重い扉の奥に



チャールズ・コルソンは、ウォーターゲート事件で収監され、後に「獄中の使徒」と呼ばれた人物ですが、彼が2人のクリスチャンに監督権が委任された、ブラジルのサンパウロにある刑務所を訪問したときのことを次のように記しています。
そこはヒューメータと呼ばれ、彼らの計画はその刑務所をキリスト教の原理に基づいて運営していくことでした。ヒューメータを訪問したとき、服役者たちは微笑んで私を迎えてくれました。特に鍵の束を下げて門を開けてくれた元殺人犯が最も印象に残っています。
行く場所ごとに私は平安に包まれている人々に出会い、住居環境は清潔で、壁には詩編と箴言の御言葉が飾られていました。ヒューメータ刑務所は驚くほどの記録を持っています。ブラジルやアメリカの再犯率が75パーセントであるのに対して、ヒューメータの再犯率はわずか4パーセントに過ぎなかったということです。このようなことが可能なのでしょうか。
過去には拷問室として使っていた牢獄を見たとき、私はその答えを見つけました。案内人は、今、そこには一人の囚人が収容されていると言いました。長いコンクリートの廊下の終わりにある部屋に着いて、彼は私に訊きました。「本当に入ってみたいですか。」「もちろんです。私は世界のあちこちの牢獄を見て回って来た者です」と答えました。
彼はずしりと重い牢の扉をゆっくりと開け、私はその牢獄に閉じこめられている囚人を見ました。その囚人とは、ヒューメータの服役者たちが美くし彫刻した十字架のキリストだったのです。
今日もその重い扉の奥に、絶望のとなりに、この方がおられます。「私の名前は希望です。」

明日は午後1時30分から志摩市にあるテベリヤ教会で、明後日は午前11時から名古屋教会で、チェンバロ奏者の三宅眞理子さんをお迎えしての春の音楽礼拝(クラッシック・コンサート)が持たれます。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

キリストに一致する切り札

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me