悲しみの歌は喜びの歌へ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。3つの詩編から。

詩編96編
96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。

詩編137編
137:1 バビロンの流れのほとりに座り
シオンを思って、わたしたちは泣いた。
137:2 竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた。
137:3 わたしたちを捕囚にした民が
歌をうたえと言うから
わたしたちを嘲る民が、楽しもうとして
「歌って聞かせよ、シオンの歌を」と言うから。
137:4 どうして歌うことができようか
主のための歌を、異教の地で。
137:5 エルサレムよ
もしも、わたしがあなたを忘れるなら
わたしの右手はなえるがよい。
137:6 わたしの舌は上顎にはり付くがよい
もしも、あなたを思わぬときがあるなら
もしも、エルサレムを
わたしの最大の喜びとしないなら。

詩編126編(口語訳)
126:1 主がシオンの繁栄を回復されたとき、
われらは夢みる者のようであった。
126:2 その時われらの口は笑いで満たされ、
われらの舌は喜びの声で満たされた。
その時「主は彼らのために大いなる事をなされた」と
言った者が、もろもろの国民の中にあった。
126:3 主はわれらのために大いなる事をなされたので、
われらは喜んだ。
126:4 主よ、どうか、われらの繁栄を、
ネゲブの川のように回復してください。
126:5 涙をもって種まく者は、
喜びの声をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、
束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。

今週も秋期聖会のメッセージを学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい時代を切り開く宣教

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編96編ほか。

詩編
96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
96:3 国々に主の栄光を語り伝えよ。
諸国の民にその驚くべき御業を。

イザヤ書(新改訳)
12:4 「主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。
そのみわざを、もろもろの民の中に知らせよ。
御名があがめられていることを語り告げよ。

サムエル記上(口語訳)
10:6 その時、主の霊があなたの上にもはげしく下って、あなたは変って新しい人となるでしょう。

今週も秋期聖会のメッセージを学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

語り続けよ。わたしがあなたと共にいる

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録16章ほか。

使徒言行録
18:9 ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。
18:10 わたしがあなたと共にいる。・・・この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」

テモテの手紙二
4:2 御言葉を宣べ伝えなさい。折りが良くても悪くても励みなさい。

詩編(口語訳)
126:5 涙をもって種まく人は、喜びの歌をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくる。

秋期聖会のメッセージから。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「新しい歌」と「共に」

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩篇96編、イザヤ書66章、黙示録1章から。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。

66:21 わたしは彼らのうちからも祭司とレビ人を立てる、と主は言われる。

1:5 わたしたちを愛し、御自分の血によって罪から解放してくださった方に、
1:6 わたしたちを王として、御自身の父である神に仕える祭司としてくださった方に、栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。

今週は、京都で持たれた秋期聖会の全体の様子をお伝えし、ベースとなる合唱団の報告を2つの言葉を中心にシェアしました。2つの言葉とは「新しい歌」と「共に」です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イスラエルのために

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。イザヤ書45章から。

45:4 わたしの僕ヤコブのために、
わたしの選んだイスラエルのために、
わたしはあなたの名を呼び、
称号を与えたがあなたは知らなかった。

明日から京都の秋期聖会、御言葉を待ち望みます。
今日は『リベカ抄』から、大槻筆子先生のメッセージを学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい歌を歌う者

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編96編、イザヤ書56章から。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
96:3 国々に主の栄光を告げよ
諸国の民にその驚くべき御業を。

56:6 また、主のもとに集って来た異邦人が
主に仕え、主の名を愛し、その僕となり
安息日を守り、それを汚すことなく
わたしの契約を固く守るなら
56:7 わたしは彼らを聖なるわたしの山に導き
わたしの祈りの家の喜びの祝いに連なることを許す。
彼らが焼き尽くす献げ物といけにえをささげるなら
わたしの祭壇で、わたしはそれを受け入れる。
わたしの家は、すべての民の祈りの家と呼ばれる。

秋期聖会に備えて祈りを積みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我は主なり

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
イザヤ書43章、申命記32章から。

43:12 主は言われる。わたしは神
43:13 今より後も、わたしこそ主。

32:39 しかし見よ、わたしこそ、わたしこそそれである。
わたしのほかに神はない。
わたしは殺し、また生かす。
わたしは傷つけ、またいやす。
わが手を逃れうる者は、一人もない。

今週は『あかしびと』から、12の御名の連載を学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

おさなごの命のために

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
哀歌2章から。

2:11 わが目は涙のためにつぶれ、
わがはらわたはわきかえり、
わが肝はわが民の娘の滅びのために、
地に注ぎ出される。
幼な子や乳のみ子が町のちまたに
息も絶えようとしているからである。
2:12 彼らが、傷ついた者のように町のちまたで
息も絶えようとするとき、
その母のふところにその命を注ぎ出そうとするとき、
母にむかって、「パンとぶどう酒とは
どこにありますか」と叫ぶ。・・・
2:18 シオンの娘よ、声高らかに主に呼ばわれ、
夜も昼も川のように涙を流せ。
みずから安んじることをせず、
あなたのひとみを休ませるな。
2:19 夜、初更に起きて叫べ。
主の前にあなたの心を水のように注ぎ出せ。
町のかどで、飢えて
息も絶えようとする幼な子の命のために、
主にむかって両手をあげよ。

礼拝でサマーキャンプ、全国中高生大会の恵みを分かち合いましたが、子どもたちや若者たちのための祈りに導かれます。今日は『アシジから来た十字架』から、「おさなごの命のために」を学ばせていただき、祈りを新たにしました。私たちの教会が、子どもたち若者たちが群がり集う教会として復活しますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

徹頭徹尾、イエスとの出会い

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書7章から。

7:38 わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。

今週は『あかしびと』の7月号から、2つの記事を紹介し恵みをわかちあいました。
全国中高生大会で恵みをいただいた中高生たちも夕方には帰って来ます。
8月も後半、残された夏の集会と秋に向かって計画されている集会のために祈りを積みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

若者よ、起きなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネの手紙一5章から。

5:20 この方こそ、真実の神、永遠の命です。

今週は、サマーキャンプの感謝な報告に続き、来週持たれる全国中高生大会の準備として、大会で取り組まれるリバイバル・メッセージをみんなで取り組みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me