クリスマスの祈り(9)


君のために働く喜びを祈ろう。
夢を実現するために進んで働く喜びを。その夢が君のものでも、君の助けるだれかのものでも代わりはない。---クリスマスの9日目に

じょうずな仕事をする人を見たことがあるか。
その人は王の前に立つ。(箴言22の29)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスの祈り(8)

君のためにあわれみを祈ろう。人の痛みを理解するあわれみの心を。
ほんとうに人を助けられるのは、人を理解したとき
ほんとうに人を理解できるのは、おなじ痛みを経験したときだから。
---クリスマスの8日目に

教会暦では12月25日からの12日間が降誕節(クリスマス)と呼ばれます。「クリスマスの祈り」はその12日間の祈りです。教会では朝からクリスマスの飾りの片付けと大掃除が行われました。ほんとうは今日からがクリスマスなのですが。。。Merry Christmas

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ハッピー・バースデー

ミュージカルを熱演
クリスマス・ファミリー礼拝
メッセージ 「ハッピー・バースデー」
聖書 ヨハネによる福音書3の16

キャンドルサービス、天使クラスのごあいさつ、ミュージカルなどなど。盛りだくさんのメニューでのクリスマスの礼拝になりました。130名を越える人で小さな教会はいっぱいになりました。「ベツレヘムの馬小屋に生まれたキリストを想うだけで、その存在を感じるだけで、愛されていることがわかるのです。」みんなが「神は愛なり」とキリストを抱きしめました。「イエス様、私のために生まれてくださって、ありがとう。」
礼拝に続いて、ティーパーティ。教会学校の表彰式にサンタクロース。喜びにあふれました。感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

身震いするほどの感動


あの夜、三人の博士は導いをの星を失った。ふたりは杖で地面に何かを描き始め計算をしながら何度も首をかしげていた。だが、星はいっこうに見当たらない……。星の導きを熱望していたふたりは夜の沈黙の中で涙した。ところが、もうひとりの博士はふたりから離れた場所でこう考えた。「自分たち以外のものも、のどが渇いているはずだ。動物たちにも水をやろう」。それで、おけの取っ手を持ち上げ、ラクダたちに水を飲ませた。彼が見たのはそのときだ。おけの水面に映った金の星が静かに、優雅におどっている様を。
---エドモンド・ロスタンド

星を見たとき、彼らは感激の喜びで身震いした。(マタイ2の10詳訳)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ホワイトクリスマス


神様のクリスマス・ショー。
銀世界の美しさ。
そこに神様の美しさを見る。
まぶしいほどの輝きを。
すべてを純白に覆うように
この世界を、この時代を
そして、私の心を
おおいたまえ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Wonderful Christmas Time


いよいよクリスマスです。
クリスマスはぜひ教会でお過ごしください。

24日(土)はクリスマスイヴ礼拝DVDコンサート。夜7:30〜
25日(日)はクリスマス・ファミリー礼拝。キャンドルサービス。こどもたちによるミュージカル「行こう!ベツレヘム」。聖書のお話。礼拝後は、ティーパーティ。ミュージックベル。サンタクロース。

ブログをご覧の皆さま、お近くの方はぜひ足をお運びください。
お子様連れも歓迎します。入場は無料です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わかりました


焚き火の温かさは 焚き火に手をかざした
その時に はっきりとわかりました。

焼いものうまさは 焼いもを食べた。
その時に はっきりとわかりました

キリストの愛は キリストを信じた
その時に はっきりとわかりました。
---水野源三

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ひとりではない

イエスがベツレヘムでお生まれになって以来、
人間はもはやこの地上で一人きりではなくなった。

インマヌエル。主は私と共にいる。いつまでも。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

馬小屋を抱擁しよう


主イエス
あなたは偉大で、富んでおられたにもかかわらず、今は小さく貧しい方となられた。あなたはご自分でお選びになった。馬小屋で生まれ、粗末な産着にくるまれ、牛とロバとの間にある飼い葉桶に寝かされることを。
私の魂よ。
神の子の宿られたこの馬小屋を抱擁しよう。幼いイエスの小さな両足に、うやうやしく口付けしよう。羊飼いたちの寝ずの番を黙想し、天使たちの合唱を観想しよう。そして天使たちの歌に口と心を合わせ、力いっぱい歌おう。
「いと高きところには神に栄光。地には御心に適う人に平和あれ。」
---ボナベントゥーラ

今朝は目を覚ますと一面の銀世界。名古屋では58年ぶりといわれる大雪でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あそこに行こう

アドベント礼拝 その4
メッセージ 「あそこへ行こう」 〜感嘆すべき交換〜
聖書 ヨハネによる福音書1の14〜18
「言は肉となり私たちの間に宿られた。私たちはその栄光を見た。」


今日の礼拝では洗礼式と聖餐式が行われました。
心臓病を持って生まれ、死と隣合わせの日々を送りながら、家族の愛と祈りによって守られ成長し、この秋、ついにキリストを心に迎えた高校生が受洗。
感動でした。おめでとう!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me