告白



十字架の前夜、イエスがいなくなってしまうということが語られると、動揺する弟子たちが次々に発言します。まず「どこへ行かれるのですか」と言うトマスの咄嗟の問いかけが、イエスの口から偉大な啓示を引き出しました。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父(神)のもとに行くことはできない。」イエスが語っていると、今度はフィリポという弟子が尋ねます。「主よ、わたしに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と。「御父をお示しください」、言葉を換えれば、「神を見たい」との願いは、聖書が教える人間の根源的、究極的渇望です。
詩編42編は、そんな人の心にある神への渇きを歌った代表作です。「涸れた谷に鹿が水を求めるように、神よ、わたしの魂はあなたを求める。神に、命の神に、わたしの魂は渇く。いつ御前に出て、神の御顔を仰ぐことができるのか。」この後、詩人は「お前の神はどこにいる」と訴える人々の声を聞きながら、神に見捨てられたような現実の中で、次のように叫びます。「なぜうなだれるのか、わたしの魂よ、なぜ呻くのか。神を待ち望め。わたしはなお、告白しよう。「御顔こそ、わたしの救い」と。
まるで一人の人のうちに二人の人がいるようです。うなだれている自分に語りかけているのは誰でしょうか。「神を待ち望め」と言っているのは誰でしょうか。それは彼自身です。ほんとうの自分が叫び出して、どんな逆境にも振り回されず、「神を待ち望め」と言っているのです。現実には思い悩みます。窮地に追い込まれればうなだれて心が乱れます。でもその時に、ほんとうの自分が目覚めて、神を慕い求め始めるのです。
古典的キリスト教文学の名作『告白』を著した聖アウグスティヌスもその本の冒頭にこう記しています。「神よ、御身は御身のために私たちをつくられました。私たちの心は、御身の中に安らうまでは、安らうことがありません。」
イエスの弟子フィリポの叫びも同じです。「わたしたちに御父を(神を)お示しください。そうすれば満足できます。」詳訳聖書は、「それが私たちの願いのすべてです」と訳します。神を見たい。それが私たち人間のうちにある真実な渇きなのです。
そこでイエスは言われました。「わたしを見た者は、父を見たのだ」と。イエス・キリストこそ、人間を神に導く唯一の道であり、絶対不変の真理、真実の神、永遠の命です。ヨハネが福音書のはじめに記していたとおりです。「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神(イエス・キリスト)、この方が神を示されたのである。」イエス・キリストこそ、父のふところにいる独り子の神、この方が神を目に見えるように示されました。キリストは父のふところにいるので、私たちをまちがいなくそこに導くことができるのです。

聖イエス会では、11月23日の勤労感謝の日を「健康感謝の日」と定め、その前後の日曜日に「健康感謝礼拝」を行っています。名古屋教会では次の日曜日がその礼拝になります。この一年、健康な時も、病気の時も、守られ支えられてきたことに感謝しましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

その道の者たち



『道ありき』『この土の器をも』『光あるうちに』と言えば、作家三浦綾子さんの自伝小説三部作です。この作品も、日本人にとっては、たいへん優れた信仰のガイドブックではないかと思っています。
第一部となる『道ありき』は、「私はこの中で、自分の心の歴史を書いてみたいと思う」という一文で始まります。それは昭和21年、日本が戦争に敗れたばかりの時でした。17歳の時から軍国主義の教師として小学校の教壇に立ってきた堀田綾子さんは敗戦によって、これまで生徒に教えてきたことをすべて塗り替えなければならない、虚しい日々を送っていました。虚無感を抱きつつ、やがて結婚を決意しますが、結納が届いたその日に貧血で倒れ、間もなく肺結核を患い、13年にも及ぶ長く辛い闘病生活を強いられることになります。虚無に陥り自殺まで図った彼女が、生きる希望を取り戻すに至ったまでの道、『道ありき』では三浦光世さんと結婚するまでのことが書かれていますが、そんな綾子さんの青春の物語です。
この本の扉の所に記されているのが、ヨハネによる福音書14章6節、「我は道なり、真理なり、生命なり」という言葉です。これはイエス・キリストが語られた言葉ですが、まさに「道ありき」です。ところで、「道」という言葉を辞典で調べると、実に多くの意味があることがわかります。特に日本ではその精神性が重視され、生きることと深く関係付けられています。松尾芭蕉の「おくの細道」は有名です。京都の銀閣寺の近くには「哲学の道」というのもあります。花の道「華道」と言い、お茶の道を「茶道」、剣の道を「剣道」、柔の道を「柔道」と呼びます。一つの物事を通じて生き様や真理を追究し、それを体現することや自己の精神の修練を行うことを道と呼ぶわけです。興味深いことですが、聖書を見るとクリスチャンがクリスチャンと呼ばれる前、「その道の者たち」と呼ばれていたことがわかります。そこで、信仰の道を求めることを「求道」と言います。ですから、私たちは求道者です。これはキリスト教初心者の呼称ではなく、聖書を学び、信仰の道を尋ね求めるすべての人の呼称です。今週も信仰の道を尋ね求めようではありませんか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

天まで達する階段



「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」イエスは、動揺と混乱の中にいた弟子たちに、そのように語られた後、「あなたがたのために場所を用意しに行く」という言葉で、十字架こそ天国への道であることを語られます。しかし、弟子たちにはそれが理解できません。そこで口を開くのがトマスです。彼は、ペトロが先に尋ねたことをくり返し聞いています。「主よ、どこへ行かれるのか・・・その道を教えてください」と。悲観的な性格であったトマスは、その夜、誰よりも不安だったのでしょう。ただ暗い未来のみが、自分たちを待っているように感じられ、彼は咄嗟に尋ねたのです。
これはヨハネ福音書の特徴ですが、イエスが謎めいた言葉を語られると、その意味を尋ねる合いの手が入り、それにイエスが答えて、深い真理が解き明かされていくのです。ここでもヨハネの得意なパターンで話題が展開していきます。
トマスの咄嗟の問いかけが、思いがけずもイエスの口から偉大な啓示を引き出す結果となったのです。イエスはこの機会をとらえて、ご自身の神性を鮮やかに啓示されました。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父(神)のもとに行くことはできない。」
ヨハネ福音書の1章に、いちじくの木の下にいたナタナエルという弟子とイエスが出会い、語り合う場面があります。イエスはいちじくの木の下で聖書を学んでいた彼に創世記28章の物語を思い出させます。イスラエル民族の太祖ヤコブが、偽りの生活の果てに家を追われ、荒れ野で石を枕にして寝なければならなかった夜、夢を見たという話しです。彼は「先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりして」いる夢を見ました。夢から覚めたヤコブは感動に震えながら言います。「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ」と。
イエスはナタナエルに言われました。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」ここでイエスは創世記の話しを少しだけ変えています。「人の子」という部分です。ヤコブが夢の中で見た天まで達する階段、天国への道とは、「人の子」すなわち、イエス・キリストだったのです。

毎月第1日曜日は、新しい方にも入りやすいオープン礼拝を開催していますが、11月は第2週がオープン礼拝になります。
5日の礼拝は、信徒向けの聖会です。ご了承ください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

小さな宗教改革



今週の火曜日(10月31日)は宗教改革記念日です。今から500年前のその日、まだ若い修道士であったマルチン・ルターが、当時の教会に投げかけた一石が歴史を動かしました。以来、500年の歴史を通じて語られて来た宗教改革の3つの原則というものがあります。聖書のみ、信仰のみ、万民祭司、この3つです。
これまで100周年、200周年、300周年、400周年と、この記念日が、それぞれの時代に様々な位置づけで覚えられてきました。300周年、ルターの故郷ドイツでは、ナポレオンの支配からの解放を記念し、国民的な祝日として祝われました。400周年は、第1次世界大戦の最中、聖書を読む者たちが互いに敵対し、自国の利得を追究しているということで、ルターの業績が非難されました。それから100年、世界はかつてなかったほど激変し、グローバル化しました。宗教、宗派、文化、民族の垣根を越えた共生の道が示される中、ローマ・カトリック教会と、ルーテル教会が合同で500周年を祝うという話しがニュースになっていました。それは教会分断という傷を癒す困難な歩みの一歩かも知れません。しかし、宗教改革記念日に、私たちが宗教改革の源流を見直すことはもっと大切なことではないでしょうか。聖書のみ、信仰のみ、万民祭司です。聖書こそ、信仰と生活の唯一の規範です。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、ただキリストへの信仰によるのです。すべてのクリスチャンは例外なく神の祭司(キリストの証人)です。もし少しでもぶれている所があるなら、「我ここに立つ」と、今年も小さな宗教改革を積み重ねて行きたいのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

インクのシミ



宗教改革者マルチン・ルターは、95カ条の提題から始まる論争の中で絶えず聖書に立ち戻ろうしました。4年後の1521年4月、国会での喚問で自説と著作の撤回を強く迫られますが、「たとえ、この町の屋根の瓦ほどの悪魔が、私に襲って来ても私は退かない。聖書に明らかな証拠がある限り、私は決して自分の訴えを取り消さない。我ここに立つ。神我を助けたまえ」と彼は答えています。
その直後、ルターが山の中で騎士の一団に襲われ姿を消します。たちまち、ルターが暗殺されたとのうわさが巷に広まりましたが、ルターを支持するグループの誘拐劇で、彼はしばらくの間、ヴァルトブルク城にかくまわれていたのです。この幽閉期間に、ルターはラテン語訳の聖書を民衆のドイツ語に翻訳しました。彼はわずか10週間で翻訳を完成させたと言われています。現在、ヴァルトブルク城は世界遺産となっていますが、ルターが使っていたと言われる部屋もそのまま残されていて、その部屋の壁にインクを撒き散らしたようなシミが残っています。このインクのシミについて、こんなエピソードが残されています。ある夜、彼が疲れ果て意気消沈していると、サタンが長い長い巻物を持って現れました。そこには、ルターが生まれてからその日まで、犯してきた罪が一つ残らず克明に記されてるではありませんか。サタンは彼を訴え、責め、ののしりました。「お前のような罪人が宗教改革などと、大それたことをよくも考えたものだ。お前のような罪人は地獄行きを免れることはできないのだ」と。ルターは一瞬、魂の苦痛を覚え、絶望感を味わいましたが、次の瞬間、信仰を奮い立たせ、サタンに向かってインクの壷を投げつけて、こう言いました。「サタンよ、確かにお前の言う通りかもしれない。しかし、お前に言っておかなくてはならないことがある。その長い巻物の最後に、こう記しておきなさい。『御子イエスの血が、すべての罪から我らを清める』」と。
これこそ、ルターが「我ここに立つ」と語った「ここ」なのではないでしょうか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

心を騒がせないでもよい理由



十字架の前夜、最後の晩餐の席上でのことです。イエスは弟子たちに、最後の教えを語り始められました。それはヨハネだけが記す、14章から17章までのかなり長い説教です。実際には、食事の後、ゲッセマネの園に移動する時間も含め、ある部分は弟子たちとの問答であり、ある部分はイエスの祈りになっています。
弟子たちは、その夜、いつもとは明らかにちがうイエスの様子と話題、ただならぬ物言いに動揺し、混乱していました。そんな彼らに、イエスは「心を騒がせるな」と語られたのです。1節から3節までに、心を騒がせないでもよい理由が3つ書かれています。
1つ目は1節、「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」どんな時にも平安(Peace)でいられる秘訣は、神への信頼、信仰です。たとえ世の嵐が襲ってきても、平安そのものであるイエスがあなたの神だから、心を騒がせないでもよいのです。2つ目は2節、「あなたがたのために場所を用意しに行く。」居場所(Place)が用意されているという安心感です。これは天国の希望でもあります。3つ目は3節、「戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。」このままで終わらない、必ずイエスが来て迎えてくださるという大いなる約束(Promise)があるので、もう心を騒がせなくてもよいのです。
イエスはこの3つのP、Peace(平安)、Place(場所)、Promise(約束)を弟子たちに示して、心を騒がせなくてもいいと言われました。不安や心配がなくなるというのではなく、そのような嵐の中にいても、この3つのことを覚える時、嵐が静まり、平安がやって来ます。イエスは言われました。「嵐よ、静まれ。」「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしを信じなさい。神を信ずれば我をも信ぜよ」と。

昨日も最近礼拝に導かれている方々が、「今日のお話し(御言葉)が心に響きました」と、喜んで帰って行かれました。この秋、人生を変え、歴史を動かすことさえできる一つの御言葉と出会えますように。今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ざわわ



ヨハネによる福音書の学びを礼拝で続けています。14章まで来ましたが、14章から17章までは、ヨハネ福音書の核心というべき部分になります。十字架の前夜、最後の晩餐の席から始まり、ゲッセマネの園へ移動する道すがら、イエスが語られた最後の教えです。今まで隠されていたイエスの胸の内が、聖なる思いが語られることから「御心の至聖所」と呼ばれることもあります。
13章で、イエスは弟子たちの足を洗い、「互いに愛し合う」という新しい戒めを語られました。その中で、弟子たちがついて来ることのできない所に行くとも語られたことから、この後、弟子のペトロが三度イエスの事を知らないと言うことが予告されました。イエスのいつもとは様子のちがう、ただならぬ物言いに弟子たちは胸騒ぎがしました。そこで語られたのが14章1節の言葉です。「心を騒がせてならない。」
「さとうきび畑」という歌をご存知でしょうか。「ざわわ、ざわわ、ざわわ、広いさとうきび畑は・・・。」作詞・作曲した寺島尚彦さんは1964年、復帰前の沖縄を訪ねてさとうきび畑を歩いていたとき、この畑の下にまだたくさんの戦没者の遺骨が埋まったままであるという話を聞きます。そのとき、頭越しに吹き抜ける風の音を聞き、あの詩が生まれたそうです。11節もある歌詞の中に66回もあの「ざわわ」が出てきます。平成ではいられない心の状態、怒り、不安、いらだち、すすり泣きが、今日、私たちの心にもあるでしょうか。
十字架の時が切迫し、そのことが語り出されると、弟子たちの心は憂いと悲しみに満たされ、動揺し、混乱に陥っていました。不安と恐怖に心が騒いでいたのです。いま弟子たちの心中に渦巻いている、不安と動揺の原因は何なのでしょうか。イエスはその治療法をよく知っていました。それが神、すなわちイエス・キリストへの信頼、信仰です。「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」ここで「そして」と訳されている「カイ」というギリシャ語の接続詞は、「すなわち」と訳す場合があります。すると、「神を信じなさい、すなわち、わたしを信じなさい」となりますが、『我主イエズスキリストの新約聖書』、通称『ラゲ訳』と呼ばれる聖書ではズバリ「神を信ずれば我をも信ぜよ」と訳されています。
これらの言葉を聞き、思い出すのは、イエスがガリラヤの波猛る海で弟子たちを諭された時のことです。イエスと弟子たちが乗っていた舟が突風に見舞われ、今にも沈みそうでした。「イエスは起きあがって、風を叱り、湖に、『黙れ。静まれ』と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。」私たちの心には、「ざわわ、ざわわ」、不安と恐れ、あせり、いらだち、大小さまざまな波が押し寄せているでしょうか。イエスは言われました。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちはあの日、こう言いました。「いったい、この方はどなただろう。風や湖さえも従うではないか」と。そこで私たちがなすべきことは、ただイエス・キリストを神と信じることです。信頼しきって、道であり、真理であり、命であるイエス・キリストに近づこうではありませんか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ことばのうちがわへ



10月の『ぶどう樹』を読んでいただけたでしょうか。2017年10月(今月)は、マルチン・ルターによる宗教改革から500年と言うことで、文章を書かせていただきました。短い紙面で、宗教改革のすべてを書くことはできませんので、「その始まり」と言うことで「聖書に帰ろう」と題を付けて短くまとめてみました。冒頭にクリスチャンの詩人で、今年没後90年を迎えている八木重吉さんの詩を引用しています。何度も声に出して読んでみたくなるような詩です。

 この聖書(よいほん)のことばを
 うちがわからみいりたいものだ。
 ひとつひとつのことばを、
 わたしのからだの手や足や、
 鼻は耳やそして眼のようにかんじたい。
 ことばのうちがわへはりこみたい。

今から500年前、ドイツで始まった宗教改革運動も、実にそんな聖書の内側に入り込んだ一人の人によって始められていきました。宗教改革に至るまでの歴史的な背景があったのは事実ですが、きっかけは、真面目に聖書を学び、聖書に帰ろうとしたマルチン・ルターの素朴な一つの問いかけから始まっていたのです。
1517年10月31日、ルターはヴィッテンベルク城教会の扉に95カ条の提題(公開質問状)を貼り出しましたが、やがてその日が宗教改革記念日と呼ばれるようになるとは、彼自身、想像もしていなかったことでしょう。先週、突然の衆院解散で総選挙、希望、リセット、挑戦と巷にはそんな言葉が飛びかっていますが、かけ声だけでは何も変えることが出来ないことを私たちはもう知っています。ルターの場合、彼が聖書の言葉に捉えられ、その言葉に心を燃やされる体験をしたことが改革の原動力となりました。ルターによる宗教改革とは、単に当時の教会の既成権威に対する抗議(プロテスト)ではなく、聖書を読む運動であったと言えるかも知れません。その運動が歴史を動かしたのです。この秋、私たちも聖書のことばの内側に入り込み、人生を変え、歴史を動かすことさえできる一つの言葉と出会えますように。礼拝で続けているヨハネによる福音書の学びも14章に入ります。毎週、御言葉に期待し、ことばの内側へ入り込みたいと願っています。

『ぶどう樹』は聖イエス会の教会で配布されているパンフレットです。
興味のある方は近くの聖イエス会の教会にお問い合わせください。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クォ・ヴァディス



十字架の前夜、最後の晩餐の席でのことです。イエスは弟子たちの足を洗い、「互いに」愛し合うという新しい戒めを弟子たちに語られました。その中で、イエスが「私が行く所にあなたたちは来ることができない」と語られたことに対するペトロの反応から、イエスはペトロの離反を予告されました。「鶏が鳴くまでに(夜が明けるまでに)、あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう。」この予告は現実となります。それは18章で学ぶことになりますが、ペトロがここで語った、「主よ、どこへ行かれるのですか」という言葉は大変印象的です。
ポーランドの作家シェンキェヴィッチの歴史小説「クォ・ヴァディス(岩波文庫は「クオ・ワディス」)」は、暴君と呼ばれたローマ皇帝ネロの時代を舞台に、初代教会の様子が随所に散りばめられた名作です。ローマでの迫害が激化する中、信徒たちはペトロにローマを離れるように勧めます。ペトロは後ろ髪を引かれる思いで、ナザリウスという少年とともにローマを出ました。そんな彼が、アッピア街道で、キリストを出会います。ペトロは、持っていた杖を地面に落とし、ひざまずき手を伸ばし言います。「クォ・ヴァディス・ドミネ。」「主よ、何処にか行き給う?」
するとペトロの耳に悲しくて甘い声が聞こえてきます。「あなたが私の民を捨てるのなら、私は再び十字架にかかるために、ローマに行こう。」ペトロは顔を地面につけ、言葉もなく地に伏していましたが、やがて起きあがると震える手で杖を取り上げ、何も言わずに来た道を引き返し、ペトロはローマで殉教の死を遂げるのです。この話は、初代教会の言い伝えをベースにした、フィクション(創作)ですが、ペトロの言葉だけは、ノン・フィクションです。ヨハネ福音書13章36節、「シモン・ペトロがイエスに言った。『主よ、どこへ行かれるのですか。』」
主の御心がはっきりとわかれば感謝です。しかし、いま分からなくても、人生の曲がり角で、「主よ、何処へ」と尋ね続け、イエスについて行く、私たちとならせていただこうではありませんか。あの日のペトロのように。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」
二人の対話の続きはこうです。ペトロの問いに、イエスが「今はついて来ることができない」と答えると、ペトロは言います。「あなたのためなら命を捨てます」と。しかし、イエスは「わたしのために命を捨てると言うのか」と言葉を返し、彼の離反を予告されました。イエスが言いたかったことは、どういうことだったのでしょう。「あなたが私のために命を捨てると言うのか。それは頼もしい、確かにその日が来る。でも今ではない。まず、私があなたのために命を捨てるのです。そして今ではなく、その後、あなたは私のついて来ることになるのです。」主の御心に感謝します。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

互いに愛し合うならば



「子たちよ、いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。」
「子たちよ。」ギリシャ語の「テクニア」という言葉は、小さな子どもという意味ですが、愛情のこもった親しい呼びかけです。ヨハネの手紙には何度も使われている言葉ですが、福音書ではここにしか使われていません。年老いた使徒ヨハネは、自分の所に集まって来る弟子たちに「子たちよ」と語りかけましたが、それは、この夜イエスから聞いたこの言葉のコピーだったのかも知れません。
「いましばらく、私はあなたと共にいる」という言葉は、このあと14章以降では、「しばらくすると私を見なくなる」という言葉に置き換えられていきます。つまりこれから語られることは、イエスがいなくなった後のことなのです。それは、イエスの十字架と復活、そして昇天、さらには聖霊の派遣という、まったく新しい局面についての教えでした。十字架と復活を通して、イエスが天に上げられた後、この地上に存在する教会のあり方が「新しい掟」として語られています。ここにキリストの体である教会のあるべき姿を見せられます。イエスが愛したように、互いに愛し合うのです。
大槻先生の言葉です。「真実の教会はキリストの神秘体であり、キリストのいのち、本性、愛に浸透された、愛の神秘体である。聖イエス会はこの理想に生きる共同体であらねばならない。」
イエスの言葉が響きます。「互いに愛し合いなさい。私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」
愛なる聖霊来てください。「聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれている。」

今日から京都の聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me