種を蒔く人が種蒔きに出て行った



種を蒔く人の譬えから学ぶ、神の国の奥義の中心は、種を蒔かれる土地ですが、蒔かれた種と種を蒔く人についても見逃せません。種は神の言葉、種を蒔く人はイエス・キリストです。「種を蒔く人(イエス・キリスト)が種蒔きに出て行った。」との言葉は、「わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます」と祈られたイエスの言葉が重なって聞こえます。涙と共に種を蒔く人、イエス・キリストは、今日も神の種である御言葉を、命を与える御名を蒔き続けておられるのです。
絶望という暗闇の中で、もがき苦しんでいる人がありますか。主の言葉を聞きなさい。「暗闇の中から光が照り出でよ!」過去の失敗と過ちを引きずりながら、震えおののき、苦しんでいる人がありますか。今日も十字架の上から、語り続けられている主の言葉を聞きなさい。十字架の言葉は、神の力です。「子よ、安心しなさい。あなたの罪は赦された。もう泣かなくともよい。わたしはあなたをあがなった。あなたはわたしのものだ。」そして、長い病との闘いに疲れ果て、倒れ伏しているあなたに、語り続けられる主の言葉があります。「わたしは主であって、あなたを癒すものである。もし信じるなら、神の栄光が見られると言っておいたではないか。ラザロ、出て来なさい。」
先日の姫路での聖会でのことです。司会に立たれたM先生が、「一人のうつ病を患い、死んだような状態の人が、5年前の新年聖会で復活しました。その時に来て下さったのが宮本牧師でした」という話しをされ、聞いたことのなかった話しだったので、「そんなことがあったのかあ」と感動しました。集会が終わると、「あれは私のことです」と本人がやって来られ、御名をあがめました。栄光は主に。

種を蒔く人について、もう一つのことをお伝えしなければなりません。ここで種を蒔く人とは、イエス・キリストのことですが、それはその後、イエスの弟子たちが続けていく宣教の働きのことでもありました。主は種を蒔く人を求めておられるのです。
むかし、ある集会で大槻牧師が、この種蒔きの譬えを引用し、「私たちは、少なくとも生涯に三十人、できれば六十人、理想を言えば百人の人に聖霊を与えるキリスト者にならなければなりません」と話してくださったことがあります。この譬え話しは、マタイ、マルコ、ルカ、三つの福音書に記されていますが、マタイとマルコは、「良い地に落ちた種は、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ」と書きました。ところが、ルカだけは、三十倍も六十倍もとばして、百倍の祝福についてのみ記しています。きっと、パウロとともに宣教の旅をしていたルカには大きな信仰があったのだと思います。
百倍の祝福と言えば、創世記のイサクの物語を覚えていますか。アブラハムの息子、イサクの時代に飢饉がありました。彼はその不作の年に種を蒔きました。不況の真ん中で種を蒔いたのです。するとどうでしょう。「イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫があった」とあります。この不信の時代、宣教の地は荒れ果てているでしょうか。困難に満ちているでしょうか。しかし、今日私たちもイエスとともに、この命の言を握りしめて出て行きたいのです。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。」巡り歩こう主イエスと共に、命の御名はここにある。

今日から2月。次の日曜日は2月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

2月のオープン礼拝

奇跡のレッスン

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me