十字架とキリスト像



教会暦では次の日曜日が棕櫚の聖日で、その日からキリストの最後の一週間(受難週)が始まります。こんな話しを聞きました。
2003年の8月、ニューヨークにあるホーリークロス教会に泥棒が入りました。泥棒は献金箱と十字架のキリスト像を盗んで行ったそうです。キリスト像は等身大のもので重さが100キロ以上あったのですが、泥棒はキリスト像を十字架から取り外し、十字架を残して、ご像だけを持って行きました。教会のスミス神父は「どうして泥棒が十字架を残し、キリスト像だけを持って行ったのか、私にはわからない。十字架像というものは、キリストと十字架が一つになって、はじめて意味のあるものだから」と語ったそうです。
もしかするとこれは泥棒の話ではないのかもしれません。キリストと十字架が一つであるように、私たちクリスチャンも十字架と一つです。私たちは、キリストを十字架から外して、キリストだけを手に入れようとしてはいないでしょうか。キリストの愛、恵み、祝福、癒しはいただくが、十字架は、試練は、苦難は、犠牲は要らない、そんな態度をとってはいないでしょうか。キリストは言われました。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と。
今年は、「『十字架の黙想・平成版』、これで行こう」と、くり返しお勧めしていますが、受難週を前に、いよいよ深く、この書を学び味わっていただきたいと思っています。『あかしびと』の最新号には、お正月に紹介した老牧師の証しが掲載されていますが、牧師はこの本を読んで、「神は愛であり、愛する者をキリストの似姿に変えようとしてくださっていることがわかった」と記しています。「読書百遍」、どうぞ毎日の聖書通読と併せて、何度も読んでください。
今日は、3日、ゲッセマネの園での出来事が学べます。「ゲッセマネに伏す、主を思いなば・・・、己を捨てて、君に従わん。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛が一番たくさんある所

4月のオープン礼拝
メッセージ「愛が一番たくさんある所」
聖書 ヨハネによる福音書11の45-57
ヨハネによる福音書シリーズ(85)

11:45 マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。
11:46 しかし、中には、ファリサイ派の人々のもとへ行き、イエスのなさったことを告げる者もいた。
11:47 そこで、祭司長たちとファリサイ派の人々は最高法院を召集して言った。「この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。
11:48 このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。」
11:49 彼らの中の一人で、その年の大祭司であったカイアファが言った。「あなたがたは何も分かっていない。
11:50 一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか。
11:51 これは、カイアファが自分の考えから話したのではない。その年の大祭司であったので預言して、イエスが国民のために死ぬ、と言ったのである。
11:52 国民のためばかりでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死ぬ、と言ったのである。
11:53 この日から、彼らはイエスを殺そうとたくらんだ。
11:54 それで、イエスはもはや公然とユダヤ人たちの間を歩くことはなく、そこを去り、荒れ野に近い地方のエフライムという町に行き、弟子たちとそこに滞在された。
11:55 さて、ユダヤ人の過越祭が近づいた。多くの人が身を清めるために、過越祭の前に地方からエルサレムへ上った。
11:56 彼らはイエスを捜し、神殿の境内で互いに言った。「どう思うか。あの人はこの祭りには来ないのだろうか。」
11:57 祭司長たちとファリサイ派の人々は、イエスの居どころが分かれば届け出よと、命令を出していた。イエスを逮捕するためである。

4月最初の礼拝、礼拝の終わりに、春から新生活を始める子どもたち、若者たちのために祝福を祈りました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

4月のオープン礼拝



明日から4月、新生活を始める方の上に祝福を祈ります。
次の日曜日は、4月のオープン礼拝です。
オープン礼拝は教会は初めてと言われる方にも入りやすい礼拝です。
ぜひお出かけください。
日曜の朝10時半。弥富公園東、丘の上の教会。
入場無料、駐車場、こども部屋あり。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

墓を背にしたラザロと墓に向かうイエス



ラザロの墓が開かれると、イエスは大声で「ラザロ、出て来なさい」と叫ばれました。イエスの神々しい声が響きました。何が起こったでしょう。「すると死んでいた人が、手と足を布でまかれたまま出て来た。顔は覆いで包まれていた。イエスは人々に、『ほどいてやって、行かせなさい』と言われた。」
そうです。死んで四日もたっていたラザロが墓の中から出て来たのです。11章の初めから始まったラザロの死と葬り、復活の物語ですが、ヨハネは最後、この一節だけにラザロの復活を簡潔に描きました。ある人は、「手と足を布でまかれたままで、どうして出て来ることができたのか」と突っ込むかも知れません。しかし、そのような疑問や詮索は、ここでは無意味です。
一枚の絵を御覧ください。ジオットが描いた「ラザロの蘇生」です。よく見ると鼻を覆う人、布をほどきにかかる人、驚く人、足元にひれ伏すマルタとマリア、それらの群像の中で、イエスとラザロが向き合っています。墓を背にしたラザロと墓に向かうイエス・・・。それはラザロと引き換えに、イエスが墓に葬られることを暗示しているように見えます。
あなたはこの絵のどこに自分を見るでしょうか。イエスはご自分の命と引き換えに、今日もあなたを死から命へと呼び出そうとしておられるのです。第一コリント15章54節、「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。」イエスは言われました。「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、・・・死から命へと移っている。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。」「「ラザロ、出て来なさい。」

明日から4月、新生活が始まる方の上に祝福を祈ります。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしに従いなさい

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書15章と21章から。

15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。

21:15 「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか。」
21:17 「わたしの羊を飼いなさい。」
21:19 「わたしに従いなさい。」

今週も京都聖会のメッセージから学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

農村の改革者



先日の書きましたが、京都の聖会でメッセージを聞きながら、学生の頃、夢中で読んだ『農村の改革者』という聖人伝のことを思い出しました。アルスの聖司祭ヴィアンネー神父(1786年 –1859年)の伝記です。

フランスのリヨンからほど近いアルスの村は、当時人口わずか230人、60世帯ほどの小さく貧しい村でした。村人の信仰は名ばかりで、決して熱心な信徒ではありませんでした。そんな村に、「あそこの教会には、あまり神の愛がないから、あなたが行って、それを植え付けてやりなさい」と言われ、彼はアルスに赴任したのです。彼がアルスに近づいた頃には、もう日が沈みかけていました。道に迷い、牧童に教えられて、ようやくアルスに入った彼は、人家の屋根が見えてくると、そこにひざまずき祈りました。祈りが終わると、彼はこうつぶやくのです。「この教区は、今に、来る人々が入りきれないようになる。」
しかし、現実は、彼の赴任当初、毎朝のミサにあずかるのは2、3人の婦人だけでした。日曜のミサも、村人は口実をさがして、すぐに欠席し、出席している人々も、堪えがたい退屈の色をあらわし、居眠りをする者、私語をかわす者もいました。説教が終わると、ほとんどの人が新鮮な空気を吸いに、教会を飛び出して行ったと言います。
しかし、神父の不屈の信仰と祈り、努力によって、10年あまりが経ったとき、アルスの村は全く変えられてしまったのです。死んだようなアルスの村がよみがえったのです。そして、ついにフランス中から、いいえ国境を越えて多くの巡礼者が集まって来るようになりました。聖人の足跡を尋ねて巡礼者が集まることはあっても、現在生きている人を尋ねて、巡礼者が集まることは、教会の歴史の中でもまれなことです。ところが、ヴィアンネー神父の存命中、30年に渡って、アルスの聖堂には昼夜人影が絶えることがありませんでした。
その頃の様子を伝えるのが、あの有名なエピソードです。「アルスの聖司祭ヴィアンネー神父の声は、あまりに低かったので、説教のとき、かれの周囲におしよせる群衆には、よくききとれなかった。しかし、人びとには、ヴィアンネ神父のいうことは全然きこえなくても、かれの姿はみえた。神の霊に乗りうつられたような、かれの姿はみえた。彼の姿をひと目みただけで、聴衆はみな感動し、心服し、回心した。アルスの巡礼から帰って来た一人の弁護士に、ある人が、『アルスで、どんな印象を受けましたか』と、たずねてみた。『そうですネ、わたしは、人間のなかに、「神さま」をみましたよ!』これが、弁護士の答えだった。」
主は、アルスの村で起こった、そして、ヨハネ11章のベタニアの村で起こった途轍もない奇跡を、私の住む町にも、あなたの住む町にも起こすことができるのです。あなたはそれを信じますか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ラザロ、出て来なさい・後編

礼拝メッセージ 「ラザロ、出て来なさい・後編」いのちの授業(3)
聖書 ヨハネによる福音書11の41-46ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(84)

11:41 人々が石を取りのけると、イエスは天を仰いで言われた。「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。
11:42 わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです。」
11:43 こう言ってから、「ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。
11:44 すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た。顔は覆いで包まれていた。イエスは人々に、「ほどいてやって、行かせなさい」と言われた。
11:45 マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。
11:46 しかし、中には、ファリサイ派の人々のもとへ行き、イエスのなさったことを告げる者もいた。

旧約聖書続編・シラ書
43:27 「主はすべてだ。」このひと言に尽きる。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

敬虔な老農夫の話



学生の頃、夢中になって読んだ『農村の改革者 聖ヴィアンネー』から紹介します。

アルスの農夫に、ルイ・シャッファンジョンという老人がいた。ヴィアンネー師は、彼のことをこう物語った。

この村に数年前に死んだ敬虔な老農夫があった。彼は毎朝、畑に出かける前に、教会に寄って祈りをしたが、ある日、鍬を聖堂の入口に置いたままで祈りに夢中になってしまった。近所で働いている農夫たちは、どうして彼が来ないのだろうと不思議に思ったが、ふと思いついて、帰りに聖堂に寄ってみた。はたして、その男はそこにいた。
 「いったい、お前は長いこと、なにをしていたのか?」と聞くと、「私は神を見ていました。それから神も私を見ておいでになった」と彼は答えた。

師はこの話しをたびたびくり返していたが、「彼は神を見、神は彼を見ておいでになった。子どもたちよ、宗教はこのひと言につきている」と、いつも付け加えて村の人たちに教えた。しかり老農夫が到達した観想の境地こそ宗教の神髄である。

京都の聖会でも紹介されたヴィアンネー師の説教を聞きながら、聖人伝に心熱くした日のことを思い起こしました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の栄光を映し出すぶどうの枝

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編126編とコリントの信徒への手紙一3章から。

126:5 涙をもって種まく人は、喜びの歌をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくる。(口語訳)

3:18 わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、
栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。

祈祷会では、しばらく京都聖会のメッセージを学ばせていただきます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

天国からの奇跡



京都の聖会を終えて、名古屋に戻りました。
行きも帰りもひどい渋滞でしたが、車中で映画を何本か観ました。
「天国からの奇跡」は昨年、話題になった映画です。
娘の難病から神を信じられなくなった母親クリスティが、
奇跡の木となる老木にすがって「主の祈り」を祈り始めると、
家族が、そこにいた人々がその祈りに和していきました。
そして奇跡が起こるのです。

クリスティの証しです。
「アインシュタインが言うには、人生に道は2つ。
ひとつは、奇跡など存在しないと思う道。
もうひとつは、すべてが奇跡だと思う道です。
正直、私は今まで奇跡など存在しないと思ってきたので、
多くを見逃しました。奇跡はどこにでもあります。
奇跡とは優しさ。奇跡とは愛・・・。
神は奇跡を通して教えてくれています。
そばにいると。」

名古屋教会で仕える新しい一年がスタートします。
天国からの奇跡をたくさん発見する一年でありますように。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me