オメデトウ

Happy Anniversary
新会堂献堂40周年記念聖会 午前
メッセージ 「あなたの名は注がれたにおい油のようです」
聖書 詩編133編、雅歌1の3

新会堂献堂40周年記念聖会 午後
メッセージ 「御顔こそ、わたしの救い。わたしの神よ。」
聖書 詩編43の5、詩編80の4、8、20


見よ、兄弟が共に座っている。
なんという恵み、なんという喜び。

かぐわしい油が頭に注がれ、ひげに滴り
衣の襟に垂れるアロンのひげに滴り
ヘルモンにおく露のように
シオンの山々に滴り落ちる。

シオンで、主は布告された
祝福と、とこしえの命を。
---詩編133の1〜3


祈り待ち望んだ献堂40周年記念聖会でした。聖会を終えて、主の豊かな恵みであふれています。遠くから近くから集まってくださったみなさんに感謝です。伊藤牧師の語られる力強いメッセージを通して、古くて新しい、いつまでも変わらない指針を与えていただきました。今日から再出発です。感謝。感謝。感謝。

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

続・神様からのラブレター

メッセージ 「続・神様からのラブレター」
聖書 ルカによる福音書23の39〜43
ルカによる福音書シリーズ(71)

十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神様からのラブレター

3月のオープン礼拝
メッセージ 「神様からのラブレター」
聖書 ルカによる福音書23の32〜38
ルカによる福音書シリーズ(70)

ほかにも、二人の犯罪人が、イエスと一緒に死刑にされるために、引かれて行った。「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。民衆は立って見つめていた。議員たちも、あざ笑って言った。「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい。」兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して、言った。「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王」と書いた札も掲げてあった。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

十字架なくば冠なし

ファミリー礼拝
メッセージ 「十字架なくば冠なし」
聖書 ルカによる福音書23の26〜31
ルカによる福音書シリーズ(69)

人々はイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた。民衆と嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った。イエスは婦人たちの方を振り向いて言われた。「エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

この人を見よ!

メッセージ 「この人を見よ!」
聖書 ルカによる福音書23の13〜25
ルカによる福音書シリーズ(68)

ピラトはイエスを釈放しようと思って、改めて呼びかけた。しかし人々は、「十字架につけろ、十字架につけろ」と叫び続けた。ピラトは三度目に言った。「いったい、どんな悪事を働いたと言うのか。この男には死刑に当たる犯罪は何も見つからなかった。だから、鞭で懲らしめて釈放しよう。」ところが人々は、イエスを十字架につけるようにあくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった。そこで、ピラトは彼らの要求をいれる決定を下した。そして、暴動と殺人のかどで投獄されていたバラバを要求どおりに釈放し、イエスの方は彼らに引き渡して、好きなようにさせた。---ルカによる福音書23の20〜25

ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。・・・そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。---ヨハネによる福音書19の13、16

イスラエルに行っている伊藤先生から短いメールが届きました。元気にしているそうです。続けてお祈りください。今日から大学での講義が始まります。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

鶏が鳴いた

メッセージ 「鶏が鳴いた」
聖書 ルカによる福音書22の54〜62
ルカによる福音書シリーズ(67)

人々はイエスを捕らえ、引いて行き、大祭司の家に連れて入った。
ペトロは遠く離れて従った。人々が屋敷の中庭の中央に火をたいて、一緒に座っていたので、ペトロも中に混じって腰を下ろした。するとある女中が、ペトロがたき火に照らされて座っているのを目にして、じっと見つめ、「この人も一緒にいました」と言った。しかし、ペトロはそれを打ち消して、「わたしはあの人を知らない」と言った。
少したってから、ほかの人がペトロを見て、「お前もあの連中の仲間だ」と言うと、ペトロは、「いや、そうではない」と言った。
一時間ほどたつと、また別の人が、「確かにこの人も一緒だった。ガリラヤの者だから」と言い張った。だが、ペトロは、「あなたの言うことは分からない」と言った。
まだこう言い終わらないうちに、突然鶏が鳴いた。主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。

先週と同じテキストですが、少し別の角度から御言葉を味わいました。今回、メッセージを備えながら、この記事を題材にしたたくさんの絵画や文学、音楽があることを知りました。「聖書の中には自分自身がいる」と言われますが、このストーリーの中に自分を発見したのでしょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛はすべてを覆う

2月のオープン礼拝
メッセージ 「愛はすべてを覆う」
聖書 ルカによる福音書22の54〜62
ルカによる福音書シリーズ(66)

人々はイエスを捕らえ、引いて行き、大祭司の家に連れて入った。
ペトロは遠く離れて従った。人々が屋敷の中庭の中央に火をたいて、一緒に座っていたので、ペトロも中に混じって腰を下ろした。するとある女中が、ペトロがたき火に照らされて座っているのを目にして、じっと見つめ、「この人も一緒にいました」と言った。しかし、ペトロはそれを打ち消して、「わたしはあの人を知らない」と言った。
少したってから、ほかの人がペトロを見て、「お前もあの連中の仲間だ」と言うと、ペトロは、「いや、そうではない」と言った。
一時間ほどたつと、また別の人が、「確かにこの人も一緒だった。ガリラヤの者だから」と言い張った。だが、ペトロは、「あなたの言うことは分からない」と言った。
まだこう言い終わらないうちに、突然鶏が鳴いた。主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。

今週と来週の2回に渡って、ペトロの否認と呼ばれるこのテキストからメッセージを語りたい。私たちの失敗と恥を、弱さと傷をカバーしてくださる神の愛に涙、涙。
今日、久しぶりに礼拝に来られた方が、お友だちを連れて来てくださった。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御心のままに

メッセージ 「御心のままに」
聖書 ルカによる福音書22の39〜46
ルカによる福音書シリーズ(65)

イエスがそこを出て、いつものようにオリーブ山に行かれると、弟子たちも従った。いつもの場所に来ると、イエスは弟子たちに、「誘惑に陥らないように祈りなさい」と言われた。そして自分は、石を投げて届くほどの所に離れ、ひざまずいてこう祈られた。「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」〔すると、天使が天から現れて、イエスを力づけた。イエスは苦しみもだえ、いよいよ切に祈られた。汗が血の滴るように地面に落ちた。〕イエスが祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに戻って御覧になると、彼らは悲しみの果てに眠り込んでいた。イエスは言われた。「なぜ眠っているのか。誘惑に陥らぬよう、起きて祈っていなさい。」

今日の礼拝メッセージからルカ福音書のシリーズに戻りました。あと少し残っている受難と復活の場面を祈りつつ学んでいきたいと思います。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしの顔を尋ね求めよ

メッセージ 「わたしの顔を尋ね求めよ」
聖書 詩編27の8、ヨハネによる福音書4章から

心よ、主はおまえに言われる。「わたしの顔を尋ね求めよ」と。

サマリアの女が水をくみに来た。イエスは、「水を飲ませてください」と言われた。弟子たちは食べ物を買うために町に行っていた。すると、サマリアの女は、「ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、どうして水を飲ませてほしいと頼むのですか」と言った。ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御顔こそ、わたしの救い

新年聖会2010
中部教区新年聖会
午前 メッセージ 「御顔こそ、わたしの救い」
聖書 詩編42の2-3,6 出エジプト記33の18-19ほか

午後 メッセージ 「わたしだ、恐れることはない」
聖書 詩編16の2、8、11  ヨハネによる福音書6の16-21

祝福された新年聖会を心から主に感謝いたします。
語られたメッセージのとおりになりますように。

沖縄の聖会のためにもお祈りをありがとうございました。

新年聖会記念カード

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me