一つの群れとなる



キリストの言葉は続きます。「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かねばならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。」キリストが命を投げ出した目的がここで明らかにされていきます。「この囲いに入っていないほかの羊」とは、神とアブラハムとの契約の外にいた私たち異邦人のことを指し、「一つの群れになる」とは、キリストのもとに集まる真の教会のことです。
十字架に向かって走り出したキリストは、良い羊飼いの譬えの中で、すでにこの壮大なビジョンを語っておられたのです。また、同じ文脈の中で、「わたしは命を、再び受けるために、捨てる。・・・わたしは自分でそれを捨て・・・それを再び受けることもできる」と、十字架の死と復活にまで言及しています。実に驚くべき神の救いのご計画の全貌が明らかにされているとは、「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか」です。「だから、心に留めておきなさい。あなたがたは以前には肉によれば異邦人であり、キリストとかかわりなく、イスラエルの民に属さず、約束を含む契約と関係なく、この世の中で希望を持たず、神を知らずに生きていました。しかしあなたがたは、以前には遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。」
サムエル記下の9章に、ダビデ王がサウルの子ヨナタンの息子であるメフィボシェトを、自分の食卓に招く物語があります。友であるヨナタンの息子が生きていることを知り、ダビデは彼を捜します。両足の萎えた男でした。ダビデは王の前に引き出され、震えているメフィボシェトに優しく語りかけます。「恐れることない。あなたの父ヨナタンのために、わたしはあなたに忠実を尽くそう。あなたはいつもわたしの食卓で食事をするように。」予期せぬダビデの言葉にメフィボシェトは戸惑いながら言いました。「僕など何者でありましょう。死んだ犬も同然のわたしを顧みてくださるとは」と。以来、メフィボシェトは王子の一人のように、ダビデ王の食卓で食事をしたのです。
失われたものをとことん捜して、王子の一人のように、その食卓に連ならせてくださる、神の恵みに感謝します。神の家族となり、王の食卓に着くのに、何の資格もない者でしたが、キリストは天から降って来て、私たちに命を得させ、豊かに得させてくださったのです。

12月になりましたが、12月の礼拝はクリスマス特集です。
ぜひ、教会でほんとうのクリスマスをお過ごしください。
礼拝は毎週日曜日朝10時半から。普段着のままお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

捜し出してください



19世紀に活躍した大伝道者ムーディと共に用いられたのは福音歌手サンキーでした。「ムーディは語り、サンキーは歌う」と言われた名コンビです。ある日、エディンバラの集会でムーティがルカ福音書15章からメッセージを語りました。説教を終えたムーディはサンキーに「何か招きの歌をうたって欲しい」と声をかけます。とっさのことでサンキーは驚きましたが、ポケットから新聞の切り抜きを取り出し、即興で歌い始めました。
「99匹の羊は檻にあれども 戻らざりし一匹は何処に行きし 飼い主より離れて奥山に迷えり・・・。」
それはスコットランドの賛美歌作者エリザベス・クレファンが新聞に投稿していた一編の詩でした。このようにして、あの名曲「99匹の羊」は誕生したのです。サンキーは涙ながらに歌いました。その日、エディンバラの集会で多くの人がキリストを信じたことは言うまでもありません。
この賛美は、神の側から言えば、失われたものを見つけ出した喜びが歌われていますが、私たちの側から言えば、見いだされた喜びの歌です。
「日本人に贈る聖書物語」に、イエスがこの譬えを語られた場面がとても劇的に書かれていますが、話しが終わった時の描写がステキです。「この譬えを聞きながら、弟子のマタイは嗚咽を始めた。迷える羊の中にかつての自分の姿を見出したからである。確かに自分は危うい崖っぷちを歩いていた。羊飼いイエスが探し出してくださらなければ、今ごろは・・・。マタイの涙を見て、他の取税人たちも目を拭い始めた。」何と感動的な光景でしょう。幸いなのは、自分が迷い出た羊、失われていた存在であったと認めることのできる人です。そこから見いだされた喜びの歌が生まれるからです。
詩編の119編176節は迷えるもの、失われたものの魂の叫びです。「ああ神様、羊のようにあてどもなくさまよう私を、捜し出してください。」その声を聞いた神は走り出しました。「良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」これは十字架という大きな愛に向かって走り出したキリストの言葉です。「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」

今日は地区の牧師会が持たれます。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

美しい門



聖書の中に登場する有名な「門」と聞いて、使徒言行録の3章に出て来る「美しい門」と呼ばれたエルサレム神殿の門を思い出される方もあるかも知れません。ペンテコステの直後、聖霊に満たされたペトロとヨハネが生まれながら足の不自由な男を癒した奇跡の舞台です。この「美しい門」の場所については、それが神殿にあるいくつもの門のどの門であったかはよくわかりません。たぶん、神殿境内のニカノル門と呼ばれる、真ちゅうで作られた門であったであろうと言われています。
聖書にはこう書かれています。「ペトロとヨハネが、午後3時の祈りの時に神殿に上って行った。すると、生まれながら足の不自由な男が運ばれて来た。神殿の境内に入る人に施しを乞うため、毎日「美しい門」という神殿の門のそばに置いてもらっていたのである。」リビングバイブルでは、2節が「もうすぐ宮だという所で、生まれつき足の不自由な男が運ばれて来るのに出会いました」と訳されています。サムエル記下5章を見ると、神殿に目や足の不自由な者が入れなくなった事件が出てきますが、使徒言行録3章に登場してくる人物も例に漏れず、神殿の外に置かれた存在だったのです。
私たちの現実は、もうすぐ宮だという所まで来て、それ以上先に進むことができない状態ということかも知れません。神殿とは、生き生きとした神の現存にあふれる場所です。もうすぐそこに入れるというところまで来て、それ以上進むことができないとは何と残念なことでしょう。
ヨハネ福音書の10章には「門を出入りして」とありましたが、門を出入りするとは、イスラエルの人々にとって、それは日々の暮らしを表し、生きるということを意味していました。朝、門から自分の家を出て、夕べに門から家に入ることが、人生だと考えられていたのです。詩編121編に、「主はあなたの出ると入るとを守られる」と歌われているのも同じ意味です。
「健康とは、身体的にも、精神的にも、社会的にも完全で良好な状態にあること」とWHOが提唱しますが、この完全で良好な状態とは、まさにキリストという美しい門を出入りする人、神の現存の中に生きることなのです。さあ、イエス・キリストという美しい門を通って、神の神殿の中に入って行きましょう。「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。」感謝しつつ主の門に、賛美しつつ主の大庭に入れ!

今年のカレンダーでは、次の日曜日から待降節(アドベント)に入ります。クリスマスまであと1ヶ月。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の庭に入れ



シロアムの池の奇跡の後、元盲人が会堂から追放されたことを聞き、彼を見つけ語りかけたイエスが、そこにいたファリサイ派の人々に羊飼いの譬えを話し始められました。しかし彼らは、「その話が何のことか分からなかった」と書かれています。イエスの譬え話には、聞こうとする者には神の国の奥義を開く効果がありましたが、聞こうとしない者には、いよいよわかりづらくし、不信の中に陥れるという効果がありました。
そこでイエスの話は続きます。初めの部分もそうでしたが、「はっきり言っておく」という、ヨハネ福音書ではお馴染みのフレーズで始まります。ギリシア語の原文では「アーメン、アーメン」となっているところで、大切なことを語るときに用いられるフレーズです。
そこでまず語られたことは「わたしは門である」ということでした。聖書の時代、一つの村の羊は共同の囲いに入れられることが多かったようですが、この共同の囲いを門番が守ります。きっと羊飼いたちが、入れ替わりで囲いの番をしていたのでしょう。羊の囲いを守る門番は、狭い門に座り、「わたしは門です」と言って、命がけで羊を守ったと言われています。そのような背景があって、イエスはここで自らを「わたしは門である」と名乗っておられるのです。
聖書の中で「門」と言えば、すぐに思い出すのが、山上の垂訓の中で語られた「狭い門から入りなさい」という言葉です。また聖書の中で「門」と言えば、創世記28章のヤコブの物語も忘れられません。石を枕に眠った夜、ヤコブは天と地をつなぐ梯子を見ました。彼は思わず、「まことに主がこの場所におられるのに、私はそれを知らなかった。・・・ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、これは天の門だ」と漏らします。ヨハネは、イエスがこの故事を引用し、イエス自身が天と地をつなぐ梯子であり、天の門であると語られたことも記しています。
また、詩編の中にも「門」について歌っているものがあります。詩編の100編はその代表的なものです。詩編を声に出して味わってみましょう。

100:1 賛歌。感謝のために。全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ。
100:2 喜び祝い、主に仕え、喜び歌って御前に進み出よ。
100:3 知れ、主こそ神であると。主は私たちを造られた。私たちは主のもの、その民、主に養われる羊の群れ。
100:4 感謝の歌をうたって主の門に進み、賛美の歌をうたって主の庭に入れ。
100:5 主は恵み深く、慈しみはとこしえに。

私たちは毎週、教会の玄関をくぐり、礼拝堂の入口をくぐって、ここに入って来ますが、この詩編の歓喜をもって、毎週、教会の玄関を、礼拝堂の入口をくぐっているでしょうか。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

my shepherd



詩篇23編をよく見ると、4節の「死の陰の谷」を境に、それまでは「主は」と告白していたダビデが、「あなたが」「あなたの」「あなたは」と親しく呼びかけるようになります。

その昔、フランス軍のチャプレンが戦場に赴く兵士たちを、詩編23編を開いて励ました。チャプレンは23編の冒頭の句を、一本ずつ指を折ってくり返すように教えました。親指を折って「The」、人差し指を折って「Lord」、中指を折って「is」、薬指を折って「my」、小指を折って「shepherd」。それから兵士全員に、この聖句を手のひらに書きつけて、力が必要なときはいつでもこの句を唱えるように勧めました。
特に彼は、薬指が表す「私の」という言葉の意味を強調し、兵士たちに、神は彼ら一人一人のための羊飼いであり、彼らを無事に家まで連れて行くという使命を、神ご自身がじきじきに果たされるのだと教えたのです。チャプレンの言葉は兵士たちにどんな影響を与えたでしょうか。チャプレンの教えは、ある兵士の人生に深い影響を与えました。その後、ある戦場で、一人の若い兵士の遺体が見つかりました。彼の右手は、左手の薬指をしっかりと握っていたのです。
「The Lord is my shepherd」「主は私の羊飼い。」

私たちも、やがて「ダビデの子」と呼ばれることになるイエス・キリストを私の羊飼いとしましょう。
そして、この兵士が持った同じ希望を、最後までしっかりと握リ続けたいのです。
「羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。・・・羊はその声を知っているので、ついて行く。」
私の名を呼んでくださる良い羊飼いである神さま、私もあなたの御名を呼びます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

羊の囲いのたとえ



ヨハネ福音書10章の前半は、イエスが語る「良い羊飼い」のたとえを受けて、群衆が「イエスは悪霊に取りつかれて、気が変になっている。」「いや、悪霊に盲人の目が開けられようか」と言い合うところで終わります。ということは、9章からの物語が続いていると読むことができます。つまり、一連のたとえはシロアムの池で目を開かれた元盲人を会堂から追放した宗教指導者たちと、まるで失われた一匹の羊の名を呼ぶ良き羊飼いのように、彼を捜し出したイエスとが対比されているということです。
新共同訳聖書は「羊の囲いのたとえ」と小見出しを付けていますが、ここでは羊飼いの囲いの話題から、本当の羊飼いと盗人、強盗とが対比されています。パレスチナでは、一つの村の羊は共同の囲いに入れられている場合が多かったようです。その共同の囲いを門番が守り、門番は顔見知りの羊飼いだけに門を開きました。羊飼いは門から囲いに入り、自分の羊の名を呼んで、多くの羊の中から自分の羊だけを連れ出します。羊も自分の羊飼いの声を聞き分け、その人にだけついて行きました。羊飼いは朝ごとに門から囲いに入って、自分の羊たちを牧草地に連れて行きますが、盗人や強盗は、夜ひそかにやって来て、塀を乗り越えて囲いに侵入し、羊を奪って行きます。このように、1節から5節までは、現実の羊飼いの仕事ぶりを比喩として用いて、イエスと対立するユダヤの指導者たちを対比させているのです。
ちなみに、神の民の指導者を羊飼いにたとえる語り方は、イスラエル古来の伝統です。また、イエスもこの比喩をよく用いられました。「羊飼いのない羊の群れ」という表現や、失われた一匹の羊のたとえは有名です。
真の羊飼いの条件は、まず門を通って囲いに入ることです。更に肝心なことは、「羊はその声を聞き分ける」ということです。しかも、「羊飼いは自分の羊の名を呼んで」とありますから、羊飼いは、その一匹一匹に名前を付けて、名を呼んでいたということです。それは愛の表れでした。自分の羊たちの名を呼んで囲いから連れ出した羊飼いは、先頭に立って群れを導き、命を養う牧草や水のあるところに連れて行きます。羊たちは羊飼いについて行きます。この光景は、「主は私の羊飼い」と歌われるあの詩編23編を想い起こさせるものです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

教会になる



ある人が言った。
教会に行く人は多いが、教会になる人は少ない。

今年は「教会はキリストの体」との年間聖句が与えられ、
この言葉を唱えなかった日はない。
文字通り、教会とはキリストの体である。
その意味において、確かに、教会に通う人は多いかも知れないが、
教会になる人は少ないという言葉は、うがった見方だ。
名古屋教会創立60周年記念聖会を祝福のうちに終えた。
たくさんの感謝にあふれている。
しかし、これからが大切だ。
神様は名古屋教会に通う人ではなく、
名古屋教会になる人を求めておられる。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神の傑作(別品)



天地万物をお造りになられた神は、その最後に、熟慮して、神のかたちに人間を創造されました。しかも、地の塵で。私たちは土くれに過ぎず、もろくて壊れやすくはかない存在ですが、創造主なる神がその似姿に丹精込めて作ってくださった存在なのです。
Potter’s field Ministryという宣教の働きがあります。陶器の制作の実演をしながら、泥だらけになって、神がどれほどの情熱を込めて私たちを創造されたかを伝えるミニストリーです。当然のことですが、陶工は、手を汚さずに器を作ることはできません。土と格闘し、温度や湿度、土の具合などを注意深く見ながら、一つずつていねいに器を作り上げていくのです。一つ一つの器には、陶器師の手の跡があると言われるのはほんとうだそうです。土の器は陶工の手に相当長い時間包まれて出来上がるからです。
ヨハネは福音書にちりばめた選りすぐりの7つの奇跡を「しるし」と呼びますが、中国語の聖書では、それを「神跡」と訳します。それは神の足跡という意味だけではなく、神の手の跡という意味でもあることに気がつきました。だから、私たちもこう告白するのです。「主よ、私たちは粘土、あなたは陶工。私たちは皆、あなたの御手の業」と。
ある聖人がこう言いました。「一塊の土くれである私が、御手の中で、神の息吹きを受けて、神の傑作となる。」何という愛の奇跡でしょう。あなたはこの愛の奇跡を信じますか。一塊の土くれに過ぎない私が、あなたが、御手の中で、神の息吹きを受けて、神の傑作、別品となる。

11月に入りましたが、次の日曜日は、秋の信徒聖会が地域の教会と合同で行われます。
毎月第一日曜日はオープン礼拝にしていますが、11月は第二週になります。ご了承ください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御言葉が閃く



ヨハネが記す「7つのしるし」の6番目、シロアムにおける盲人開眼の奇跡。すでに元盲人の証を通して、イエスこそ神のもとから遣わされて来た、シロアム、来たるべき者であることを学びましたが、その証しの結果、元盲人は会堂から追放されてしまいます。イエスをメシアと公言する者は、会堂から追放されることが決まっていましたが、それは言わば、市民権を剥奪されるようなものでした。彼は、この後、イエスを信じてイスラエル共同体から追放される者の第一号となったのです。ヨハネが福音書を書いた時代、会堂から破門された多くのユダヤ人クリスチャンにとって、あるいは様々なコミュニティから疎外された人々にとって、この物語は大きな励ましとなっていたにちがいありません。
彼が共同体から追放されたことを聞き、イエスはすぐに彼を捜しました。それは、まるで失われた一匹の羊を探す羊飼いのようでした。イエスは彼を見つけると、彼に近づき、「あなたは人の子(メシア)を信じるか」と言われました。彼の心は信じたい望み、見たい望み、拝みたい望みでいっぱいです。ここに至って、彼がまだ盲目であった時、イエスが「私たちは、私をお遣わしになった方の業を行わねばならない」と語り、地面に唾をし、唾で土をこねて彼の目に塗られたあの謎が解けていくのです。
彼にとっては激動の一日でしたが、まるで盲人が点字に触れ、深い意味をそこから読み取ろうとするかのように、その日の出来事を思い巡らしているうちに、御言葉が閃きました。創世記2章7節、「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」イザヤ書64章7節、「しかし、主よ、あなたは我らの父。わたしたちは粘土、あなたは陶工。わたしたちは皆、あなたの御手の業。」イザヤ書43章7節、「すべてわが名をもってとなえられる者をこさせよ。私は彼らをわが栄光のために創造し、これを造り、これを仕立てた。」次々と御言葉が閃く只中で、彼の心は天地万物の創造者、全能の神を信じたい望みでいっぱいになりました。「その方を信じたいのですが。」そこでイエスは言われました。「あなたは、もうその人を見ている。いま顔と顔とを合わせて、あなたと話をしているが、その人だ」と。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

目の見えない者



イエス・キリストは、来たるべきお方です。京都の秋期聖会でイザヤ書35章を学びました。「そのとき、見ない人の目が開き、聞こえない人の耳が開く。そのとき、歩けなかった人が鹿のように躍り上がり、口の利けなかった人が喜び歌う。」イザヤのこの預言は、イエスによって実現されます。マタイ福音書の言葉がそれを証明しています。洗礼者ヨハネが、自分の弟子たちを送ってイエスに尋ねさせました。「来たるべき方は、あなたなのでしょうか。」イエスの答えです。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死人は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。私につまずかない人は幸いである。」ヨハネは、「イザヤは、イエスの栄光を見たので、このように言い、イエスについて語った」と言います。
ここで大切なことは、私たちが「目の見えない者」であることに気づくことです。言泉集にこう書かれていました。「(義の)太陽を見ない三種類の人間がある。霊的盲人、霊的にねむっている人、頑固に目を閉じて、ことさらに見ようとしない人」と。ヨハネの黙示録にも、終末時代の教会の真相が次のように描かれています。「わたしはあなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく熱くもない。・・・あなたは『わたしは金持ちだ。満ち足りている。何一つ必要な物はない』と言っているが、自分が惨めな者、哀れな者、貧しい者、目の見えない者、裸の者であることが分かっていない」と。そこで、あなたに勧める。・・・見えるようになるために、目に塗る目薬を買いなさい(聖霊を求めなさい)。」
さあ、生まれつき目の見えなかった男が、イエスの言葉を信じてシロアムに向かって歩み出したように、私たちも神の言葉を信じて歩み出しましょう。「シロアム、遣わされた方のもとへ、来たるべき方のもとへ、あなたも行って洗いなさい。」そのとき、見えない人の目は開くのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me