マリアは良い方を選んだ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書の10章から。

10:41 主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。
10:42 しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

今日はマリア会主任セミナーの学びと恵みから、御言葉をシェアしていただきました。
夏に向かって、御言葉に立ち、小さなことを具体的に祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ロゴスを習得する

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書の1章から。

1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2 この言は、初めに神と共にあった。
1:3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
1:4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。

今日はペンテコステ聖会の恵みをシェアした後、『あかしびと』のロゴス神学院開校70周年の記事を学び、神学院のためにみんなで祈りました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

炎の書

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録28章ほか。

28:23 そこで、ユダヤ人たちは日を決めて、大勢でパウロの宿舎にやって来た。パウロは、朝から晩まで説明を続けた。神の国について力強く証しし、モーセの律法や預言者の書を引用して、イエスについて説得しようとしたのである。
28:24 ある者はパウロの言うことを受け入れたが、他の者は信じようとはしなかった。
28:25 彼らが互いに意見が一致しないまま、立ち去ろうとしたとき、パウロはひと言次のように言った。「聖霊は、預言者イザヤを通して、実に正しくあなたがたの先祖に、
28:26 語られました。『この民のところへ行って言え。あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、見るには見るが、決して認めない。
28:27 この民の心は鈍り、耳は遠くなり、目は閉じてしまった。こうして、彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、心で理解せず、立ち帰らない。わたしは彼らをいやさない。』
28:28 だから、このことを知っていただきたい。この神の救いは異邦人に向けられました。彼らこそ、これに聞き従うのです。」†
28:29 (底本に節が欠けている個所の異本による訳文)パウロがこのようなことを語ったところ、ユダヤ人たちは大いに論じ合いながら帰って行った。
28:30 パウロは、自費で借りた家に丸二年間住んで、訪問する者はだれかれとなく歓迎し、
28:31 全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた。

今週も『あかしびと21』の最新号を開き、長い間連載されてきた『炎の書』最終回を学び、教会が使徒言行録の29章となれるよう、「教会は使徒行伝のごとく」と祈りました。その後、ペンテコステ聖会を前に、聖霊が「慰め主」と呼ばれることについて、御言葉を開きながら学び(ヨハネによる福音書14章、コリントの信徒への手紙二1章)、聖会のために共に祈りました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊に満たされなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録の1章、2章から。

1:4 そして、彼らと食事を共にしていたとき、こう命じられた。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。
1:5 ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである。」
1:8 あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」

2:4 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

今週はペンテコステ前のお勧めとして、『あかしびと』の巻頭のことばから「聖霊に満たされなさい」を学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主がお入り用なのです

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書11章から。

11:1 一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、
11:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。
11:3 もし、だれかが、『なぜ、そんなことをするのか』と言ったら、『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。」
11:4 二人は、出かけて行くと、表通りの戸口に子ろばのつないであるのを見つけたので、それをほどいた。
11:5 すると、そこに居合わせたある人々が、「その子ろばをほどいてどうするのか」と言った。
11:6 二人が、イエスの言われたとおり話すと、許してくれた。
11:7 二人が子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。
11:8 多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。
11:9 そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ホサナ。主の名によって来られる方に、/祝福があるように。
11:10 我らの父ダビデの来るべき国に、/祝福があるように。いと高きところにホサナ。」
11:11 こうして、イエスはエルサレムに着いて、神殿の境内に入り、辺りの様子を見て回った後、もはや夕方になったので、十二人を連れてベタニアへ出て行かれた。

今週は、いつもように『あかしびと』から記事をシェアした後、ヨハネ福音書だけでは語りきれなかった、キリストのエルサレム入城の物語から、主の召しについて学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしに従いなさい

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書21章から。

21:15 「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか。」
21:17 「わたしの羊を飼いなさい。」
21:19 「わたしに従いなさい。」

今週は裕美先生の集会、ご病気の方の訪問や教会学校の様子をシェアしていただきました。
御言葉は、メッセージ「わたしに従いなさい」から。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ラザロを見るため

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書12章から。

12:9 イエスがそこにおられると知って、ユダヤ人の大群衆がやって来た。それはイエスだけが目当てではなく、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロを見るためでもあった。
12:10 祭司長たちはラザロをも殺そうと謀った。
12:11 多くのユダヤ人がラザロのことで離れて行って、イエスを信じるようになったからである。

今週も『あかしびと』の記事を紹介した後、御言葉を開きました。礼拝で学んでいるところの続きの箇所ですが、次の日曜日は12節から学びたいと思っているので、間の部分を『言泉集』から学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしに従いなさい

GW中ですが、今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書15章と21章から。

21:15 「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか。」
21:17 「わたしの羊を飼いなさい。」
21:19 「わたしに従いなさい。」

15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。

聖イエス会が創立する前の出来事ですが、福山の松永の教会で脳性小児麻痺の少年が大槻牧師の祈りによって癒されました。それはそれは感動的な証しで、私自身、その証しに何度も励まされてきました。向島滞在中、その当時の少年が、80年の生涯を全うし、天に召されたと聞き、午後の集会の後、神愛教会でもあいさつがありました。今日はその証しも、メッセージの前に紹介させていただきました。良き証しとその生涯のゆえに、御名をほめたたえます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしに従いなさい

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書15章と21章から。

21:15 「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか。」
21:17 「わたしの羊を飼いなさい。」
21:19 「わたしに従いなさい。」

15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。

今日は春の音楽礼拝の恵みをわかちあった後、あかしびとの記事を2つほどシェアし、最後に、開校70周年記念のロゴス神学院セミナーで取り組まれるメッセージ、「わたしに従いなさい」から学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

キリストに一致する切り札

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書6章から。

6:48 わたしは命のパンである。
6:56 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。
6:57 生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる。

先週の祈祷会から、春の音楽礼拝で演奏していただく「マタイ受難曲」の予習をしています。
今日は49曲と68曲を聞いていただきました。バッハの聖書解釈、理解の深さに感動します。
マタイ受難曲を学んだ後、今日は『あかしびと21』201号の「巻頭のことば」から、御言葉を学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me