主の聖徒の死

主の聖徒の死はそのみ前において尊い。
詩編116の15

98年の生涯を全うされた教会員の葬儀がありました。
幾多の試練を乗り越え、良き信仰の証を遺してくださいました。
その生涯に現された主の恵みのゆえに御名を崇めます。

ア−メン、主イエスよ、速やかに来たりませ。


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主イエスのように


わたしの願いは 主イエスのように
この世にある日を 生きて行くこと
わたしのすべてを 主イエスにささげて
歩んで行きたい 主イエスのように

悩む人々に 主イエスのように
喜びと平和 わけてあげたい
自分のためだけ 生きるのではなく
与えて行きたい 主イエスのように

憎しみに変えて 主イエスのように
限りなく赦す 愛を知りたい
十字架の上で 敵を赦されてた
祈りを知りたい 主イエスのように
---聖イエス会讃美歌111番

今日の祈祷会は伊藤先生のラストメッセージでした。
マラキ書3の2、3より

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

3月のファミリー礼拝&YOUTH WORSHIP

家族がそろって、同じ時間に、同じ場所で、同じ聖書の言葉を開いて、
主を礼拝するって、ほんとうに素晴らしいことですね。
もちろんお一人でも大丈夫。教会はあなたの「家」ですから。

今月のファミリー礼拝は、次週3月19日(日)午前10時15分スタート
ブログをご覧の皆さんも、ぜひお越しください。
今回は礼拝後、サンドイッチ・パーティーあり。

----------------------------------------------------------
YOUTH WORSHIP
「若者の集い」が同じ日の午後5時30分からもたれます。
名古屋、岐阜、豊田の教会から若者たちが集まって来ます。
夕食からワーシップ(礼拝)まで、ご一緒しましょう!
終了は午後8時の予定です。
----------------------------------------------------------

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

春をつくられた


原に若草が 青く萌え出すと
雪解けの水が 高く音たてる
わたしたちも 春の喜びを歌おう
春をつくられた 神さまを歌おう

風が柔らかく 野原を通ると
木の枝が揺れて さらされささやく
わたしたちも 春の喜びを歌おう
春をつくられた 神さまを歌おう

創られたものは 春の陽を浴びて
春をつくられた 神さまほめてる
わたしたちも 春の喜びを歌おう
春をつくられた 神さまを歌おう
---聖歌652番

美しい自然を、季節を創造された主を
力いっぱい賛美したいです。ハレルヤ!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

腰をすえて


キリストは……
「銀を精錬する人のように、腰をすえて、
不純物が燃え尽きてしまうまで、じっと見守っている。
きよい心で仕えることができるように、
神に仕えるレビの子孫をきよめ、
精錬された金や銀のように純粋にする。」
---マラキ書3の3 リビングバイブル

「腰をすえて」とは、神の熱心を表します。
精錬作業は根気のいる仕事ですが、主はあきらめないで、
熱意を持って、私たちの信仰を純化するために
今日も働いておられます。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の鍛錬


あなたがたは、神様の激励のことばを、
すっかり忘れてはいませんか。
神様は、こう声をかけてくださるのです。

「わたしの子よ。
主に懲らしめられて、腹を立ててはなりません。
主にあやまちを指摘されて、気落ちしてはなりません。
主が懲らしめるのは、あなたが憎いからではなく、
あなたを愛しているからです。
主がむち打つのは、あなたが真に神の子供だからです。」

進んで神様の訓練を受けなさい。
神様は、父親として当然のことを、子供のあなたがたに、しておられるのです。
父親から一度も懲らしめを受けたことのない子供が、どこにいるでしょうか。
神様は、ほんとうの子どもであればこそ、必要に応じて懲らしめるのです。
もしそうでなければ、あなたがたは、ほんとうは神様の家族でないことになります。
この世では父親が子供を罰しても、子供から尊敬されなくなるようなことはありません。
だとしたら、私たちは真に生きることを学ぶために、
喜んで神様の訓練を受けるべきではないでしょうか。
肉親の父親は、私たちの将来のために、ほんの短い間だけ、
それも、限られた知識に基づいて、訓練してくれます。
ところが神様は、私たちの最善を願って、
神様のきよさを共有させようと、いつも、正当な懲らしめを与えてくださるのです。

罰を受けた当初は、だれも気持ちがいいはずはなく、
むしろ、傷つけられたと感じるものです。
しかしあとになれば、それが自分の益となり、
信仰の面でも、性格の面でも、プラスとなっていることが、わかるのです。
---ヘブル人への手紙12の5〜11リビングバイブル

試練の真っ只中にあるあなたに贈る言葉です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の山に備えあり

メッセージ 「主の山に備えあり」
アブラハムの旅シリーズ(8)
聖書 創世記22の1〜19ほか

アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)と名付けた。
そこで、人々は今日でも「主の山に、備えあり」と言っている。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

春が来た


春が来た 春が来た
どこに来た
山に来た 里に来た
野にも来た

花が咲く 花が咲く
どこに咲く
山に咲く 里に咲く
野にも咲く

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

3月のハッピーサタデー

明日は3月のハッピーサタデーです!朝10:30より 入場は無料
今回のメニューは!
★大画面の絵本劇場「ナルニア国物語」ライオンと魔女
★クッキー作り
★3月のおたんじょう会

どなたでもおいでいただけます。お近くのみなさん、ご家族おそろいでお越しください。
*ハッピーサタデーは月に1度の教会学校スペシャル版です

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

選び

わたしの僕ヤコブのために
わたしの選んだイスラエルのために
わたしはあなたの名を呼び、称号を与えたが
あなたは知らなかった。
わたしが主、ほかにはいない。
わたしをおいて神はない。
わたしはあなたに力を与えたが
あなたは知らなかった。
---イザヤ45の4〜5

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me