愛しておられたので



過越祭が近づいた頃、エルサレムを離れていたイエスのもとに、ベタニア村のマルタとマリアの姉妹から使いがやって来て言いました。「主よ、あなたの愛しておられる者が病気なのです。」ラザロが危篤との知らせです。その時イエスがいた場所からベタニアまで、急ぎ足で一日ほどの距離でした。マルタとマリアは、イエスがすぐにでも来てくれると期待していましたが、イエスはすぐには出発せず、さらに二日そこに留まっていました。
私たちが使っている新共同訳聖書では、5節の後、6節に移るのに接続詞がありませんが、本来は「それだから」という、少し意味づけを難しくする接続詞がついています。新改訳聖書では、「イエスはマルタとその姉妹とラザロを愛しておられた。そのようわけで、イエスは、ラザロが病んでいることを聞いたときも、そのおられた所になお二日とどまられた」と、接続詞を訳しています。詳訳聖書も、「それゆえ」という接続詞を入れ、現代語訳聖書も「イエスは・・・ラザロを特別に愛しておられたので・・・なお、二日間そこにいて、動こうとはされなかった」と、イエスが彼らを(特にラザロを)愛していたことが、出発を遅らせた理由であったことを説明しています。愛しているのなら、すぐに行くのではと考えてしまいますが、この疑問を解くのが、物語全体の鍵でもある4節の言葉です。実存主義の思想家キルケゴールは、この4節の言葉から、「死に至る病」という著書を著し、絶望について論じましたが、イエスは「この病は死で終わるものではない。神の栄光のため、また神の子が栄光を受けるためである」と語り、その時をじっと待たれたのです。
7節の「それから」と言うのは、二日の後、三日目ということになりますが、イエスは弟子たちに「もう一度、ユダヤに行こう」と言います。弟子たちは、慌てた様子で、あるいはあきれた様子で、それを阻止しようとしますが、イエスは「わたしの友ラザロが眠っている。わたしは彼を起こしに行く」と答えます。弟子たちは、「眠っているだけなら助かるのでは」と言いましたが、イエスは「ラザロは死んだのだ」とラザロの死をはっきりと告げ、さらに言葉を続けられました。「わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたにとってよかった。あなたがたが信じるようになるためである。さあ、彼のところに行こう」と。
ここにも、愛する友ラザロの危篤を知らされて、なお二日居た場所に留まった理由が語られています。それは弟子たちが信じるようになるためだと・・・。4節には「神の子が栄光を受けるため」とありましたが、イエスがこの出来事を通して、お受けになる栄光とは、そして弟子たちがそれを信じるようになるとはどういうことでしょうか。ヨハネ福音書は、くり返しイエスの栄光について述べていますが、それはイエスが全人類の罪の贖いとして十字架の上で死に、永遠の命が人々に与えられることを指しています。
「人の子が栄光を受ける時が来た。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」とのイエスの言葉は有名ですが、これはイエスの死と復活によって、人々が永遠の命を受けることを語っています。ですから、ヨハネ福音書は、ラザロの死と復活を、イエスの死と復活と重ね合わせるように、私たちがそれを信じるように導くのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

沈黙



昨日2月5日は日本26聖人の記念日でした。キリシタンへの弾圧と迫害の歴史が幕を落としました。そんな時代を背景に、迫害下にある長崎を舞台に描かれたのが、今話題の「サイレンス」、遠藤周作の「沈黙」です。スコセッシ監督が、28年を費やして完成させたハリウッド版の「沈黙」。すでに見に行かれた方が、自分の信仰を探られ、魂を揺さぶられたと話していました。
キリシタンが迫害されていく最中、どうして神は沈黙されたのかというテーマが掘り下げられ、踏み絵を踏んだキリシタンに光を当てた作品は、50年前に出版された当初はカトリック教会、特に九州の教会では禁書とされた、キリスト教のタブーに挑んだ作品でもあります。
島原の乱が鎮圧されて間もない頃、キリシタン禁制の厳しい日本にポルトガルの祭司ロドリゴと言う人物が潜入します。彼は何度も踏み絵を踏んで棄教したキチジロウという人物を赦せないでいまいたが、ロドリゴも最後は、踏み絵を踏んでしまいます。
「司祭は足をあげた。足に鈍い重い痛みを感じた。それは形だけのことではなかった。自分は今、自分の生涯の中で最も美しいと思ってきたもの、最も聖らかと信じたもの、最も人間の理想と夢にみたされたものを踏む。この足の痛み。 その時、踏むがいいと銅版のあの人は司祭に向かって言った。 踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番よく知っている。 踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつため十字架を背負ったのだ。こうして司祭が踏絵に足をかけた時、朝が来た。鶏が遠くで鳴いた。」
小説の最後のページは、ロドリゴとキチジロウとの会話で終わりますが、主が沈黙の意味を告げられます。「私は沈黙していたのではない。一緒に苦しんでいた」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わが心うばえり



ラザロが危篤でした。二人の姉は「主よ、あなたの愛しておられる者が病気なのです」と、それだけをイエスに伝言しています。ここから、ヨハネが伝える7つのしるしの最後にして最大のしるし、ラザロの復活の物語が始まりますが、奇跡物語に入る前に、イエスが愛されたベタニア村と、そこに住んでいたマルタ、マリア、ラザロの姉弟のことを、まず考えてみましょう。
彼らが住むベタニアとは、エルサレムから3キロほどの場所にありました。ベタニアとは「悩む者の家」という意味です。この姉弟がいつ頃からイエスと親しい関係にあったかはわかりませんが、イエスの最後の一週間、「夕方になると、イエスは弟子たちと都の外に出て行かれた」と書かれているので、きっと彼らの家から神殿に通っていたのでしょう。イエスにとって、彼らの家は憩いの場であり、お気に入りの隠れ家だったのです。
ルカ福音書の10章には、イエスが突然、彼らの家を訪問された時のことが記されています。イエスがもうすぐ来られると聞いて、マルタはせわしなく動き回っていました。いろいろな訳の聖書を見ると、「てんてこ舞い」の忙しさで、「気が落ち着かず」「とりみだしていた」「忙殺されていた」と訳していました。何からどう手を付けたらよいのかわからない状態で、ついにイライラを募らせ、妹に八つ当たりし、最後には、まるでイエス様が悪いかのように、「主よ、妹は私だけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか」と、マルタは不満を爆発させてしまいました。彼女は、後でどれだけ恥ずかしい思いをしたことでしょう。でも私はマルタが大好きです。聖書の中で、彼女ほどエプロンの似合う女性はいないと思っています。実際に彼女のしたことは必要なことであって、何一つ無駄ではありませんでした。しかし、順番の選択には問題がありました。もし、彼女が無くてならぬもの、ただひとつ必要なことを知っていたなら、彼女のもてなしそのものが全く別のものになっていたと思うからです。マリアはどうだったでしょう。「マリアは主の足もとに座って(これは弟子の姿)、その話に聞き入っていた」と書かれています。わかりやすく言うなら、マルタとマリア、二人の手には目に見えないお皿がありました。マルタは、たくさんのご馳走でイエスをもてなそうとして、あれもこれもとお皿をてんこ盛りにしていたのです。しかし、マリアはまず空のままのお皿を持って、イエスの足もとに座り、養われることから始めました。みなさんは、彼女がこの後もずっとそこに座り込んでいたと思われるでしょうか。私はそう思いません。彼女はこの後、エプロンを着け、颯爽とイエスとその一行をもてなしたにちがいありません。しかし、彼女はイエスの足もとに座って、その御口から語られる言葉に心をときめかせ、恵みの言葉に養われることを第一に選んだのです。今日、私たちはどんなお皿を持って主の御前に出ているのでしょうか。空の器を持って、主の足もとに留まりましょう。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。」

大槻牧師が書かれた「聖地賛歌(初版)」の中に、ベタニア村の印象が「わが心うばえり」という題で記されています。その文章の中で、ベタニアのマリアのことが、旧約聖書の雅歌の御言葉を使って紹介されていました。「わが花嫁よ、あなたはわたしの心を奪った。」この言葉を新共同訳聖書ではこう訳しています。「わたしの花嫁、あなたわたしの心をときめかす。」イエスはベタニアを愛されました。「あなたは私の心をときめかす」と言われるほどに、イエスの心を奪ってしまったのです。現実には、多くのことに思い悩み、心を乱すことがあります。文字通り「悩む者の家」です。それでもイエスはベタニアを愛されました。どうしてでしょう。そこにイエスに心をときめかす人がいたからです。御言葉に聞き入り、み足もとに留まる者がいたからです。

次の日曜日は2月の最初の礼拝です。毎月第一日曜日は、礼拝は初めてと言われる方にも入りやすいオープン礼拝です。
今年は聖書を読んでみようと思っておられるみなさん、ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

レオネよ、よく聞きなさい



先週紹介した「まことの智にいたるまで」は、アシジの聖フランシスコの晩年の苦悩を描いた作品です。先週は、ルフィーノという弟子の話でしたが、本の終わり頃に、レオネという弟子とフランシスコとのこんな語らいが記されています。レオネが尋ねます。「いったいいつになったら、心の清い者になれるのでしょうか。」(これは、いつになったら、キリストと一つになれるのかと思い悩んでいる私たちの問いかけでもあります。)
フランシスコの答えはこうです。「ああレオネよ、よく聞きなさい。自分の心が清いかどうか、そんなに心配してはいけない。目を神に向けなさい。神をたたえなさい。神が完全に聖なるお方であることを喜びなさい。そのことだけを見て、神に感謝しなさい。そうすれば、清い心を持つことができる。神に向かう時、自分自身のことを振り返ってはならない。どれほど神と一致しているか、などと考えてはいけない。自分自身の不完全さや、罪の深さをあからさまに見て悲しむのは、・・・あまりに感情的だ。・・・心の清い者とは、生ける神を絶えず礼拝している者のことなのだ。そのような人は神の命そのものと深く結ばれ、どんな惨めの中でも、神の永遠の喜びを深く感じることができる。・・・あなたにとっては、神が神でいられることだけで十分なのだ。・・・あなたのなすべきことは、ただ自分のむなしさを知って、そのむなしさをありのままに受け入れることだ。そうするならば、神は一層自由に、あなたの無の中に創造のみわざを続ける場をお持ちになるのだ。」
本のあとがきには、こう書かれています。訳者の言葉です。「私自身、どれほどこの書から多くの光となぐさめを見出したことであろう。原著のもつ高い霊的香気を充分訳出し得ない未熟さもかえりみず、この書を世に送ろうとするのは、『すべての人は聖人に召されている』という福音の理想が、決して現実ばなれしたものではなく、それこそ、平凡な、失敗やつまずきに歩みも滞りがちな日々の営みの中に差し伸べられている、父なる神の愛の招きに外ならないことを、一人でも多くの人に知ってもらいたいからである。」
すべての人は聖人に召されている。失敗やつまずきに歩みも滞りがちな日々の営みの中で、それでも「わたしにつながっていなさい」と招かれるキリストの招きに、感謝し、心ときめかせ、信頼する人でありたいと思います。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わかるか、ルフィーノ



「あの高い所に着くように急ごう」。高校1年の秋に、初めて京都の聖会に出席し、そこで聞いたメッセージです。副題があって、「十字架生活と御名の連祷」と付けられていました。アシジの聖フランシスコの晩年の苦悩を描いた「まことの智にいたるまで」という本の中から、一つのエピソードが、そのまま語られた印象的な集会でした。
フランシスコの精神(何も持たずに)を理解できない、後から加えられた人々が「改革が必要だ」と言い始める中、フランシスコは「福音は直される必要はない」と言い残し、自分の手で修復した懐かしいサンタ・マリア聖堂に向かっていました。その時に語られるのがこの一節です。「あの高い所へ着くように急ごう。あそこには、福音の真の住居がある。あの山では空気はもっと澄んでいるし、人々はもっと神に近くいる。」
しかし、そこにもまた、悲しい出来事が待ち受けていました。最初からの兄弟であったルフィーノの離反です。フランシスコは、十字架のもとで主の御声を聞いてやって来たすべてのことが音を立てて崩れていくように思え、失望落胆します。そのような状態で、その年の受難週、聖金曜日を迎えます。かつてから、聖金曜日にはあそこで十字架の黙想をしようと決めていた場所に行き、詩編の中から、主が十字架の上で語れた言葉を味わっていました。「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか。」これは、すべてのものから見捨てられ、御父からさえも見捨てられ、天涯孤独の身となられたキリストの比類のない言葉です。彼は、十字架の言葉の中で、キリストと固く結ばれていくのを感じました。それはキリストの十字架にあやかる恵みでした。十字架という原点を抜きにして、キリストとの一致はあり得ません。私たちも祈りましょう。「私の救いの原因である十字架、私を清め神化する十字架、天国への道である十字架、私のすべてである十字架。私の神よ、私のすべてよ」と。
その時です。だれかが後ろから、フランシスコの袖を引っ張りました。ルフィーノです。ルフィーノが帰って来たのです。やがてフランシスコとルフィーノとの親しい語らいが始まります。ルフィーノが言います。「私は主のために自分を捨てたと思い込んでいました。でもそうではありませんでした。謙遜になろうと卑しい仕事も進んでしました。でもそれは義務からだったのです。そこに喜びはありませんでした。やがてこのような生き方が嫌になり、あなたのもとから離れて行ったのです。・・・私は自分の道が間違っていることに気づきました。福音とは違う精神に導かれていたのです。仕事が変わって世間を捨てたと信じ込んでいましたが、魂が変わっていませんでした。それがわかった瞬間、私の考えはひっくり返ったのです。私を照らした光が空しく消えてしまわないうちに、私はここに戻って来ました。その時から、光はますます輝いてきました。平安もまたそうでした。私は今、籠から解き放たれた小鳥のように自由です。」
祈りの時間を告げる鐘が鳴ったので、二人は立ち上がりましたが、フランシスコはルフィーノの腕をつかみ、「言っておかなければならないことがある」と言って、話し始めました。「主のお助けによって、お前は自分自身を乗り越えた。だが今後、10回も、20回も、100回も自分自身を乗り越えていかなくてはならないだろう。」ルフィーノは言います。「霊父様、私は恐れます。もうこんな戦いを、戦う勇気はありません。」フランシスコは答えます。「戦えばそこに到達できるというものではない。神を礼拝しながら、そこに到達するのだ。神がおられる。それで十分なのだ。わかるか、ルフィーノ。」
これが高校1年生の秋、私の心に刻まれた信仰生活の原点です。「私は物事に迷うと、そもそも自分は何でこれをやっているのかと、自分の原点に戻ろうとします。そうすると、今の自分がすべきことが見えてくるんです。」イエスは、再びヨルダンの向こう側、ヨハネが最初に洗礼を授けていた所に、ご自分の原点に帰って行かれた。私たちも絶えず原点に戻り、いまの自分がなすべきことを確かめましょう。


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

原点に戻る



今年も礼拝でヨハネ福音書の続きを学びます。10章の最後の部分からになりますが、ヨハネはキリストが十字架に上げられる約半年前の出来事を、7章から仮庵祭(スコットと呼ばれる秋の祭)を中心に注意深く描いてきました。9章では仮庵祭の後、シロアムの池でなされた盲人開眼の奇跡、10章ではそれに続いて、キリストが十字架を暗示しながら、良い羊飼いの譬えを語られ、10章の後半では神殿奉献記念祭(ハヌカと呼ばれる冬の祭り)においてイエスが「わたしと父とは一つである」と語られた所まで昨年学びました。
次回は11章に進みますが、ラザロの復活の奇跡が描かれます。それは、いよいよキリストが十字架に上げられる過越祭(ペサハと呼ばれる春の祭り)が近づいた頃の話になりますので、その間、3ヶ月ほどのことが、10章の最後の部分に記されていることになります。
ヨハネ福音書は21章からなりますが、ラザロの復活の後、11章の最後の所でイエスを殺す計画が具体化されますので、これから学ぶ福音書の残り半分は十字架の物語と言っても、決して言い過ぎではありません。それでは十字架の物語を描き始めるに当たって、福音記者ヨハネは私たちに何を伝えているのでしょう。
「イエスは、再びヨルダンの向こう側、ヨハネが最初に洗礼を授けていた所に行って、そこに滞在された。」福音書の1章に描かれた洗礼者ヨハネのことを覚えているでしょうか。洗礼者ヨハネは、自分の所に悔い改めのバプテスマを受けに来る群衆に向かって、「わたしの後から来る方は、わたしよりすぐれたお方で、わたしはその履物の紐を解く資格もない」と語り、ついにイエスが現れ、イエスの上に御霊が降るのを見て、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ」と、イエスを証ししました。あれから3年、いま何が起こっているかと言うと、「多くの人々がイエスのもとに来て言った。『ヨハネは何のしるしも行わなかったが、彼がこの方について話したことは、すべて本当だった。』そこでは、多くの人々がイエスを信じた」と言うのです。これはヨハネ福音書の前半を統べくくる結論のように聞こえます。
イエスはこの後、ただ十字架にかかるために、再びヨルダンを渡りますが、今回ここを学びながら、私には、まるでイエスがご自分の原点に戻られたように思えました。ヨハネから洗礼を受け、御霊を注がれ、天からの声を聞き、「世の罪を除く神の小羊だ」と言われた、ご自分の原点に立ち戻られたのではないでしょうか。同時に、福音書を記すヨハネは、読者である私たちも、原点に帰ろうと呼びかけているように思えるのです。
昨年の暮れに、ある小冊子で連載されていたある牧師先生の文章の目が留まりました。「ふり返る祈り」と題が付けられているこんな話しです。「もう二十年近くも前ですが、かかりつけの医院で診察を受けていると、医者がポツポツと語り始めました。『私は物事に迷うと、そもそも自分は何でこれをやっているのかと、自分の原点に戻ろうとします。そうすると、今の自分がすべきことが見えてくるんです。』問うてもいないのに医者が突然そう語り始めたので、少し驚くとともに、私は何か天の声を聞いているような気持ちになりました。」
イエス・キリストも十字架に立ち向かう前に、自分の原点に戻り、自分がなすべきことを確かめられたのではないかと思うのです。今年の標語(原点)をもう一度確認しましょう。ヨハネによる福音書15章4節、「わたしにつながっていなさい。」1月もあっと言う間に20日が過ぎました。今年こそ、と思っていていたのに、つながっていない状態が続いているなら、原点に戻り、自分がなすべきことを見直しましょう。

ある人が三日坊主でも、100回くり返せば360回になると言っていました。
今週も大切なことを大切に。

今日はロゴス社の編集会議。京都に向かう新幹線の中ですが、車窓は見事な雪景色です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

実か幹か



枝が意識すべきものは
実か幹か

イエスは言われる
あなたがたがわたしにつながっており
わたしがあなたがたにつながっていれば
その人は実を豊かに結ぶ

枝にとって大切なことは幹だ
つながっていれば
その結果、実を結ぶ

それなのに
私たちは幹と反対の方ばかりを見
果実がたわわに実っているかどうかに
一喜一憂する

実を見て木を知るのだから
実を無視することはできないだろう
しかし幹とつながっていなければ
絶対に絶対に実はならない

イエスは言われる
わたしにつながっていなさい
わたしもあなたがたにつながっている
ぶどうの枝が
木につながっていなければ
自分では実を結ぶことができないように
あなたがたも
わたしにつながっていなければ
実を結ぶことはできない

どんな実を、どれだけ結んだか
それも幹にゆだね
もっと幹を意識しよう
もっともっと
もっともっと

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

覚書



天才的数学者であり偉大な哲学者でもあったパスカルは、31歳になるまで神から離れ、逃げ回ったと告白しています。
しかし、1654年11月23日、夜10時30分、彼は生ける神に出会い、その夜の出来事を覚書として布切れに記し、コートの内側に縫い付けました。それが彼の死後に見つかりましが、覚書にはこう書かれていました。

アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神よ。
あなたは哲学者の神ではありません。・・・
福音書に示された神こそ実在の神。・・・
わたしはあなたを知ります。
歓喜、歓喜、歓喜の涙! 
わたしはあなたから離れ、命の水の源を捨てていましたが、
あなたはわたしを捨てませんでした。
どうかわたしが、これより後、神から永久に離れませんように。

それ以来パスカルには、39歳で天に召される、哲学者、数学者を超えた、聖人の輝きがあったと言われています。
私たちも願います。「どうか私たちが、これから後、神から永久に離れませんように。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

固定



私たちの願いは、本気でキリストにつながることです。言葉を換えるなら、私たちのまなざし、フォーカスをキリストに固定することです。使徒パウロの言葉を借りればこう言うことです。「すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競争を忍耐強く走り抜こうではありませんか。信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」(ヘブライ人への手紙12:1-2)。新改訳聖書では、「イエスから目を離さないでいなさい」と訳され、英語の聖書では「fix(固定する)」という言葉が使われているところです。パウロはまたこうも言っています。「あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています」(フィリピの信徒への手紙1:6)と。
だから、今ある自分の姿に嘆く必要はありません。焦ることも、逃げ出すこともありません。あなたの救いの始めとなってくださったキリストが、必ず救いのしんがりとなってくださるのですから、この方から目を離さないようにしましょう。私たちの救いの始めとなり、しんがりとなってくださる十字架のキリストを見つめ続けましょう。もっと驚きを持って、もっと感動を持って。

次の日曜日は、地域の教会が集まっての新年の信徒聖会です。
講師は伊丹信夫牧師(聖イエス会城東教会・大阪府大東市)。
御言葉を待ち望みます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

読書百遍



元旦礼拝のメッセージで96歳になる老牧師の証しを紹介しました。奇跡的に戦争から生きて帰って来た青年は、自分が生かされていることの意味を考えました。その時に、運命を変える一冊の本と出会います。それが「十字架の黙想」という小冊子でした。まだ教会に導かれる前の話しで、聖書を読んだこともなかったのですが、序文に書かれていた「我神に生きんために」とのひと言葉に捉えられ、「読書百遍と言う、それならわかるまで読んでみよう」と、その本を読み始めます。当時、国鉄で車掌をしていたそうですが、いつもポケットに十字架の黙想を入れて、時間を見つけては、心奪われて夢中でその本を読みました。読み進んでいるうちに、神は愛であって、私たちをキリストの似姿に変えようとしているということがわかります。それは驚きの発見でした。
キリストにつながり続けるために、「今年はこれで行こう」と言うのが、元旦の私のメッセージでした。キリスト教伝来400年の記念に1949年に書き上げられた十字架の黙想ですが、68年の時を経て、現代語訳「十字架の黙想・平成版」として今年2月に出版されます。昨年の暮れに、注文を受け付けていましたが、メッセージを聞いて、元日以降、追加の注文が続いています。今年、この本が、私たちの人生を一変し、信仰を覚醒するリバイバルの教科書として用いられることを期待しています。ぜひお祈りください。またぜひお買い求めください。
教会で、これだけ「十字架の黙想・平成版」をPRしていますので、私にもそれなりの覚悟があります。今年は、礼拝でできるだけ十字架の賛美を歌おう、そして、できるだけ十字架のメッセージを語らせていただきたい、これが2017年・私の抱負です。礼拝で、ヨハネ福音書をシリーズで学んでいますが、今年は10章の最後の部分から始まります。11章は有名なラザロの復活。そして12章から後、キリストの最後の1週間が始まります。ヨハネが語る十字架の真実を、毎週お話しできれば幸いです。

今日は成人の日。新成人のみなさん、おめでとうございます。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me