いつも全力で

full speed

年会を終え、再び任命をいただいて、名古屋に帰って来ました。毎年祈ることですが、今までとはちがう特別な一年にしたいです。
この春で、神学院を卒業して20年になります。聖会中に暦年のお祝いをしていただきました。主の豊かな憐れみと、いつも励まし祈っていてくださるみなさん、そして家族の理解とサポートに感謝の気持ちでいっぱいです。初心を忘れず、日々心熱くして、主にお仕えしていきたいと献身の思いを新にしているところです。今日は最近、読んだデボーションのお勧めから。

クリスチャンの多くは、自動速度調整式に神に従っています。最近は、指定速度を自動的に維持する機能のある自動車があります。望む速度まで加速し、自動速度調整ボタンを押すと、その速度が維持されるのです。このように、多くのクリスチャンは自分の行動がある水準に至るまで従順のアクセルを踏みますが、その速度は他のクリスチャンの行動水準によって決定されます。自分の霊的水準が遅れを取るのは望みませんが、先立とうという努力もしません。従順が水準に達すると、心で自動速度調整ボタンを押して緊張を解きます。そうすれば、みことばというメーターをのぞき込まなくても、「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くしてあなたの神である主に従おう」と努力して、疲れ果ててしまうことがありません。
このこととは対照的に、サーキットのレーサーは、もっぱら運転だけに焦点を合わせます。つねに足をアクセルの上に置き、車の性能の許す限り最高速度で走ろうとします。目はいつもコースを見つめ、コーナーを回るときはすべての技術を総動員します。信仰においても、「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くしてあなたの神である主を愛する」とは、このように神を愛することだと言えます。私たちには、心と思いと知性を尽くして主に従おうとする熱い思いが必要です。持てるすべてを総動員して、神に従わなければなりません。

献身をめざした頃から、ずっと大切にしてきた御言葉を記しておきます。

「いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはない。」(汽灰螢鵐硲隠気裡毅幻語)
「熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。」(ローマ12の11〜12口語)
「主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。」(イザヤ40の31口語)


この一年を全力で駆け抜けることができますように。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

神さまへのてがみ

錆びつくよりは

comments

soli deo gloria
宣教20周年、おめでとうございます。
先生のますますのご活躍をお祈りいたします。
2012年03月09日 (金) 14:22




 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me