対話



台湾の集会で学んだいくつかのことがある。そのひとつは「対話」ということだ。滞在中、やはり難しく感じたのは言葉の壁。お互いの言葉が通じないというもどかしさだ。幸い漢字の文化ということで、文字にしてもらえると理解できる範囲が広がった。あとはたどたどしい英語や身振り手振りが、コミュニケーションの手段となる。その中で、卓老老牧師をはじめお年寄りの方々は、日本統治下で日本語教育を受けている方が多く、美しい日本語を使われる。言葉が通じることのありがたさを感じた。
帰国後、ある牧師からEメールをいただいた。「初めての海外宣教、お疲れさま。初めてと言うことは、二回目、三回目がるということです。これからの海外宣教に備えて、外国語で聖書を学ぶようにすればよいでしょう」と書かれていた。納得だ。やはり、これも言葉の問題。メッセージを準備する上でも、現地で使われている聖書にどう書かれているかを理解しておかなければ、どんなに説明しても通じないことがある。今回の反省点だ。
会話も、メッセージも通じなければ、お互いを理解したり、大切な真理を伝えることはできない。しかし、ある集会の中でこんな経験をした。私にとっては新しい悟りであった。神の御名が現される場面で「あなたと話をしている」(ヨハネ4:26)と語った時だ。時間や言語、感情や状況にかかわりなく、いやそれらすべての違いや背景をご存じの上で、「あなたと話をしている」と語り始められる対話する神の存在に触れたのだ。そして、その対話の究極は神がその名を名乗られるということであった。それは聖書が私たちに物語る、神との対話の極地である。
聖書によれば、人間の言葉はバベルの塔の事件によって乱されてしまった。しかし、神は時代を越え、国境を越え、身分を越え、いつも人間に語りかけられた。今も聖書を通して、神は私たちと対話される。だから、御言葉の前に心を静めなければならないのだ。神の声が聞こえてくる。「あなたと話をしているこのわたしである」と。

今日の写真は、台湾の熱き青年クリスチャンたちと共に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

How could it be (何等恩典)



これも車路墘教会の祈祷会で歌われていた賛美です。美しく、それでいて力強いメロディーが心に残りました。

以真誠的心 降服在祢面前
With a truthful heart, Lord I come before Thee
開我心眼使我看見
Open my eyes so I can see
以感恩的心 領受生命活水
With a grateful heart, Lord I come to receive
從祢而來的溫柔謙卑
Your Spirit of humbleness and grace

何等恩典 祢竟然在乎我
How could it be, that You would care for me?
何等恩典 祢寶血為我流
How could it be, Your blood shed for me?
何等恩典 祢以尊貴榮耀為我冠冕
How could it be, You’ve crowned me with Your grace and glory?
我的嘴必充滿讚美
O my soul, sing praises to the King

*Bridge
祢已挪去我所有枷鎖
You have removed my bondage, my chains
祢已挪去我所有重擔
You have removed my burdens and shame
祢已挪去我所有傷悲
You have removed my sorrows and pain
祢的名配得所有頌讚
O my soul, sing praises to His Name

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Listen Quietly (輕輕聽)



輕輕聽 我要輕輕聽
Listen quietly I will listen quietly
我要側耳聽我主聲音
I will listen quietly to my Lord’s voice
輕輕聽 祂在輕輕聽
Listen quietly He is listening quietly
我的牧人認得我聲音
My shepherd knows my voice

祢是大牧者 生命的主宰
You are the great shepherd the master of life
我一生只聽隨主聲音
My life only follow Lord’s voice
祢是大牧者 生命的主宰
You are the great shepherd the master of life
我的牧人認得我聲音
My shepherd knows my voice


台湾の教会で歌われていた素敵な賛美を紹介します。ヨハネ福音書10章2〜5節がテーマになっているようです。
10:2 門から入る者が羊飼いである。
10:3 門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。
10:4 自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、ついて行く。
10:5 しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。ほかの者たちの声を知らないからである。


明日の礼拝は、台湾の集会の証を中心に、ヨハネの手紙の続きを学びます。また、礼拝後に、教会の庭にある納骨堂で、秋の召天者記念墓前礼拝を行ないます。
その後、明日は毎年恒例、秋の親睦会ということで、近くの河川敷でBBQを行います。楽しみましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

感謝主



今朝、台南を出発し、夕方、無事、教会に到着しました。8日間にわたり、お祈りをありがとうございました。
たくさんの初体験がありました。学ぶこと、感動すること、考えさせられること、いろいろありました。
少し時間が必要ですが、今回の経験をよく整理し、今後の働きに生かしていきたいと思います。
何の経験もない、無力な者を、たくさんの祈りと愛で迎えてくださった台湾の教会のみなさまにも感謝します。
すべての栄光は主に! 感謝主!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

訪問



昨夜の集会は40名ほどの集まりでした。日本語のわかるご高齢の方も何人か出席しておられましたが、聖霊を受けたときの感動が呼び覚まされたと口々に話をしてくださいました。また婦人の牧師で、通訳の仕事をされている方が、お母様と出席していました。その方が「私は通訳の仕事をしているので、海外の牧師の説教をたくさん聞いてきました。でも、あなたのメッセージは、今まで聞いてきた中で、最もシンプルで、ストレートで、パワフルでした。あなたのメッセージを母に聞かすことができて良かった。私の内からも御名があふれてくるようでした」と話してくださり、恐縮に感じると共に、主に感謝しました。このように、今回の台湾シリーズは、新しい方のための集会と言うよりも、クリスチャンの前に御名の福音を証し、その理解を深めるための集会となっています。
今朝は教会の周辺に住んでおられる信徒のお宅を2件訪問させていただき、交わりと祈りの時をもたせていただきました。一人は現在の長老さんで、来年から家庭集会を始めるので祈ってくださいと言われ、家庭の祝福を祈りました。もう一人は、名誉長老の婦人の方で、日曜日も水曜日も、一番前の席で集会に出席しておられた方です。岩谷先生から「この方は車路墘教会が試練の中にあるとき、卓老牧師を最後まで支えてこられた方なんですよ」と聞き感動しました。日本から遠く離れたこの場所で、御名の福音が浸透していくために、こういう方の支えがあったと言うことを記憶しておきたいと思いました。
今夜は高雄で最後の集会がもたれます。この集会もユースの集会です。若い世代のクリスチャンに、御名の福音を力強く証できるようにお祈りください。

今日の写真は、卓老牧師ご夫妻と、大槻先生を記念して植樹された木の前で撮った一枚です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

チャンス



イギリスの大伝道者ジョン・ウエスレーは1783年5月24日の日記にこう記している。「私は今日、かなりためらいながらアルダスゲート通りの集会に出席した。」それは彼がアメリカでの挫折と失敗を経験した直後のことだった。しかし、「かなりためらいながら」出席した一回の集会で彼は聖霊により新たにされ、生まれ変わったのだ。この日がウエスレーの聖化運動の原点となったのだ。

昨夜の行傳基督教会での集会には、地域の5つほどの教会からユースのメンバーが集まっていたらしい。健誠牧師の短い「御名の福音」についての解説と挨拶の後、ステージに上がってメッセージを語らせていただいた。若いクリスチャン世代に、この福音を証するチャンスが備えられたことに感謝したい。今晩は車路墘教会の祈祷会で、昨日に続き、栄一先生の通訳で「新しく生まれる(重生)」というメッセージを語らせていただく。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

リクエスト



昨夜、二つ目のメッセージの翻訳に取り組んだ。水曜と木曜の集会で語らせていただくメッセージだ。通訳は健誠牧師の長男の栄一先生。台南の神学院を卒業し、すでに教会に仕えている好青年だ。日本語を勉強中ということだが、昨夜は卓ファミリー総出で翻訳に付き合ってくださった。夜の8時頃にはじまった作業が終わったのはもう12時を過ぎていた。最後は栄一先生と岩谷先生と私の三人であったが、聖霊の助けを求めながら準備した。
今日は午前中、できあがった翻訳でメッセージ練習を行った。若者らしい、テンポの良い通訳でとても語りやすかった。昨日の翻訳作業が良い準備にもなったのだと思う。意味を確かめながら、メッセージの意図や目的も共有することができた。岩谷先生が、昨夜の作業中、栄一先生の目が変わった瞬間があったと教えてくれた。それは私の証が挿入される部分だ。私が子どもの頃は言語障害であったこと。聖霊体験の後、変化が起こり、今では教会の牧師をしている、と証するところ。時間も遅くなり、まぶたが重くなってきた栄一先生の目が大きく開いたそうだ。今日、彼自身も「感動した!」と話してくれた。実は彼自身も、御名による聖霊体験を求めている。ぜひ、彼のために祈ってほしい。通訳をしている栄一先生が聖霊によって新しく生まれることができるように。

今日から三晩連続のリバイバル集会。今晩は台南市内にある行傳基督教會でメッセージを語らせていただくことになっている。日曜の夜に近くを通ったが、国道沿いに横断幕が張り出されていた。夜7時30分から。お祈りください。

P.S. 予定が変わり、今晩、栄一先生の通訳でメッセージを語ることになりました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

153



昨晩、卓枝安老牧師のお宅に呼んでいただいた。老牧師は、私が神学生の頃、共に机を並べて勉強させていただいたことがある。当時は教会の長老で、貿易のお仕事をされていたと記憶しているが、大槻先生の講義を聴講するために、京都に長期滞在されたことがあった。子どもの頃、日本語教育を受けておられるので、流暢な日本語を話される。今回個人的にお交わりをするのは、あの時以来のことになるが、私が四国の出身であることも覚えていてくださり、感激した。もう20年も前の話なのに。仕事の合間とはいえ、単身京都に来られ、神学生と一緒に熱心に学ばれる卓長老の姿を見て、台湾の地のために祈った神学生の頃を思い出した。
現在、車路墘教会は卓老老牧師の四男にあたる健誠牧師が牧会しておられるが、「今は153人の礼拝を目指している」とお聞きした。それはヨハネ福音書21章の大漁の奇跡の物語で、網にかかった魚の数だ(ヨハネ21の10-11)。もちろん、夢には続きがある。すばらしいビジョンの人だ。牧師の夢と信仰がキリストの教会を建てあげるのだと思った。

今日はオフということで、午前中、市内を少し観光させていただいた。赤崁樓 (ツーカンロウ) 、安平古堡 (アンピングーパオ)、どちらもオランダ人によって建てられた建物跡。台湾の歴史も聞いていると興味深い。昼食は教会のメンバーと鍋。その後、カフェへ。リフレッシュさせてもらった。
写真は教会の入り口に掲げられている集会案内の横断幕。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我所看見興聴見的



昨日の夕方、今回の集会の拠点となる台南の車路墘教会に到着しました。駅には健誠牧師の二人の息子さん、栄一さんと英二さんが迎えに来てくださり、教会に案内してくださいました。教会の玄関で健誠牧師と卓老老牧師の出迎えを受け、両牧師の奥様も次々に出てきてくださり、温かく迎えていただきました。教会の大きな入り口には、赤の大壇幕で今回の集会の案内が掲げてあり、ちょっとビックリしました。先輩の先生方が50年もかけて台湾の教会との間に築いてこられた絆を感じました。昨夜は遅くまで、メッセージの打ち合わせと準備をさせていただき、今朝の礼拝を迎えました。
日本の教会とは礼拝のスタイルも異なり、言葉もよくわかりませんでしたが、メッセージに向かって、会衆全体が整えられている様子が伝わってきました。メッセージの前に卓老牧師が私のことを紹介してくださり、私も簡単な自己紹介と台湾の印象を語らせていただき、自然とメッセージに入っていくことができました。今朝のメッセージはヨハネ福音書から「見たこと聞いたこと(我所看見興聴見的)」。ヨハネの視点で、イエスのなさったしるしを見ながら、そこにあらわされたイエスの栄光に注目しました。7番目のしるしまで語ったとき、集会の空気が張り詰めた瞬間がありました。墓のなかのラザロにイエスが呼びかける場面です。「ラザロ、出てきなさい(拉撒路、出来)」。礼拝堂にイエスの言葉が響き渡った時でした。
メッセージの後、健誠牧師が賛美の中で、会衆を祈りに導いてくださいました。祈りを必要とする人が1人、2人と立ち上がり、前に進んでこられました。健誠牧師が感動のうちに「拉撒路、出来」と呼びかけてくださると、次々と会衆が立ち上がり、今日初めて教会に来られた方も含めて30名ほどの方が前に出てこられました。私は一人一人に手を置いて、御名による神の救いと癒しを祈りました。主が通られた足跡が一人一人の心のうちにしるしとして残されますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

夜の訪問者



昨晩、台湾での最初の集会を終えました。10名ほどの会衆でしたが、まるで日本の教会で集会をしているようでした。特に台北の教会では、現地に派遣されている聖イエス会の先生のもとで、日本と同じスタイルで集会が進められているということで、こちらも何の力みも焦りもなくメッセージに入っていくことができました。メッセージの初めにこんな挨拶をしました。「私は日本から来ました。台湾に来るのは初めてです。でも、日本ではいつも台湾の教会のために祈っていました。主の御名によって、私たちはひとつです。」会衆の皆さんが、首を縦に振り、実際、主の御名をあがめる教会に国境はないということを感じました。
この集会には、通訳をしてくださった張さんのご主人が案内してくださった日本語のわかる初老の男性の方と、この集会のためにだけ遠く高雄から新幹線に乗って来てくれた若者が参加してくださり、たいへん恵まれて帰って行かれました。高雄から来た若者は、「今晩の集会は私のためだった」と帰り際に涙ぐんで言われました。この夜の訪問者たちが、ニコデモのようにイエスと出会う日が来ることを祈ります。

今日は午前中、小雨の中、東洋一の超高層ビル・台北101に連れて行ってもらいました。89階まで37秒という高速エレベーターに乗れば、あっという間に展望台です。今日は雲が低かったせいか、雲の上にいるような、雲の中にいるような不思議な感じでした。昼食に、讃岐うどんをいただき、午後、台湾高速鉄路に乗って、一路台南に。これから台南シリーズの始まりです。

明日の名古屋教会の礼拝は11月のオープン礼拝。お近くの方は、ぜひご参加ください。明日は家族礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me