エデンの東

メッセージ 「エデンの東」
聖書 ヨハネの手紙一 3の11〜18
ヨハネの手紙シリーズ(19)

3:11 なぜなら、互いに愛し合うこと、これがあなたがたの初めから聞いている教えだからです。
3:12 カインのようになってはなりません。彼は悪い者に属して、兄弟を殺しました。なぜ殺したのか。自分の行いが悪く、兄弟の行いが正しかったからです。・・・
3:14 わたしたちは、自分が死から命へと移ったことを知っています。兄弟を愛しているからです。愛することのない者は、死にとどまったままです。
3:15 兄弟を憎む者は皆、人殺しです。あなたがたの知っているとおり、すべて人殺しには永遠の命がとどまっていません。
3:16 イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです。・・・
3:18 子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ほんとうにここでは

メッセージ 「ほんとうにここでは」
聖書 ヨハネの手紙一 3の1〜3
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(18)

3:1 御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。
それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。
世がわたしたちを知らないのは、御父を知らなかったからです。
3:2 愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。
しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。
なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。
3:3 御子にこの望みをかけている人は皆、御子が清いように、自分を清めます。


Dear friends, now we are children of God, and what we will be has not yet been made known.
But we know that when he appears,we shall be like him, for we shall see him as he is.

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ずっと愛されてた

10月のオープン礼拝
メッセージ 「ずっと愛されてた」
聖書 ヨハネの手紙一 3の1〜3
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(17)

3:1 御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。
それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。

わたしたちが神の子と呼ばれるためには、どんなに大きな愛を父から賜わったことか、よく考えてみなさい。
わたしたちは、すでに神の子なのである。口語訳

What marvelous love the Father has extended to us! Just look at it;
we're called children of God! That's who we really are. ---The Message

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

みことばにとどまる

メッセージ 「みことばにとどまる」
聖書 ヨハネの手紙一2の28〜29
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(16)

2:28 さて、子たちよ、御子の内にいつもとどまりなさい。そうすれば、御子の現れるとき、確信を持つことができ、御子が来られるとき、御前で恥じ入るようなことがありません。
2:29 あなたがたは、御子が正しい方だと知っているなら、義を行う者も皆、神から生まれていることが分かるはずです。

二週、間が開くとひさしぶりという感じですが、今日はホームグランドで落ち着いて礼拝をささげることができました。考えてみれば、9月は夏の終わりのコンサートにはじまり、岐阜でのチャペルコンサート、そして京都の聖会とイベント続きでしたので、なかなか落ち着きませんでした。気がつけば9月も最後の日曜日。今週からは10月に入ります。ようやく秋めいてきた今日この頃ですが、実り豊かなシーズンとなりますように。今週も主と共に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

希望がある

ファミリー礼拝
メッセージ 「希望がある」 宮本裕美師
聖書 エレミヤ書29の11、31の17

29:11 わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。
31:17 あなたの未来には希望がある、と主は言われる。

京都の聖会も恵みにあふれた聖会となりました。全国高校生大会の証も最高に素晴らしかったです。証に立ってくれたHさん、M君、ほんとうにありがとう。お祈りくださったみなさんにも心から感謝します。
聖会のメッセージを心に刻みつつ、いよいよ今年の終盤戦です。「あなたが彼らに食べ物を与えなさい。」
最後になりましたが、今回も大聖会の準備を陰日向でしてくださった先生方、事務局のみなさんに心から感謝いたします。またボランティアとして協力してくれたヨハネ会のみなさんもありがとうございました。SDG

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

その木のように



メッセージ 「その木のように」 伊藤エリ子師
聖書 イザヤ書45の4〜5

シオンの義が 朝日の輝きのようにあらわれいで、エルサレムの救が燃えるたいまつの様になるまで、わたしはシオンのために黙せず、エルサレムのために休まない。イザヤ書62の1(口語訳)

ある旅人が、砂漠を旅していた。
歩いているうちに空腹になり、疲労困憊し、のどがカラカラに渇いて死にそうになった。
そんなとき、旅人はある木に出会った。その木の実は甘く、木陰には涼しい風が吹き、木のそばには水が湧き、川が流れていた。
旅人は木の実を食べ、その川から水を飲み、木陰で休むことができ、すっかり生き返った。旅人はそこを去る際に言った。
木よ、木よ、私は何をもってあなたを祝福しようか。
「あなたの実が甘くなるように」と言おうか。しかし、あなたの実はすでに甘い。
「あなたの木陰に涼風が吹くように」と言おうか。しかし、あなたの木陰にはすでに涼しい風が吹いている。
「あなたのそばに水が湧きあふれるように」と言おうか。しかし、あなたのそばには、すでに川が流れている。
では、このように祝福しよう。
あなたから生まれてくるすべてのいのちが、あなたのようになるように。

---バビロニアタルムード・タアニート

岐阜でのチャペルコンサートのためにお祈りをありがとうございました。新しい出会いも与えられ、祝福のうちに、コンサートを終えることがたことを主に感謝します。準備してくださった先生方、教会のみなさまにも、感謝します。聖歌隊のみなさんも素晴らしかったです。二週連続でのコンサート、お疲れさまでした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

祝福を祈ります



9月のオープン礼拝 夏の終わりのコンサート
メッセージ 「祝福を祈ります」
聖書 ヨハネの手紙三 2節
ヨハネの手紙シリーズ(特別編)

愛する者よ、あなたの魂が恵まれているように、あなたがすべての面で恵まれ、
健康であるようにと祈っています。

献堂40周年記念の特集も、3月の献堂記念聖会、5月のクラッシックコンサートに続いて、今回が第3弾。今日は、地域のママさんコーラスが参加してくださることもあって、朝からご近所の方々が次々と教会においでになられ、時間前に小さな礼拝堂がいっぱいになった。この地に教会が建って40年、これまで以上に、地域のみなさんに愛され、喜ばれる教会になりたいと思わされた。夏の終わりと言うには少々暑すぎる、文字通りサマーコンサートという感じであったが、またひとつ素晴らしい夏の思い出ができた。
聖歌隊の賛美も、コールJOYと子どもたちの歌声も最高でした。裏方で軽食の準備をしてくださった方々、遠くから近くからご来会くださった方々、みなさまに心から感謝いたします。すべての栄光は神に。SDG

来週は岐阜市長良東にある聖イエス会岐阜教会でコンサートをもたせていただくことになっています。
お近くの方があれば、ぜひおいでください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエス様について行く

メッセージ 「イエス様について行く」
聖書 ヨハネの手紙一2の22〜27
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(15)

2:22 偽り者とは、イエスがメシアであることを否定する者でなくて、だれでありましょう。御父と御子を認めない者、これこそ反キリストです。
2:23 御子を認めない者はだれも、御父に結ばれていません。御子を公に言い表す者は、御父にも結ばれています。
2:24 初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。
2:25 これこそ、御子がわたしたちに約束された約束、永遠の命です。
2:26 以上、あなたがたを惑わせようとしている者たちについて書いてきました。
2:27 しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要がありません。この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。

今日は午後から、来週のコンサートのリハーサルが行われました。今年、毎週の礼拝で歌ってきた曲を中心に歌うことになっています。このコンサートから高校生が1人、新たにメンバーに加わり賛美します。高校生大会の準備を始めて頃から、練習に参加するようになっていたのですが、いよいよ来週デビューです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

油を注がれている

礼拝メッセージ 「油を注がれている」
聖書 ヨハネの手紙一 2の18〜21
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(14)

2:18 子供たちよ、終わりの時が来ています。反キリストが来ると、あなたがたがかねて聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。これによって、終わりの時が来ていると分かります。
2:19 彼らはわたしたちから去って行きましたが、もともと仲間ではなかったのです。仲間なら、わたしたちのもとにとどまっていたでしょう。しかし去って行き、だれもわたしたちの仲間ではないことが明らかになりました。
2:20 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。
2:21 わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知り、また、すべて偽りは真理から生じないことを知っているからです。

今日の礼拝も全国高校生大会に参加した高校生が証に立ってくれました。その姿から感動が伝わってきました。求道者の方も御名をあふれさせ、いつもより興奮気味で帰って行かれました。三年ぶりに礼拝に顔を見せてくださった方もあり、感謝な礼拝でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ヒズ・ウエイ

メッセージ 「ヒズ・ウエイ」
聖書 ヨハネの手紙一2の12〜17
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(13)
 
2:12 子たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、イエスの名によって、あなたがたの罪が赦されているからである。
2:13 父たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが、初めから存在なさる方を知っているからである。若者たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである。
2:14 子供たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが御父を知っているからである。父たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが、初めから存在なさる方を知っているからである。若者たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが強く、神の言葉があなたがたの内にいつもあり、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである。
2:15 世も世にあるものも、愛してはいけません。世を愛する人がいれば、御父への愛はその人の内にありません。
2:16 なぜなら、すべて世にあるもの、肉の欲、目の欲、生活のおごりは、御父から出ないで、世から出るからです。
2:17 世も世にある欲も、過ぎ去って行きます。しかし、神の御心を行う人は永遠に生き続けます。

全国高校生大会に参加した高校生が証をしてくれました。あの感動がよみがえります。
今日は各地で報告集会が持たれているようです。感謝の証をぜひ送ってください。
明日からは教区のサマーキャンプが三重県は志摩市のともやま公園でもたれます。お祈りください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me