ヨハネの独語

年末感謝礼拝
メッセージ 「ヨハネの独語」
聖書 ヨハネの手紙一5の18〜21
ヨハネの手紙シリーズ(23)

5:18 わたしたちは知っています。すべて神から生まれた者は罪を犯しません。神からお生まれになった方が、その人を守ってくださり、悪い者は手を触れることができません。
5:19 わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。
5:20 わたしたちは知っています。神の子が来て、真実な方を知る力を与えてくださいました。わたしたちは真実な方の内に、その御子イエス・キリストの内にいるのです。この方こそ、真実の神、永遠の命です。
5:21 子たちよ、偶像を避けなさい。

年末の礼拝は、信徒の方々に一年の恵みを証していただく、わかちあいの時を持ちます。今日も四組の方に感謝な証をしていただき、主の御名をあがめました。数えてみよ主の恵み!です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスなう



クリスマス礼拝
メッセージ 「クリスマスなう」
聖書 ルカによる福音書2の11

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。

岳見町での40回目のクリスマス。礼拝堂いっぱいに集まったみなさんと一緒に恵まれた礼拝をささげることができ感謝でした。初めて教会に来てくださった方、久しぶりの方、一年に一度クリスマスにはかかさずに来てくださる方、そして町内のみなさま、おいでくださったお一人一人に、クリスマスの喜びがありますように。
聖歌隊のミュージカルもステキでした。二千年前のあの夜が再現され、まさに「クリスマスなう」でした。ありがとうございました。

今週もクリスマスの集会が目白押し、今年のクリスマスはぜひ教会でお過ごしください。 Merry Christmas.

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

恐れるな×365

洗礼式

アドベント礼拝
メッセージ 「恐れるな×365」
聖書 ヨハネの手紙一4の18〜21
ヨハネの手紙シリーズ(22)

4:18 愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。なぜなら、恐れは罰を伴い、恐れる者には愛が全うされていないからです。
4:19 わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。
4:20 「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。
4:21 神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。

今日の洗礼式も感動的でした。香名ちゃん、受洗おめでとう!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛の贈りもの



アドベント礼拝
メッセージ 「愛の贈りもの」 伊藤エリ子先生
聖書 コリントの信徒への手紙二8の9、ヨハネの手紙一4の16

あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがた豊かになるためだったのです。

わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。

今日は12月最初の礼拝。誕生月のみなさま、おめでとうございます。イエス様と同じ誕生月でいいですね。
祭壇の二本目のろうそくに火が灯され、クリスマスが待ち遠しくなってきました。
午前中は、岐阜で恵まれたアドベントの礼拝と聖餐式をもたせていただき、名古屋に戻り、聖歌隊の練習に合流しました。今日は普段より長めの聖誕歌劇の練習です。期末試験でなかなかそろわなかったユースのメンバーも勢揃いして、遅くまで19日の本番めざして練習に励みました。来週がリハーサル、19日が本番です。
今日の一枚は、昨年に続き、練習を見つめる少年の「うしろ姿」です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

降りてゆく生き方

アドベント礼拝
メッセージ 「降りてゆく生き方」
聖書 ヨハネの手紙一 4の7〜12
ヨハネの手紙シリーズ(21)

4:7 愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。
4:8 愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。
4:9 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。
4:11 愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。
4:12 いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。
4:13 神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。このことから、わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることが分かります。


今日から待降節。祭壇のろうそくを1本ずつ灯しながら、クリスマスの夜を待ちます。4本のろうそくはそれぞれ「預言のキャンドル」、「天使のキャンドル」、「羊飼いのキャンドル」、「ベツレヘムのキャンドル」と呼ばれ、「希望」、「平和」、「喜び」、「愛」を表わします。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたをいやす主

健康感謝記念礼拝
メッセージ 「あなたをいやす主」 伊藤エリ子師
聖書 ヨハネの手紙三 2、ヨハネによる福音書11の25〜26

1:2 愛する者よ、あなたの魂が恵まれているように、あなたがすべての面で恵まれ、健康であるようにと祈っています。

11:25 イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。
11:26 生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」

高松での聖会のために、お祈りをありがとうございました。郷里での久しぶりの集会でしたが、なつかしい皆さんと共に礼拝をおささげてきて感謝でした。奏楽が始まり、聖歌隊が入場し、賛美がささげられていく、そんないつもの何でもない光景を見ながら、この教会で育てていただいた日々が思い出され、胸が熱くなりました。祈り育ててくださった牧師先生方と信徒のみなさんに改めて感謝、感謝です。朝の集会で、一人の求道者の方が救いの恵みに与られたそうです。新しい神様の足跡です。御名を賛美します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

これが神の命令です



秋の召天者記念礼拝
メッセージ 「これが神の命令です」
聖書 ヨハネの手紙一3の19〜24

3:23 これが彼の命令〈戒め、指示〉です。すなわち、私たちがみ子イエス・キリストのみ名を信じ〈信仰し、信頼し、心服し、より頼み〉、彼が私たちに命ぜられたように、私たちが互いに愛し合うべきであるということです。詳訳聖書

前にも書きましたが、車路墘教会で使われていた特別集会の横断幕を記念にいただいて帰って来ました。卓牧師から「あなたの教会のメンバーやあなたの家族と横断幕の前で写真を撮って送ってほしい」と言われていたので、今日は礼拝の後、横断幕の前で信徒の方にも協力していただいて記念撮影をしました。
礼拝後は近くの河川敷で恒例の秋の親睦会。これはヨセフ会のお父さんたちが、若い人たちやこどもたちのために、教会でも何か楽しいことをしてあげたいということで始まった企画で、もう7年も続いています。今年もBBQのあと、宝探しにビンゴ大会まで、楽しいひと時を過ごしました。献堂40周年を記念したペットボトル・ロケットの打ち上げも大成功でした!!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

笑顔で生きる

11月のオープン礼拝
メッセージ 「笑顔で生きる」 宮本裕美師
聖書 詩篇2の4(文語)、ヨブ記19の25〜27

天に座するもの 笑い給わん(詩篇2:4文語訳)

わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる。…
わたしは肉を離れて神を見る。しかもわたしの味方として見る。(ヨブ記19:25-27)   

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

生まれてきてよかった



秋の教区聖会
午前メッセージ 「生まれてきてよかった」
聖書 ヨハネの手紙一3の16、4の10

3:16 イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。
4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。

午後メッセージ 「わたしの命のパンである」
聖書 ヨハネによる福音書6の48〜51、57

心配された天気も守られ、沖縄から松田先生をお迎えしての聖会を無事に終えることができました。午前、午後と恵みあふれる聖会を導いてくださった主に感謝します。もう30年ほど前に出された「生きがい」という証の小冊子が本棚に並んでいますが、その中に先生の証もあります。高校生の頃、初めて先生の証を読んだ時の感動は今も忘れられません。身体的なハンディをかかえながら、主の働きに従事しておられる先生の姿そのものが、神の愛と真実を物語るメッセージのように思えます。今回は直にその証を聞かせていただき、十字架の上から先生を呼ばれた主の愛に感動を新たにしました。主に感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神から生まれた

メッセージ 「神から生まれた」
聖書 ヨハネの手紙一 3の9〜10、ヨハネによる福音書3の1〜8
ヨハネの手紙シリーズ(番外編)

神から生まれた〈神を父として生まれた〉者は、だれでも〔ことさらに、また承知のうえで〕常習的に罪の生活を送りません。というのは、神の性質が彼のうちに宿っている〈神の生命の原理、神の種がいつまでも彼のうちにとどまっている〉からです。またその人は神から〈神を父として〉生まれているので、罪を犯し続ける生活を送ることができないのです。(ヨハネの手紙一 3の9・詳訳聖書)

ヨハネの手紙を毎週シリーズでお話ししているが、今日は番外編ということで、来月台湾に持って行く予定のメッセージを語らせていただいた。台湾での主だった集会は5回、通訳の関係もあり、メッセージは2つと言われているが、予備のメッセージも含め、「This is 御名の福音」と題して、ヨハネの福音書を中心に準備している。上記の御言葉は、ヨハネの手紙からだが、ここにも今日のメッセージと関連する、「神から生まれる」というヨハネが大切にしてたメッセージがある。詳訳聖書は「罪を犯さない」という言葉の真意を適切に伝えている。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me