生きるにも死ぬにも

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙の1章から。

1:19 そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。
1:20 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。

今日から11月。11月1日は、私の出身教会である高松教会をはじめ、聖イエス会の四国にある教会を一人で開拓された三木隆先生の召天記念日です。先週『あかしびと』で紹介したM先生の証しにも先生の名前が出て来たので、この機会に三木先生のことを改めて紹介させていただきました。
集会後、「名古屋にも鍵田町時代に来られましたよ」「私が初めて教会に来たのは、三木先生の集会でした」「私が聖霊を受けたのは、三木先生の集会でした」と次々と声をかけてくださり、感謝しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

自分の存在意義と役割

独り善がり

comments





 

trackbacks

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me