この母ありて



昨日の中日春秋より。

その俳優の母上はとにかく、息子をほめるのだそうだ。「おまえは本当に役者に生まれてきたような子だよ」「おまえはなんてうまい役者だろう」「おまえは最高だよ」。「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」などの風間杜夫さんのおかあさん。ある日、終演後の楽屋にやって来るなり、息子の名演に喜びのあまり、こう大声を出した。「仲代達矢よりよかったよ。勝ったね」。隣の楽屋には共演の仲代さんがいる。風間さんがどんなに肝を冷やしたことか。たとえ、それが聞こえたとしても、仲代さんは怒らず、ほほ笑んだのではないかと想像する。仲代さんにも同じ「記憶」がある。俳優座時代の若き日、イプセンの「幽霊」で大役をつかんだ。上演中、どうも客席が騒がしい。騒ぎのもとは仲代さんのおかあさん。舞台を指さして、「アレ、私の息子なんです。いい男でしょ。アレ息子!」いずれも『この母ありて』(木村隆さん・青蛙房)から拝借した。母の日である。どの母も子の成長、幸せに喜びを爆発させる。笑う。母とはそういう生き物である。そして子どもは母の喜びに照れくさく感じつつも、勇気づけられ、励まされ、その道を歩んでいく。母の笑いは子の道を照らす。なにも名優にならずとも母の笑いは手に入る。カーネーションさえいらないかもしれない。電話で、魔法の言葉を唱えればいい。「元気だよ。」

今は亡き母であれ、好きになれない母であれ、この世に生を受けたこと、そのために、母が用いられたこと、そのことを「母の日」に感謝をすることは、神様への感謝につながるのではないでしょうか。毎年、母の日には大輪のカーネーションの花束を祭壇に飾り、礼拝後、皆さんにプレゼントしています。毎年、そのカーネーションを教会の納骨堂に手向けて帰られる方があります。きっと天国のお母さんに贈っているのでしょう。「元気だよ。ありがとう」との言葉と共に。

今週も大切なことを大切に。
今日は岐阜で先生方との祈り会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ちいろば

わたしに従いなさい

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me