Keep Playing(弾き続けて)

年末感謝礼拝
メッセージ 「Keep Playing(弾き続けて)」
聖書 ヨハネによる福音書3の16〜17

3:16 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。
独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
3:17 神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、
御子によって世が救われるためである。

今年最後の主日礼拝、例年のように、フォトムービーで一年をふり返った後、
たくさんの方の感謝の証を聞かせていただき、恵みにあふれました。
この一年、上手くいかないことが多く、空回りばかりして、何も残っていないように思っていましたが、
こんなにもたくさんの実りをいただいていたことに、みんなで感謝、感謝、感謝でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

目には見えない大切なもの

クリスマス祝賀礼拝
メッセージ 「目には見えない大切なもの」
星の王子さまからのクリスマス・メッセージ
聖書 ヨハネによる福音書1の14、コリントの信徒への手紙二4の18

1:14 言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

4:18 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。

今年もクリスマス礼拝にたくさんの方においでいただき感謝でした。
聖歌隊によるキャンドルサービスと聖誕劇がとても素敵でした。
エンディングはみんなでキャンドルを点しての大合唱。感動のひと時でした。
またこの良き日に二人の高校生が洗礼を受け、喜びにあふれました。
すべてのことを主に感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

モーセはわたしについて書いている

待降節第3週
礼拝メッセージ イエスについての証し(3)
「モーセはわたしについて書いている」
聖書 ヨハネによる福音書5の41〜47
ヨハネによる福音書シリーズ(38)

5:41 わたしは、人からの誉れは受けない。
5:42 しかし、あなたたちの内には神への愛がないことを、わたしは知っている。
5:43 わたしは父の名によって来たのに、あなたたちはわたしを受け入れない。もし、ほかの人が自分の名によって来れば、あなたたちは受け入れる。
5:44 互いに相手からの誉れは受けるのに、唯一の神からの誉れは求めようとしないあなたたちには、どうして信じることができようか。
5:45 わたしが父にあなたたちを訴えるなどと、考えてはならない。あなたたちを訴えるのは、あなたたちが頼りにしているモーセなのだ。
5:46 あなたたちは、モーセを信じたのであれば、わたしをも信じたはずだ。モーセは、わたしについて書いているからである。
5:47 しかし、モーセの書いたことを信じないのであれば、どうしてわたしが語ることを信じることができようか。」

5:39 聖書はわたしについて証しをするものだ。

今週も礼拝の恵みに感謝。
今日は聖歌隊の男声が豊田教会の応援に出かけました。喜んでいただけたようで感謝。
豊田組が戻って来るのを待って、来週の降誕歌劇のリハーサル開始。
感動と喜びにあふれるクリスマスをお祝いしたいです。
お近くの皆さん、ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたはわたしの愛する子

待降節第2週(聖餐式)
礼拝メッセージ イエスについての証し(2)
あなたはわたしの愛する子
聖書 ヨハネによる福音書5の36〜40
ヨハネによる福音書シリーズ(37)

5:36 しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。
5:37 また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。
5:38 また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。
5:39 あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。
5:40 それなのに、あなたたちは、命を得るためにわたしのところへ来ようとしない。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエスについての証し

礼拝メッセージ イエスについての証し(1)
父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業
聖書 ヨハネによる福音書5の31〜36
ヨハネによる福音書シリーズ(36)

5:31 「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。
5:32 わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。
5:33 あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。
5:34 わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。
5:35 ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。
5:36 しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

今日から待降節、今週も礼拝の恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神の子の声を聞く時

礼拝メッセージ 「神の子の声を聞く時」
聖書 ヨハネによる福音書5の24〜30
ヨハネによる福音書シリーズ(35)

5:24 はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。
5:25 はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。
5:26 父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。
5:27 また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。
5:28 驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、
5:29 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。
5:30 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

今日は健康感謝の礼拝でした。礼拝の終わりに子ども祝福式もあり感謝にあふれました。
今週も礼拝の恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしの福音

礼拝メッセージ 「わたしの福音」宮本裕美
聖書 テモテの手紙二1の3〜8、2の8(口語)

1:3 わたしは、昼も夜も祈りの中で絶えずあなたを思い起こし、先祖に倣い清い良心をもって仕えている神に、感謝しています。
1:4 わたしは、あなたの涙を忘れることができず、ぜひあなたに会って、喜びで満たされたいと願っています。
1:5 そして、あなたが抱いている純真な信仰を思い起こしています。その信仰は、まずあなたの祖母ロイスと母エウニケに宿りましたが、それがあなたにも宿っていると、わたしは確信しています。
1:6 そういうわけで、わたしが手を置いたことによってあなたに与えられている神の賜物を、再び燃えたたせるように勧めます。
1:7 神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。
1:8 だから、わたしたちの主を証しすることも、わたしが主の囚人であることも恥じてはなりません。むしろ、神の力に支えられて、福音のためにわたしと共に苦しみを忍んでください。

2:8 ダビデの子孫として生まれ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。これがわたしの福音です。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ジャイアント・ステップ

11月のオープン礼拝 秋の召天者記念礼拝
メッセージ 「ジャイアント・ステップ」
聖書 ヨハネによる福音書5の19〜25
ヨハネによる福音書シリーズ(34)

5:19 そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。
5:20 父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。
5:21 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。
5:22 また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。
5:23 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。
5:24 はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。
5:25 はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。

5:24 This person has taken a giant step from the world of the dead to the world of the living. (MSG)

足もとの悪いなかでしたが、秋の召天者記念礼拝に、またOPEN CHURCHに多数集まってくださり感謝でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

さあ、行きなさい

礼拝メッセージ 「さあ、行きなさい!」
秋期聖会メッセージdvd
聖書 使徒言行録9の15ほか
9:15 すると、主は言われた。「行け。(「さあ、行きなさい。」口語訳)あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らに
わたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」

牧師は、京都市伏見区にある深草ヨハネ教会の聖会でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

God is working

礼拝メッセージ 「God is working(今も生き働かれる主)」
聖書 ヨハネによる福音書5の10〜18
ヨハネによる福音書シリーズ(33)

5:10 そこで、ユダヤ人たちは病気をいやしていただいた人に言った。「今日は安息日だ。だから床を担ぐことは、律法で許されていない。」
5:11 しかし、その人は、「わたしをいやしてくださった方が、『床を担いで歩きなさい』と言われたのです」と答えた。
5:12 彼らは、「お前に『床を担いで歩きなさい』と言ったのはだれだ」と尋ねた。
5:13 しかし、病気をいやしていただいた人は、それがだれであるか知らなかった。イエスは、群衆がそこにいる間に、立ち去られたからである。
5:14 その後、イエスは、神殿の境内でこの人に出会って言われた。「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。さもないと、もっと悪いことが起こるかもしれない。」
5:15 この人は立ち去って、自分をいやしたのはイエスだと、ユダヤ人たちに知らせた。
5:16 そのために、ユダヤ人たちはイエスを迫害し始めた。イエスが、安息日にこのようなことをしておられたからである。
5:17 イエスはお答えになった。「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。」
5:18 このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。

先週に続いて大聖会の様子をダイジェストでご覧いただき、恵みをシェアしていただいたあと、御言葉を学びました。
今日は、礼拝に続き、信徒総会もありましたが、今週も礼拝の恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me