とおきくにや



遠き国や海の果て いずこにすむ民も見よ
なぐさめもてかわらざる 主の十字架は輝けり

なぐさめもてながために
なぐさめもてわがために
揺れ動く地に立ちて なお十字架は輝けリ

水はあふれ火は燃えて 死は手ひろげ待つ間にも
なぐさめもて変わらざる 主の十字架は輝けリ

なぐさめもてながために
なぐさめもてわがために
揺れ動く地に立ちて なお十字架は輝けリ

仰ぎ見ればなど恐れん 憂いあらず罪も消ゆ
なぐさめもてかわらざる 主の十字架は輝けリ

なぐさめもてながために
なぐさめもてわがために
揺れ動く地に立ちて なお十字架は輝けリ

---「とおきくにや」聖歌397番
"There's a light on the cross" J.V.Martin,1923


大正12年9月1日、関東大震災が起こりました。大阪で英語の教師をしていた宣教師のJ.V.マーチンも、その日東京で震災を経験しています。彼が被災者を見舞うために、芝白金の明治学院のグランドに向かって歩いていたときのことです。夕闇せまるグランドには大勢の人たちが、肩を寄せ合うように集まっていました。グランドで夜を過ごす人のために、蚊帳(かや)とろうそくが支給されていました。時折襲ってくる余震に怯えながら、愛する家族を、帰る家を失い途方にくれた人々のすすり泣く声が聞こえてきます。マーチン宣教師は、深い悲しみの思いを抱いて、瓦礫と化した街を歩きながら、その絶望と悲しみに包まれたグランドに近づいて行きました。その彼の目に飛び込んできたのは、暗闇の中に浮かぶ十字架でした。それは蚊帳の中で灯されたろうそくの光でしたが、彼にはそれが絶望の闇に光り輝く十字架に見えたのです。マーチン宣教師はその場でペンをとり、ひとつの詩を書き、やがて曲を付けました。それがこの賛美歌です。九州の教会から、この賛美を歌って、九州のために祈ってほしいとの声が届いています。熊本、九州の皆さんのために祈りつつ。

今日は午前中、松阪での聖書講座です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

急ぎ行きて拝まずや!




今年も、たくさんの方にクリスマス礼拝においでいただき感謝でした。
聖歌隊によるクリスマスの音楽劇を通して、神の真実の愛に凍てついた心も解かされました。
エンディングは全員参加で、キャンドルを灯して「神の御子は」を歌いました。

24日はイブ礼拝、聖なる夜を共に過ごしましょう。夜7時30分から。
ユースのメンバーはクリスマスパーティーあり。
25日はクリスマス当日礼拝。朝10時30分から。

子どもたちは今日で二学期も終了。冬休みも大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

はかりも知れない神の恵みよ




はかりも知れない神の恵みよ
わたしの罪を赦されるとは

今日まで長く招きを拒み
御顔を避けて歩み続けた

わたしの罪が主に傷負わせて
その手の平に釘打ちつけた

手の傷しめし 御腕を広げ
迷うわたしの名を呼ばれる主

さあ主に近づこう憐れみの主に
主の御名を呼び近づこう
神は愛なり 神は愛なり

恵みの泉は開かれた

Depth of Mercy
by Charles Wesley
讃美歌21 442番参照

今日も先日の聖会で賛美した曲を紹介します。
上手なわけではありませんが、感謝にあふれる心で歌わせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

それ神はその独り子を




それ神は 
その独り子を賜うほどに
世を愛し給えり
すべて
彼を信ずる者の
滅びずして
とこしえの命を
得んためなり
それ神は
世を愛し給えり
世を愛し給えり
アーメン

ペンテコステ聖会のオープニング賛美より。
それ神はその独り子を(聖歌700番)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

降誕のキャロル




今年のクリスマス、お気に入りの一曲。
ジョン・ラター(John Rutter)の「降誕のキャロル(Nativity Carol)」

1 むかし粗末な 小屋で生まれた
  われらに愛を 示された御子

 (おりかえし)
  だれも知らぬ 世の片隅
  われらを救うため
  キリスト・イエスは
  この日生まれた

2 やさしく母に 抱かれる御子
  御使い空で 歌いたたえる

3 東の博士 羊飼いらも
  心満たされ 御子をあがめる

4 愛なる御子は 貧しく生まれ
  われらと今も ともにおられる

今年は教会の聖歌隊でも歌わせていただいていますが、今日はキングスカレッジ聖歌隊の歌声でどうぞ。


1000年に一度と言われた震災から今日で1000日。
できることを、できるひとが、できるときに、できるだけ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主は赦したもう




今日も最近の礼拝賛美から聖歌の419番を紹介します。

あなたの持てる悩みは、解決できたか
心の奥にいつまで 隠しているのか
主は、赦したもう 主は、赦したもう
どんな罪でも 主は赦したもう

滅びのふちにつながる あなたの罪をば、
救い主のみ前に 告白できたか
主は、赦したもう 主は、赦したもう
どんな罪でも 主は赦したもう

「彼らを赦したまえ。」と、祈った主イエスの
祈りは今も続いて 捧げられてある
主は、赦したもう 主は、赦したもう
どんな罪でも 主は赦したもう
---聖歌419番 "Yes, there is pardon for you"


昨日は午後から家庭集会が一つありましたが、集会は家内に任せて、私は一日かけて、半田、西尾方面のご高齢の方やご病気のみなさんを訪問させていただき、祈りのひと時を過ごしました。ほとんどアポなしでお邪魔したので、いきなり普段着の牧師が目の前に現れてドッキリのようでしたが、顔を見るや次から次へと話を始められ、あっと言う間に時間が過ぎていきました。私は何もできない牧師ですが、みなさんの話に耳を傾け、一緒に祈ることはできるのかなと、改めて思わされました。日々、多忙な生活ですが、こういう時間を大切にしたと思いました。
明日は11月最後の礼拝になります。御言葉を待ち望みましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

虫にも等しき者のために




今日は最近の礼拝賛美から、聖歌を一曲紹介します。

1 虫にも等しき 者のために
 主はかくもむごき 目に遭いしか

2 この身の咎ゆえ 十字架につく
 ああそはいかなる 愛ぞ愛ぞ

3 御神の独り子 死ぬるを見て
 照る日も隠れぬ 雲の中に

4 恥入るこの身を いかに隠さん
 涙に心も 目も溶けゆく

5 恵みに報ゆる すべを知らず
 すべてを投げ出し ただひれ伏す
---聖歌613番 "Alas! And Did My Savior Bleed"

礼拝で続けて来たマタイ福音書のシリーズも、受難の場面まで来ました。
年内に終わりたいと思っていましたが、もうしばらく続きます。
クリスマス、新年を挟みますので、来年の春ごろまで・・・。
いまキリストの受難を学びながら、歴史や人物、その場の景色や空気、
そして人々の視線や息遣いを感じたいと、祈りつつ御言葉を思い巡らしています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

感謝の歌



少々、季節外れですが、最近教えていただいた 「DAYENU」 というイスラエルの過越祭(春の祭り)で歌われる歌です。
あの歴史的な過越の出来事を回顧しながら主に感謝する歌です。

もし主が我らをエジプトから導き出し、彼らに対する審判を行われなくても、それで十分でした。
もし主が彼らに対する審判を行い、彼らの偶像を滅ぼされなくても、それで十分でした。
もし主が彼らの偶像を滅ぼし、彼らの初子を打たれなくても、それで十分でした。
もし主が彼らの初子を打って、我らに富を与えられなてくても、それで十分でした。
もし主が彼らの富を我らに与え、海を割られなくても、それで十分でした。
もし主が海を割られたなら、その乾いたところを歩くことがなくても、それで十分でした。
もし主が海の乾いたところを歩ませ、ファラオの軍隊を溺れさせられなくても、それで十分でした。
もし主がファラオの軍隊を溺れさせ、40年の荒野の旅を導かれなくても、それで十分でした。
もし主が40年の荒野の旅を導き、我らにマナを与えられなくても、それで十分でした。
もし主が我らにマナを与え、安息日を与えられなくても、それで十分でした。
もし主が我ら安息日を与え、我らを神の山に導かれなくても、それで十分でした。
もし主が我らを神の山に導き、我らに律法を与えられなくても、それで十分でした。
もし主が我らに律法を与え、我らを約束の地に導かれなくても、それで十分でした。
もし主が我らを約束の地に導き、そこで我らを増やされなくても、それで十分でした。

昨日は南山大学で日本語の勉強しているアリゾナから来ている学生さんがHPを見て礼拝に来られました。
流暢な日本語で、来会者カードも、漢字、ひらがな、カタカナで記入しておられビックリでした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の血にあがなわれ




主の血にあがなわれ 喜び告げるは
神の子とされたる 恵みのおとずれ
尊し主の血のあがない 
かしこし今われ 神の子とされたる

イエスにあがなわれ 語る言葉なし
主と共にいませば 喜び尽きせじ
尊し主の血のあがない 
かしこし今われ 神の子とされたる


先日、京都の聖会で北陸教区のみなさんと一緒に賛美させていただいた曲です。
主の血のあがないに感謝します。

明日は10月のオープン礼拝、明日も聖歌隊がこの曲を賛美します。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

リバイバル



宣教ボランティアの祈り会でくり返し歌った賛美があります。

リバイバル〜荒れ果てたこの世界
부흥(이 땅의 황무함을 보소서)

荒れはてたこの世界 見てください
憐れみ深い主よ
我らの罪を赦し
この地をいやしたまえ

いま心をあわせて 
この地の崩れた土台を立て直そう
我らの偶像燃やす 
聖霊の火よ 来たりませ

リバイバルの火よ 燃えよ 
御言葉の力をもって
偉大な川の流れよ 
聖霊の風 吹いて来い

おお 主の栄光満ちる新たな日
おお 御国よ ここに来たりませ


この国に主のリバイバルが来る日を待ち望みます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me