神の小羊



「エッケ・ホモ(この人を見よ)」。この人とはだれでしょう。ヨハネはその答えを、すでに福音書の冒頭に記していました。それは洗礼者ヨハネがイエスを指さして語ったあの言葉です。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」ピラトの法廷に立ち、「この人を見よ」と言われているこの方こそ、世の罪を取り除く神の小羊だったのです。
「世の罪を取り除く神の小羊」とはどのようなメッセージだったでしょうか。「世の罪を除く神の小羊」とは、人の身代わりとして祭壇に捧げられるいけにえのことですが、聖書を読めば、旧約時代、他の動物もいけにえとして使われていたことがわかりますが、小羊に限定された犠牲が2つありました。ヨハネはそのことを承知の上で、イエスのことを「神の小羊」と証ししたのです。
1つ目は、出エジプト記12章に記されている「過越の小羊」です。エジプトを脱出する前夜、イスラエルの家では、傷のない小羊が屠られ、小羊の血がそれぞれの家の鴨居と柱に塗られました。エジプト中の初子を撃つために送られた主の使いが、その血を目印にその家を過ぎ越すためでした。小羊は、イスラエルがエジプトの奴隷の生活から解放されるための身代わりとなったのです。
そして、もう1つはイザヤ53章です。受難のメシアの姿が鮮やかに示された預言の中で、苦難の僕が屠り場に引かれて行く小羊の姿に例えられています。「苦役を課せられて、かがみ込み、彼は口を開かなかった。屠り場に引かれる小羊のように、毛を切る者の前に物を言わない羊のように、彼は口を開かなかった。捕らえられ、裁きを受けて、彼は命を取られた。彼の時代の誰が思い巡らしたであろうか。わたしたちの民の背きのゆえに、彼が神の手にかかり、命ある者の地から断たれたことを。」
使徒言行録の8章に伝道者フィリポがエチオピアの高官を信仰に導く物語が記されていますが、フィリポはこの箇所(イザヤ書53章)から説き起こして、イエスについて福音を告げ知らせました。エチオピアの高官は言いました。「わたしは、イエス・キリストを神の子と信じます」と。
「この人を見よ。」「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」

中学高校は1学期が終わり、夏休みに突入です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

エッケ・ホモ



世界一有名になった「エッケ・ホモ(Ecce Homo)」の話です。
2012年のことです。スペインの北部ボルハにあるミセリコルディア教会の柱に描かれた100年ほど前のフレスコ画が近所の老婦人の手によって修復されました。その絵は「エッケ・ホモ」と題された茨の冠をかぶるイエスを描いたものでしたが、修復された絵は「世界最悪の修復」として、瞬く間に世界中に拡散されました。
確かに、ちょっと残念なことになりましたが、実はこの絵を見るために、世界中から観光客がボルハに集まるようになったそうです。スペインの片田舎にある教会に、「エッケ・ホモ」、キリストを見るために人々が押し寄せているという、世界一有名になった「エッケ・ホモ」の話。
聖書の中心はイエス・キリストです。聖書は、今日も「この人を見よ」と少しも迷うことなく、この一点を指し示しています。この人を見るとき、何が起こるのか。今週も、この方から目が離せません。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

使い古された雑巾



ここに真新しい雑巾と、使い古された雑巾があります。どちらがきれいですか? もちろん、新しい方です。では、どちらが貴いですか?どちらに「ありがとう」と言いたいですか? きっと使い古した雑巾の方ではないでしょうか。なぜそう思うのでしょう。きれいでもない。だれも欲しがらない。いつ捨ててもいい。でも、何か貴く、ありがたい。それは、あなたの代わりに汚れ、あなたの手を守って傷ついたからです。
汚れには二種類あります。まず自ら汚れた汚れです。人を憎んだり、ねたんだり、いじめたり、いじめを見て見ぬ振りをしたり、人の悲しみに無関心だったり、年齢と共に心の中に積み重なった見えない汚れです。もう一方で、元々はきれいだったのに、他者の汚れを拭き取って身に着けた汚れがあります。本当は他人の汚れなのに、その汚れを拭き取ったために汚れ、本当はある人が受けるべき傷なのに、その人を守るために受ける傷があるのです。
聖書は、この雑巾のように、汚れを引き受ける人がこの世界にいると教えています。イザヤ書53章から、「乾いた地に埋もれた根から生え出た若枝のように、この人は主の前に育った。」あるところに、主の前に育った聖なる人がいたようです。元々、この人には一点の汚れもありませんでしたが、続きにこう書かれています。「彼は軽蔑され、人に見捨てられ、多くの痛みを負い、病を知っている。彼は私たちに顔を隠し、私たちは彼を軽蔑し、無視していた。」この人は、いつの間にか汚れ、傷つき、人々から軽蔑されます。しかし、預言者は見抜きます。この人の汚れは、あの使い古した雑巾の汚れだと。「彼が刺し貫かれたのは私たちの背きのためであり、彼が打ち砕かれたのは、私たちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって、私たちに平和が与えられ、彼の受けた傷によって、私たちはいやされた。」
ここに聖書の語る真実な愛があります。愛と聞くと、誰かにプレゼントする、親切にする、抱きしめるなどを連想します。もちろんそれも愛でしょう。しかし究極の愛は、他者の汚れを取り去ること。雑巾のように拭き取る行為なのです。イエスはその究極の愛を伝えるために、死ぬ直前、弟子たちに体験授業を行いました。ヨハネによる福音書の13章、洗足のストーリーです。「(イエスは)食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。」粗末なサンダルで1日中歩き回った弟子たちの足です。泥やほこりがこびりついていたでしょう。その汚い足を次々とイエスが洗います。弟子たちの足はみるみるきれいになりました。しかしそれと並行して、たらいの水は濁り、手ぬぐいは汚れていきます。弟子たちはきれいになるけど、イエスは汚れていきます。それは弟子たちにとって、忘れられない原体験となりました。この体験を土台に、翌日、弟子たちは十字架上で死なれたイエスの姿を目撃します。傷だらけ、血だらけのその姿を。しかし弟子たちは気づきます。「彼が刺し貫かれたのは、私たちの背きのためであり、彼が打ち砕かれたのは、私たちの咎のためであった」と。いいえ弟子たちだけではありません。十字架を見たローマの百人隊長も叫びました。「本当に、この人は神の子だった」と。
十字架は本来、醜く、恐ろしい、目を背けたくなるものです。しかし、それは私たちの最大の汚れ、どんなに石けんで洗っても取ることができなかった罪という汚れを拭い取ってくれたからだったのです。
もう一度、イエスに目を向けてみましょう。「イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、『見よ、この男だ(この人を見よ)』と言った。」あなたは愛を見ますか。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

エッケ・ホモ



讃美歌「まぶねのなかに」は、日本の賛美歌の発展に貢献された由木康牧師(「きよしこの夜」や「血汐したたる」を訳された先生)が作詞されたメイドインジャパンの讃美歌で、ヨハネ福音書19章5節の御言葉をモチーフに、「この人を見よ」という歌詞がくり返し歌われます。この言葉は、ラテン語で「エッケ・ホモ」と言い、いばらの冠をかぶるイエスを描いた聖画の題名として用いられています。
イエスを取り調べたローマ総督ピラトは、イエスが無実であり、その訴えも政治的な案件ではないことから、イエスを釈放しようと努力しました。最初の試みは、過越祭に行われていた恩赦を利用することでしたが、イエスに敵対する宗教指導者たちによって扇動された民衆は、イエスではなくバラバを解放するようにピラトに要求しました。
第2の試みは、イエスを鞭打ちにし、民衆の怒りが収まるのを待つということでした。兵士たちは、イエスの頭にいばらで編んだ冠をかぶらせ、紫色の着物を着せました。イエスを裸にし、上着だけのショールを首のところから結んで、王服に見せかけたのです。マタイの福音書では、イエスに葦の棒を持たせたともあり、兵士たちが、鞭打たれ、血だらけになった憐れな裸の王をイエスに演じさせたことがわかります。
この後、ピラトは、早朝から総督官邸に集まっていたユダヤ人たちの前にイエスを立たせて言いました。「見よ、この男だ」と。この時、ピラトが言いたかったことはこうです。「彼はもはや、恐れるに足りない。憐れな裸の王様に過ぎない。解放してやろう。」ピラトの発言はおそらくその程度の内容でした。しかし、この言葉をここに記したヨハネにとっては、もっと深い含蓄を込めた言葉であったのです。ヨハネ福音書には、語った本人の自覚や意識とは裏腹に、語られたセリフが真理を示すというアイロニー(皮肉)という手法が多く用いられています。ヨハネは、ピラトが先に語った「真理とは何か」という言葉に続き、「見よ、この男を」との特に意味を持たない言葉を用いて、私たちをイエス・キリストに向かわせようとするのです。
ヨハネが福音書の冒頭に記した言葉が思い出されます。それは洗礼者ヨハネがイエスを指さして語った言葉です。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」ピラトの法廷に立ち、「この人を見よ」と言われているこの方こそ、世の罪を取り除く神の小羊だったのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

バラバこそ私



大槻筆子先生は、女学校の時代に、キリストの十字架を描いた一枚の聖画に心を奪われ、やがて回心にまで導かれます。
古い『ぶどう樹』にこんな証が載っていました。

私の学んでいた学校へ世界の名画を複写したのを売りに来た行商人がいました。応接室に展示せられたそれらの名画の中で格別私の心を促えたのは十字架上のキリストの聖画でした。世界の四聖人と云われたこの人が、この様な残酷な刑を受けられたと云うことは余程深い理由があるに違いないと思い、非常な感動を覚え、それがほしくてたまらなくなり、手に取って見た途端、「君はそんなものが好きかね?」とある先生に冷かされ、思わずそれを下におき、横にあった悲しみの聖母マリヤの聖画を買ってしまったのです。・・・
その後数年を経て、教会に導かれ、復活のキリストと出会い、明確な回心経験をいたしました。・・・人間の存在の目的とは、神とは、永遠不滅の霊魂の行末は、これらの問題に悩むと共に、自分の内面の姿を眺め、「ああこの死の体より救わんものは誰ぞ」と遂に教会にかけ込んだ私でした。・・・人祖アダムの罪の結果、罪の性質を遺伝的に受けついで生れた人類は全て怒りの子、罪の子であって、神の恵を受ける資格のない者であります。罪の中に閉じ込められている人間の中より救主を見出すことは出来ません。・・・そこで神はここに唯一の救の道を開き、これを無代価で提供して下さいました。・・・神はその独子を世に遣し、十字架を負わせ、限りなく高価な代償を払はしめ給うことによって、神と人間との間に存在した断絶を埋め尽くし、神と人とを和らがしめる所の手段を取り給うたのであります。・・・罪なき神の子なるイエス・キリストが、大罪人とみなされ、極悪人バラバのかけられるべき十字架にかけられて極刑をお受けになった事実を知りました時、十字架につけられるべきバラバこそ私でありますと叫ばずにおられませんでした。・・・「我を信ぜよ、我を信ぜよ」とのキリストの御声に満腔の感謝・感激をもって、我がため十字架にかかり給いし、イエス・キリストを、我が救主、我が神と信じました。その時、「子よ、心安かれ、汝の罪赦されたり」との声と共に、罪と死の恐怖から解放されたのであります。

「この自由を得させるために、キリストは私たちを自由にしてくださったのです。」
これがバラバと私の物語なのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

バラバとは誰か



イエスを取り調べたピラトは、イエスが無実であり、その訴えも政治的な案件ではないことから、民衆に一つの提案をします。当時、過越祭の期間に、民衆が願い出る囚人に恩赦を与えるという習慣がありました。ピラトはそれを利用してイエスを釈放しようと考えたのです。しかし、ピラトの思惑に反し、宗教指導者たちに扇動された群衆が、イエスではなくバラバを選び、イエスを十字架に付けるように要求したのです。鎖が解かれ、釈放されるバラバと、十字架につけるために引き渡されるイエス…。この場面ほど、イエスの身代わりの死を象徴する場面はないのかもしれません。
みなさんは、こんなことを考えたことがないでしょうか。どうして、自分の罪が赦され、救われると言うことがあるだろうかと。私とイエスとは何の関係もない。それはバラバも同じでした。ところで、バラバとはいかなる人物だったのでしょうか。ルカは「都に起こった暴動と殺人のかどで投獄されていたバラバ」と彼の罪状を記録し、マルコは「暴動のとき人殺しをして投獄されていた暴徒たちの中に、バラバという男がいた」と伝えます。彼は革命家であり、政治犯であり、現代的な言い方をすればテロリストであり、殺人犯であったと言うことです。そして、ヨハネは「バラバは盗賊であった」と言い、マタイは「バラバ・イエスという評判の囚人がいた」と伝えています。ここからは、彼のねずみ小僧やロビンフットのような正義の味方的な横顔が見えないわけではありませんが、「評判の」という言葉は、模範囚や人気者という意味ではなく、悪名高い札付きの囚人と読む方が自然な感じがします。いずれにせよ、バラバのイメージが聖書を読む私たちに委ねられているのです。
バラバとは、彼のあだ名で、「バル、アバ(父の子)」という意味です。彼の本当の名前はイエスでした。今、ピラトの左右に立っているのは二人のイエスです。一人はバラバと呼ばれるイエスであり、一人はメシアと呼ばれるイエスでした。「父の子」とは、おかしな名ですが、それなら私たちも父の子(バラバ)です。
聖書は言います。「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を示されました。それで今や、私たちはキリストの血によって義とされた(神の子とされた)のですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

何の罪も見いだせない



ローマ総督ピラトは、イエスの尋問を終え、官邸の中庭で待つユダヤ人の指導者たちの前に立ちました。ピラトはすでにユダヤ人たちが妬みのためにイエスを訴え出ていることを理解していましたが、それ以上に、イエスとの対話を通して、イエスには罪がないことを悟りました。ピラトはユダヤ人に言います。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない」と。この後、ピラトはこのフレーズもくり返し、イエスを解放する道を探りましす。
ルカによる福音書の情報によれば、「わたしはあの男に何の罪も見いだせない」とピラトが発言したことにより、ユダヤ人の指導者たちが騒ぎ立ち、「この男は、ガリラヤから始めてこの都に至るまで、ユダヤ全土で教えながら、民衆を扇動しているのです」と言うのを聞いて、ピラトがイエスの身柄をガリラヤの領主であるヘロデのもとに移し、彼にイエスを裁かせようとしたことが記されています。彼も過越祭の期間、エルサレムに来ていたからです。
ヘロデの尋問については、今回は割愛しますが、ヘロデもイエスに罪を認めることができないまま、派手な衣を着せてピラトに送り返してきました。ここからイエスの死が確定する、政治裁判の最後の段階に入ります。まだ早朝でしたが、おそらくこの頃には、エルサレムの町中にイエスが捕らえられたというニュースが流れ、多くのユダヤ人が神殿の隣にある総督官邸に集まり始めていたと思われます。ピラトは、イエスが無実であり、その訴えも政治的な案件には当たらないと判断し、民衆に一つの提案をしました。「ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか」と。
当時、過越祭の期間に、民衆が願い出る囚人に恩赦を与えるという習慣がありました。ピラトはそれを利用してイエスを解放しようと考えたのです。ところが、ピラトの思惑に反し、祭司長たちに扇動された民衆は、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返したのです。バラバのことは来週、詳しくお話ししますが、鎖が解かれ、釈放されるバラバと、十字架につけるために引き渡されるイエス。この場面ほど、イエスの身代わりの死を象徴する場面はないのかも知れません。
聖書は教えます。「罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。」これこそ聖書が教える最も大切な真理なのです。

2019年もあっという間に6ヶ月が過ぎようとしています。さあ、後半戦です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聴くという感覚



日曜日は昨年の6月に天に召された二人の教会員の記念礼拝でした。「真理とは何か」との問いかけに真剣に向き合われた二人の証に大きな恵みをいただきました。Gさんは若い頃、KBS京都のアナウンサーとして活躍された方で、すてきな声の持ち主でした。奥様に先立たれ、8年間、京都で独り暮らしをされた後、最後の2年は娘さんのいる名古屋に来られ、準備万端、奥様の待つ天国に旅立って行かれました。「聖書と私」と題して書かれた手記は読み応えのある素敵な証です。その証の中にこんな言葉が出て来ます。
「聖書は読むとか朗読するとかいうのが普通の表現ですが、私はむしろ聴くという感覚が求められているのではないかと思います。聖書を読む時、ただ声を出すというのではなく、聴き取るという、もう一歩踏み込んだ姿勢が大切なのです。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

伝書鳩



人類で南極点に初めて立ったノルウェーの探検家アムンセン。
まだ通信の手段がない時代、彼は伝書鳩を連れて探検に出かけたそうだ。
探検の果てに、アムンセンはその伝書鳩を放つ。
何日もかけて鳩は妻が待つ自宅に帰って行く。
彼の妻は鳩の帰還をよって、夫の無事と探検の成功を知った。
「夫は生きている。目的地に到達したんだ」と。

鳩が聖霊のシンボルであるのは興味深い。
十字架と復活によって贖いの業を成し遂げ
キリストは父なる神の右に上げられた。
そしてついに聖霊が送られた。
私たちは聖霊の到来によって知る。
「今やイエスは神の右に上げられ、
約束された聖霊を御父から受けて注いでくださった
主は生きておられる」と。

次の日曜日は、昨年の6月に召された二人の教会員の記念礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊降臨の広間に



預言者は言います。「春の雨の季節には、主に雨を求めよ」(ゼカリヤ10:1)と。
イスラエルには秋と春と二度の雨期があります。それは雨のシーズンなので、待っていれば雨が降るのですが、預言者は指をくわえて待っていることができませんでした。ひと時もそれを先送りすることなく、今それを求めよと言います。ここで言う雨とは自然界の雨のことではありません。霊的な祝福をもたらす聖霊の大雨です。
二千年前のペンテコステ、主の約束を信じて祈り待ち望んだ弟子たちの上に、先の雨が注がれました。そして今再び雨のシーズンが到来しているのです。「果報は寝て待て」と言っているのは誰でしょう。このタイミングを逃すことがありませんように。この雨のシーズンにこそ、主に恵みの大雨を求めましょう。ほら、もう大雨の音が聞こえます。
ある本にこう書かれていました。「私たちはみな聖霊降臨の広間に戻らなければならない。そこで、へりくだりと信頼の心をもって聖霊の降臨を祈らなければならない。地表を一新しようとする新しい福音宣教者たちの上に、聖霊が再び力強く下ることを祈らなければならない。聖霊降臨は過去の出来事ではなく、教会の歴史のあらゆる時代に、教会の命のうちに続くのです」と。
今日という日が私たちにとって新しいペンテコステとなりますように。

次の日曜日は、徳島から二宮貴司牧師(パウロ教会)をお迎えし、教区合同のペンテコステ聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me