両刃の剣



ユダヤ人青年とクリスチャンが新約聖書について議論していたが、ユダヤ人青年は新約聖書は神の言葉ではなく、人の言葉だと頑固に主張し続けた。そこでクリスチャンは、ヘブライ人への手紙4章12節「神の言葉は・・・両刃の剣よりも鋭い」という言葉を読み聞かせた。
「私がここに抜き身の剣を下げてきて、これは非常に鋭い物であるから、試してみようと言ったとします。しかしあなたは、いやそれは杖に過ぎないと言う。どんなに説明してもなかなかその考えを変えようとしません。そこで私はあなたに、それではこれを握ってみるようにと言う。あなたはそれを握って傷を受けたら、その考えを変えるでしょう。新約聖書が本当に剣かどうかを試してみてはどうですか。」「ええ、その実験は難しいことでは無いですから実行してみます。」
彼はその時から新約聖書を読み始めた。そして、数日してからこう言った。「新約聖書は確かに剣であり、私自身を深く傷つけました。私の魂は、夜も昼も安らぐことができなくなりました。だから、神の言葉に従って、救い主イエス・キリストのもとに行き、罪を告白して赦していただきました。神の言葉は真実です。すると、新約聖書が約束しているように、私の心に平安が訪れました。」

神の言葉である聖書は、聖霊の助けによって、罪について、義について、また裁きについて、世の誤りを明らかにします。今週も、敬虔な心で、私たちをキリストに導く、神の言葉に耳を傾けましょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我らは四人であった

使命

comments





 

trackbacks

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me