私の名前は希望です



漫画「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんの詩集から。

絶望のとなりにだれかがそっと腰かけた。
絶望はとなりのひとに聞いた。
「あなたはいったい誰ですか。」
となりのひとはほほえんだ。
「私の名前は希望です。」

イースターにふさわしいメッセージではないでしょうか。
ヨハネが記すイースターの夜の記事があります。その夜、弟子たちはユダヤ人を恐れ、自分たちのいる家の戸に鍵をかけ、絶望の中に座り込んでいました。するとそこへイエスが来てその真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われたのです。イエスは手と脇の傷を弟子たちにお見せになりました。弟子たちは、主を見て喜びました。詳訳聖書は、その喜びを「弟子たちは主を見て喜び<歓喜、狂喜、陶酔、有頂天>に満たされた」と訳し、欣喜雀躍する弟子たちの姿を生き生きと描いています。復活であり、命であるキリストとの出会いこそ、私たちの喜びと希望の源なのです。

次の日曜日は、春の音楽礼拝。チェンバロ奏者の三宅眞理子さんをお迎えし、古楽器の美しい音色を教会堂に響かせていただきます。土曜日は志摩にある小さな教会でも演奏をしてくださることになっています。ぜひお出かけください。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

絶望のとなり

春の音楽礼拝

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me