命二つの中に生きたる桜哉



私たちに必要なことは、枯れることのない豊かな命、ぶどうの木であるキリストにつながっていることです。イエスは言われました。「私のうちに生きなさい。私もあなたたちのうちに生きよう」と。
松尾芭蕉の旅日記『野ざらし紀行』に、滋賀県は甲賀市にある水口という東海道の50番目の宿場町で詠まれた句があります。「命二つの中に生きたる桜哉」。
この句には、前書きがあって、「水口にて二十年を経て故人に逢ふ」とあります。ここで言う故人とは、昔馴染みという意味で、芭蕉の弟子であった同郷の服部土芳という人物のことだと言われています。芭蕉42歳、土芳29歳での再会でした。郷里の伊賀で土芳と別れたのは、彼がまだ9歳のころだったことになりますが、20年を経て、成長した土芳との再会が嬉しくてたまらなかったのでしょう。芭蕉が「命」という言葉を使うのは希なことだそうですが、「命二つ」という最初の五句がとても印象的です。
東日本大震災の年、震災の3日後に予定されていた卒業式が中止になり、卒業生に贈った言葉がインターネットで広まり話題になったのは、埼玉にあるミッションスクール、立教新座高校の校長であった渡辺憲司先生でした。この先生のスピーチが本になっていますが、同じ年の入学式の祝辞で、この芭蕉の句を引用しています。
「命二つという発想が、心に強く響いてきた・・・。私たちは、命を自分一人のものと考えがちです。かけがえのない命は、もちろん自分だけのもの。他の人と取り換えようのないものです。私は<命一つ>と考えていました。それを芭蕉は、まず<命二つ>と切り出したのです。
命は、自分一人のものですが、一人で支えているものではありません。・・・他者の存在なしに、命はありません。親と自分、友人と自分、他者と自己、それぞれがその命を自分の中に大切に抱えながら、親、友人、もうひとつの命に支えられ、<命二つ>の中で生きているのです。
命は一つで生きていくことはできません。 自分にかけがえのない命は、相手にとってもかけがえのない命なのです。・・・<命二つ>と、考えることは、相手の心に近づき、自分の身を相手に重ねることです。 互いに命の尊厳を認め合うということです。」
心に沁みる言葉ですが、キリストの言葉も「命二つ」という発想ではないでしょうか。ぶどうの木と枝。枝は木につながっていなければ実を結ぶことができず、木も枝なしには実を得ることはできない掛け替えのない存在、この命二つが出会う桜ならぬぶどうの木、それは十字架です。かつては呪いの象徴であった十字架が、イースターの朝、キリストの復活を通して命との出会いの場所となったのです。
キリストは今もあなたを呼んでおられます。20年どころではありません。なんと二千年もあなたと会えるのを待ち続けておられたのです。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。」「私のうちに生きなさい。・・・私もあなたたちのうちに生きよう」と。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子(の十字架と復活)を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わが魂よ、さめよ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編57編から、口語訳聖書で。

57:7 神よ、わたしの心は定まりました。
わたしの心は定まりました。
57:8 わたしは歌い、かつほめたたえます。
わが魂よ、さめよ。堅琴よ、琴よ、さめよ。
わたしはしののめを呼びさまします。

今週も春の京都聖会のメッセージを学ばせていただきました。
聖霊が私たちの心の琴線に触れ、聖なる美しい御名を唱えさせてくださる。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしにも現れた



「忖度」とか文章の「改ざん」とかが問題になっていますが、アメリカの37代大統領リチャード・ニクソンの側近であったチャック・コルソンが、イエスの復活についてこんな興味深いことを語っています。チャック・コルソンは、ウォーターゲート事件への関与で有罪となった人物でしたが、獄中で回心し、クリスチャンとなりました。彼の言葉です。「イエスの復活が事実かと質問されると、私は『弟子たちと五百人の人たちは、自分が目撃した事実を書いているのだ』と答える。すると、『どうしてそれが事実だとわかるのか』との質問が返ってくる。そこ私は、ウォーターゲート事件を例にとって説明する。
この事件は、大統領に忠誠を誓った側近が共謀して起こした事件であった。しかし、側近の一人ジョン・ディーンは、当局の調査が始まってたった2週間で、自分の身を守るためにニクソンに不利な証言をした。たった2週間でこの事件の隠蔽工作は失敗に終わった。すると、だれも彼もが罪を軽くしてもらうために証言を始めたのだ。
大統領の側近たちが直面していたのは、死の危険性ではなく投獄の可能性であった。しかし、イエスの弟子たちは死の可能性に直面していた。それにもかかわらず、彼らは、最後まで、イエスは復活したという証言を曲げることはなかった。もしそれが陰謀だとするなら、殺される前にその中の一人くらいは白状していただろう。人は真実のためには命を捨てられても、嘘のために死ぬことはできない。ウォーターゲート事件の隠蔽工作の失敗は、そんな人間の本性を明らかにしたのだ。
イエスの弟子たちは、イエスの復活を否定することはできなかった。復活のイエスに出会ったからである。二千年経っても、イエスが復活し、今も生きているという事実は変わらない。その事実が、世界中のクリスチャンたちを励ますのだ。この事実の上に、私たちは自分の人生を築き上げるのだ」と。
イースターの出来事には、何の忖度も、文章の改ざんもなかったのです。コリントの信徒への手紙一15章は使徒パウロによる主の復活の証言集です。そこでパウロは自らが伝えた福音についてこう語っています。「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後12人に現れたこと、・・・そして最後に、わたしにも現れたこと」です。キリストが、私にも現れたこと。これがイースターの真実です。これが、聖書が伝える最も大切なことなのです。

新しいシーズンです。入学、就職、おめでとうございます。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

命二つ

イースター礼拝
メッセージ 「命二つの中に生きたる桜哉」
聖書 コリント人への手紙第一15の3−8、ヨハネによる福音書15の1-5
ヨハネによる福音書シリーズ(117)

コリント人への手紙第一
15:3 最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、
15:4 葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、
15:5 ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。
15:6 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大部分は今なお生き残っています。
15:7 次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、
15:8 そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。

ヨハネによる福音書
15:1 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。
15:2 わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。
15:3 わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。
15:4 わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。
15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

ヨハネによる福音書(詳訳聖書)
15:4 私のうちに住みなさい。そうすれば私もあなたたちのうちに住もう〈私のうちに生きなさい。そうすれば私もあなたたちのうちに生きよう〉。ちょうど枝がぶどうの木についていなければ〈生命的な結合を持っていなければ〉自分ひとりで実を結ぶことができないように、あなたたちも、私のうちにとどまっていなければ、実を結ぶことはできない。

春の召天者記念礼拝、進級進学の祈り、教会学校のお楽しみ会、たくさんの感謝と笑顔でいっぱいの礼拝でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

実を結ばない枝は



キリストが語れたぶどうの木と枝の話し、よく読むと枝には2種類あることがわかります。実を結ばない枝と実を結ぶ枝です。そして、「実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる」と言われています。聖書の中で、こういう言葉に出会うと、正直戸惑い、恐れを感じます。こういう言葉に出会って、悔い改めに導かれることも大切ですが、イエスの言葉の真意はどこにあったのでしょう。
大切なことは、前提として「わたしにつながっているわたしの枝」と呼ばれていることです。ここで「取り除かれる」と訳されているギリシア語の「アイロウ」の正確な意味は、「持ち上げる」「取り上げる」です。当時、パレスチナでぶどう栽培は、ぶどう棚を使ったものではなく、地面を這わせるスタイルのものだったようです。それは乾燥地帯であるパレスチナで、ぶどうの木に夜露や朝露を吸収させるためでした。今でも、そのようなぶどう畑を見ることができるそうですが、枝に実を結ばせるためには、枝と地面との間に適度な空間を作る必要がありました。そこで農夫は、大きめの石を地面に敷いて、その上に枝を這わせたのです。そうすることで、光と風、水分が行き届いて、枝は甘い実を結ぶようになるというのです。愛である神は、ぶどうの木につながっている枝を見捨てるようなお方ではありません。私につながっている枝で実を結ばないものがあれば、農夫である父は身を屈めてそれを持ち上げてくださるのです。信仰が地面を這うように落ち込むことがあっても、神は必ずあなたを引き上げてくださいます。だから、恐れないで、キリストにつながり続けていればよいのです。今はまだ実を結べていなくても。

今日は聖金曜日、次の日曜日がイースター(復活祭)です。
イースター礼拝(4月のオープン礼拝)は4月1日(日)朝10時半から。
弥富公園東、丘の上の教会へ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

4月のオープン礼拝



次の日曜日は4月のオープン礼拝です。
オープン礼拝は教会は初めてと言われる方にも入りやすい礼拝です。
教会暦では今週が受難週、次の日曜日がイースター(復活祭)になります。
よみがえられた主をともに賛美し礼拝いたしましょう。

4月から新生活を始める方のために祝福を祈ります。
礼拝に続き、納骨堂では春の召天者記念礼拝がもたれます。
教会学校では春のおたのしみ会も計画されています。
ぜひお出かけください。

日曜の朝10時半。弥富公園東、丘の上の教会。
入場無料、駐車場、こども部屋あり。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリストを宣べ伝える

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書の9章から。

9:35 イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。
9:36 彼は答えて言った。「主よ、その方はどんな人ですか。その方を信じたいのですが。」
37 イエスは言われた。「あなたは、もうその人を見ている。あなたと話しているのが、その人だ。」
9:38 彼が、「主よ、信じます」と言って、ひざまずくと、
9:39 イエスは言われた。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」

今週は受難週、祈祷会も前半は主のご苦難を偲ぶ黙想会、後半はdvdによる京都聖会の報告集会としました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

まことのぶどうの木



ヨハネ福音書の15章に入ります。十字架の前夜、過越の食事となる最後の晩餐が終わった後、弟子たちに語られたイエスの最後の教えが続きます。14章の最後の所で、食事をした大広間のある家を出てゲッセマネの園に向かって歩み始めた一行でしたが、イエスは何度も立ち止まって弟子たちに話を続けられました。月夜に、ぶどう園が目に入ったのかも知れません。譬えの名手であるイエスは、ここで有名なぶどうの木の譬えを話されたのです。
「わたしはぶどうの木、しかもまことのぶどうの木である。」なぜキリストは「まことの」ぶどうの木なのでしょう。今年も桜の季節ですが、桜が日本を象徴する木であるように、聖書の国イスラエルを象徴するのはぶどうの木です。イザヤ書5章7節、「イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑」、エレミヤ書2章21節、「わたしはあなたを、甘いぶどうを実らせる、確かな種として植えた」、詩編80編9節、「あなたはぶどうの木をエジプトから移し・・・これを植えられました」など、旧約聖書にはくり返し、イスラエルがぶどうの木また畑として描かれています。
しかし、ほとんどの場合、それらの描写はイスラエルの罪と裁きの記事へと続きます。神はイスラエルを良いぶどうとして植え、大切に手入れし、甘いぶどうが実るのを期待しましたが、実ったのは酸いぶどうでした。イスラエルは、不信仰と不従順によって、神の期待には応えることができなかったのです。その結果、神のぶどう畑は荒れ果ててしまいました。そこで、イエスは「まことの」ぶどうの木として、イスラエルの罪を贖い、神の御心を成就するために来られたのです。ですから、キリストの言葉には、だれでも「まことの」ぶどうの木である私につながっていれば、神の期待に応えて、豊かな実を結ぶことができるようになるという、神の深い愛が示されているのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

まことのぶどうの木

棕櫚の聖日(受難週)聖餐式
礼拝メッセージ 「まことのぶどうの木」
聖書 ヨハネによる福音書15の1-5
ヨハネによる福音書シリーズ(117)

15:1 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。
15:2 わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。
15:3 わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。
15:4 わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。
15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

エマオ出版訳
15:1 わたしはぶどうの木、しかもまことのぶどうの木です。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

十字架とキリスト像



教会暦では次の日曜日が棕櫚の聖日で、その日からキリストの最後の一週間(受難週)が始まります。こんな話しを読みました。
2003年の8月、ニューヨークにあるホーリークロス教会に泥棒が入りました。泥棒は献金箱と十字架のキリスト像を盗んで行ったそうです。キリスト像は等身大のもので重さが100キロ以上あったのですが、泥棒はキリスト像を十字架から取り外し、十字架を残して、ご像だけを持って行きました。教会のスミス神父は「どうして泥棒が十字架を残し、キリスト像だけを持って行ったのか、私にはわからない。十字架像というものは、キリストと十字架が一つになって、はじめて意味のあるものだから」と語ったそうです。
もしかするとこれは泥棒の話ではないのかもしれません。キリストと十字架が一つであるように、私たちクリスチャンも十字架と一つです。私たちは、キリストを十字架から外して、キリストだけを手に入れようとしてはいないでしょうか。キリストの愛、恵み、祝福、癒しはいただくが、十字架は、試練は、苦難は、犠牲は要らない、そんな態度をとってはいないでしょうか。キリストは言われました。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と。

3月25日(日)棕櫚の聖日の礼拝・聖餐式。
4月1日(日)4月のオープン礼拝はイースター礼拝。進級式。礼拝に続き春の召天者記念礼拝。
教会学校のお楽しみ会も計画されています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me