ナルドの香油

棕櫚の聖日(聖餐式)
礼拝メッセージ 「ナルドの香油・前編」
聖書 ヨハネによる福音書12の1〜8
ヨハネによる福音書シリーズ(86)

12:1 過越祭の六日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロがいた。
12:2 イエスのためにそこで夕食が用意され、マルタは給仕をしていた。ラザロは、イエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた。
12:3 そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。
12:4 弟子の一人で、後にイエスを裏切るイスカリオテのユダが言った。
12:5 「なぜ、この香油を三百デナリオンで売って、貧しい人々に施さなかったのか。」
12:6 彼がこう言ったのは、貧しい人々のことを心にかけていたからではない。彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである。
12:7 イエスは言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。
12:8 貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」

今日は棕櫚の聖日、今日から受難週、キリストの最後の1週間が始まります。
今日はメッセージの前に、ロゴス神学院開校70周年を記念して、春の京都聖会で紹介さしていただいた映像を見せていただき、神学院のために祈りました。メッセージの後は聖餐の恵みにあずかり、今週は受難週を過ごします。今週も礼拝の恵みに感謝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

民の代わりに死に

愛の本質

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me