継ぎ目のない重なり



自らを「イエスの愛しておられた弟子」と呼ぶヨハネは、1世紀の終わりに福音書を記しました。すでに90歳になっていたでしょうか。白髪の老人です。彼は、もう半世紀以上前のことを思い出しながらと言うよりも、これまでの長い信仰体験を通して深められたイエスの言葉と業に新しい息吹を吹き込みながら福音書を記しました。イエスから直接聞いたあの日にはわからなかったイエスの言葉を、彼は一つ一つ体験しながら理解し深めていきました。
ヨハネ福音書の3章を学んだ時にこんな話しをしたのを覚えているでしょうか。あの16節はだれの言葉かという話です。すぐ前の3章10節に「イエスは答えて言われた」とありますが、その言葉はどこまで続くのでしょう。新共同訳では、カギ括弧が21節まで続きますので、16節を含め、そこまでイエスの言葉ということになりますが、もともとの写本には章も節もなければ、句読点も引用符もないので、イエスの言葉がどこまで続くかは、解釈と翻訳の問題になります。ちなみに、私の持っているほとんどの聖書は15節でカギ括弧を閉じ、16節からは、ヨハネ自身による福音の告知であるかのように編集しています。このイエスの言葉とヨハネによる福音の告知との「継ぎ目のない重なり」もこの福音書の特徴でした。イエスとニコデモとの対話を伝えるヨハネの筆は、いつの間にかすべての人に語りかける福音の告知へと移っていくのです。考えてみれば、3年半、イエスのすぐそばで、イエスの言葉を聞き続けたヨハネが、半世紀以上の間、多くの苦しみと試練の中で、それを語り続けているうちに、語っているのがイエスの言葉なのか、自分の言葉なのかわからない、継ぎ目がないほど重なりあったとしても不思議ではありません。
そういう意味において、ヨハネ福音書の14章から始まり16章まで続いた、十字架の前夜、最後の晩餐が終わった後、弟子たちに語られたイエスの最後の教えも、ただ単に暗記して記録したイエスの言葉というよりも、ヨハネのうちで体験を通して深められたイエスの言葉、その福音の告知なのです。イエスの十字架と復活、そして昇天の後、ついに約束された真理の御霊が遣わされ、イエス・キリストが弟子たちの内に住まわれるという、イエスと弟子たちとの新しい愛の関係が始まりました。それから半世紀、キリストの教会が建て上げられていく、激しい迫害と試練の時代、信仰が揺さぶられる時代を通過しながら、ヨハネはイエスの言葉を初代教会の信徒たちに語り続けたのです。「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたは世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Arise(起きなさい)

徹頭徹尾、イエスとの出会い

comments





 

trackbacks

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me