ただ信じなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の5章から。

5:35 会堂長の家から人々が来て言った。
「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」
5:36 イエスはその話をそばで聞いて、
「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。・・・
5:41 そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。
これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。
5:42 少女はすぐに起き上がって、歩きだした。

Newsweek誌によると、「いま世界で話される言葉は、7000言語と言われる。そのうち4分の1が絶滅の危機にあり、3500の言語は使い手の数が1万人以下に減っている。そして現存する7000言語のうち半分が今世紀中に絶滅すると、多くの言語学者が指摘している。また100年以内に90%が消えるという説もある。日本のアイヌ語や、チリのヤガン語など世界で100ほどの言語は、現状で少数の使い手しか残っておらず、危機的状況にあると言われている。」「過去100年で400の言語が消滅した。これは3カ月に1つの割合だ。」最近では「2週間に1つほどの割合で言葉が消滅している」とも報じられていた。
神の言葉は大丈夫だろうか、と思った。神の言葉が、死語とならないために、教会とクリスチャンが、聖書に聴き、神の言葉に従い、神の言葉を用い、神の言葉に生きなければならない。ヤイロはイエスと共に、わが家に向かって歩きながら、心の中で叫び続けた。「ただ信ぜよ。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

少女よ、起きなさい

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。マルコによる福音書の5章から。

5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。

今週は、日曜の礼拝後から始まったサマースクールの報告集会でした。
サマースクールの恵みを感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

GOD IS NOW HERE

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の5章から。

5:35 会堂長の家から人々が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」
5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。
5:37 そして、ペトロ、ヤコブ、またヤコブの兄弟ヨハネのほかは、だれもついて来ることをお許しにならなかった。
5:38 一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわめいて騒いでいるのを見て、
5:39 家の中に入り、人々に言われた。「なぜ、泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」
5:40 人々はイエスをあざ笑った。しかし、イエスは皆を外に出し、子供の両親と三人の弟子だけを連れて、子供のいる所へ入って行かれた。
5:41 そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。
5:42 少女はすぐに起き上がって、歩きだした。もう十二歳になっていたからである。それを見るや、人々は驚きのあまり我を忘れた。

今週も『あかしびと』の記事を少し紹介した後、マルコ福音書の5章の物語から学びました。
ある大学で一人の優秀な学生が、「神は存在しない」ということを力説し、黒板に大きな文字で、「GOD IS NOWHERE(神はどこにもいない)」と書きました。しばらく、その文字を見ていたクリスチャンの学生が私も同意すると言い、whereのwとhの間にスペースを空けて書き直しました。するとどうでしょう、その意味は全くちがうものに変えられました。「GOD IS NOW HERE(神は今ここにいる)」。人生のグラウンド・ゼロで泣き崩れ、倒れ伏すその場所に、神はおられるのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ぶどうの木

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書15章から。

15:4 わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。
15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

今週は、今月の『ぶどう樹』を読み、『あかしびと』最新号の巻頭のことばから、「ぶどうの木」のお勧めを学んだ後、夏のリバイバルメッセージに短く取り組みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

少女よ、起きなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書5章から。

5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。

恵那の集会の報告のあと、今週も夏のメッセージに取り組みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

少女よ、起きなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の5章から。

5:35 会堂長の家から人々が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」
5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。
5:37 そして、ペトロ、ヤコブ、またヤコブの兄弟ヨハネのほかは、だれもついて来ることをお許しにならなかった。
5:38 一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわめいて騒いでいるのを見て、
5:39 家の中に入り、人々に言われた。「なぜ、泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」
5:40 人々はイエスをあざ笑った。しかし、イエスは皆を外に出し、子供の両親と三人の弟子だけを連れて、子供のいる所へ入って行かれた。
5:41 そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。
5:42 少女はすぐに起き上がって、歩きだした。もう十二歳になっていたからである。それを見るや、人々は驚きのあまり我を忘れた。

今年の夏は、この御言葉に取り組むことになります。
信仰の一線を乗り越えて行くのに、ふさわしいメッセージです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

キリストの体

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。

コリントの信徒への手紙一
12:27 あなたがたはキリストの体・・・

エフェソの信徒への手紙
5:30 わたしたちは、キリストの体・・・

祈祷会で『あかしびと』の記事をよく用いるようになりましたが、毎月の『ぶどう樹』も紹介するようにしています。そして、その月の『ぶどう樹』が全国で用いられるように、みんなで祈り、「こんなすばらしいメッセージなのだから、これを届けに行きましょう」と声をかけるようにしています。今月は朝顔の写真が涼しげな渡しやすい感じに仕上がっていますので、ブログをお読みのみなさまもぜひもう一度声に出して読み、一枚の『ぶどう樹』をどなたかに届けに行ってください。今日の御言葉は、先日のセミナーで学ばせていただいたメッセージからです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

祈りと御言葉の奉仕に

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録の6章から。

6:4 わたしたちは、祈りと御言葉の奉仕に専念することにします。

月曜日から昨日まで参加させていただいていたセミナーの恵みを少しだけシェアしました。
あまりに大きな恵みと光をいただいたので消化不良気味ですが、
教えられたことを味わい深めながら、実践したいと思います。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

マリアは良い方を選んだ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書の10章から。

10:41 主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。
10:42 しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

今日はマリア会主任セミナーの学びと恵みから、御言葉をシェアしていただきました。
夏に向かって、御言葉に立ち、小さなことを具体的に祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ロゴスを習得する

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書の1章から。

1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2 この言は、初めに神と共にあった。
1:3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
1:4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。

今日はペンテコステ聖会の恵みをシェアした後、『あかしびと』のロゴス神学院開校70周年の記事を学び、神学院のためにみんなで祈りました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me