と。
もし外側にノブがついていれば、キリストの方から開けて入ることができるでしょう。しかし、この戸は、中からしか開けられないのです。「だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」つまり、キリストの声、戸をたたく音を聞いたなら、私たちが応答しなければならないということです。
さあ、感謝と喜び、愛を込めて、自分の意志で、堅く閉ざしていたその重い扉を開きましょう。「愛する主よ、どうぞお入りください」と。

自分の力だけでもがき、挫折してきたことが、招き入れた方の力によって、可能性へと変えられていく。これこそが、瀕死の世界に新たないのちの希望をもたらす福音なのです。 Open the door! Now!

明後日、12月24日はクリスマス礼拝です。聖歌隊のキャンドルサービスと降誕劇を中心にした音楽礼拝です。ぜひお出かけください。こども部屋もあります。家族そろってお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖夜



昨日の礼拝でも、瞬きの詩人・水野源三さんの詩から、聖歌隊が賛美をしました。

「聖夜」
夜空に輝くあの星よりも 
小さな小さなこの地球の
片隅にお生まれになられた 
御子イエスさま。
無数の星が輝き 
無限に広がるこの宇宙よりも
大きな大きな神さまの愛

この歌を口ずさむ度に、床の上で寝たきりの源三さんが、宇宙大の賛美を書いていることに感動します。今年のクリスマス、小さな小さなこの地球の片隅のベツレヘムの家畜小屋でお生まれになられた御子イエスさまを愛し、無限に広がるこの宇宙よりも、大きな大きな神の愛を賛美したいものです。

先週、ロゴス社から新刊の『若き日の大槻武二』が届きました。秋頃から、小出しにこの本を紹介してきましたが、ベテランの方はもちろん、大槻牧師を知らない若い方や新しい方にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。「はじめに」の所で、この本が出版されることになった経緯が紹介されていますが、神の導きを感じます。神を見たと言った一人の少女の存在が、東方の星となり、大槻牧師をキリストとの出会いに導きました。これが新年のメッセージにつながっていくわけですが、年末年始には、ぜひこの本を味わってください。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me