女の子孫



神が女の子孫から生まれることについては、創世記の3章、罪の始まりの章において、すでに預言されています。
創世記3章は、人類の罪の始まりを克明に描いた聖書中最も暗い章ですが、すでに神の愛が散りばめられている福音の始まりでもあります。15節、「お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に、わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く。」これは蛇に対する神の裁きの言葉ですが、古くから「原福音」と呼ばれている聖書中最初のメシア預言です。
「女の子孫」とは、処女マリアから生まれるキリストのことです。「子孫」という言葉は本来「種」という言葉で(文語訳聖書では「苗裔」と書いて「すえ」と読ませています)、通常男性に用いられる言葉です。「女の種」では本来は意味をなさないのですが、女のみによる子孫と言うことで、処女から生まれるメシアとの意味になります。
ここから、イザヤはあの有名な預言の言葉を語りました。「それゆえ、わたしの主が御自ら、あなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ」と。使徒パウロはその預言を受けてこう言っています。ガラテヤ4章4節、「しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子とするためでした。」
サタンはキリストのかかと(人間性)に噛み付き、十字架上でキリストのかかとを砕きましたが、やがてキリストは十字架の死によって死を打ち破られたのです。「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死は勝利にのみ込まれた。」
この創世記3章から始まり、聖書の至るところで語られたメシア預言のすべてを受けて、ヘブライ人への手紙にはこう書かれています。10章5節以下、「キリストは世に来られたとき、次のように言われたのです。『あなたは、いけにえや献げ物を望まず、むしろ、私のために体を備えてくださいました。あなたは、焼き尽くす献げ物や罪を贖うためのいけにえを好まれませんでした。
そこで、わたしは言いました。「ご覧ください。わたしは来ました。聖書の巻物に私について書いてあるとおり、神よ、御心を行うために。」』」人類救済という神の願いを実現するために、キリストはこの世界に来られたのです。これがクリスマスの真実です。「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」のです。

明日は志摩にあるテベリヤ教会で、クリスマス礼拝です。
次の日曜日は待降節第3週の礼拝になります。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神を見る

クリスマスの目的

comments





 

trackbacks

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me