最初のしるし



昨日は、年末の感謝礼拝。毎年恒例、一年の出来事を写真で振り返るPhotoMovieを見ていただき、数名の方に、一年をふり返り、ひと言ずつ報告と感謝を述べていただきました。家庭教会学校のこと、聖歌隊の福井伝道のこと、選民集会のこと、結婚と受洗10年の恵みなど。ほんとうはみんなにマイクを回して、話してほしいほどです。
大阪や石川県からも、年末、名古屋に来ていた人たちが礼拝に加わってくださったのも嬉しいことでした。
メッセージは、実習中の神学生にお願いしましたが、ヨハネによる福音書2章から御言葉をシェアしてくれました。来年は、名古屋教会献堂50周年の記念の年。その年を迎えるに当たって、一年の最後に「最初のしるし」に導かれたことに感動し、「良いぶどう酒を今まで取って置かれました」との言葉に心が震えました。来年、水がぶどう酒に変えられるような奇跡が起こることを信じます。さあ、水がめに水を満たしましょう。

2020年1月1日(水祝)、元旦礼拝は午前10時半から。
1月5日の初週礼拝は新年のオープン礼拝です。新年の祝福を共に祈りましょう。

comments(0)  |  -

edit  top

救いの泉から水を汲む

「一輪の花」として生きる

comments





 
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me