平安と驚きの神

イースター音楽礼拝(春の召天者記念礼拝)
聖歌隊合唱 「たぐいなき愛」
メッセージ 「平安と驚きの神」
聖書 ヨハネによる福音書20章19-20節ほか

20:19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。
20:20 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。
20:20 弟子たちは主を見て喜び<歓喜、狂喜、陶酔、有頂天>に満たされた。(詳訳聖書)

19:19 ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。それには、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書いてあった。
19:20 イエスが十字架につけられた場所は都に近かったので、多くのユダヤ人がその罪状書きを読んだ。それは、ヘブライ語、ラテン語、ギリシア語で書かれていた。

イースター、おめでとうございます。
今週は礼拝に続き、祝賀会(歓迎会)、教会学校のお楽しみ会がもたれ、盛り上がりました。
すべての恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私の名前は希望です

棕櫚の聖日(聖餐式)
礼拝メッセージ 「私の名前は希望です」
聖書 ヨハネによる福音書18章28-30節
ヨハネによる福音書シリーズ(158)

18:28 人々は、イエスをカイアファのところから総督官邸に連れて行った。明け方であった。しかし、彼らは自分では官邸に入らなかった。汚れないで過越の食事をするためである。
18:29 そこで、ピラトが彼らのところへ出て来て、「どういう罪でこの男を訴えるのか」と言った。
18:30 彼らは答えて、「この男が悪いことをしていなかったら、あなたに引き渡しはしなかったでしょう」と言った。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

もう一度はじめから

礼拝メッセージ 「もう一度はじめから(挫折のすすめ)」
聖書 ヨハネによる福音書18章25-27節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(157)

18:25 シモン・ペトロは立って火にあたっていた。人々が、「お前もあの男の弟子の一人ではないのか」と言うと、ペトロは打ち消して、「違う」と言った。
18:26 大祭司の僕の一人で、ペトロに片方の耳を切り落とされた人の身内の者が言った。「園であの男と一緒にいるのを、わたしに見られたではないか。」
18:27 ペトロは、再び打ち消した。するとすぐ、鶏が鳴いた。

ルカによる福音書
22:60 だが、ペトロは、「あなたの言うことは分からない」と言った。まだこう言い終わらないうちに、突然鶏が鳴いた。
22:61 主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。
22:62 そして外に出て、激しく泣いた。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしの源はすべて

礼拝メッセージ 「わたしの源のすべては」
聖書 ヨハネによる福音書18章19-24節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(156)

18:19 大祭司はイエスに弟子のことや教えについて尋ねた。
18:20 イエスは答えられた。「わたしは、世に向かって公然と話した。わたしはいつも、ユダヤ人が皆集まる会堂や神殿の境内で教えた。ひそかに話したことは何もない。
18:21 なぜ、わたしを尋問するのか。わたしが何を話したかは、それを聞いた人々に尋ねるがよい。その人々がわたしの話したことを知っている。」
18:22 イエスがこう言われると、そばにいた下役の一人が、「大祭司に向かって、そんな返事のしかたがあるか」と言って、イエスを平手で打った。
18:23 イエスは答えられた。「何か悪いことをわたしが言ったのなら、その悪いところを証明しなさい。正しいことを言ったのなら、なぜわたしを打つのか。」
18:24 アンナスは、イエスを縛ったまま、大祭司カイアファのもとに送った。

詩編
87:7 歌う者も躍る者も共に言う。「わたしの源はすべてあなたの中にある」と。
(ミドラッシュによる解説「井戸が毎瞬間新しい水を湧き上がらせるように、イスラエルは毎瞬間新しい歌を唱える。」)

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主のもとに帰ろう

礼拝メッセージ 「主のもとに帰ろう」
聖書 ヨハネによる福音書18章19-24節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(155)

18:19 大祭司はイエスに弟子のことや教えについて尋ねた。
18:20 イエスは答えられた。「わたしは、世に向かって公然と話した。わたしはいつも、ユダヤ人が皆集まる会堂や神殿の境内で教えた。ひそかに話したことは何もない。
18:21 なぜ、わたしを尋問するのか。わたしが何を話したかは、それを聞いた人々に尋ねるがよい。その人々がわたしの話したことを知っている。」
18:22 イエスがこう言われると、そばにいた下役の一人が、「大祭司に向かって、そんな返事のしかたがあるか」と言って、イエスを平手で打った。
18:23 イエスは答えられた。「何か悪いことをわたしが言ったのなら、その悪いところを証明しなさい。正しいことを言ったのなら、なぜわたしを打つのか。」
18:24 アンナスは、イエスを縛ったまま、大祭司カイアファのもとに送った。

ホセア書
6:1 さあ、我々は主のもとに帰ろう。

今週は年会聖会の恵みをおわかちし、ヨハネ福音書からも短く学びました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

選ばれてここに立つ

メッセージ 「選ばれてここに立つ」dvd
聖書 ヨハネによる福音書15章11-17節

15:11 これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。
15:12 わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。
15:13 友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。
15:14 わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。
15:15 もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。
15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。
15:17 互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」

詳訳聖書
15:16 あなたたちが私を選んだのではなく、私があなたたちを選んだ<任命した、植えた>のである。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

英雄か臆病者か

礼拝メッセージ 「英雄か臆病者か」
聖書 ヨハネによる福音書18章15-18節
ヨハネによる福音書シリーズ(154)

18:15 シモン・ペトロともう一人の弟子は、イエスに従った。この弟子は大祭司の知り合いだったので、イエスと一緒に大祭司の屋敷の中庭に入ったが、
18:16 ペトロは門の外に立っていた。大祭司の知り合いである、そのもう一人の弟子は、出て来て門番の女に話し、ペトロを中に入れた。
18:17 門番の女中はペトロに言った。「あなたも、あの人の弟子の一人ではありませんか。」ペトロは、「違う」と言った。
18:18 僕や下役たちは、寒かったので炭火をおこし、そこに立って火にあたっていた。ペトロも彼らと一緒に立って、火にあたっていた。

詩篇(口語訳)
1:1 悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

氷点と十字架

礼拝メッセージ「氷点と十字架」
聖書:ヨハネによる福音書18章12-14節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(153)

18:12 そこで一隊の兵士と千人隊長、およびユダヤ人の下役たちは、イエスを捕らえて縛り、
18:13 まず、アンナスのところへ連れて行った。彼が、その年の大祭司カイアファのしゅうとだったからである。
18:14 一人の人間が民の代わりに死ぬ方が好都合だと、ユダヤ人たちに助言したのは、このカイアファであった。

ヨハネの手紙一
1:7 御子イエスの血によって、あらゆる罪から清められます。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

何を見ているか

礼拝メッセージ「何を見ているか」
聖書:ヨハネによる福音書18章10-14節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(152)

18:10 シモン・ペトロは剣を持っていたので、それを抜いて大祭司の手下に打ってかかり、その右の耳を切り落とした。手下の名はマルコスであった。
18:11 イエスはペトロに言われた。「剣をさやに納めなさい。父がお与えになった杯は、飲むべきではないか。」
18:12 そこで一隊の兵士と千人隊長、およびユダヤ人の下役たちは、イエスを捕らえて縛り、
18:13 まず、アンナスのところへ連れて行った。彼が、その年の大祭司カイアファのしゅうとだったからである。
18:14 一人の人間が民の代わりに死ぬ方が好都合だと、ユダヤ人たちに助言したのは、このカイアファであった。

ヘブライ人への手紙(新改訳聖書)
12:1 こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、一切の重荷とまとわりつく罪を捨てて、自分の前に置かれている競走を、忍耐をもって走り続けようではありませんか。
12:2 信仰の創始者であり完成者であるイエスから、目を離さないでいなさい。この方は、ご自分の前に置かれた喜びのために、辱めをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されたのです。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

剣と十字架

礼拝メッセージ 「剣と十字架」
聖書 ヨハネによる福音書18章7-11節
ヨハネによる福音書シリーズ(151)

18:7 そこで、イエスが「だれを捜しているのか」と重ねてお尋ねになると、彼らは「ナザレのイエスだ」と言った。
18:8 すると、イエスは言われた。「『わたしである』と言ったではないか。わたしを捜しているのなら、この人々は去らせなさい。」
18:9 それは、「あなたが与えてくださった人を、わたしは一人も失いませんでした」と言われたイエスの言葉が実現するためであった。
18:10 シモン・ペトロは剣を持っていたので、それを抜いて大祭司の手下に打ってかかり、その右の耳を切り落とした。手下の名はマルコスであった。
18:11 イエスはペトロに言われた。「剣をさやに納めなさい。父がお与えになった杯は、飲むべきではないか。」

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me