ざわわ



ヨハネによる福音書の学びを礼拝で続けています。14章まで来ましたが、14章から17章までは、ヨハネ福音書の核心というべき部分になります。十字架の前夜、最後の晩餐の席から始まり、ゲッセマネの園へ移動する道すがら、イエスが語られた最後の教えです。今まで隠されていたイエスの胸の内が、聖なる思いが語られることから「御心の至聖所」と呼ばれることもあります。
13章で、イエスは弟子たちの足を洗い、「互いに愛し合う」という新しい戒めを語られました。その中で、弟子たちがついて来ることのできない所に行くとも語られたことから、この後、弟子のペトロが三度イエスの事を知らないと言うことが予告されました。イエスのいつもとは様子のちがう、ただならぬ物言いに弟子たちは胸騒ぎがしました。そこで語られたのが14章1節の言葉です。「心を騒がせてならない。」
「さとうきび畑」という歌をご存知でしょうか。「ざわわ、ざわわ、ざわわ、広いさとうきび畑は・・・。」作詞・作曲した寺島尚彦さんは1964年、復帰前の沖縄を訪ねてさとうきび畑を歩いていたとき、この畑の下にまだたくさんの戦没者の遺骨が埋まったままであるという話を聞きます。そのとき、頭越しに吹き抜ける風の音を聞き、あの詩が生まれたそうです。11節もある歌詞の中に66回もあの「ざわわ」が出てきます。平成ではいられない心の状態、怒り、不安、いらだち、すすり泣きが、今日、私たちの心にもあるでしょうか。
十字架の時が切迫し、そのことが語り出されると、弟子たちの心は憂いと悲しみに満たされ、動揺し、混乱に陥っていました。不安と恐怖に心が騒いでいたのです。いま弟子たちの心中に渦巻いている、不安と動揺の原因は何なのでしょうか。イエスはその治療法をよく知っていました。それが神、すなわちイエス・キリストへの信頼、信仰です。「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」ここで「そして」と訳されている「カイ」というギリシャ語の接続詞は、「すなわち」と訳す場合があります。すると、「神を信じなさい、すなわち、わたしを信じなさい」となりますが、『我主イエズスキリストの新約聖書』、通称『ラゲ訳』と呼ばれる聖書ではズバリ「神を信ずれば我をも信ぜよ」と訳されています。
これらの言葉を聞き、思い出すのは、イエスがガリラヤの波猛る海で弟子たちを諭された時のことです。イエスと弟子たちが乗っていた舟が突風に見舞われ、今にも沈みそうでした。「イエスは起きあがって、風を叱り、湖に、『黙れ。静まれ』と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。」私たちの心には、「ざわわ、ざわわ」、不安と恐れ、あせり、いらだち、大小さまざまな波が押し寄せているでしょうか。イエスは言われました。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちはあの日、こう言いました。「いったい、この方はどなただろう。風や湖さえも従うではないか」と。そこで私たちがなすべきことは、ただイエス・キリストを神と信じることです。信頼しきって、道であり、真理であり、命であるイエス・キリストに近づこうではありませんか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

井戸よ、湧き上がれ

イエスと一緒にいた者

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me