キリストの内にいる者と

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙3章から。

3:1 では、わたしの兄弟たち、主において喜びなさい。同じことをもう一度書きますが、これはわたしには煩わしいことではなく、あなたがたにとって安全なことなのです。
3:2 あの犬どもに注意しなさい。よこしまな働き手たちに気をつけなさい。切り傷にすぎない割礼を持つ者たちを警戒しなさい。
3:3 彼らではなく、わたしたちこそ真の割礼を受けた者です。わたしたちは神の霊によって礼拝し、キリスト・イエスを誇りとし、肉に頼らないからです。
3:4 とはいえ、肉にも頼ろうと思えば、わたしは頼れなくはない。だれかほかに、肉に頼れると思う人がいるなら、わたしはなおさらのことです。
3:5 わたしは生まれて八日目に割礼を受け、イスラエルの民に属し、ベニヤミン族の出身で、ヘブライ人の中のヘブライ人です。律法に関してはファリサイ派の一員、
3:6 熱心さの点では教会の迫害者、律法の義については非のうちどころのない者でした。
3:7 しかし、わたしにとって有利であったこれらのことを、キリストのゆえに損失と見なすようになったのです。
3:8 そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。キリストを得、
3:9 キリストの内にいる者と認められるためです。わたしには、律法から生じる自分の義ではなく、キリストへの信仰による義、信仰に基づいて神から与えられる義があります。

今週は神学生が『言泉集』から、御言葉の恵みを分かち合ってくださいました。
キリストを知り、キリストの内にいる者とされた恵みに感謝。もっともっと深く知ることができますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一人も

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書3章から。

3:16 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。
独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

一人のために、祈れ、祈れ、祈れ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい歌

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編96編から。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
96:3 国々に主の栄光を語り伝えよ。
諸国の民にその驚くべき御業を。

今週は、教会音楽部セミナーに参加したH神学生から、セミナーの恵みを分かち合っていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新しい歌

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編96編から。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
96:3 国々に主の栄光を語り伝えよ。
諸国の民にその驚くべき御業を。

今週は、秋の聖会の感謝をわかちあい、『あかしびと21』にも掲載されている教会音楽部セミナーのメッセージを学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

謙遜、従順、献身

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙2章から。

2:5 互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。
2:6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、
2:7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、
2:8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

今日は神学生が、言泉集『パウロ獄中書簡』からお勧めをしてくださり、日曜日の聖会のために祈りが積まれました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

仮庵祭とキリスト

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書7章から。

7:37 祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。
7:38 わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」

イスラエルでは新年を迎え、今週は仮庵祭が祝われています。
秋の祭りである仮庵祭の意味を深めながら、秋の教会行事のために祈りを積みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛の神秘体

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
申命記1章、5章とヨハネによる福音書13章から。

1:5 ・・・わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。
1:7 ただ、強く、大いに雄々しくあって、わたしの僕モーセが命じた律法をすべて忠実に守り、右にも左にもそれてはならない。そうすれば、あなたはどこに行っても成功する。
5:33 あなたたちの神、主が命じられた道をひたすら歩みなさい。

13:34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

今週も京都秋期聖会のメッセージを学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしは御名を知らせました

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書17章から。

17:26 わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。
わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。

申命記
5:33 あなたたちの神、主が命じられた道をひたすら歩みなさい。

祈祷会ではしばらく秋期聖会のメッセージを学びます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

全き献身

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コリントの信徒への手紙二5章から。

5:14 なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。わたしたちはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。
5:15 その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。

今日は9月19日、『リベカ抄』からお勧めがあり、明日からの聖会のために祈りが積まれました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御名の感動

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
出エジプト記3章から。

3:10 「今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。」
3:12 神は言われた。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである。・・・」
3:14 神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」

今週9月10日で、創立者の大槻武二牧師が召されて15年が経ちました。そこで召天10周年の記念に出版された「雲の柱、火の柱」の序文を紹介し、巻末に収められている「続・選民の花束」から「御名の感動」を紹介し、私たちの使命を確認しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me