古くて新しい掟

メッセージ 「古くて新しい掟」
聖書 ヨハネの手紙一2の7〜11
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(12)

2:7 愛する者たち、わたしがあなたがたに書いているのは、新しい掟ではなく、あなたがたが初めから受けていた古い掟です。この古い掟とは、あなたがたが既に聞いたことのある言葉です。
2:8 しかし、わたしは新しい掟として書いています。そのことは、イエスにとってもあなたがたにとっても真実です。闇が去って、既にまことの光が輝いているからです。
2:9 「光の中にいる」と言いながら、兄弟を憎む者は、今もなお闇の中にいます。
2:10 兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません。
2:11 しかし、兄弟を憎む者は闇の中におり、闇の中を歩み、自分がどこへ行くかを知りません。闇がこの人の目を見えなくしたからです。

ヨハネによる福音書
13:34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
13:35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。


今週は全国高校生大会、またしののめ合唱団の合宿が京都でもたれます。お祈りください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

静まって神を知る

8月のオープン礼拝
メッセージ 「静まって神を知る」
聖書 ヨハネの手紙一2の3〜6
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(11)

2:3 わたしたちは、神の掟を守るなら、それによって、神を知っていることが分かります。
2:4 「神を知っている」と言いながら、神の掟を守らない者は、偽り者で、その人の内には真理はありません。
2:5 しかし、神の言葉を守るなら、まことにその人の内には神の愛が実現しています。これによって、わたしたちが神の内にいることが分かります。
2:6 神の内にいつもいると言う人は、イエスが歩まれたように自らも歩まなければなりません。

静まって、わたしこそ神であることを知れ。(詩編46:10 口語訳)

今日は8月のオープン礼拝、投函した教会案内を見て来てくださった方もあり、感謝でした。
今週も暑い日が続きそうです。夏バテをされませんように、お互いに注意しましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

千人の囚人の涙

メッセージ 「千人の囚人の涙」
聖書 ヨハネの手紙一2の1〜2
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(10)

ヨハネの手紙一
2:1 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。
2:2 この方こそ、わたしたちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりでなく、全人類の罪を償ういけにえです。

夏休み最初の礼拝、連日のうだるような暑さですが、今日も一緒に礼拝を守ることができて感謝でした。金曜日にお見舞いに行かせていただいたTさんが、4ヶ月ぶりで礼拝に出席。みんなに囲まれて照れくさそうでした。感謝。感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

スタンド・バイ・ミー

メッセージ 「スタンド・バイ・ミー」
聖書 ヨハネの手紙一 2の1〜2
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(9)

ヨハネの手紙一
2:1 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。

ゼカリヤ書
3:5 主の御使いは立ち続けていた。

夏が来た!という一日でしたが、今日もみんなで礼拝を守ることができて感謝でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

今日明らかに

メッセージ  「今日明らかに(正しい人の祈り)」 伊藤エリ子師
聖書 列王記上18の36〜39、ヤコブ5の15〜16

18:36 献げ物をささげる時刻に、預言者エリヤは近くに来て言った。「アブラハム、イサク、イスラエルの神、主よ、あなたがイスラエルにおいて神であられること、またわたしがあなたの僕であって、これらすべてのことをあなたの御言葉によって行ったことが、今日明らかになりますように。
18:37 わたしに答えてください。主よ、わたしに答えてください。そうすればこの民は、主よ、あなたが神であり、彼らの心を元に返したのは、あなたであることを知るでしょう。」
18:38 すると、主の火が降って、焼き尽くす献げ物と薪、石、塵を焼き、溝にあった水をもなめ尽くした。

5:15 信仰に基づく祈りは、病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださいます。……
5:16 正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

闇から光へ

menorah

7月のオープン礼拝
メッセージ 「闇から光へ」
聖書 ヨハネの手紙一 1の7〜10、ヨハネによる福音書8の1〜12
ヨハネの手紙シリーズ(8)

しかし、神が光の中におられるように、わたしたちが光の中を歩むなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます。自分に罪がないと言うなら、自らを欺いており、真理はわたしたちの内にありません。自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすることであり、神の言葉はわたしたちの内にありません。

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

光を与え続けよう



メッセージ 「光を与え続けよう」
聖書 ヨハネの手紙一1の5〜6、ヨハネによる福音書9の1〜7
ヨハネの手紙シリーズ(7)

ヨハネの手紙一
1:5 わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇が全くないということです。

ヨハネによる福音書(リビングバイブル)
9:5 わたしは、光を与え続けましょう。

今日は上半期最後の日曜礼拝。献堂40周年記念の年を祝福をもって導いてくださっている主に感謝しつつ、更に後半戦が恵みであふれるように祈りました。もう一度、今年の標語の御言葉を胸に刻み、信仰のピントを主の御顔にフォーカスできますように。わたしはなお告白しよう。「御顔こそ、わたしの救い」と。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

この土の器をも

 メッセージ 「この土の器をも」
聖書 ヨハネの手紙一1の5〜6、コリントの信徒への手紙二4の6〜7
Koinonia ヨハネの手紙シリーズ(6)

わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇がないということです。わたしたちが、神との交わりを持っていると言いながら、闇の中を歩むなら、それはうそをついているのであり、真理を行っていません。

「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、わたしたちの心の内に輝いて、イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光を悟る光を与えてくださいました。
ところで、わたしたちは、このようなう宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために。」


きょうは父の日、父なる神とお父さんと呼ばれるすべての方のために祝福を祈ります。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ピエタ(哀傷)

マリア会大会
中部教区マリア会大会
メッセージ 「ピエタ(哀傷)」 中村さよ子先生(広島シャローム教会)
聖書 ガラテヤの信徒への手紙4の19、詩編42の6

わたしの子供たち、キリストがあなたがたの内に形づくられるまで、
わたしは、もう一度あなたがたを産もうと苦しんでいます。

昨晩からマリア会部の先生方と親しい語らいの時間を与えていただき感謝でした。思わず人生の先輩に、子育て相談のようになってしまう一幕もありましたが、体験からいろいろなことを親身に話してくださり、励まされました。
礼拝のメッセージは、「ピエタ」との出会い。先生自身が、高校生の頃、初めて京都の聖会に出席されたときに聞いたメッセージだそうですが、感動をもって語ってくださり、恵まれました。「愛は奇跡を創造します!」マリアの信仰と献身の姿に触れ、キリストのかたちが速やかに完成されますようにと祈らされました。Mさんの証はさわやかで真実で信仰にあふれていて感謝でした。Mさんを中心に今月から松阪で集会が始まります。主がこれを祝し導いてくださいますように。
食事をはさんで、午後からは分科会とお祈り会。具体的な指針も与えていただき、心新たに信仰生活に取り組ませていただけると思います。短いプログラムでしたが、集まりを導いてくださった先生方に感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

もしもマザー・テレサが君のそばにいたら

6月のオープン礼拝
メッセージ 「もしもマザー・テレサが君のそばにいたら」 宮本裕美師
聖書 マタイによる福音書25章35〜40節 

お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。

静岡の特別集会のためにもお祈りくださり、ありがとうございました。SDG

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me