落ち穂拾い

年末感謝礼拝
メッセージ 「落ち穂拾い」
聖書 ルツ記4の13〜17
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ ルツ物語 第4話(最終回)

4:13 ボアズはこうしてルツをめとったので、ルツはボアズの妻となり、ボアズは彼女のところに入った。主が身ごもらせたので、ルツは男の子を産んだ。
4:14 女たちはナオミに言った。「主をたたえよ。主はあなたを見捨てることなく、家を絶やさぬ責任のある人を今日お与えくださいました。どうか、イスラエルでその子の名があげられますように。
4:15 その子はあなたの魂を生き返らせる者となり、老後の支えとなるでしょう。あなたを愛する嫁、七人の息子にもまさるあの嫁がその子を産んだのですから。」
4:16 ナオミはその乳飲み子をふところに抱き上げ、養い育てた。
4:17 近所の婦人たちは、ナオミに子供が生まれたと言って、その子に名前を付け、その子をオベドと名付けた。オベドはエッサイの父、エッサイはダビデの父である。

毎年、年末の感謝礼拝では、一年をふり返り、神さまからいただいた恵みを次々と話していただきます。
今年もたくさんの方が恵みをわかちあってくださり感謝でした。
年末年始しか来ることのできない方との出会いも、この時期の楽しみです。
今日も礼拝の恵みを主に感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

真実の愛

クリスマス祝賀礼拝
メッセージ 「真実の愛」
聖書 ヨハネの手紙一4の9

4:9 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。
ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。

小さな教会ですが、1階も2階もいっぱいの方と共にクリスマスの礼拝をおささげできました。
クリスマスの恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたの衣の裾を広げて

礼拝メッセージ 「あなたの衣の裾を広げて」
聖書 ルツ記3の1〜9ほか
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ ルツ物語 第3話

3:1 しゅうとめのナオミが言った。「わたしの娘よ、わたしはあなたが幸せになる落ち着き先を探してきました。
3:2 あなたが一緒に働いてきた女たちの雇い主ボアズはわたしたちの親戚です。あの人は今晩、麦打ち場で大麦をふるい分けるそうです。
3:3 体を洗って香油を塗り、肩掛けを羽織って麦打ち場に下って行きなさい。ただあの人が食事を済ませ、飲み終わるまでは気づかれないようにしなさい。
3:4 あの人が休むとき、その場所を見届けておいて、後でそばへ行き、あの人の衣の裾で身を覆って横になりなさい。その後すべきことは、あの人が教えてくれるでしょう。」
3:5 ルツは、「言われるとおりにいたします」と言い、
3:6 麦打ち場に下って行き、しゅうとめに命じられたとおりにした。
3:7 ボアズは食事をし、飲み終わると心地よくなって、山と積まれた麦束の端に身を横たえた。ルツは忍び寄り、彼の衣の裾で身を覆って横になった。
3:8 夜半になってボアズは寒気がし、手探りで覆いを捜した。見ると、一人の女が足もとに寝ていた。
3:9 「お前は誰だ」とボアズが言うと、ルツは答えた。「わたしは、あなたのはしためルツです。どうぞあなたの衣の裾を広げて、このはしためを覆ってください。あなたは家を絶やさぬ責任のある方です。」

今日は礼拝で聖餐式の恵みにあずかり、午後は音楽劇のリハーサルが持たれました。
5時を過ぎましたが、ユースのメンバーは祝賀会の準備をしています。おつかれさま。
いよいよ来週はクリスマスの祝賀礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

好機到来

礼拝メッセージ 「好機到来」
聖書 ルツ記2の1〜9
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ ルツ物語 第2話

2:1 ナオミの夫エリメレクの一族には一人の有力な親戚がいて、その名をボアズといった。
2:2 モアブの女ルツがナオミに、「畑に行ってみます。だれか厚意を示してくださる方の後ろで、落ち穂を拾わせてもらいます」と言うと、ナオミは、「わたしの娘よ、行っておいで」と言った。
2:3 ルツは出かけて行き、刈り入れをする農夫たちの後について畑で落ち穂を拾ったが、そこはたまたまエリメレクの一族のボアズが所有する畑地であった。
2:4 ボアズがベツレヘムからやって来て、農夫たちに、「主があなたたちと共におられますように」と言うと、彼らも、「主があなたを祝福してくださいますように」と言った。
2:5 ボアズが農夫を監督している召し使いの一人に、そこの若い女は誰の娘かと聞いた。
2:6 召し使いは答えた。「あの人は、モアブの野からナオミと一緒に戻ったモアブの娘です。
2:7 『刈り入れをする人たちの後について麦束の間で落ち穂を拾い集めさせてください』と願い出て、朝から今までずっと立ち通しで働いておりましたが、今、小屋で一息入れているところです。」
2:8 ボアズはルツに言った。「わたしの娘よ、よく聞きなさい。よその畑に落ち穂を拾いに行くことはない。ここから離れることなく、わたしのところの女たちと一緒にここにいなさい。
2:9 刈り入れをする畑を確かめておいて、女たちについて行きなさい。若い者には邪魔をしないように命じておこう。喉が渇いたら、水がめの所へ行って、若い者がくんでおいた水を飲みなさい。」

今週も礼拝の恵みに感謝。
クリスマス前、毎週遅くまで聖歌隊が音楽劇の練習をしています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

帰るべきところ

礼拝メッセージ 「帰るべきところ(ナオミさん、おかえりなさい)」
聖書 ルツ記1の1〜7ほか
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ ルツ物語 第1話

1:1 士師が世を治めていたころ、飢饉が国を襲ったので、ある人が妻と二人の息子を連れて、ユダのベツレヘムからモアブの野に移り住んだ。
1:2 その人は名をエリメレク、妻はナオミ、二人の息子はマフロンとキルヨンといい、ユダのベツレヘム出身のエフラタ族の者であった。彼らはモアブの野に着き、そこに住んだ。
1:3 夫エリメレクは、ナオミと二人の息子を残して死んだ。
1:4 息子たちはその後、モアブの女を妻とした。一人はオルパ、もう一人はルツといった。十年ほどそこに暮らしたが、
1:5 マフロンとキルヨンの二人も死に、ナオミは夫と二人の息子に先立たれ、一人残された。
1:6 ナオミは、モアブの野を去って国に帰ることにし、嫁たちも従った。主がその民を顧み、食べ物をお与えになったということを彼女はモアブの野で聞いたのである。
1:7 ナオミは住み慣れた場所を後にし、二人の嫁もついて行った。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

敵か味方か

礼拝メッセージ 「敵か味方か」
聖書 ヨシュア記5の13〜15ほか
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ 神のしもべモーセ 第7話(最終回)

5:13 ヨシュアがエリコのそばにいたときのことである。彼が目を上げて、見ると、前方に抜き身の剣を手にした一人の男がこちらに向かって立っていた。ヨシュアが歩み寄って、「あなたは味方か、それとも敵か」と問いかけると、
5:14 彼は答えた。「いや。わたしは主の軍の将軍である。今、着いたところだ。」ヨシュアは地にひれ伏して拝し、彼に、「わが主は、この僕に何をお言いつけになるのですか」と言うと、
5:15 主の軍の将軍はヨシュアに言った。「あなたの足から履物を脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」ヨシュアはそのとおりにした。

ヘブライ人への手紙
11:30 信仰によって、エリコの城壁は、人々が周りを七日間回った後、崩れ落ちました。

コリントの信徒への手紙二
10:4 わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。

今日は若枝合唱団で10月のツアーに参加したメンバーの一人が豊田教会に証しに行かれ、午後恵まれた表情で名古屋に帰って来られました。年末年始、帰省先でも証しを依頼されていて感謝なことです。
聖歌隊がクリスマスに向かって練習に励んでいます。天使役のユースたちも、試験前の高校生もいましたが、遅くまで振り付けの相談をしていました。年々、新しくなっているクリスマスの聖誕歌劇ですが、今年もいい感じになりそうです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしを見なさい

秋の聖会メッセージ 
講師:中嶋真輝牧師(仙台ベタニヤ教会)

午前 「わたしを見なさい」
聖書 使徒言行録3の4、6、ヨハネによる福音書4の23、26

午後 「わたしである 〜救いの右の手〜」
聖書 イザヤ書41の10、マタイによる福音書14の22-33

41:10 恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。
たじろぐな、わたしはあなたの神。
勢いを与えてあなたを助け
わたしの救いの右の手であなたを支える。

今年最後の聖会、幸いな集会を導いていただき感謝でした。
すべての栄光が主にありますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

希望の国のエクソダス

礼拝メッセージ 「希望の国のエクソダス」
聖書 申命記34の1〜12、ルカによる福音書9の30〜31
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ 神のしもべモーセ 第7話(最終回)

34:1 モーセはモアブの平野からネボ山、すなわちエリコの向かいにあるピスガの山頂に登った。主はモーセに、すべての土地が見渡せるようにされた。ギレアドからダンまで、
34:2 ナフタリの全土、エフライムとマナセの領土、西の海に至るユダの全土、
34:3 ネゲブおよびなつめやしの茂る町エリコの谷からツォアルまでである。
34:4 主はモーセに言われた。「これがあなたの子孫に与えるとわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った土地である。わたしはあなたがそれを自分の目で見るようにした。あなたはしかし、そこに渡って行くことはできない。」
34:5 主の僕モーセは、主の命令によってモアブの地で死んだ。
34:6 主は、モーセをベト・ペオルの近くのモアブの地にある谷に葬られたが、今日に至るまで、だれも彼が葬られた場所を知らない。
34:7 モーセは死んだとき百二十歳であったが、目はかすまず、活力もうせてはいなかった。
34:8 イスラエルの人々はモアブの平野で三十日の間、モーセを悼んで泣き、モーセのために喪に服して、その期間は終わった。
34:9 ヌンの子ヨシュアは知恵の霊に満ちていた。モーセが彼の上に手を置いたからである。イスラエルの人々は彼に聞き従い、主がモーセに命じられたとおり行った。
34:10 イスラエルには、再びモーセのような預言者は現れなかった。主が顔と顔を合わせて彼を選び出されたのは、
34:11 彼をエジプトの国に遣わして、ファラオとそのすべての家臣および全土に対してあらゆるしるしと奇跡を行わせるためであり、
34:12 また、モーセが全イスラエルの目の前で、あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。

ルカによる福音書
9:30 見ると、二人の人がイエスと語り合っていた。モーセとエリヤである。
9:31 二人は栄光に包まれて現れ、イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最期について話していた。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

十字架を見上げよう

礼拝メッセージ 「十字架を見上げよう(人の子も上げられねばならない)」
聖書 民数記21の4〜9、ヨハネによる福音書3の1〜4、13〜16
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ 神のしもべモーセ 第6話

21:4 彼らはホル山を旅立ち、エドムの領土を迂回し、葦の海の道を通って行った。しかし、民は途中で耐えきれなくなって、
21:5 神とモーセに逆らって言った。「なぜ、我々をエジプトから導き上ったのですか。荒れ野で死なせるためですか。パンも水もなく、こんな粗末な食物では、気力もうせてしまいます。」
21:6 主は炎の蛇を民に向かって送られた。蛇は民をかみ、イスラエルの民の中から多くの死者が出た。
21:7 民はモーセのもとに来て言った。「わたしたちは主とあなたを非難して、罪を犯しました。主に祈って、わたしたちから蛇を取り除いてください。」モーセは民のために主に祈った。
21:8 主はモーセに言われた。「あなたは炎の蛇を造り、旗竿の先に掲げよ。蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る。」
21:9 モーセは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。

3:1 さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。
3:2 ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」
3:3 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
3:4 ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」・・・
3:13 天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。
3:14 そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。
3:15 それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。
3:16 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

栄光の瞬間

礼拝メッセージ 「栄光の瞬間」
聖書 出エジプト記33の18〜23ほか
HEROES(信仰の英雄たち)シリーズ 神のしもべモーセ 第5話

33:18 モーセが、「どうか、あなたの栄光をお示しください」と言うと、
33:19 主は言われた。「わたしはあなたの前にすべてのわたしの善い賜物を通らせ、あなたの前に主という名を宣言する。わたしは恵もうとする者を恵み、憐れもうとする者を憐れむ。」
33:20 また言われた。「あなたはわたしの顔を見ることはできない。人はわたしを見て、なお生きていることはできないからである。」
33:21 更に、主は言われた。「見よ、一つの場所がわたしの傍らにある。あなたはその岩のそばに立ちなさい。
33:22 わが栄光が通り過ぎるとき、わたしはあなたをその岩の裂け目に入れ、わたしが通り過ぎるまで、わたしの手であなたを覆う。
33:23 わたしが手を離すとき、あなたはわたしの後ろを見るが、わたしの顔は見えない。」

ヨハネによる福音書
1:14 ・・・わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me