とことんまで愛された



ヨハネ福音書だけではわからない、洗足の真実があります。ルカによれば、最後の晩餐の席上、弟子たちがあることで議論を始めています。その議論とは、「だれがいちばん偉いのか」ということです。『日本人に贈る聖書ものがたり』で、この場面が席順を決める話しから始まっているのは、とても自然で、納得させられる描写です。
そういうことなら、「だれがいちばん偉いのか」という議論が始まったというのも、うなずけます。そこでイエスは十字架を前に、大切な教えを語られました。ルカによる福音書22章26節以下、「あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。食事の席に着く人と給仕をする者とは、どちらが偉いか。食事の席に着く人ではないか。しかし、わたしはあなたがたの中で、いわば給仕する者である。」もしヨハネ福音書につなげるなら、そう言ってから、イエスは食事の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれ、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い始めたのかもしれません。
ヨハネは、ここで「イエスは、・・・御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」と前置きしていますが、「この上なく愛し抜かれた」という部分を他の訳と比較してみましょう。口語訳は「彼らを最後まで愛し通された。」詳訳聖書は新共同訳と口語訳を合わせた訳で「彼らを最後まで〈この上なく〉愛された。」新改訳聖書は「その愛を残るところなく示された。」リビングバイブルも同様に「愛を余すところなく示されました。」フランシスコ会訳は「限りない愛をお示しになった。」文語訳は「極みまで之を愛し給へり。」岩波訳も「極みまで愛した。」
ギリシア語では「テロス」という言葉が使われていますが、時間的は「最後まで」、程度においては「極限まで、徹底的に」という意味で、ヨハネ福音書13章の場合は、その両方の意味を含んでいると考えられます。十字架の前夜、キリストの愛は最高潮に達していたということです。しかし、もう一歩進んで考えるなら、神の愛は十字架で終わったのではなく、今も続いているということではないでしょうか。私たちが御国に行くその日まで、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられるその日まで、最後まで、愛してくださるのです。
ちなみに、新約聖書に40回、テロスという言葉が使われますが、一番最後に使われるのは、ヨハネの黙示録22章13節、今年の御名の聖書箇所です。「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者、初めであり、終わりである。」私たちのしんがりとなってくださる神は、弟子たちの汚れた足を洗うことによって、とことんまで愛される愛を示されたのです。この愛を私たちもとことん信じて祈り続けます。「私の救いの原因である十字架、私を清め神化する十字架、天国の道である十字架、私のすべてである十字架」と。

次の日曜日は8月のオープン礼拝です。暑い時期ですが、ぜひお出かけください。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

GOD IS NOW HERE

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の5章から。

5:35 会堂長の家から人々が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」
5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。
5:37 そして、ペトロ、ヤコブ、またヤコブの兄弟ヨハネのほかは、だれもついて来ることをお許しにならなかった。
5:38 一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわめいて騒いでいるのを見て、
5:39 家の中に入り、人々に言われた。「なぜ、泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」
5:40 人々はイエスをあざ笑った。しかし、イエスは皆を外に出し、子供の両親と三人の弟子だけを連れて、子供のいる所へ入って行かれた。
5:41 そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。
5:42 少女はすぐに起き上がって、歩きだした。もう十二歳になっていたからである。それを見るや、人々は驚きのあまり我を忘れた。

今週も『あかしびと』の記事を少し紹介した後、マルコ福音書の5章の物語から学びました。
ある大学で一人の優秀な学生が、「神は存在しない」ということを力説し、黒板に大きな文字で、「GOD IS NOWHERE(神はどこにもいない)」と書きました。しばらく、その文字を見ていたクリスチャンの学生が私も同意すると言い、whereのwとhの間にスペースを空けて書き直しました。するとどうでしょう、その意味は全くちがうものに変えられました。「GOD IS NOW HERE(神は今ここにいる)」。人生のグラウンド・ゼロで泣き崩れ、倒れ伏すその場所に、神はおられるのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

8月のオープン礼拝



暑中お見舞い申し上げます。
今日から8月、夏バテなどされませんようにお過ごしください。

次の日曜日は、8月のオープン礼拝です。
オープン礼拝は、教会は初めてと言われる方にも入りやすい礼拝です。
8月のテーマは「ほんとうの自分」。
是非お出かけください。

日曜の朝10時半。弥富公園東、丘の上の教会。
入場無料、駐車場、こども部屋あり。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

勇気



今月18日に、105歳で亡くなられた聖路加国際病院の名誉院長、日野原重明先生の葬儀が先週の土曜日に営まれたと報じられていました。先生が訳されたバーナード・ウェーバー著の「勇気」という児童書があります。いろいろな勇気があることを教えてくれる素敵な本です。

・いきなり、補助輪なしでつっぱしるのも勇気。
・探偵小説の犯人を知りたくても、最後のページを見たりはしないのも勇気。
・しゃべらないと約束したとっておきの秘密を漏らさないのも勇気。
・真っ暗にして眠るのも勇気。
・髪をばっさり切ってもらうのも勇気。
・壊されても、またやり直すのも勇気。

政治家の失態や国会でのお粗末な答弁が連日報じられ、誰もが呆れていると思います。もう少しだけみんなに勇気があったら、こんなニュースはなくなるでしょうか。本当のことを話すのも勇気。「ごめんなさい」と謝るのも勇気。クリスチャンとしては、人が嫌がる仕事を率先してするのも勇気。辛い思いをしている人に寄り添い、一緒に祈るのも勇気。何よりも、キリストを伝えるのも勇気ということではないでしょうか。
礼拝で学んでいる『ヨハネによる福音書』のシリーズも13章に入ります。ヨハネ福音書は構造的に、12章までと13章からの2つに分けることができますが、12章の終わりのところで、前半部分を要約するようなイエスの叫びを聞き、13章は「さて、過越祭の前のことである」と仕切り直すかのような前置きで始まります。ヨハネ福音書は、12章で、キリストがろばの子に乗ってエルサレムに入城されたことが記され、続いて「一粒の麦」の譬えが語られました。すでにキリストの最後の一週間、受難週に入っているわけですが、ヨハネは他の福音書のように、その週の出来事については触れずに、13章では十字架の前夜、あの最後の晩餐の席まで話しをスキップさせます。つまり、ここではもうキリストの最後の24時間に突入しているのです。ヨハネは、ここに、最後の晩餐の席でなされた信じられない出来事をまるでビデオで収めるかのように事細かに記録しました。僕となって弟子たちの足を洗うイエスの姿です。これもキリストの勇気でした。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

最後まで愛する神

礼拝メッセージ 「最後まで愛する神」
聖書 ヨハネによる福音書13の1〜5
ヨハネによる福音書シリーズ(97)

13:1 さて、過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。
13:2 夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた。
13:3 イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り、
13:4 食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。
13:5 それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ローマ法王になる日まで



先週は「ハクソー・リッジ」という映画を紹介しましたが、もう一本、いま公開されている「ローマ法王になる日まで」という映画を紹介します。現ローマ法王フランシスコの知られざる激動の半生を描いた作品で、アルゼンチン出身、南米初のローマ法が誕生するまでの物語です。
2013年、第266代ローマ法王に就任したフランシスコは、貧しさや困難にあえぐ人々に寄り添った活動を展開し、環境問題や人種差別、金融システムにも物を申し、国境に壁を作ると発言したトランプ大統領に苦言を呈するなど、大きな影響力を持つ存在です。アメリカの音楽や政治を扱う雑誌ローリング・ストーンの表紙まで飾ったその人気は、“ロックスター”のようだとも喩えらます。
物語は、法王がまだベルゴリオと呼ばれていた青年時代から始まります。当時、アルゼンチンは軍事政権下にありましたが、謎の失踪者が後を絶たず、反政府の動きをする者は容赦なく殺害されました。若くしてアルゼンチンの管区長となっていたベルゴリオは、そんな時代の流れに翻弄されます。1985年、ようやくアルゼンチンの暗黒時代は幕を下ろしますが、ベルゴリオは失意のうちに、ドイツに渡りました。そして、ある日、引き寄せられるように足を踏み入れた教会で「結び目を解くマリア」という一枚の聖画と出会います。この一枚の絵が、その後の彼の人生を大きく変えていくという話しです。
プロテスタントの教会では、カトリックのように聖母マリアや聖人を通して願いごとをしたりはしません。直接キリストに向かって祈りますので、誤解しないようにしていただきたいのですが、結び目を解く神の恵こそ、神の救いではないでしょうか。それは私たちが自分では解けない多くの問題に悩まされているからです。国と国、宗教と宗教、個々の人間関係(夫婦、親子、学校、職場、教会でも・・・)が複雑化しています。何よりも神との関係がもつれ、ややこしくなっていないでしょうか。二つのものが、ほんとうの意味で一つになるために、まずもつれた結び目を解きほぐしていただかなくてはなりません。
ラザロの復活の物語を覚えていますか。手足を布でまかれたまま墓から出て来たラザロに対してイエスが語られた言葉です。「ほどいてやって、行かせなさい。」これがイエスの救いです。イエスは叫んで、こう言われた。「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。わたしは、世を救うために来たからである。」複雑に絡み合った結び目を解くために来たからである。「ほどいてやって、行かせなさい。」

蒸し暑い日が続いていますが、週末も元気でお過ごしください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ぶどうの木

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書15章から。

15:4 わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。
15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

今週は、今月の『ぶどう樹』を読み、『あかしびと』最新号の巻頭のことばから、「ぶどうの木」のお勧めを学んだ後、夏のリバイバルメッセージに短く取り組みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アニー マアミン



昨日の礼拝で、ホロコースト記念館のポーランド、イスラエル研修旅行に参加されたMさんから報告を聞きました。行く先々で疲労感を覚え、嫌悪感や虚しさを感じ、言葉を失うばかりであったと率直に語りながら、その暗い現実に光を投げかけたコルチャック先生、シンドラー、コルベ神父の足跡を辿ったこと、そこで受けた印章を中心に報告してくださり、感謝でした。
また、ホロコーストの地で、多くのユダヤ人と出会い、共に「アニーマアミン」というメシア(救世主)待望の歌を歌ったという報告は感動でした。『あかしびと』の最新号に、その「アニーマアミン」という歌のことが紹介されていますが、この伝統的なユダヤ教の祈りに、メロディーが付けられて最初に歌われたのは、ホロコーストのただ中においてだったそうです。収容所に向かうぎゅうぎゅう詰めの列車の中で、どんなことがあっても信仰を持ち続けることができるようにと、一人のラビが「アニーマアミン」を歌い始め、それが生存者によって歌い継がれてきました。その歌を、ホロコーストの地で、クリスチャンの私たちとイスラエルの人々が声を合わせて歌うとは、何という不思議でしょう。そもそもキリスト教とユダヤ教は、誰がメシアなのかということで絶えず言い争ってきましたが、もうメシアが誰であるかを論じるのをやめて、メシアの来臨を共に祈ろう、メシアがおいでになれば、すべてがわかるからということです。

アニーマアミン(わたしは信じる)
わたしはメシアがおいでになることを 全き信仰をもって信じます。
たとえ彼が遅くなられても それでもなおわたしは信じます。
わたしは毎日 彼が来られるのを待ち続けます。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

結び目を解くキリスト

礼拝メッセージ 「結び目を解くキリスト」
聖書 ヨハネによる福音書12の44〜50
ヨハネによる福音書シリーズ(96)

12:44 イエスは叫んで、こう言われた。「わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなくて、わたしを遣わされた方を信じるのである。
12:45 わたしを見る者は、わたしを遣わされた方を見るのである。
12:46 わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。
12:47 わたしの言葉を聞いて、それを守らない者がいても、わたしはその者を裁かない。わたしは、世を裁くためではなく、世を救うために来たからである。
12:48 わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わりの日にその者を裁く。
12:49 なぜなら、わたしは自分勝手に語ったのではなく、わたしをお遣わしになった父が、わたしの言うべきこと、語るべきことをお命じになったからである。
12:50 父の命令は永遠の命であることを、わたしは知っている。だから、わたしが語ることは、父がわたしに命じられたままに語っているのである。」

今日はホロコースト記念館の研修旅行に参加されたMさんの報告を聞かせていただきました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ハクソー・リッジ



今年度、アカデミー賞2部門を受賞したメル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」という映画が、日本でも公開されています。第2次世界大戦末期、激戦となった沖縄のハクソー・リッジの戦いで、戦場の常識を覆した一人のクリスチャンがいたという実話です。主人公はデズモンド・ドスは、志願して軍隊に身を投じますが、少年時代にある出来事を通して心に刻まれた「汝、殺すなかれ」という聖書の言葉を、強い信念を持って貫き、武器を取らず、負傷兵を助ける衛生兵として戦地に赴きます。
ハクソー・リッジ(のこぎりの崖)とは、日本の司令部があった首里から北に3キロ、150メートルにも及ぶ断崖絶壁の「前田高地」と呼ばれる場所に米軍が付けた名前です。1945年5月、ハクソー・リッジで激しい攻防がくり広げられました。日本軍の決死の総攻撃を受け、多くの死傷者を出した米軍は退却を余儀なくされますが、デズモンド・ドスは、銃弾が飛びかう中、そこに倒れている負傷兵を助けるため戦地を走り続けます。
彼は断崖絶壁から、一人ずつ抱きかかえるようにして負傷兵を下に降ろし、一人が終わるとまた一人を、敵味方の区別なく、なんと一晩のうちに、75人の命を救ったというのです。彼は、何度も口ずさむように言います。「Please Lord, help me get one more. Help me get one more(どうぞ主よ、私にもう一人助けさせてください。あと一人救わせてください)」と。
最後は、自分も手榴弾を受けて重傷を負い、スナイパーに腕を撃ち抜かれながら、ついに75人の命を救ったデズモンド・ドス。彼は自分が英雄にされることを望まず、2006年に87歳で亡くなるまで、物語が作品化されることを拒否しますが、10年を経て、彼の物語が公にされました。
神は、私たちがこの地上での戦いに疲れ果て、傷つき倒れ、置き去りにされているのをご覧になって、どうしてもあの一人を救い助けたいと、この世界に飛び込んで来られ、私たちのところまで走って来られました。
イエスは叫んで、こう言われました。「わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなく、わたしを遣わされた方を信じるのである。わたしを見る者は、わたしを遣わされた方を見るのである。わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。わたしは、世を裁くためではなく、世を救うために来たのである。」

梅雨も明け、こどもたちは夏休みに。
夏休みも大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me