死の影(Shadow of Death)



イギリスの画家ウィリアム・ホルマン・ハントと言えば「世の光(The Light of the World )」という扉をたたくキリストの作品が有名ですが、彼は「死の影(Shadow of Death)」という作品を描いています。一日の仕事を終え、仕事場で両手を広げた青年イエスを描いたものですが、夕陽を浴びて、背景の壁に映ったのは十字架の影でした。それに気付き、驚きを隠せないマリアの後ろ姿も印象的な一枚です。
この絵を探しているときに、もう一枚の絵を見つけました。作者もわからないものですが、そこに描かれているメッセージは同じです。こちらは青年イエスではなく、幼子イエスが、大工であった父ヨセフの足もとで、そこに落ちている大きな釘を拾っている、その影がやはり十字架の形をしています。ベツレヘムからカルバリーまで、黙々と十字架を背負われたイエスの生涯を象徴すような作品です。
水野源三さんの「み心なのですか」という詩を紹介しました。「父なる神様、私たちを罪より救うため、ユダヤのベツレヘムに今宵お生まれになった御子イエス様を、十字架にかけるのがみ心なのですか。避けられないのですか。ちがう方法はなかったのですか。」源三さんは、そう問いかけながら、ベツレヘムとカルバリーをみごとにつなげました。救い主の降誕を待ち望み、お祝いするアドベントに、キリストの埋葬の話をしましたが、この話は本当につながっています。
ルカによる福音書の2章、羊飼いに与えられたしるしを覚えていますか。それはおとめマリアより生まれ、「布にくるまって飼い葉桶の中に寝かされている乳飲み子」ということでした。なぜそれがしるしだったのでしょうか。当時の家畜小屋(馬小屋)というのは、洞窟のような場所だったと言われていますが、ある洞窟は墓場としても使われていたというのです。そして、そこには遺体をくるむための布が置かれていたそうです。であるとすれば、イエスがくるまれていた布とは、貧しい両親が用意した産着というよりも、遺体をくるむための布であったのかも知れません。アリマタヤのヨセフとニコデモがイエスの埋葬に当たって、亜麻布にその体をくるんだように、イエスはあの夜、墓場で布にくるまれていたのです。

次の日曜日はアドベントの2週目。ロウソクの灯を見つめながらクリスマスを待ち望みます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

復活に達したいのです

クリスマスの目的

comments





 

trackbacks

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me