すべてのことを教え



「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」ここでも「弁護者」は、ギリシア語の「パラクレートス(傍らに呼ばれた者)」で、詳訳聖書ではこの箇所も7つの訳を当てています。「しかし、慰め主〈助言者、助け主、とりなす者、弁護者、激励者、援助者〉、すなわち、父が私の名によって〈私の代わりに、私を代表して、私に代わって働くために〉つかわされる聖霊は、あなたたちにすべての事を教えてくださる。また彼は私があなたたちに語った事をことごとく思い起こさせ〈思い出させ、記憶によみがえらせ〉てくださる」と。
「すべてのことを教え」という言葉を、ある聖書注解者は「情報の量ではなく、深みにおける十分さのことである」と説明していました。たとえば、新聞の情報には限界があります。書かれている情報の量、言葉だけではわからない、その背後にある意味があって、その深みに導いてくれるのが聖霊だと言うのです。
宣教師の家庭に生まれ、自身も神学校で学んだことのあるウイリアム・ポール・ヤングが子どものためにルーズリーフに書いた物語があります。やがてその物語が自費出版されると、人生を変える本と言うこと口コミで広まり、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストで、70週連続1位を記録します。それが小説「神の小屋」です。このストーリーが昨年映画化され、日本の役者さんも出演したことで話題になりました。
主人公のマックは、可愛い3人の子ども、信仰深い妻に囲まれ幸せに暮らしていました。ある休日、3人の子どもたちとキャンプに出かけたときに悲劇が起こります。末娘のミッシーがキャンプ場でいなくなったのです。捜索開始から数時間後、廃れた山小屋の中で、ミッシーの血に染まったドレスが発見されます。その残された証拠から連続殺人犯の犯行であると判明。4年後、大いなる嘆きの中にあった彼のもとに奇妙の手紙が届きます。「しばらくだね。ずっと会いたいと思っていたんだよ。もし、お前も会いたいと思ってくれるなら、次の週末、私はあの小屋にいるよ。パパより」。パパというのは、この小説では父なる神のことです。これは殺人犯のいたずらか、ほんとうに神からの招待状なのか。悩みに悩んだ挙げ句、マックは一人でその山小屋に行きます。そして、そこで待っていたのが人生を変える神との出会いでした。
この物語には神の三位一体が巧みに描写されています。神学的には色々な意見があることは承知していますが、父なる神、子なるイエス、そして聖霊、そのことをどう説明すればよいのか。クリスチャンの課題の一つです。それは理論や方程式ではなく、神が人間の痛みにどう向き合ってくださるのか。この本には、三位一体という視点から、そのことが描かれ、サスペンスとファンタジーと神学書が一つになったような感動の一冊になっています。
本の帯には「現代版ヨブ記」と書かれていますが、この本には、人間の本質的な叫びとそれに対する神からの回答が書かれています。それが、聖霊が「すべてのことを教え」という意味です。なぜミッシーは死ななければならなかったのか。神はその時、どこで何をしていていたのか、神はそれを止められなかったのか。私たちもそれぞれの人生でそんなことを感じる時があります。だれもがその心の中に、悲しい廃れた山小屋を持っているのです。でも、その小屋でこそ、神が待っていてくださり、あの思い出したくもない出来事の現場、廃れた小屋を神の小屋としてくださるのです。「そこにて我汝と出会い、汝と語る」と。
この歴史における最大の惨事は、カルバリーの十字架です。しかし、そこが神との出会いの現場と変えられました。すべての答えがそこにあります。

3月に入りました。次の日曜日、3月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖書は言っています



20世紀最大の伝道者と言われるビリー・グラハムが99歳で天に召されました。「アメリカが生んだ世紀の第伝道者、ビリー・グラハム博士が初来日されたのも、この年(1956年)でございました。日本のキリスト教会は、いまだかつない活気を呈し、東京、大阪において、聖職者のため、また一般信徒のため、大集会が行われました。・・・2月24日、大阪中之島公会堂において特別伝道集会が行われ、・・・中之島公会堂に近づきますと、蜜を慕って群がる蟻のように、ビリー・グラハム師のメッセージを聞かんとて、会場へ会場へと、延々と続く人の群れを見て私の目から涙があふれ出ました。人々は飢えている。神の言葉に飢えている」と、当時の興奮が『エルサレムをめざして』にも記されています。
ビリー・グラハムがまだ若かった頃、アメリカの南部モンゴメリーで持たれたクルセードの講師として招かれたそうです。モンゴメリーは人種差別の激しい地域で、キング牧師で有名な町です。ビリー・グラハムは、このクルセードで、白人と黒人の席を分けることを拒否し、白人と黒人の合同聖歌隊を作ることを要望しました。それに対して南部のメディアは、彼を一斉に批判し、新聞は「田舎者ビリー・グラハムは教会を100年前に戻すためにやって来た」と皮肉をたっぷり込めて、でかでかと書きました。しかし、クルセードの当日、ビリー・グラハムは大会衆とメディアを前にして一寸もひるむことなくこう語ったと言われています。「私が教会を100年前に戻そうとしているなら、私の働きは失敗です。私は100年前ではなく、2000年前に戻そうとしているからです」と。
ビリー・グラハムが説教の中で何度もくり返したフレーズがあります。「But the Bible says(しかし、聖書は言っています)」。さあ、聖書に帰りましょう。キリスト者はキリストのごとく、教会は使徒行伝のごとく。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三位一体論



古代を代表する神学者にアウグスティヌスを描いた一枚の絵があります。17世紀のイタリヤ・バロックを代表するジョバンニ・グエルチーノが描いた「三位一体について瞑想する聖アウグスティヌス」です。北アフリカのヒッポで司教をしていたアウグスティヌスが砂浜で書き物をしていました。彼のそばに一人の幼子が立っていて、幼子の可愛い手が砂浜に掘られた小さな穴を指しています。
絵の解説によると、三位一体について瞑想し、何とか『三位一体論』を書き上げようとしていたアウグスティヌスでしたが、余りにも奥深く、神秘に包まれた三位一体について、考えれば考えるほど分からなくなり、途方に暮れていたというのです。ふと気が付くと、一人の男の子が砂浜に穴を掘り、海の水を一生懸命その穴に注ぎ入れていました。
「ねえ坊や、何をしているんだい。」「この海の水を全部このお池に入れるの。」「坊や、それは無理だよ。この大きな海の水を、その小さなお池に全部入れることは出来ないよ。」そう話していると、男の子の姿がキリストに変わり、「あなたがしていることも同じことなのだよ」と言われたというのです。
彼は長い歳月をかけて、ついに『三位一体論』を書き上げるのですが、「私はこの書を議論によらず、祈りをもって閉じたい」と、最後の章全体を祈りで閉じています。「わが主なる神よ、私が一つなる希望よ、私に耳を傾けてください。私が疲れ果てて、あなたを問い求めるのに倦むことなく、常に熱心に、あなたの聖顔を問い求めることが出来ますように。おお、あなたよ、私にあなたを問い求める力をお与えください。あなたは私があなたを見いだすことができるように創造されました。私があなたをいよいよ深く豊かに見いだすようにと言う希望をお与えくださいました。あなたの御前にこそ、わが力、そしてわが弱さがあるのです。・・・ある賢者が『集会書』という名で呼ばれている自分の書物であなたについて語りましたとき、『私は多くのことを語るが彼のところに到達しない。私たちの言説の全体的な完成は彼御自身である」と言っています。それゆえ、私たちがあなたの御許に到達しますとき、『私たちが語り、しかも到達しない」ような『多くのこと』は止むでしょう。あなたは一つに留まり、すべてのうちにすべてとなられるでしょう。私たちは終わることなく、一つにいますあなたを讃えつつ、一つのことを語るでありましょう。そしてあなたにおいて私たちは一つとされるでしょう。主なる一つなる神よ、三位一体なる神よ、この書において私が語りましたすべてのものはあなたに由来することをあなたに属する人々が確認しますように。」

次は2月最後の礼拝、もうすぐ3月です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

無事之名馬



平昌で開催中の冬季オリンピック、日本人選手の活躍に沸いている。
昨日の中日春秋にはフィギュアスケートの羽生結弦選手の話題で興味深かった。

<無事之(これ)名馬>。作家で競馬を愛した菊池寛が世に広めたと聞く。けがをしない丈夫な馬こそが名馬。馬主でもあった菊池としては自分の馬が心配でとにかく無事でいてほしいという願いもあったようである。<無事之名馬>には当てはまらぬ、おそるべき「名馬」、「名選手」を見る思いである。羽生結弦選手。平昌五輪の男子フィギュアスケートで金メダルに輝いた。五輪二連覇は六十六年ぶりの快挙という。お見事というほかない。優美な演技やこれまでに手にした数々の栄光とは対照的に「無事」とはいえぬ、「有事」がまとわりつく選手である。けがやアクシデント。2014年には、他の選手と激突している。けがをした姿を覚えている人もいるだろう。病気もあった。幼いころは、ぜんそくに悩まされていたとも聞く。五輪が近づいていた昨年11月には練習中に転倒し、右足を損傷した。あの場面に悲鳴を上げ、五輪出場を危ぶんだ人もいたはずだ。練習を再開したのは1月。氷上から2ヶ月間離れざるを得なかった。身の不運を嘆き、ふさぎ込んでも、不思議ではない状況であろう。その「有事」に打ち勝って、もぎとった金メダルは「金」以上に輝き光るだろう。「有事」の名選手は演技後、けがをした自分の右足に「感謝」と語っていた。こちらとしては、その右足を支えた不屈の心にも驚嘆し、感謝する。

無事であることに越したことはありませんが、たとえ有事でも「これ名馬」、私たちもそんなクリスチャンになりたいものです。パウロ曰く、「賞を得るように走りなさい。」(汽灰螢鵐9の24)「わたしたちもまた、このようにおびただしい証人の群れに囲まれている以上、すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競争を忍耐強く走り抜こうではありませんか。信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。」(ヘブライ12の1−2)

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ふさわしい助け手



「別の弁護者」をギリシア語では「アロス・パラクレートス」と言います。「アロス」という言葉について、別は別でも同質のものというと意味があると説明をしましたが、「パラクレートス」という言葉について少し解説しておきたいと思います。この言葉は二つの言葉から出来ています。「パラ」は傍らに、側に、近くに(内側に)という意味です。「クレートス(カレオー)」とは呼ぶという意味から、もう少し積極的に訳せば呼び覚ますと言っても良いかも知れません。
ところで、みなさんは創世記でどのようにアダムとエバが造られたかを覚えているでしょうか。創世記の1章、2章にそのことが書かれています。1章の26節、「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』」神は唯一なのに、「我々」とはどういうことでしょう。これは三位一体なる神の「内なる語らい」です。三位一体の神が、相談して、熟慮して、神にかたどって人を創造されたというのは驚きです。そして2章にはこう書かれています。まず18節、「主なる神は言われた。『人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者(彼にふさわしい助け手)を造ろう。』」さらに21節、「主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばらの骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。」エバの誕生です。
聖書注解者マシュー・ヘンリーは次のように解説しています。「神様は、女を男の頭から造らず、男の足からも造らず、男のサイド(横)であるあばら骨から女を創造されました。よって女性は男性の上に立つわけでも、下に立つわけでもなく、男性の横に立つもの、平等な存在として造られた」と。
天地創造の業、一つ一つを「神はこれを見て、良しとされた」と書かれていますが、一つだけ「良くない」と言われたことがありました。それは人が独りでいることです。そこで彼にふさわしい助け手が与えられました。これは結婚の制度の起源ではありますが、この言葉を下敷きにして、ヨハネ福音書14章のイエスの言葉を理解するなら、助け主である聖霊の派遣の原型と言えるかも知れません。興味深いのは、ここで使われている「あばら骨」という言葉です。ヘブライ語では「ツェラア」と言いますが、その意味は「横、傍ら、側」ということで、ギリシア語の「パラ」と同じような意味になります。聖霊なる神は、あなたの側に呼ばれた、あなたにふさわしい助け手、あばら骨のように、あなたの鼓動を感じ、あなたの心が感じられるほどの近さで、あなたを助けてくださるお方なのです。「聖霊、来てください」と祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

始末に困る者



明治150年と呼ばれる今年、NHKの大河ドラマは明治維新の立役者である西郷隆盛が主役の「西郷どん」です。ところで、大槻牧師が書かれた『言泉集』の中にも西郷さんの言葉が紹介されているのをご存知ですか。『西郷南州翁遺訓』という西郷さんの教えをまとめた本に出て来る言葉です。
「地位も名誉も財産もいらぬという者は、始末に困る者である。しかし、この始末に困る者でなくては、大事を共にすることはできない。」この言葉が『言泉集』の12巻と15巻に出てきますので、どんなメッセージの中で引用されているのか興味のある方は、ぜひ『言泉集』を読んでください。
ところで、「維新」とは、中国最古の詩、詩経の一節で、日本では水戸藩士、藤田東湖が藩の改革を断行するにあたり、この言葉を引用したと言われています。「周雖旧邦 其命維新(周は旧邦なりといえども、その命これ新たなり)」。「維新」と書いて、「これ新たなり」です。
イエス・キリストは宣教の初めに「神の国は近づいた」と語りましたが、今こそ、神の国の実現という神の大事のために、神は地位も名誉も財産もいらぬと言う始末に困る者を必要とされています。無私の愛(アハバット・ヒナム)を持って、本気で世界を変えようという愛の狂人が求められているのです。私たちは今、聖霊による愛の維新を必要としています。愛によって、これ新たなり。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

別は別でも



16節の短い1節の中にも三位一体を見ることができます。イエスは言われました。「わたしは父にお願いしよう。」ここで使われている「願う」という言葉は、祈るという言葉ですが、普通、祈ると言うとき、それは下位の者が上位の者に対して願う行為なので、ギリシア語では「アイテオウ」という動詞が使われます。しかし、ここでは「エロウタオウ」という動詞が使われます。これは同じ位にいる者が願うという意味です。日本語の聖書ではわかりませんが、父なる神と子なる神、イエス・キリストは同じ位にいるということが、イエスの言葉遣いから明らかにされています。
すると父なる神はイエスの願いに答えてくださいます。イエスの掟を守ることができるようになるために、「父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」のです。「別の弁護者」、つまり聖霊なる神のことです。ギリシア語では「アロス・パラクレートス」と言います。この言葉はバラエティに富んだ言葉で、詳訳聖書では7つの訳で紹介されています。「父は・・・もうひとりの慰め主〈助言者、助け主、とりなす者、弁護者、激励者、援助者〉を与えられる」と。イエスの掟を守り、それを実行するために、このような助け手が私たちのもとに、私たちの内側に遣わされるという約束が与えられているとは、なんと有り難いことでしょうか。もう少しだけ言葉の説明をします。アロス・パラクレートスの「アロス」とは「別の」「もうひとりの」という意味ですが、別は別でも同質のもの、つまりイエスと寸分違わないお方という意味を持っています。子なる神と聖霊なる神は全く同じ。なぜなら、このお方はイエスと同じように、私たちを助け、慰め、励ましてくださるからです。いかがでしょうか。ここには「三位一体」とは書かれていませんが、明らかに三位一体の神が描かれているではありませんか。そこでもう一度お尋ねします。「神は唯一ですか?」アーメン。ここがスタートです。「父なる神は神ですか?」アーメン。「イエス・キリストは神ですか?」アーメン。「聖霊は神ですか?」アーメン。

今日から平昌で冬季オリンピックです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三位一体



作家の井上ひさしさんのモットーは、「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く、面白いことを真面目に、真面目なことを愉快に、そして愉快なことはあくまでも愉快に」ということだったそうですが、毎週の礼拝で聖書の言葉を語る者として、私もそのようでありたいと思っています。
今年も礼拝ではヨハネによる福音書のシリーズを続けますが、14章を学び始めています。14章から17章までは、「御心の至聖所」と呼ばれ、聖書中、最も深遠な内容になります。特に、今週の箇所から聖霊の派遣と言うことがくり返し語られるようになります。これまでは、父なる神と子なる神、イエス・キリストとの関係性が強調されてましたが、そこに聖霊なる神が加わり、いわゆる「三位一体」というキリスト教の神学的テーマがここからくり広げられます。
15節から、間もなくイエスが弟子たちの前からいなくなることを前提に、イエスへの愛を示す方法として、イエスの教えられた掟を守るということがまず語られます。その掟とは、ヨハネの手紙一3章23節によれば、「神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。」ここで問題になるのは、果たしてその掟を守ることができるかどうかです。
そこでイエスは語られました。「わたしにお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である」と。イエスの掟を守ることができるようになるために、イエスが父なる神に願い、私たちのもとに遣わされて来る別の助け主について、ここからイエスが語り始めます。これで父と子と聖霊、三位一体の神がそろいました。
ある教会では、聖書の中に「三位一体」という言葉は出て来ないので、それを認められないと言います。確かに、聖書の中に三位一体という用語は出て来ませんが、この箇所にも見られるようにその概念はあります。そもそも三位一体という言葉は、教会史の中で、異端の教えと戦う過程で生まれてきた造語です。しかし、その言葉が聖書にないからと言って、そのコンセプトがない訳ではありません。逆を言えば「三位一体」という用語を信じるかどうかは重要ではありません。その神を信じることがもっと重要だからです。三位一体の神を信じているかどうか、簡単にテストができます。信じる人はアーメンと答えてください。「神は唯一ですか?」アーメン。「父なる神は神ですか?」アーメン。「イエス・キリストは神ですか?」アーメン。「聖霊は神ですか?」アーメン。たとえ三位一体という言葉がわからなくても、これで三位一体の神を信じていることになります。これが重要です。このことを踏まえて、これから三位一体の神について学びを深めることにしましょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「はい」



「ヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)」とは、直訳すると「主が見ておられる」という意味です。モリヤの山での出来事の場合、主がすでに身代わりとなる犠牲の小羊を見ておられたということです。私たちには予想がつかない問題に対しても、神はいつも先を見ておられます。今、自分には見えないことも、わからないことも、神は見ておられる、知っておられる、だから大丈夫というのが、「主の山に備えあり」という信仰です。
しかし、備えてくださる神に対して私たちの現実は、先がよく見えていないので、今の出来事について理由を求め、主の訓練を避けようとすることです。「なぜですか」とか、「前はこうだったのに」とか、「今でなくても」とか言って、なかなか「はい」と言えません。もちろん、試練や困難はできるだけ避けたいです。しかし、御言葉は言います。「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。主から懲らしめを受けても、力を落としてはいけない。なぜなら、主は愛する者を鍛え、子として受け入れた者を皆、鞭打たれるからである。」神は「御自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられるのです。」「だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい」(ヘブライ12:5-6、10、12)と。
大切なことは、「はい」と答えられることです。アブラハムはどうだったでしょう。

神が、「アブラハムよ」と呼びかけ、彼が、「はい」と答えると・・・
天からの主の御使いが、「アブラハム、アブラハム」と呼びかけた。彼が、「はい」と答えると・・・

アブラハムの「はい」という返事の声が響きます。イサクとの会話の中でも「ここにいる」という返事の言葉が使われますが、原文ではどれも「ヒネニー」です。直訳すれば「御前に」とか「ここにいます」という意味です。主の言葉に、また主からの鍛錬に、逃げも隠れもせず、即刻返事を返すアブラハムの信仰の姿勢がよく表されています。
ここにも純化されたアブラハムの信仰を見ることができます。私たちも今日から、御言葉の前に襟を正し、いつでも「はい」と答える習慣を身につけましょう。御言葉に、委ね、同意し、服従する。そこにこそ爆発的な祝福が備えられているからです。主の山に備えあり。

2月に入りました。次の日曜日は、2月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

純化された信仰



天に立ち上る煙を眺めながら、イサクがアブラハムに、
「アバ、本当にアバの言う通りでした。主がいけにえを備えてくださいました」
と語りかけた。
アブラハムは高らかに笑いながら、
「そうよ。この山はこれから、『ヤハウェ・エレ』と呼ばれる。主の山には必ず備えがあるという意味だ。
そのことを子孫たちに、そして全世界に伝えるのだ」
と叫んだ。
すでに日が暮れかかっていた。
全焼のいけにえがすべて灰になった時、再び主の使いの声があった。
思い返せば、カナンの地に入ってから60年である。アブラハムを精錬する行程はすべて終わった。
・・・・・・
---「日本人に贈る聖書ものがたり」

「アブラハムを精錬する工程はすべて終わった。」
マラキ書3章3節にはこう記されています。「(キリストは)銀を精錬する人のように、腰をすえて、不純物が燃え尽きてしまうまで、じっと見守っている。 きよい心で仕えることができるように、神に仕えるレビの子孫をきよめ、精錬された金や銀のように純粋にする。」LB訳
「腰をすえて」、座してとは、神の熱心と忍耐を表しています。金や銀を吹き分ける精錬作業は、たいへん根気のいる作業ですが、主はあきらめないで、熱心に清めの業をなし続けてくださるのです。もっと清い信仰に、純化された信仰に、純金になるように。ある人が、銀細工師にこう尋ねました。「純銀が出来上がったかどうかをどうやって知るのですか。」彼は答えました。「そこに私が映った時です。」主は言われます。「われ聖なれば、なんじらも聖なるべし」と。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me