十字架の黙想・第13日

今週も祈祷会を大切に。今週は受難週、『十字架の黙想』から学びました。
御言葉をシェアします。イザヤ53章。

53:4 彼が担ったのはわたしたちの病
彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに
わたしたちは思っていた
神の手にかかり、打たれたから
彼は苦しんでいるのだ、と。
53:5 彼が刺し貫かれたのは
わたしたちの背きのためであり
彼が打ち砕かれたのは
わたしたちの咎のためであった。
彼の受けた懲らしめによって
わたしたちに平和が与えられ
彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

主の愛が、わたしの憎しみと入れ替わり、主の謙遜がわたしの傲慢と入れ替わり、主の忍耐がわたしの短気と入れ替わるようにと心から祈る。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛の本質

なぜ?

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me