ファミリー礼拝

FAMILYという言葉には、こんな意味があるとか。

Father And Mother. I Love You!

(お父さんとお母さん、愛しているよ!)

名古屋教会では毎月、家族がそろって同じ時間に、同じ場所で、
同じ御言葉によって礼拝をささげる「ファミリー礼拝」を行っています。
ぜひ家族おそろいで主を礼拝する喜びを体験してください。
2月は19日(日)朝10時15分から Come and See!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あの日、あの時


ある村に数年前に死んだ敬虔な老農夫があった。
彼は毎朝、畑に出かける前に教会によって祈りをする習慣があった。
ある日、鍬を聖堂の入口においたままで祈りに夢中になってしまった。
近所で働いている農夫たちは、どうして彼が来ないのかと不思議に思ったが、ふと思いついて聖堂に寄ってみると、果たしてそこにその人を見出した。
「いったい、お前は長いこと、何をしていたのか」と聞くと、
「私は神を見ていた。神も私を見ておいでになった」と彼は答えた。

今日は2月13日。あの日、あの時の光景がよみがえる。
「私は神を見ていた。神も私を見ておいでになった」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛は

名古屋&テベリヤ合同聖会
メッセージ 「愛は」
聖書 コリントの信徒への手紙一13の1〜8ほか

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、
いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神は愛です

わたしたちは
わたしたちに対する神の愛を知り、
また信じています。
神は愛です。
愛にとどまる人は、神の内にとどまり、
神もその人の内にとどまってくださいます。
--- ヨハネの手紙一4の16

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一粒の麦が


一粒の麦が地に落ちて死ななければ
それはただ一粒のままである。
しかし、もし死んだなら
豊かに実を結ぶようになる。
---ヨハネによる福音書12の24

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊によって神の愛が

わたしたちに与えられた聖霊によって
神の愛がわたしたちの心に注がれている。
---ローマの信徒への手紙5の5

わが主イエスよ、ひたすら
祈り求む 愛をば 増させたまえ
主を愛する 愛をば 愛をば
---More Love to Thee

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

炎となったマッチ

ハナ・セネシュの墓
燃やされて炎となったマッチは
何と幸いでしょう。
心の核心で燃え上がった炎は
何と幸いでしょう。
そして、栄光の中で
終焉することを知っている心は
何と幸いでしょう。

燃やされて炎となったマッチは
何と幸いでしょう。
---Hanna Senesh

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛には恐れがない

愛には恐れがない。

完全な愛は恐れを締め出します。

--- ヨハネの手紙一4の18


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

同じ方向を


愛する―それはお互いに見つめ合うことではなくて、
いっしょに同じ方向を見つめることである。
---サン・テグジュペリ

主が見つめているものを、私も見つめたい。
主が想っていることを、私も想いたい。
主が愛しているものを、私も愛したい。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

エルシャダイ

メッセージ 「エルシャダイ」
アブラハムの旅シリーズ(5)
聖書 創世記18の1〜8

13年間の沈黙を破って神は語り始められました。
「わたしは全能の神である。
あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me