神が結び合わせたもの

礼拝メッセージ 「神が結び合わせたもの」
聖書 マタイによる福音書19の1〜12
マタイによる福音書シリーズ(68)

19:1 イエスはこれらの言葉を語り終えると、ガリラヤを去り、ヨルダン川の向こう側のユダヤ地方に行かれた。
19:2 大勢の群衆が従った。イエスはそこで人々の病気をいやされた。
19:3 ファリサイ派の人々が近寄り、イエスを試そうとして、「何か理由があれば、夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と言った。
19:4 イエスはお答えになった。「あなたたちは読んだことがないのか。創造主は初めから人を男と女とにお造りになった。」
19:5 そして、こうも言われた。「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。
19:6 だから、二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」
19:7 すると、彼らはイエスに言った。「では、なぜモーセは、離縁状を渡して離縁するように命じたのですか。」
19:8 イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。
19:9 言っておくが、不法な結婚でもないのに妻を離縁して、他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる。」
19:10 弟子たちは、「夫婦の間柄がそんなものなら、妻を迎えない方がましです」と言った。
19:11 イエスは言われた。「だれもがこの言葉を受け入れるのではなく、恵まれた者だけである。
19:12 結婚できないように生まれついた者、人から結婚できないようにされた者もいるが、天の国のために結婚しない者もいる。これを受け入れることのできる人は受け入れなさい。」


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖なる神殿、神の住まいの建設



中部教区新年聖会
午前 「聖なる神殿、神の住まいの建設」
聖書 エフェソの信徒への手紙2の16〜22、ヨハネによる福音書1の1〜18

2:16 十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。
2:18 それで、このキリストによってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです。
2:21 キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、主における聖なる神殿となります。
2:22 キリストにおいて、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。

午後 「恐るな、小さき群れよ」
聖書 ハガイ書2の4〜9、ルカによる福音書12の32、ゼカリヤ4の6〜9

4:6 武力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。
4:7 大いなる山よ、お前は何者か、ゼルバベルの前では平らにされる。
4:9 ゼルバベルの手がこの家の基を据えた。彼自身の手がそれを完成する。

今日は深草ヨハネ教会の近藤新牧師をお迎えしての新年聖会でした。今年の指導メッセージを取り次いでいただき、これからの方向性を示していただくと共に、土台を据えていただき感謝でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御救いの喜びを再び

メッセージ 「御救いの喜びを再び」
聖書 マタイによる福音書18の21〜35、詩編51の14
マタイによる福音書シリーズ(67)

18:21 そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
18:22 イエスは言われた。「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。
18:23 そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。
18:24 決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。
18:25 しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。
18:26 家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします』としきりに願った。
18:27 その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。
18:28 ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。
18:29 仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。
18:30 しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。
18:31 仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。
18:32 そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。
18:33 わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』
18:34 そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した。
18:35 あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」

51:14 御救いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしの教会

年末感謝礼拝
メッセージ 「わたしの教会(MY CHURCH)」
聖書 マタイによる福音書18の18〜20

18:18 はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。
18:19 また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。

今日は年末の感謝礼拝ということで、この一年の写真を集めたフォトムービーを見た後、一年をふり返って感謝のわかち合いの時間を持ちました。以下、Nさんの証から。
いつもお祈りをありがとうございます。私はいま、××高等養護学校の3年生です。毎朝6時前に家を出て、学校に通っていますが、今年も守られて学校に通えたことを感謝します。来年の春から、××病院に併設されている介護老人保健施設で働かせていただくことになっています。一人のクリスチャンとして、利用者様のお役に立てるように、心のこもった仕事をしたいと思っています。覚えてお祈りください。名古屋に来て10年になりますが、教会のみなさまの祈りに感謝して、報告とお祈りのお願いをさせていただきます。ありがとうございました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あの夜のように

クリスマス祝賀礼拝
聖歌隊による音楽劇 「あの夜のように」
ショートメッセージ 「あなたと共にいる」
聖書 マタイによる福音書1の23、28の20

1:23 「その名はインマヌエルと呼ばれる。」
この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。
28:20 わたしは・・・いつもあなたがたと共にいる。

今年も感謝にあふれたクリスマス礼拝をささげることができました。祝賀会も楽しかったです。
聖歌隊のみなさんに感謝、おいでくださったみなさまに感謝、主に感謝。
祝賀会が終わってから、夕方、聖歌隊の有志のみなさんと病院を慰問し、キャンドル・サービスを行いました。
涙に濡れた真実のクリスマスがそこにありました。いのちに溢れ、平安に満ちたクリスマスが。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

天使の知らせたこと

待降節第三礼拝
メッセージ 「天使の知らせたこと」 宮本裕美師
聖書 ルカによる福音書2の8〜20

2:8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
2:9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
2:10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
2:11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」
2:13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
2:14 「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」
2:15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
2:16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
2:17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
2:18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
2:19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

The Gift of the Magi

待降節第二礼拝
メッセージ 「The Gift of the Magi」賢者の贈り物
聖書 マタイによる福音書2の9〜12

2:9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。
2:10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
2:11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
2:12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

ヨハネによる福音書
3:16 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

今日は洗礼式が持たれました。毎回そうですが、この日までの主の導きを思うと胸が一杯になります。いつも受洗される方の家族にも前に出て来ていただき立ち会ってもらいますが、背後にある家族の忍耐と祈りにも感動します。もちろん教会全体の祈り抜きには今日の日はありませんでした。人が救われるとはそう言うことなのだと教えられます。栄光は主に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ファミリー・ツリー(系図)

礼拝メッセージ 「ファミリー・ツリー(系図)」 宮本裕美師
聖書 マタイによる福音書1の1〜17、ローマの信徒への手紙1の2〜3

1:1 アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。
1:2 アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、
1:3 ユダはタマルによってペレツとゼラを、ペレツはヘツロンを、ヘツロンはアラムを、
1:4 アラムはアミナダブを、アミナダブはナフションを、ナフションはサルモンを、
1:5 サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、
1:6 エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、
・・・・・・
1:16 ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。
1:17 こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。

1:3 ・・・御子は、肉によればダビデの子孫から生まれ、
1:4 聖なる霊によれば、死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです。この方が、わたしたちの主イエス・キリストです。


今日は岐阜教会の礼拝でメッセージと洗礼式、聖餐式の司式をさせていただきました。受洗した高校3年生のR君は、私が岐阜に在任中に生まれ、現在の岐阜教会が献堂された日に献児式を行いました。時の流れを感じつつ、ここまで導いてくださった主に感謝しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

心を一つにして

礼拝メッセージ 「心を一つにして」
聖書 マタイによる福音書18の15〜20
マタイによる福音書シリーズ(64)

18:15 兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。
18:16 聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。
18:17 それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人と同様に見なしなさい。
18:18 はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。
18:19 また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。


11月も最後の礼拝になりました。一年が早く感じられる今日この頃です。来週から教会のカレンダーでは待降節(アドベント)に入ります。今年のクリスマスはぜひ教会でお過ごしください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

見捨てない愛

礼拝メッセージ 「見捨てない愛」
聖書 マタイによる福音書18の10〜14
マタイによる福音書シリーズ(63)

18:10 「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである。
18:11 (†底本に節が欠落 異本訳)人の子は、失われたものを救うために来た。
18:12 あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。
18:13 はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。
18:14 そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」

エゼキエル書
34:16 わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me