車のハンドル



「早起きクリスチャンの祝福」という本にこんなことが書かれていました。

聖日説教の時間にみことばを聞くだけでは、神様のみことばと私の人生を結びつけることができない。神様は聖書を通して、ご自身のことだけでなく、人間の存在のすべてのことについて語っておられる。ある面では、聖書は神様が造られた「人間」という存在に対する説明書のようなものだ。だから、聖書を理解するということは、私たちの人生に対する総体的な報告書に出会うようなものだ。
人生、どこに向かっていけばいいのかわからない人がいるなら、今からでも聖書を学んでみてほしい。・・・学んでいるうちに、聖書の感動によって神様という存在が胸に迫ってくる瞬間があるだろう。神様のみことばが、車のハンドルのように、人生を導いてくれる瞬間があるだろう。


昨日は、兵庫県の宍粟市にあるペテロ教会でメッセージを語らせていただきました。
祈りの積まれた聖会で、キリストを心に迎えられた方もあり、小さな教会に大きな喜びが与えられました。
与えられた一つ一つの出会いに感謝しています。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエスと一緒にいた者

聖書に親しむ

comments





 

trackbacks

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me