父の井戸を掘る

メッセージ 「父の井戸を掘り直す」
アブラハムの旅シリーズ イサク篇
創世記 26の12、15〜25、28

アブラハムの信仰と霊性のDNAはその子イサクに受け継がれ、
神との契約は更新されていきます。
イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年(飢饉の年)のうちに
百倍の収穫があった。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

見よ、神の栄光は

「見よ、神の栄光は地に現れ
もろびと見るを得べし」と
主なる神はのたもう。
---メサイア4番合唱より(イザヤ書40の5)

今日は豊田教会で聖歌隊の練習がありました。
大阪から藤本先生をお迎えして、メサイアを指導していただきました。
4月8日(土)夜、京都の聖会で発表します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

飾らない


飾らない心は美しい
飾らない顔は美しい
飾らない言葉は美しい
飾らない手は美しい
飾らない親切は美しい
飾らないパンは美しい
飾らない祈りは美しい
飾らない十字架は美しい
---河野 進

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

時が来たれば


見よ、闇は地を覆い
暗黒が国々を包んでいる。
しかし、あなたの上には主が輝き出で
主の栄光があなたのうえに現れる。

主なるわたしは、時が来たれば速やかに行う。
---イザヤ60の2、22

今日は祈祷会、イスラエルの近況レポートを聞き、祈りをささげました。
聖書は言います。「エルサレムのために平安を祈れ」と。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

きみは愛されるため


きみは愛されるため生まれた
きみの生涯は愛で満ちている
きみは愛されるため生まれた
きみの生涯は愛で満ちている
永遠の神の愛は
われらの出会いの中で実を結ぶ
きみの存在が
私にはどれほど大きな喜びでしょう
きみは愛されるため生まれた 今もその愛受けている
きみは愛されるため生まれた 今もその愛受けている

保育園の卒園式に出席しました。
卒園する子供たちが澄んだ声で「きみ愛」を歌いました。
今の時代に必要な神からのメッセージを受け取りました。

comments(1)  |  trackbacks(0)

edit  top

いつも全力で


すべてを出し尽くしなさい。
そうすれば、人生もあなたに出し惜しみはしない。
あなたが自分の仕事や自分を信じるなら、
また神を信じて懸命に働き、学び、自分をそれに投ずるなら、
その目標がどんなに高くても、あなたはそれを達成できる。
最善を期待するとは、その目標に全身全霊を投じるということだ。

愛する兄弟たちよ。
堅く立って動かされず、
いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。
---汽灰螢鵐硲隠気裡毅

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

地上では旅人


信仰に生きたこの人たち(アブラハムとサラ)は、
神様が約束されたものを手にしてから、死んだのではありません。
しかし彼らは、約束のものが待ち受けているのを見て、
心から喜びました。

この地上がほんとうの故郷ではなく、
自分がほんのつかの間、ここに滞在する旅人にすぎないことを、
自覚していたのです。
そう認めた時、彼らは心から、天にある故郷を慕い求めました。
もし彼らに、この世の魅力ある生活に帰る気があったら、
いつでも帰れました。

しかし彼らは、そんなものには目もくれず、
神様が用意された天の都を一心に見つめて生活しました。
それで神様は、彼らの神と呼ばれることを誇りとされたのです。
---へブル人への手紙11の13〜16リビングバイブル

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ネシー・エロヒム

ファミリー礼拝
メッセージ 「ネシー・エロヒム」
アブラハムの旅シリーズ(9)
聖書 創世記23の1〜6

サラの死と葬りにまつわるエピソード。ヘテ人はアブラハムに言いました。
「あなたはわれわれのうちにおいて、神のような主君です。……」
歴史に偉大な足跡を印したアブラハムも175年の生涯を全うした後、
最愛の妻の眠るマクペラの洞窟に葬られました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

伊勢「聖書を学ぶ会」

今日は伊勢で「聖書を学ぶ会」がありました。
新しい方がお見えになり10名ほどの集まりでした。

「聖書を学ぶ会」はテベリヤ教会の出張礼拝という形で
毎月1回、伊勢シティープラザ2階でもたれています。

次回の「聖書を学ぶ会」は4月22日(土)午前10時30分より
テベリヤ教会のHPはこちらから http://nagoyachurch.com/Tebe.htm

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の聖徒の死

主の聖徒の死はそのみ前において尊い。
詩編116の15

98年の生涯を全うされた教会員の葬儀がありました。
幾多の試練を乗り越え、良き信仰の証を遺してくださいました。
その生涯に現された主の恵みのゆえに御名を崇めます。

ア−メン、主イエスよ、速やかに来たりませ。


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me