キリストは神のかたちであられたが

メッセージ 「キリストは神のかたちであられたが」 裕美先生
聖書 ヨハネによる福音書13の1〜10

今日は棕櫚の聖日。今日からキリストの最後の一週に入ります。
決意、苦悩、孤独……。
最後の晩餐の席で立ち上がられたキリストは
汚れた弟子たちの足を洗い始められました。
それは愛でした。愛、愛、愛。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Do you truly love me?


ヨハネの子シモン。
ほかのだれよりもわたしを愛するか。

はい、主よ。わたしはあなたの友です。
だれよりも、あなたがご存知のはずです。

わたしの小羊を養いなさい。


あなたは若い時には、したいことをし、行きたい所に行けた。
だが、年をとると、そうはいかなくなる。
あなたは自分の手を伸ばし、だれかほかの人が、
行きたくもない所へ引っ張って行くのだ。

こう言われたのには訳がありました。
ペテロがどんな死に方をして、神の栄光を現すかを、
知らせようとなさったのです。
それから、「わたしについて来なさい」と言われた。
---漁師ヨハネの記録21の15、18、19

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエスの心は

イエスは、その地方の町や村をくまなく巡回し、
ユダヤ人の会堂で教え、御国についてのすばらしい知らせを伝えました。
また、行く先々で、あらゆる病人を治されました。
このように、ご自分のところにやって来る群衆をごらんになると、
イエスの心は、ずきずき痛みました。
彼らのかかえている問題は非常に大きいのに、
彼らは、どうしたらよいのか、どこへ助けを求めたらよいか、
まるでわからないのです。
ちょうど、羊飼いのいない羊のように。
---取税人マタイの記録9の35〜36リビングバイブル

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アクション


風向きを気にすれば種は蒔けない。
雲行きを気にすれば刈り入れはできない。
---コヘレトの言葉11の4

リビングバイブルではこう訳されていました。
「条件が良くなるまで待っていたら、
何一つ仕上げることはできません。」

さあ、今日も種を蒔こう。アクション!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

パッション

ちょうどモーセがさおの先に銅のへびを上げたと同様に人の子は十字架に上げられねばならない。それは必然である。(ヨハネ3の14詳訳)

それは偶然ではなく、神の必然でした。
受難週を前にもう一度、情熱をもって十字架を見上げましょう。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

4月のファミリー礼拝


今月のファミリー礼拝は、4月9日(日)午前10時15分スタート
ブログをご覧の皆さんも、ぜひお越しください。

教会暦では、9日が棕櫚の聖日(キリストのエルサレム入城)、
この日からキリストの最後の一週間が始まります。
キリストのパッション・受難と情熱を想いましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Our God made no mistake


あなたはある理由のために存在しています。あなたは細かく精密な計画の一部を担っている存在です。あなたは尊い存在であり、しかもこの世に二つとないデザインで造られ、神の目にかけがえのない女性、あるいは男性と呼ばれます。  
あなたが今の姿でいるのには理由があります。私たちの神に失敗はあり得ません。神はあなたを母の胎の中で育まれました。あなたは神が望まれた通りの姿をしているのです。  
あなたにその両親を選ばれたのは神です。どう感じようとも、あなたは神が望まれた通りにデザインされ、主の証印を押されているのです。あなたが受けたあの心の傷は決して軽くはありませんでした。しかし、あなたがその傷に苦しむ度に神も涙を流しておられました。やがてそれはあなたの心の糧となり、あなたは成長して神に似た者とされました。 
あなたがあなたであるのには理由があります。あなたは主の鞭によって整えられてきました。あなたはありのままで愛されています。そのような神がおられるのです。
---Russell Kelfer

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

ヤコブの梯子


雲間から漏れる光の帯が
まっすぐに地上まで射している様子を
「ヤコブの梯子」と言います。
ご存知でしたか?

「この世の権力は上へ上へと向かって行くが、
神の恵みという梯子は下へ下へと向かって伸びる。」
---フィリップ・ヤンシー

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

天への梯子

メッセージ 「天への梯子」
アブラハムの旅シリーズ ヤコブ篇
創世記28の10〜17

とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。
ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。
すると、彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、
しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。

すべて疲れた人よ、神の言葉をあなたの枕とせよ。
---C.H.スポルジョン

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

The heart of worship


私はいま 御前に来ました
あなたのお心を 本当にお喜ばせするものを
御前に持って行くために
歌以上のものを 持ってまいります
なぜなら あなたは歌自体を
求めておられるのではないからです
あなたはもっと内側深くをさぐり
すべてを見極めておられます
あなたは私の「心」を見ておられるのです
私は帰る 礼拝の心に

主よ、すべてはあなたのために ただあなたのために
おゆるしください あなた抜きでしてしまったことを
---The heart of worship

父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。神は霊である。
だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。
ヨハネ福音書4の23、24 

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me