敏感に


あなたがたの古い罪の性質を、
罪に対して死んだもの、
反応しなくなったものとみなしなさい。
そして、その代わりに、
私たちの主イエス・キリストによって、
神に対して生きる者、敏感に応答する者となりなさい。
ローマ教会の皆さんへ7の11(リビングバイブル)

もっと敏感に……

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

望み得ないのに信じた

ファミリー礼拝
メッセージ 「望み得ないのに信じた」
アブラハムの旅シリーズ(6)
聖書 創世記18の15〜21ほか

彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、
「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、
多くの民の父となりました。……
神は約束したこと実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。
---ローマの信徒への手紙4の18〜21
神はわたしに笑いをお与えになった。
---創世記21の6

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「できれば」と言うのか

「おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」
イエスは言われた、
「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」
---マルコ9の23

神にできないことは何一つない。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

2月のハッピーサタデー

明日は2月のハッピーサタデーです!朝10:30より 入場は無料
今回のメニューは!
★「バレンタイン」と「プレゼント」
★作って遊ぼう「わりばしてっぽう」
★2月のおたんじょう会

どなたでもおいでいただけます。お近くのみなさん、親子そろってお越しください。
*ハッピーサタデーとは月に1度の教会学校スペシャル版です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛を知りました

落ち椿
イエスは、
わたしたちのために、命を捨ててくださいました。
そのことによって、わたしたちは愛を知りました。
だから、わたしたちも
兄弟のために命を捨てるべきです。
---ヨハネの手紙一 3の16


散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ (細川ガラシャ)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

だから大丈夫


目の前の問題の大きさに
潰されてしまいそうな時には思い出して
主は決してあなたを見捨てたりはしない。
あなたの行く道のすべてを守ってくださる。

だから大丈夫 心配いらない。
だから大丈夫 イエスさまいるから。
---from NOA MUSIC

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

From Your Vlentine


Saint Valentine's Day 訳せば「聖バレンタインの日」です。
西暦3世紀のローマでのこと。皇帝クラウディウス二世(在位268−270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。
ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテラモ)のキリスト教司祭であるバレンチノ(英語読みではバレンタイン)は、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。皇帝は、バレンチノに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンチノはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦270年2月14日に、処刑されてしまったということです。この愛の人を記念するのが「聖バレンタインの日」なのです。

聖書は言います。「大水も愛を消すことはできない」(雅歌8の7)と。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ファミリー礼拝

FAMILYという言葉には、こんな意味があるとか。

Father And Mother. I Love You!

(お父さんとお母さん、愛しているよ!)

名古屋教会では毎月、家族がそろって同じ時間に、同じ場所で、
同じ御言葉によって礼拝をささげる「ファミリー礼拝」を行っています。
ぜひ家族おそろいで主を礼拝する喜びを体験してください。
2月は19日(日)朝10時15分から Come and See!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あの日、あの時


ある村に数年前に死んだ敬虔な老農夫があった。
彼は毎朝、畑に出かける前に教会によって祈りをする習慣があった。
ある日、鍬を聖堂の入口においたままで祈りに夢中になってしまった。
近所で働いている農夫たちは、どうして彼が来ないのかと不思議に思ったが、ふと思いついて聖堂に寄ってみると、果たしてそこにその人を見出した。
「いったい、お前は長いこと、何をしていたのか」と聞くと、
「私は神を見ていた。神も私を見ておいでになった」と彼は答えた。

今日は2月13日。あの日、あの時の光景がよみがえる。
「私は神を見ていた。神も私を見ておいでになった」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛は

名古屋&テベリヤ合同聖会
メッセージ 「愛は」
聖書 コリントの信徒への手紙一13の1〜8ほか

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、
いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me