松明やともし火



今年も礼拝ではヨハネによる福音書をシリーズで学びます。今年は18章からになりますが、いよいよキリストの受難物語が始まります。新約聖書の初めに置かれた四つの福音書は、どれもキリストの受難物語に多くのページを割いています。彼らがほんとうに書きたかったのは、キリストの十字架と復活の真実だったからです。ヨハネ以外の福音書は、共観福音書と呼ばれるように、似通った資料を用いているので、受難物語もよく似ています。ところが、ヨハネはここでも、彼独特のアングルでキリストの受難を描いていきます。
テレビ番組や映画を制作する現場では、カメラが何台もあって、ディレクターや監督さんが、1カメ、2カメ、3カメと言って、カメラ割りをしているのをご存知かと思いますが、キリストのご受難の物語を描くのに、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネという四つの福音書が、まるで四台のカメラのように配置され、キリストや弟子たち、そこに登場してくる人々の表情、声や息遣い、その場の空気を描いていくのです。
ヨハネ福音書を読んで、すぐに気づくのは、所謂、ゲッセマネの祈りと呼ばれる場面ないことです。マタイも、マルコも、ルカも、カメラのフォーカスを丁寧に合わせて、細心の注意を払って映し出したイエスの苦悶する表情を、ヨハネだけは捉えませんでした。すでに17章で別の祈りを記したヨハネは、ゲッセマネの園を、ただイエスの逮捕劇を中心に、しかも、テンポの良いカメラワークで、それも大切なメッセージを伝えながら描いているのです。
ヨハネのカメラを確認しましょう。ヨハネは、イエスの逮捕に「一隊の兵士」がやって来たと記していますが、これはローマの軍隊のことで、原文では「六百人部隊」という言葉が使われています。しかも、そのローマ兵が「松明やともし火や武器を手にしていた」と伝えているのです。かなり物々しい状況です。ところで、その夜は、それほど暗かったのでしょうか。時は、ユダヤの過越祭の時期でしたが、ちょうど満月の頃です。月明かりが煌々とエルサレムの町を、そしてゲッセマネの園を照らし出していたはずです。にも関わらず、彼らは手にて手に松明やともし火を持っていたというのです。ここにヨハネの視点があります。光と闇は、ヨハネが好んで用いてきたモチーフでした。
たとえ太陽が昇っていても、月明かりに照らされていても、それだけでは明るく出来ない世界があります。人の心です。それでも人は、自分の家柄、経験、理想を手に取り、それを松明やともし火にして、明るくしようと努力するのです。そんな誇りがなければ暗闇に呑み込まれそうになるからです。
ヨハネのメッセージです。1章4節以下、「言(キリスト)のうちに命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」3章19節以下、「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。・・・悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れ、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。」8章12節、「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩まず、命の光を持つ。」まだまだありますが、最後に、12章35節以下、「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

種を蒔く人が種蒔きに出て行った



種を蒔く人の譬えから学ぶ、神の国の奥義の中心は、種を蒔かれる土地ですが、蒔かれた種と種を蒔く人についても見逃せません。種は神の言葉、種を蒔く人はイエス・キリストです。「種を蒔く人(イエス・キリスト)が種蒔きに出て行った。」との言葉は、「わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます」と祈られたイエスの言葉が重なって聞こえます。涙と共に種を蒔く人、イエス・キリストは、今日も神の種である御言葉を、命を与える御名を蒔き続けておられるのです。
絶望という暗闇の中で、もがき苦しんでいる人がありますか。主の言葉を聞きなさい。「暗闇の中から光が照り出でよ!」過去の失敗と過ちを引きずりながら、震えおののき、苦しんでいる人がありますか。今日も十字架の上から、語り続けられている主の言葉を聞きなさい。十字架の言葉は、神の力です。「子よ、安心しなさい。あなたの罪は赦された。もう泣かなくともよい。わたしはあなたをあがなった。あなたはわたしのものだ。」そして、長い病との闘いに疲れ果て、倒れ伏しているあなたに、語り続けられる主の言葉があります。「わたしは主であって、あなたを癒すものである。もし信じるなら、神の栄光が見られると言っておいたではないか。ラザロ、出て来なさい。」
先日の姫路での聖会でのことです。司会に立たれたM先生が、「一人のうつ病を患い、死んだような状態の人が、5年前の新年聖会で復活しました。その時に来て下さったのが宮本牧師でした」という話しをされ、聞いたことのなかった話しだったので、「そんなことがあったのかあ」と感動しました。集会が終わると、「あれは私のことです」と本人がやって来られ、御名をあがめました。栄光は主に。

種を蒔く人について、もう一つのことをお伝えしなければなりません。ここで種を蒔く人とは、イエス・キリストのことですが、それはその後、イエスの弟子たちが続けていく宣教の働きのことでもありました。主は種を蒔く人を求めておられるのです。
むかし、ある集会で大槻牧師が、この種蒔きの譬えを引用し、「私たちは、少なくとも生涯に三十人、できれば六十人、理想を言えば百人の人に聖霊を与えるキリスト者にならなければなりません」と話してくださったことがあります。この譬え話しは、マタイ、マルコ、ルカ、三つの福音書に記されていますが、マタイとマルコは、「良い地に落ちた種は、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ」と書きました。ところが、ルカだけは、三十倍も六十倍もとばして、百倍の祝福についてのみ記しています。きっと、パウロとともに宣教の旅をしていたルカには大きな信仰があったのだと思います。
百倍の祝福と言えば、創世記のイサクの物語を覚えていますか。アブラハムの息子、イサクの時代に飢饉がありました。彼はその不作の年に種を蒔きました。不況の真ん中で種を蒔いたのです。するとどうでしょう。「イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫があった」とあります。この不信の時代、宣教の地は荒れ果てているでしょうか。困難に満ちているでしょうか。しかし、今日私たちもイエスとともに、この命の言を握りしめて出て行きたいのです。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。」巡り歩こう主イエスと共に、命の御名はここにある。

今日から2月。次の日曜日は2月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

大賀ハス



十字架の前夜、最後の晩餐が終わり、イエスはゲッセマネの園に向かう道すがら、弟子たちに最後の教えを語り終えた後、天を仰いで祈られました。ヨハネによる福音書の17章全体が、その祈りになっています。イエスは、御自分のために、弟子たちのために、そして、弟子たちを通して、御自分を信じるようになるすべての者のためにここで祈られました。その最後の言葉はこうです。「わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。」この一句に、イエスがその生涯を通してなされたことと、この後もなそうとしておられたこととが要約されています。
イエスは「御名を知らせました。これからも知らせます」と、まるで種を蒔くかのように、御名を知らせたと言っておられるのです。「涙と共に種を蒔く」と言われている種とは、神の言葉、イエスの御名のことです。実際、ヨハネは、彼が書いた手紙の中で、人を新たに生まれ変わらせる「神の種」という言葉を使っています。
種について、こんなエピソードがあります。1952年(昭和27年)のこと、関東学院大学の教授であった大賀一郎博士は、千葉県検見川遺跡を発掘調査中、地下6メートルの泥炭層で二千年前のものと思われるハスの種を発見し、その種から花を咲かせることに成功しました。キリストの時代に咲いていたその花は、大賀ハスと呼ばれるようになりました。
種というものは小さく、まるで死んだように見えるかも知れませんが、種の中には命が宿っているということです。しかし、その種も大賀博士と出会わなければ、いつまでも深い泥の中に埋もれたままだったかも知れません。私たちの内に与えられている御名も同じです。今年、復活であり、命であるキリストとの出会いによって、神の種が復活し、花を咲かせますように。

余談ですが、大賀博士は、あの内村鑑三の弟子で、札幌農学校で植物学者であったクラーク博士から学んだ内村鑑三に植物学の道に進むように勧められたということです。大賀博士の墓には「ハスの花に神の栄光をたたえて。大賀一郎、ここに眠る。復活のラッパの鳴らん時まで」と刻まれているそうです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一対一の祈り



新年聖会で、ユダの王ヒゼキヤの祈りを学びました。彼は25歳で王となり、ユダに宗教改革をもたらし、民を主に立ち帰えらせた偉大な王でした。彼はその治世の第1年の第1の月に、神殿の扉を開いて修理を行っています。さて、彼が病床で預言者イザヤから死を宣告された時のことです。列王記によれば、「ヒゼキヤは顔を壁に向けて、主にこう祈った。『ああ、主よ、わたしがまことを尽くし、ひたむきな心をもって御前を歩み、御目にかなう善いことを行ってきたことを思い起こしてください。』こう言って、ヒゼキヤは涙を流して大いに泣いた」と記されています。
ヒゼキヤは死の宣告を受けた時、ただうろたえて絶望したのではなく、神に祈りました。ヒゼキヤが「顔を壁に向けて」祈ったのは、彼の置かれていた状況が壁に囲まれた八方塞がりのようだったということもありますが、他のものが自分の視野に入ってくるのを拒絶するかのように、ただ神に集中して祈ったという意味です。これこそ、困難に直面するときに私たちが取らなければならない態度です。私たちの人生にもヒゼキヤが経験したような壁を感じることあるでしょう。しかし、そのような時にしなければならないことは、ただ神のみに集中して祈るということです。ほんとうの祈りとは神に向かうこと、神に集中することです。
すると、イザヤが中庭を出ないうちに、ヒゼキヤへの神の言葉が臨みました。「わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た」と。神は、ヒゼキヤの祈りを聞き、その彼の涙を見て、死の病から復活させてくださったのです。
私たちも、どうにもならない現実に八方塞がりになることがありますが、その現実を一瞥したなら、次の瞬間、ヒゼキヤのように、神にフォーカスし、神以外のすべてをシャットアウトするべきです。今年、私と神、一対一の祈りが始まりますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あつかましいほどのしつこさ



以前、こんな夢をよく見ました。日曜の朝、会衆を前に講壇に立つまではよいのですが、メッセージが準備できていないことを思い出し、青くなるというものです。自分には答えがない。与えることができない。しかし、人々はパンを求めている、そのことに気づいたとき、祈りが生まれます。
新年聖会で教わった「真夜中の訪問者」と呼ばれる譬え話があります。真夜中が、霊的な暗闇を暗示しているとするなら、私たちの回りにも、何と多くの真夜中の訪問者がいることでしょうか。このような人々の必要に応じようとするなら、祈りを持って始める以外に方法はありません。
パンを借りに行った主人は、すぐにパンを手に入れたわけではありません。彼は一度は断られます。しかし、しつように頼み続け、ついに求めていたものを手に入れました。ここに継続した祈りの大切さを見ます。詳訳聖書の「あつかましいほどのしつこさ」という訳は大胆な訳だと思います。あきらめないで、熱心に、がむしゃらに、熱く求める、ただそれだけです。もちろん、熱心さによってではなく、信仰が見られているのですが、信仰があればあきらめないはずです。
今はとても便利な時代で、インスタントなものが満ちあふれています。しかし、祈りだけは即席で終わらせることができません。祈りとは、もっとコンスタントなものであるべきです。時には、集中した爆発的な祈りも必要でしょうが、地味に見えても粘り強く、切なる思いで、求め続けるということが祈りなのです。すぐにあきて投げ出したくなる短気な私たちですが、今年はもっと時間をかけて、根気強く求めてみましょう。
私たちの良き友である主は、「求めの切なるによりて、起きてその要する程の物を与えん」(ルカ11:8文語)です。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ラザロ、出て来なさい



「ラザロ、出て来なさい。」英語の聖書では、「Lazarus, Come Forth!」と訳されていますが、Forth というのは「の前へ(先へ)」という意味です。原文のギリシア語では、「エクソゥ(外へ)」という言葉が用いられています。
ラザロにとって、墓場は彼の終着駅だったのでしょうか。死んだらそれで終わりだったのでしょうか。いいえ、まだその先がありました。あの日、ラザロの名を呼び、「外に出て来なさい」と彼を呼ばれたイエスは、今日も私たちを呼んでおられるのです。「ラザロ、罪と不信仰の暗闇から出て来なさい。悲しみと絶望の淵から出て来なさい。古い自分自身から出て来なさい」と。
私たちは日頃から、さまざまな音や人の言葉に囲まれて生きています。人の言葉に傷つけられ、暴言や陰口に苦しんでいる人はいないでしょうか。でも一番よく聞く声は、意外に自分の声です。「ちぇっ」と舌打ちする時、誰かに言っているつもりで、実は自分に向かって、「やっぱりだめだ、どうせできやしない、もうおしまいだ」と言っているのです。そんな声に、やる気も自信も失い、一歩も前に、先に進めなくなっている人がいれば、その人こそラザロです。今年、どんな声よりもイエスの声を大きく聞きましょう。その声を何度も聞きましょう。イエスは「『彼らを信じさせるためです。』こう言ってから、『ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。」
「もう見ないでください。臭いますから」と言っているあなたが本当のあなたではありません。私たちは一人一人が、神にとって「この世で一番の奇跡」なのです。「わが目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」「わが愛する者、美しいひと。」それが本当のあなたなのです。その本当のあなたに向かって、イエスは叫んでおられます。「ラザロ、出て来なさい。」「すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た。・・・マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。」
今年、ラザロの物語が、あなたと私の物語となりますように。

次の日曜日は、教区合同の新年聖会です。御言葉を待ち望みます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

永遠の命に生きる希望



元旦礼拝から、今年の御名にちなんで、ヨハネ福音書の11章、ラザロの復活の奇跡を改めて学んでいます。先週は旧約聖書を引用して、この奇跡の背景に聖書が示す福音、氷をとかすドラマが語られているというメッセージをお伝えしました。昨日の礼拝では最初に、これまでのメッセージを踏まえて、「偉大な生涯の物語」から、ラザロの復活のシーンをダイジェストで見ていただきました。
聖書の記述通りではありませんが、ラザロの死を悼む人々、イエスの涙と息遣い、墓の前での祈り、ラザロを呼び出される声、墓から出て来たラザロ、それを見た人々の驚きと興奮、その喜びを告げる人々。
印象的なのはラザロの墓が、そびえ立つ大きな岩山の一部になっていることです。私には、あの岩山が、まるで難攻不落の死の王国を象徴しているように思えました。
誰も死を避けることはできません。しかし、多くの場合、人はできるだけ死を避けようとします。ホテル、マンション、駐車場、もちろん病院には、死を想起させる4号室や4階がないところがあります。苦しみに通じる9という数字も避ける場合があるようです。それらは忌み数と呼ばれ不吉な数字とされています。迷信と言いながら、その影響は小さくありません。しかし、真実の神であり、永遠の命であるイエス・キリストの出現は、人類の歴史、死の問題に根本的な変化をもたらしました。イエス・キリストの出現までは、人間にとって死は、人生に終止符を打つもの、人間存在の崩壊を意味していましたが、キリストの出現は、人類に永遠の命と復活の希望をもたらしたのです。
聖書はこう言っています。ローマの信徒への手紙5章、「一人の人(アダム)によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んできたように、死はすべての人に及んだのです。・・・しかし、神の恵みの賜物は罪とは比較になりません。・・・罪が死によって支配していたように、恵みも義によって支配しつつ、私たちの主イエス・キリストを通して永遠の命に導くのです。」
蛇に睨まれた蛙のように、死の前に為す術もなく立ち尽くし、いつか死に呑み込まれていく私たちのために、イエス・キリストは十字架の死によって死を滅ぼし、私たちにも永遠の命に生きる希望を与えてくださったのです。
今年、あの渇ききったネゲブ砂漠に、死の世界に、命の川の流れを導き、氾濫させるかのように、主が私たちを罪と不信仰、そして死の力から解き放ち、よみがえらせてくださいますように。「荒れ野よ、荒れ地よ、喜び踊れ。砂漠よ、喜び、花を咲かせよ。」「それは荒野に水が湧きいで、砂漠に川が流れるからである。」「この川が流れる所では、すべてのものが生き返る。」

今日は京都での聖会です。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

音が聞こえた



福音とは、幸福の音と書きますが、聖書の中で最初に「音」という言葉が使われるのはどこだか知っていますか。それは創世記の3章です。クリスマスに学んだ「原福音」と呼ばれる箇所ですが、人類の罪の始まりが描かれる記事の中に、すでにいくつもの神の愛を見い出すことができます。そこに聖書で最初の「音(sound)」が出て来るのです。3章8節、「その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。」それは、罪を犯し、神の顔を避けて園の木の間に隠れていたアダムとエバを探し、園の中を歩まれる神の足音でした。それはどんな足音だったのでしょう。神学的には、彼らが犯した罪が神と人との間を分断しました。しかし、この足音から感じられる神の思いはこうです。「主なる神はアダムを呼ばれた。『どこにいるのか。』」これは彼らを裁くためではく、彼らを取り戻すための神の招きです。神は罪のど真ん中にいる彼らに近づくことを否まれなかったのです。これこそ福音の初めです。
雅歌や創世記の記事を背景に、ラザロの復活の物語を読むのは、読み込み過ぎでしょうか。それでも、「ラザロ、出て来なさい」と墓に向かって叫ばれたイエスの声が、私にはこう聞こえるのです。「あなたはどこにいるのか。」「あなたがたはどうして死んでよかろうか。わたしは何人との死をも喜ばないのであると、主なる神は言われる。それゆえ、あなたがたは翻って生きよ。」「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。」
いつか死に呑み込まれていく私たちのため、死に向かって憤り、涙を流しながら、立ち向かって行かれたイエスこそ、やがて十字架の死によって死を滅ぼし、私たちに永遠の命を与え、私たちの目から涙をぬぐってくださるお方なのです。「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。」
今年、死の世界であるネゲブに川の流れを導き、命を氾濫させるかのように、罪や不信仰、死の力に縛られ、捕らえられている私たちを、主が解き放ち、復活させてくださるでしょう。神の足音が聞こえて来ます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

氷をとかすドラマ



旧約聖書、雅歌2章10節以下を新改訳聖書で紹介します。

2:10 私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。
2:11 ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
2:12 地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。

聖イエス会讃美歌152番「見よ冬過ぎ去り」はこの御言葉を歌っています。冬が過ぎ、春が来るように、歌の季節がやって来るというのは、今年の標語、詩編126編にも通じるテーマだと思います。涙の種蒔きに続く、喜びの歌と収穫。厳しい冬の寒さに続く、百花繚乱の歌の季節。新共同訳の「小鳥の歌うたうとき」というのも良い訳です。
さて、歴史上最も多くの人に見られた映画の一つは、あの「Sound of Music」だそうです。ジュリー・アンドリュースが演じる実在の修道女とトラップ一家との愛を描いたこの不朽の名作ですが、この映画について徹底解説した書物に、長く愛される映画(ストーリー)には一つの法則があるということが書かれていて興味深く読みました。その法則とは「氷をとかすドラマ」ということです。
大ヒットしたディズニーの「アナと雪の女王」は、まさに真実な愛によって氷がとける物語です。日本にゴスペルブームを呼んだ「天使にラブソングを」もそうです。「Sound of Music」も氷のような心のトラップ大佐とその厳しい規律に縛られていた子どもたちの心を、修道女マリアが歌の力によって、その氷をとかしていく物語です。
では、どうしてこのようなストーリーが愛されるのでしょうか。それはきっと、だれもがとかしてほしい何かを持っているからではないでしょうか。
雅歌の花嫁も、閉ざされた心を持っていましたが、彼女を愛する花婿は、彼女の愛を呼び覚まそうと、「山々を飛び越え、丘々の上をはねて」、かもしかや若い鹿のように、彼女のところにやって来ました。そして語りかけるのです。「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た」と。氷をとかすドラマ、これこそ福音の神髄です。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ネゲブに川の流れを導くかのように



新年の御名と標語を心からあがめます。今年の御名はヨハネによる福音書11章25節、「我は復活なり命なり」です。今年、この命と希望にあふれる御名(神の種)を、まず私たちの心という畑に、涙と共に蒔き続け、自らの内にキリストの死と復活を体験し、キリストの命にあふれる者とならせていただきましょう。その人だけが、「復活の喜びを告げる、新しい歌」を歌いながら、大いなる収穫に与ることができるからです。
今年の標語、詩編126編が私たちの日々の祈りとなりますように。

126:1 主がシオンの捕われ人を連れ帰られると聞いて、
わたしたちは夢を見ている人のようになった。
126:2 そのときには、わたしたちの口に笑いが、
舌に喜びの歌が満ちるであろう。
そのときには、国々も言うであろう。
「主はこの人々に、大きな業を成し遂げられた」と。
126:3 主よ、わたしたちのために
大きな業を成し遂げてください。
わたしたちは喜び祝うでしょう。
126:4 主よ、ネゲブ(荒野と砂漠に、死の世界に、いのちの)川の流れを導くかのように、
わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。
126:5 涙と共に種を蒔く人は、
喜びの歌と共に刈り入れる。
126:6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は、
束ねた穂を背負い、喜びの歌をうたいながら帰ってくる。」
お言葉通り、成りますように。

4節に「ネゲブに川の流れを導くかのように」とありましたが、ネゲブとは、イスラエルの南部に広がる砂漠地帯のことです。イスラエル建国の父ベングリオンは、まるで預言者のように「ネゲブに花を咲かせよう」「この地を緑の園にしよう」と語り、そこにキブツを作りました。ネゲブには、ワジと呼ばれる水無川、涸れ川があり、雨期になると突然そこに川が流れるのです。今年、ネゲブに川の流れを導くかのように、主が私を含め、罪や不信仰、死の力に縛られ、捕らえられている者を解き放ち、復活させてください。さあ、「わたしたちのために大きな業を成し遂げてください」と祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me