小さな宗教改革



今週の火曜日(10月31日)は宗教改革記念日です。今から500年前のその日、まだ若い修道士であったマルチン・ルターが、当時の教会に投げかけた一石が歴史を動かしました。以来、500年の歴史を通じて語られて来た宗教改革の3つの原則というものがあります。聖書のみ、信仰のみ、万民祭司、この3つです。
これまで100周年、200周年、300周年、400周年と、この記念日が、それぞれの時代に様々な位置づけで覚えられてきました。300周年、ルターの故郷ドイツでは、ナポレオンの支配からの解放を記念し、国民的な祝日として祝われました。400周年は、第1次世界大戦の最中、聖書を読む者たちが互いに敵対し、自国の利得を追究しているということで、ルターの業績が非難されました。それから100年、世界はかつてなかったほど激変し、グローバル化しました。宗教、宗派、文化、民族の垣根を越えた共生の道が示される中、ローマ・カトリック教会と、ルーテル教会が合同で500周年を祝うという話しがニュースになっていました。それは教会分断という傷を癒す困難な歩みの一歩かも知れません。しかし、宗教改革記念日に、私たちが宗教改革の源流を見直すことはもっと大切なことではないでしょうか。聖書のみ、信仰のみ、万民祭司です。聖書こそ、信仰と生活の唯一の規範です。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、ただキリストへの信仰によるのです。すべてのクリスチャンは例外なく神の祭司(キリストの証人)です。もし少しでもぶれている所があるなら、「我ここに立つ」と、今年も小さな宗教改革を積み重ねて行きたいのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我ここに立つ(後編)

礼拝メッセージ ルターと聖書「我ここに立つ」(後編)
聖書 ヨハネによる福音書14の1-7
ヨハネによる福音書シリーズ(107)

14:1 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。
14:2 わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
14:3 行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。
14:4 わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」
14:5 トマスが言った。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか。」
14:6 イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。
14:7 あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私を変えた聖書



作家の三浦綾子さんが、『わが青春に出会った本』の中で、最後に『聖書』を取り上げ、「ここでひとこと断っておかねばならない重要なことがある」と、この本をまとめておられます。以下、三浦さんの言葉です。
「それは、私にとって聖書は、他の本と同列に置くことのできない書物だということである。私は(ヘッセの)『デミアン』だの、(ジイドの)『田園交響楽』だの、(漱石の)『三四郎』だのを紹介してきたが、これらの本の一冊として、この聖書があるのではない。これらの本は私の人生にとって、正に出会いとも言うべき性質を持ってはいるが、しかしこれらの本に出会わなければ、私の一生はちがっていたというわけではない。極端にいうと、どの本に出会わなくても、聖書に出会ったことで、私の人生は変わったと言える。聖書は、虚無的で絶望的な生活を送っていた私を、真の実在であるキリストの神の前に引き出してくれた。
キリストの愛が、私の罪を知らしめ、十字架のあがないによらなければ、私の罪は赦されないことを教えてくれた。そして、キリストが死んで三日目に甦ったことを知った。・・・虚無と絶望の日々は嘘のように過ぎ去り、・・・希望と平和の中に生きることができた。
このように私を変えたのは、聖書による信仰である。聖書のみが私に真の力を与えた本である。・・・私を変えたこの聖書が、多くの方の人生を、闇から光へ、不安から平安へ、絶望から希望へ変えてくれることを確信して、短い紹介を終えることにしたい。」
英語でThe Book(この本)と言えば、それは聖書のことです。本の中の本である聖書について、こんな話しを聞きました。「本」という漢字を逆さにすると何に見えるかというのです。創造できますか。まるで開いた本の真ん中に十字架が立っているように見えないでしょうか。聖書を開くと、そこに十字架が見えてくる、それは真理です。この真理が私たちを自由にするのです。

「灯火親しむべし」と言われますが、読書の秋に、聖書をじっくり、たっぷり読みたいものです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

まだ信じないのか

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の4章から。

4:35 その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。
4:36 そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。ほかの舟も一緒であった。
4:37 激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。
4:38 しかし、イエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。
4:39 イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。
4:40 イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」
4:41 弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。

今週は『あかしびと』から記事を一つ紹介した後、秋の教区聖会を前に、備えとなるお勧めをさせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

中心に方向をとる



「教会が本当に新しくされるのは、
すべて聖書の中でわれわれに語られる神の言葉を新しく聞くことに基づく。
・・・教会は新たにされることの必要と、
そしてまた新たにされるということの意味を発見する」と。
言い換えれば、「教会が新しくなるとは古くなること」であると言える。
五旬節の日に聖霊が注がれたことで教会が誕生したのであるから、
その原点に立って教会を見直し、刷新していただかなければならない。
ルターの宗教改革でも、ウエスレーの聖化運動でも聖書に帰る、
福音に帰ることから刷新が始まった。
「中心に方向をとるということ」が、
いつの時代にも教会に命を与える偉大な力であったし、
今もまたそうである。
この中心に方向をとることが源泉に帰ることなのだ。
このことを考えるとき、聖霊の働きを忘れてはならない。
聖書は聖霊を通してより以外に新たにされることはないことを
きわめて明白に教えているのだから。

昨日は豊中の教会でメッセージを語らせていただきました。
悪天候の中でしたが、皆さん熱心に集まって来られ恵まれた聖会になりました。
「ラザロ、出て来なさい」との神の子の声が響く、いのちにあふれた集会となりました。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主のみ名を呼び求める

礼拝メッセージ 「主のみ名を呼び求める」宮本裕美先生
聖書 ヨハネによる福音書6章16-21節ほか

6:16 夕方になったので、弟子たちは湖畔へ下りて行った。
6:17 そして、舟に乗り、湖の向こう岸のカファルナウムに行こうとした。既に暗くなっていたが、イエスはまだ彼らのところには来ておられなかった。
6:18 強い風が吹いて、湖は荒れ始めた。
6:19 二十五ないし三十スタディオンばかり漕ぎ出したころ、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、彼らは恐れた。
6:20 イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」
6:21 そこで、彼らはイエスを舟に迎え入れようとした。すると間もなく、舟は目指す地に着いた。

ローマの信徒への手紙
10:13 「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

インクのシミ



宗教改革者マルチン・ルターは、95カ条の提題から始まる論争の中で絶えず聖書に立ち戻ろうしました。4年後の1521年4月、国会での喚問で自説と著作の撤回を強く迫られますが、「たとえ、この町の屋根の瓦ほどの悪魔が、私に襲って来ても私は退かない。聖書に明らかな証拠がある限り、私は決して自分の訴えを取り消さない。我ここに立つ。神我を助けたまえ」と彼は答えています。
その直後、ルターが山の中で騎士の一団に襲われ姿を消します。たちまち、ルターが暗殺されたとのうわさが巷に広まりましたが、ルターを支持するグループの誘拐劇で、彼はしばらくの間、ヴァルトブルク城にかくまわれていたのです。この幽閉期間に、ルターはラテン語訳の聖書を民衆のドイツ語に翻訳しました。彼はわずか10週間で翻訳を完成させたと言われています。現在、ヴァルトブルク城は世界遺産となっていますが、ルターが使っていたと言われる部屋もそのまま残されていて、その部屋の壁にインクを撒き散らしたようなシミが残っています。このインクのシミについて、こんなエピソードが残されています。ある夜、彼が疲れ果て意気消沈していると、サタンが長い長い巻物を持って現れました。そこには、ルターが生まれてからその日まで、犯してきた罪が一つ残らず克明に記されてるではありませんか。サタンは彼を訴え、責め、ののしりました。「お前のような罪人が宗教改革などと、大それたことをよくも考えたものだ。お前のような罪人は地獄行きを免れることはできないのだ」と。ルターは一瞬、魂の苦痛を覚え、絶望感を味わいましたが、次の瞬間、信仰を奮い立たせ、サタンに向かってインクの壷を投げつけて、こう言いました。「サタンよ、確かにお前の言う通りかもしれない。しかし、お前に言っておかなくてはならないことがある。その長い巻物の最後に、こう記しておきなさい。『御子イエスの血が、すべての罪から我らを清める』」と。
これこそ、ルターが「我ここに立つ」と語った「ここ」なのではないでしょうか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖書に生きる

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ローマの信徒への手紙12章から。

12:11 怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。
12:12 希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。

今週も9月の『あかしびと』から、「聖書に生きる」というお勧めを学ばせていただきました。
先週学んだ巻頭のことば、今日のお勧め、そして私が書かせていただいたぶどう樹の10月号を、
勝手に「聖書へ帰ろう」三部作と呼んでいます。
何の打ち合わせも相談もなかったのですが、三つのメッセージがちがう角度から、
聖書に向かうように私たちを導いています。
聖書に帰り、聖書に親しみ、聖書に生きる人となれますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

心を騒がせないでもよい理由



十字架の前夜、最後の晩餐の席上でのことです。イエスは弟子たちに、最後の教えを語り始められました。それはヨハネだけが記す、14章から17章までのかなり長い説教です。実際には、食事の後、ゲッセマネの園に移動する時間も含め、ある部分は弟子たちとの問答であり、ある部分はイエスの祈りになっています。
弟子たちは、その夜、いつもとは明らかにちがうイエスの様子と話題、ただならぬ物言いに動揺し、混乱していました。そんな彼らに、イエスは「心を騒がせるな」と語られたのです。1節から3節までに、心を騒がせないでもよい理由が3つ書かれています。
1つ目は1節、「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」どんな時にも平安(Peace)でいられる秘訣は、神への信頼、信仰です。たとえ世の嵐が襲ってきても、平安そのものであるイエスがあなたの神だから、心を騒がせないでもよいのです。2つ目は2節、「あなたがたのために場所を用意しに行く。」居場所(Place)が用意されているという安心感です。これは天国の希望でもあります。3つ目は3節、「戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。」このままで終わらない、必ずイエスが来て迎えてくださるという大いなる約束(Promise)があるので、もう心を騒がせなくてもよいのです。
イエスはこの3つのP、Peace(平安)、Place(場所)、Promise(約束)を弟子たちに示して、心を騒がせなくてもいいと言われました。不安や心配がなくなるというのではなく、そのような嵐の中にいても、この3つのことを覚える時、嵐が静まり、平安がやって来ます。イエスは言われました。「嵐よ、静まれ。」「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしを信じなさい。神を信ずれば我をも信ぜよ」と。

昨日も最近礼拝に導かれている方々が、「今日のお話し(御言葉)が心に響きました」と、喜んで帰って行かれました。この秋、人生を変え、歴史を動かすことさえできる一つの御言葉と出会えますように。今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

我ここに立つ(前編)

礼拝メッセージ ルターと聖書「我ここに立つ」(前編)
聖書 ヨハネによる福音書14の1-7
ヨハネによる福音書シリーズ(106)

14:1 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。
14:2 わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
14:3 行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。
14:4 わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」
14:5 トマスが言った。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか。」
14:6 イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。
14:7 あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me