われらイエスに謁えんことを願う



イエスのエルサレム入城に続き、祭りに上って来ていたギリシア人がイエスを訪ねてきたことを伝えるのはヨハネだけです。彼らは礼拝をするために過越祭に来ていたユダヤ教に改宗したギリシア人でした。当時のユダヤ人の間では、ギリシア人という呼び方は、民族とか国籍を指すと言うより、ユダヤ教徒から見た非ユダヤ教徒を指す用語であったようです。たとえば、パウロはローマの信徒への手紙の1章で、「福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」と記しましたが、ここでもギリシア人という呼び方は、ユダヤ人以外の外国人(異邦人)全体を指しています。つまり、異邦人を代表したギリシア人の登場によって、イエスの死の意味が明らかにされていくというのが、一粒の麦のたとえの意義なのです。
彼らは、ガリラヤのベトサイダ出身のフィリポのもとに来て、イエスとの会見を願いました。ここで、フィリポのことが出身地から紹介されていますが、ガリラヤのベトサイダは、ギリシア人が多く住む町で、フィリポという名前も、実はギリシア名です。彼について、他の福音書では、その名前は12弟子のリストには出て来るだけで、実際は一度も登場してきませんが、ヨハネ福音書には、彼が何度か登場してきます。さて、フィリポはどうしたでしょう。彼は仲間のアンデレに相談し、それから二人でイエスのもとに行っています。考えてみれば、これまでイエスの宣教の対象はユダヤ人に限定されていました。例外的に、ローマの百人隊長の僕の癒しや、カナンの女の娘の癒しなどはありましたが、その時でさえ、イエスの態度は決して積極的ではありませんでした。フィリポはそのことで躊躇していたかも知れません。そこでアンデレが行動したのです。アンデレも、他の福音書には名前が上げられているだけですが、ヨハネ福音書では、1章でシモン・ペトロをイエスに導き、6章ではお弁当箱を持った少年をイエスに導き、そしてここでは、ギリシア人をイエスに導くという大切な役目を果たしていきます。そこで、一人が一人を、一人ずつ導くことを、「アンデレ伝道」と言います。私たちがキリストのもとに導かれるためにも、誰かがアンデレとなってくれたのではないでしょうか。
ギリシア人は言いました。「お願いです。イエスにお目にかかりたいのです。」文語訳聖書は美しい響きの日本語で印象的です。「君よ、われらイエスに謁(まみ)えんことを願う。」謁見の謁と書いて「まみえる」、非常に丁寧な言い方ですが、彼らが高貴で偉大な方との会見を願っていたことがわかります。以前、この言葉から、人々は何を求めて礼拝に来ているのか。説教者は、それをいつも確認しながら、御言葉を語らなければならないと教えていただいたことがありました。以来、説教台の上に、この御言葉を書いたメモを置くようになりました。しかし、これは説教者の心得というよりも、礼拝者の心得です。私たち何を求めて礼拝に集まるのでしょうか。いつもそのことを自分自身に問いかける必要があるでしょう。「われらイエスに謁えんことを願う。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ちいろばの女房



ヨハネ福音書に「なつめやし(他の訳では「しゅろ」)の枝を持って迎えに出た」と書かれていることから、キリストのエルサレム入城の日を、「しゅろの日」と呼びます。他の福音記者たちは「木の枝」とだけ記し、それが「しゅろの枝」であったというのはヨハネの視点であり、感性です。
その日、人々の興奮は尋常ではありませんでした。それは、ファリサイ派の人々が、「何をしても無駄だ。世をあげてあの男について行ったではないか」と言うほどでした。この場面を、マタイは、「大勢の群衆が自分の服を道に敷き(これは新しい王に対する服従の姿勢です)、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ」と記し、ルカは、ファリサイ派の人々がこの大騒ぎにクレームを付けると、イエスが「もしこの人たちが黙っていれば、石が叫びだす」と言われたことを記録しています。群衆は賛美せずにはいられなかったのです。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ」と。
ところで、ヨハネが記した「なつめやし」、すなわち「しゅろ」の枝とは、ギリシア語ではフォイニクスと言いますが、それはフェニックス(不死鳥)という言葉です。葉のかたちが鳥の羽に似ていたからでしょうが、その名が示す通り、それは復活と勝利のシンボルです。ヨハネは後に、黙示録の7章において、再びなつめやし、しゅろの枝を振る群衆の姿を描いています。あの14万4千人のイスラエルの救いが語られたすぐ後のところに描かれる天国の礼拝の光景です。「この後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、だれにも数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身に着け、手になつめやしの枝を持ち、玉座の前(神)と小羊の前に立って、大声で叫んだ。『救いは、玉座に座っているわたしたちの神と、小羊とのものである。』」
さあ、私たちもこの天国の礼拝、新しいしゅろの日の喜びに、だれにも数えきれないほどの大群衆に加わって参加しようではありませんか。磔にされ、茨の冠をかぶせられた王、私たちの罪の罰を受け、身代わりの死を遂げてくださったこの王こそ、罪と死を打ち破り、三日目に不死鳥のごとくよみがえられた生ける主です。「こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が『イエス・キリストは主である』と公に宣べて、父である神をたたえるのです。」アーメン。

「ちいろば」先生、榎本保郎牧師のことを覚えていますか。先生は、自分のことを小さなろばの子、略して「ちいろば」と呼びました。その榎本先生の奥様、榎本和子さんが「ちいろばの女房」という本を出しておられます。本の最後にこんな文章があります。
「これまでの人生で、私はちいろばの女房としての勤めを果たせたのか、時々考えます。至らぬ妻だったなあと思わずにはおられません。しかし、今思うことは、私も『ちいろば』になりたい、ということなのです。ずっと保郎のようにはなれないと思っていましたし、今でもそう思います。でも私は保郎にならなくてもよいのです。私は私らしく、ちいろばとなりたい。神様のお役に立ちたい、そう思うのです。」
イエスのエルサレム大行進は続いています。そして、ゴールはもうすぐです。私も私らしく、ちいろばとなりたい。神様のお役に立ちたい、そう思うのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神の信仰



『手さぐり聖書入門(マルコ福音書による黙想)』に、ろばについてこんなことが記されていました。

「ろば」の印象はいつもどことなくもの悲しいものがある。・・・ろばほど雑用に敵した動物はなく、雑用がさげすまれるようにろばもさげすまれ続けてきた。・・・イエスはろばの子に乗ってトボトボと門をくぐる。何と見栄えのないことか。雑用を果たすために、荷駄のごとくろばの背に乗って町へやって来たとでも言うように。
「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、私が示す山で彼を燔祭としてささげない」と神様から命じられたアブラハムのことが思い起こされる。
その時、彼はろばを連れて行った。三日間の旅を時には燔祭に用いる蒔きに代えて、わが子イサクをろばの背に乗せて進んだにちがいない。神の理不尽な命令に納得のいかないまま旅する三日間がどんなに長かったことか。・・・神様の御言葉のままにイサクを殺そうとした時、「あなたの子、あなたのひとり子をさえ、私のために惜しまないので、あなたが神を恐れる者であることを私は知った」という神の声が聞こえてくる。
今ここで、アブラハムに代わり、神みずからがその独り子イエスを死に渡すために、「ろばの子」に乗せてゴルゴタの丘の見えるエルサレムへと旅を進めさせている。「アブラハムは神を信じた。それによって、彼は義と認められた」とパウロも述べたことが、今ここで、神みずからが義とされるために、その独り子を死に渡して神みずからの信仰を示そうとされる。
かつてアブラハムが神に対して示した信仰を、今は神が人に対して示そうとされる。ここに福音がある。私たちが神を信じるのではない。神が私たちを信じるのだ。私たちがイエス・キリストを信じて救われるのではない。イエス・キリストが私たちを信じるゆえに、私たちは救われるのだ。そしてその時の乗り物が「ろば」であった。

聖書は聖書で理解します。味わい深い聖書理解ではないでしょうか。信仰の父アブラハムがその独り子イサクをささげようとするあの物語に、ろばの子に揺られてエルサレムに入城されるイエスの姿が隠されていたというのです。そして、あの日、アブラハムが神に対して示した信仰を、神が人に対して示そうとされているというのです。その神の信仰を、ヨハネは声を大にして告白します。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」これが神の信仰、福音です。

昨日は礼拝後に外回りの掃除をしましたが、たくさんの方が協力してくださり、きれいになりました。
今週も大切なことを大切に。


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしたちはろばの子です



中東では、ろばは家畜の群れの中によく見られる動物です。荷物の運搬用に、また、乗り物として、さらに農耕用にと重宝がられる家畜です。聖書にもしばしば登場します。アブラハムがイサクを連れてモリヤの山に出かけたとき、彼は荷物をろばに積んでいました。預言者バラムの記事には、ろばが話し出すという物語があります。イスラエルの初代の王サウルは、いなくなったろばを探している途中、王となる召しを受けます。そしてキリストのエルサレム入城に用いられたロバの話し。ところが、ろば(donkey)には、愚か者とか頑固者という意味があります。ろばはみばえのしないもの、愚鈍なものの象徴でもあるのです。
三浦綾子さんの「ちいろば先生物語」をお読みになったことがあるでしょうか。榎本保郎という牧師先生の生涯を描いた小説です。榎本先生自らが、「ちいろば」という自伝を書いておられますが、あとがきのところにこう記しています。
「『ちいろば』というのは、イエスさまがエルサレムにご入城なさったときにお乗りになったろばの子のことで、新約聖書のマルコ福音書11章にその時の情景が記録されています。そこには「向こうの村」につながれていたところを『主がお入用です』といって召し出されたことが記されているだけですが、この小さいろばの子を短かく縮めて『ちいろば』と私が勝手に名づけたのです。私はしばしば子どもたちに『ちいろば』の話をしてきましたが、いつのまにかそれを自分自身にも当てはめてみるようになりました。
というのは、このろばの子が「向こうの村」につながれていたように、私もまたキリスト教には全く無縁の環境に生れ育った者であります。私の幼な友だちが、私が牧師になったことを知って、『キリストもえらい損をしたもんじゃのう』といったそうですが、その評価のとおり、知性の点でも人柄の上からも、およそふさわしくなかった私であります。ですから、同じウマ科の動物でありながら、サラブレッドなどとはおよそけた違いに愚鈍で見ばえのしない『ちいろば』にひとしお共感をおぼえるのです。」
そして、本のまえがきを書いている当時の同志社大学神学部長が、推薦文の最後に、「この書を読む人びとがこうして、『ちいろば』の行進につぎつぎに加わられるように祈ってやまない」と書いてあります。ちいろばの行進、それはエルサレム大行進のことです。私たちの参加しましょう。
「わたしたちはろばの子です。馬のように早く走れない、ライオンのような力なんかない、ただのちっぽけなろばの子です。だけどあなた知っていますか。ろばが主のお役に立ったこと、イエスさまを背中にお乗せしてエルサレムにお連れしたことを。走れなくても、強くなくても、いつもイエスさまがいてくださる、わたしたちはろばの子です。神さまのために働きます。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

この母ありて



昨日の中日春秋より。

その俳優の母上はとにかく、息子をほめるのだそうだ。「おまえは本当に役者に生まれてきたような子だよ」「おまえはなんてうまい役者だろう」「おまえは最高だよ」。「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」などの風間杜夫さんのおかあさん。ある日、終演後の楽屋にやって来るなり、息子の名演に喜びのあまり、こう大声を出した。「仲代達矢よりよかったよ。勝ったね」。隣の楽屋には共演の仲代さんがいる。風間さんがどんなに肝を冷やしたことか。たとえ、それが聞こえたとしても、仲代さんは怒らず、ほほ笑んだのではないかと想像する。仲代さんにも同じ「記憶」がある。俳優座時代の若き日、イプセンの「幽霊」で大役をつかんだ。上演中、どうも客席が騒がしい。騒ぎのもとは仲代さんのおかあさん。舞台を指さして、「アレ、私の息子なんです。いい男でしょ。アレ息子!」いずれも『この母ありて』(木村隆さん・青蛙房)から拝借した。母の日である。どの母も子の成長、幸せに喜びを爆発させる。笑う。母とはそういう生き物である。そして子どもは母の喜びに照れくさく感じつつも、勇気づけられ、励まされ、その道を歩んでいく。母の笑いは子の道を照らす。なにも名優にならずとも母の笑いは手に入る。カーネーションさえいらないかもしれない。電話で、魔法の言葉を唱えればいい。「元気だよ。」

今は亡き母であれ、好きになれない母であれ、この世に生を受けたこと、そのために、母が用いられたこと、そのことを「母の日」に感謝をすることは、神様への感謝につながるのではないでしょうか。毎年、母の日には大輪のカーネーションの花束を祭壇に飾り、礼拝後、皆さんにプレゼントしています。毎年、そのカーネーションを教会の納骨堂に手向けて帰られる方があります。きっと天国のお母さんに贈っているのでしょう。「元気だよ。ありがとう」との言葉と共に。

今週も大切なことを大切に。
今日は岐阜で先生方との祈り会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

卓枝安牧師のこと



先日の礼拝メッセージの最後に、台湾の車路墘教会の卓枝安老牧師のことを語らせていただきました。
卓老牧師は、先月の28日に92歳の生涯に幕を下ろされました。卓牧師のことは、2010年の11月頃のBlogにも何度か書かせていただいたことがありますが、台湾に御名の福音を伝えるために、その人生を賭け、献身されました。
以下、当時の文章から。「昨晩、卓枝安老牧師のお宅に呼んでいただいた。老牧師は、私が神学生の頃、共に机を並べて勉強させていただいたことがある。当時は教会の長老で、貿易のお仕事をされていたと記憶しているが、大槻先生の講義を聴講するために、京都に長期滞在されたことがあった。子どもの頃、日本語教育を受けておられるので、流暢な日本語を話される。今回個人的にお交わりをするのは、あの時以来のことになるが、私が四国の出身であることも覚えていてくださり、感激した。もう20年も前の話なのに。御名の福音のために、単身京都に来られ、神学生と一緒に熱心に学ばれる卓長老の姿を見て、台湾の地のために祈った神学生の頃を思い出した。」
私が台湾に行かせていただいた時には、すでに一線は退いておられたが、私を紹介する役を買って出てくださり、私のことを会衆に紹介してくださった(写真)。
卓牧師が牧師に就任されたときのあいさつが、1991年の『あかしびと』に載っています。「なぜこの年になって伝道に献身することになったのか、疑問を持たれる方がいらっしゃるかも知れません。真実を申しますと、伝道の道を選びましたのには、やむにやまれぬ事情があったのです。・・・神の御名の中に無限の愛、一切の宝があることを感じるのです。『我は主なり』と連祷すればするほど、心に平安、愛、聖、無限の喜びが湧き出てくるのです。これが私を献身へ献身へと駆り立て、今日に至ったのです。・・・今私は私に与えられた使命をもう一度確認します。主が私に与えられた使命、それは御名を宣べ伝えることです。この命が燃え尽きるまで。」

イエスは言われました。「この人のするままにさせておきなさい(彼女はできるかぎりのことをした)」と。私にはそんなことはできないと思われるでしょうか。今日も「自分には愛がないと思う人は、愛が一番たくさんある所に行きましょう。愛が一番たくさんある所、それは十字架です。」その時、「家は(教会は、私の人生は)香油の香りでいっぱいになった。」

次の日曜日は「母の日」の礼拝です。「母の日」は教会で始まった美しい習慣です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

時間をつかったからだよ。





昨年の暮れに帰天されたカトリックのシスター渡辺和子先生の新刊『どんな時でも人は笑顔になれる』から、素敵な文章です。
「私には、物事ののみ込みの遅いところがあります。しかし一旦のみ込むと、仕事はわりに速い方と思います。その私が忘れられないのは、母のこんな言葉です。
「和子、速いばかりが能ではありませんよ。あなたの仕事は速いけれども、ぞんざいです。」
そういう母自身、決して手の遅い方ではなかったけれども、母が繕ってくれたものは決してほつれなかったし、母が結んだ風呂敷包みは不思議に途中でほどけることはありませんでした。
何かそこには年季が入ったコツといったものと同時に、心、愛情が込められていたのだと今になって思います。
星の王子さまは地球上に何千本と植えられているバラの中に、自分が星に残してきたのと同じ花を見つけることができませんでした。いぶかる王子にキツネが言います。
「君があのバラの花をたいせつに思うのは、そのために時間をつかったからだよ。」
面倒に思いながらも水をやり、虫を取り、風よけを作ってやった時間は、いつしか、王子とバラの花との間に愛情を生み育てていました。お金にならない時間、特にならない時間、その意味では無駄と思える時間の中にしか愛情は育たないということです。
スピード至上、インスタント万能の世に、待つことの大切さ、無駄な時間の価値を説くこと自体、時代遅れ、見当ちがいと言われるかもしれません。しかしながら、待たないですむ人生などありはしないのです。そうだとしたら、待つことの意味も知らなければならないでしょう。
「急くことは、おまかせしていない証拠」と、かつて、あるお坊様に言われて耳が痛かったことがあります。何もかも自分の思い通りに、思い通りのスピードで運ばれるはずだという思い上がりを正していただいた瞬間でした。愛をこめた時間は無駄にはならない。費やした時間には愛が宿り、育っている。

いつも忙しそうにしていて、無駄が大嫌いな私たちには教えられる文章です。
実は、聖書の神は、たっぷり時間をかけて私たちを教育されるお方で、私たちには随分と遠回りで、無駄に思えるような方法で、私たちに対する愛を示されました。ですから、振り返ると、神のなさることには失敗も無駄もないことがわかるのです。今週も大切なことを大切に。

『アンネの日記』が出版されて今年で70年、教会の「アンネのバラ」満開です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神愛



昨日は、尾道の向島にある教会で御言葉の奉仕をさせていただきました。
神愛教会、素敵な名前です。

自分には愛がないと思う人は、愛が一番たくさんある所に行きなさい。
愛が一番たくさんある所、それは十字架です。
私の救いの原因である十字架、私を清め神化する十字架、私のすべてである十字架。
「主はすべてだ。」このひと言に尽きる。

聖イエス会の創立期、この島ではめざましい奇跡が起こりました。小さな島に3つも聖イエス会の教会があるのもそのためです。今回、イースター聖会と言われていたこともあり、ヨハネ福音書の11章から、2回シリーズのメッセージを祈りつつ備えて行きました。名古屋では最近5回ほどに分けて語ったものをダイエットして語らせていただきましたが、恵み豊かな集会となりました。若い頃からお世話になり、尊敬している先生方との交わりも私にとっては楽しいひと時でした。

GWですが、今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

園丁だと思って



イースターの朝、空の墓の前で泣いていたマグダラのマリアの前によみがえられたイエスが現れ、話しかけます。
それがイエスだとは分からず、園丁だと思って、話し込むマリアの姿をヨハネは伝えています。
この場面を多くの画家が描いていますが、よく見るとイエスがスコップやくわなど、農具を手に持っている絵が多いのに最近気がつきます。レンブラントの作品は麦わら帽子までかぶっていて、まさに園丁です。
ある説教家が、復活の主は私たちの人生に美しい実をみのらせる園丁のように臨み、私たちがエデンの園で失ったものを、復活の朝、園の墓で取り戻してくださったと語っています。私たちの人生という園に、このお方をお迎えしましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

罪状書きの裏側



昨日の春の音楽礼拝には100名を越える方が集われました。
新聞折り込みチラシやインターネットを御覧になって、足を運んでくださった方も多くありました。
三宅さんご夫妻は、数年前から全国の小さな教会を巡り、コンサートを開いてくださっています。
土曜日に志摩の教会でコンサートをしていただいた続きに、名古屋にも来ていただきました。
ご主人のチェンバロ制作秘話の後、奥様の演奏が始まりました。
前半は「フランス風序曲」から、後半は「マタイ受難曲」からの演奏でしたが、
「マタイ受難曲」の後、短く十字架のメッセージを語らせていただきました。

ある絵描きが、イエスが十字架で息を引き取られた瞬間の絵を書きました。
キャンバスの中心には、十字架に掲げられた罪状書きが置かれています。
絵描きは、展覧会に訪れた人に話しかけました。
「この絵にはある秘密が隠されています。おわかりになりますか?」
すると誰もが立ち止まり、その絵をしばらくじっと眺めてくれたそうです。
そして言いました。「わかりませんね。何が隠されているのですか。」
「では、教えましょう。
この罪状書きの裏側にもう一枚の罪状書きが隠されているのです。
それは私とあなたの罪状書きなのです。
でも、この方の名が私とあなたの罪状書きの上に打ちつけられたのです。
だから、もう私とあなたの罪とは赦されました。」
これこそ十字架の隠された秘密です。ご存知でしたか?
三浦綾子さんはこう言っています。
「それにつけても、私は十字架がありがたい。
イエスさまが十字架におかかりになったありがたさが身にしみる。
天下晴れて、神さまの前に祈ることのできる幸いがうれしくてならい」と。

礼拝が終わると、何人かの方が「マタイ受難曲と十字架のメッセージがつながって、その意味がよくわかった」と声をかけてくださいました。礼拝堂に響くチェンバロの音色を通して、十字架の真実に気がついた人たちです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me